FC2ブログ
Welcome to my blog

「グイン・サーガ112巻 闘王」栗本薫

ななこ


グイン・サーガ112巻 闘王
著者:栗本薫
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
剣闘士として闘技会に出場しはじめたグインは、たちまちのうちに頭角を現わし、対戦相手を次々と倒してゆく。そしてタイスの四剣士のひとり、青のドーカスを打ち破る。試合後、グインをたずねてきたドーカスの真摯な態度に心を動かされ、グインは自分が本当にケイロニアの豹頭王であることを明かす。さらに残りの四剣士、赤のガドス、黒のゴン・ゾーをも打ち倒したグインに、白のマーロールが放つ怪しの技が襲いかかる。



と、とうとう出ちゃいました……待ちに待った112巻!!
大事に大事に読もうと思ってたのに、結局一日で読み終わっちゃいましたヨーかお


今回はまたひとつ進展がありましたねきもち
とうとう謎の傭兵スイランの正体が明かされます。なかば思っていたとおりの人物でしたが(笑)
ネタバレになるのでこちらでは書きませんが、今までの言動からある程度予想がつくのでは??


この巻では、幼いながらも既に非凡なものが見え隠れするスーティも大活躍でした。
グイン・サーガが完結するまでに、スーティの成人した姿が見たいわ。。。

実は昔からイシュトが大好きだった私。(何て言ったって初恋の人ですから!笑)
イシュトが殺戮王になってしまった今、スーティに熱を上げています。真直ぐに育って欲しいわ~かお

それにしても白のマーロールって何者??もしやグラチーの…。
絶対次の巻でも出てくるような気がしてならない。。。


闘王―グイン・サーガ〈112〉 (ハヤカワ文庫JA)闘王―グイン・サーガ〈112〉 (ハヤカワ文庫JA)
栗本 薫

早川書房 2007-02
売り上げランキング : 431185

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
tikitikibanban69  
グイン・サーガ

高校時代読んでいましたが、あまりにも長編で途中で挫折してしまいました。あまりにも昔のことで、内容も覚えていませんが、好きでした。懐かしいです。

2007/02/10 (Sat) 23:20 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Re:グイン・サーガ(02/10)

tikitikibanban69さん

ご訪問ありがとうございます♪

グイン読まれていたんですね〜(*^o^*)私も中学生の時初めて小説にハマったのがこのグイン・サーガです。

といっても短期間で一気に読んだのでそれほど時間はたっていませんが。。。

2007/02/11 (Sun) 08:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply