08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.29 *Sun*

トーベ・ヤンソン「たのしいムーミン一家」再読♪



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

長い冬眠からさめたムーミントロールと仲よしのスナフキンとスニフが、海ベリの山の頂上で黒いぼうしを発見。ところが、それはものの形をかえてしまう魔法のぼうしだったことから、次々にふしぎな事件がおこる。国際アンデルセン大賞受賞のヤンソンがえがく、白夜のムーミン谷のユーモアとファンタジー。



【たのしいムーミン一家】トーベ・ヤンソン rating_50.gif


小学生時代のバイブル、ムーミンシリーズ!!!

久々に再読してみたくなったので、大好きな「ムーミン谷の冬」まで5冊購入。
小学生の頃はおこづかいも雀の涙ほどしかなかったので、図書館で借りていましたが、
今回再読して、このシリーズはやっぱり手元に置いておきたいなぁと思いました〜balloon_28.gif


   


ムーミンとサンタクロースの故郷といえばフィンランド。
フィンランドは、国土の8割を森林と湖沼といった自然が占めているらしいです。
ムーミン一家のおおらかでのんびりした性格は、この自然が形作ったんでしょうねぇ…balloon_133.gif



leaf_05.gif



子供の頃読んだ時は、メルヘンチックでほのぼのとしたお話だと記憶していたんですが…

意外とムーミンって毒舌……!!

いや、確かにほのぼのしているんですよ、しているんですけどね。。。
あのとぼけた顔で、サラリと「おまえが死んでからね」と口にするムーミンが空恐ろしい!!
笑う場面じゃないのに、何度もプッと噴き出しそうになるのをこらえました……(笑)

雨の日は皆で昼寝とか、天気の良い日はボートでニョロニョロの島までピクニックとか、
ムーミン谷の住人は好きな時に好きな事をする、思い思いの生活をしているのが良いです。
時間や規則に縛られない生活、、、あぁ永遠の憧れですねぇballoon_85.gif

そして特筆すべきは、やっぱりスナフキンのカッコ良さ。

「みんなちっちゃな動物は しっぽに弓を持っている〜〜♪」

これが機嫌の良い時に、スナフキンが歌うフレーズです(笑)
さっぱり訳が分からない所がまた素敵。そしてまたふらりと一人旅に出ちゃうんですね…
置いていかれるムーミントロールの落ち込みようったら、それはもう酷いものですが。


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事

COMMENT

Re:トーベ・ヤンソン「たのしいムーミン一家」再読♪(11/29)
スナフキン、本当に格好良い!!



実は私の初海外旅行は小学校6年の時に行ったフィンランド。フィンランド人は、夏の休暇はまさにムーミン谷の住人みたいに過ごしているのにすごい感動しました。

あんな素敵な話が生まれる国なのもうなずけます。

nanaco☆さんの影響で、私も再読熱が高まってこまってしまいます。ワイルドでハードボイルドなスナフキンに会いたい!!
by タシガミ #79D/WHSg
2009/11/29(日) 09:50 [Edit
Re:トーベ・ヤンソン「たのしいムーミン一家」再読♪(11/29)
サンタクロースのふるさとはフィンランドだったんですか?ロシアだとばかり思っていました。日本のクリスマスは山口のサビエル記念聖堂が初めてだってしっていました?1552年12月24日が起源です。
by ジャイアント浜田 #79D/WHSg
2009/11/29(日) 09:57 [Edit
Re:トーベ・ヤンソン「たのしいムーミン一家」再読♪(11/29)
子供の頃にムーミンの物語を読み、一番印象強く残っているのは彗星が落ちてくる話だったでしょうか。

一大事件に遭遇しても、あたふたしても、どこかほのぼのしている谷の住人達の姿が忘れられません。
by 柊♪ #79D/WHSg
2009/11/29(日) 10:11 [Edit
Re:トーベ・ヤンソン「たのしいムーミン一家」再読♪(11/29)
こんにちは♪

初めて書き込みさせていただきます。



北欧の作家が紡ぐ物語にはなぜか心惹かれてやみません^^

子どもの頃、スナフキンが大好きでした!(今も好きですけど)

飄々として柵なんてどこにもなさそうなところが、子ども心にカッコいいって思ったんでしょうね〜

スナフキンが旅立った後のムーミンの落ち込みようがまた、かわいそうなんだけど、可愛かった!



アニメで見慣れたものとは違って、原作のムーミンはけっこう怖いと聞いたことがあったのですが、そっか、ムーミンは毒舌だったのね(笑)
by asagi #79D/WHSg
2009/11/29(日) 11:50 [Edit
Re:トーベ・ヤンソン「たのしいムーミン一家」再読♪(11/29)
こんにちは〜♪



おぉ!nanaco☆さん、すごいムーミン熱ですねぇ(*^_^*)

もしかして、夢にまでムーミンが登場してたりして…(笑)



それにしても…ムーミンが意外と毒舌だったのはビックリですねぇ!

優しくてのんびりしたイメージが崩れそうかも(><)

スナフキンは、ギターを弾いて歌っている姿が

ホントにカッコイイですよねぇ(*≧▽≦*)

私も今度、本屋さんでムーミンの本さがしてみようかな♪
by miwa125 #79D/WHSg
2009/11/29(日) 17:01 [Edit
Re:トーベ・ヤンソン「たのしいムーミン一家」再読♪(11/29)
大人買いですねっ。

フィンランドは行ってみたい国の一つです〜。



スナフキンは本当にかっこいい。でもこんな人が家族だったら淋しいでしょうね。
by ♪ぴょん吉 #79D/WHSg
2009/11/29(日) 17:31 [Edit
Re:トーベ・ヤンソン「たのしいムーミン一家」再読♪(11/29)
中学生のころだったか、一作目だけ読みました。

アニメ(初めての方)も大好きで毎週みてたのを思い出します。



面白そうですね。ムーミンまた読みたくなりました
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/11/29(日) 17:31 [Edit
タシガミさんへ
すごいすごい〜!!!

タシガミさん、初の海外旅行がフィンランドなんて……なんて素敵なんでしょう♪

それに、やっぱりフィンランド人はゆったりのんびり過ごしているんですか。

日本人みたいにせせこましい性格ではないんですね。フィンランドに移住したい…(笑)

確かフィンランドにはムーミンの家があるんですよね?? 行ってみたいなぁ(*^m^*)



タシガミさんも、是非一緒にムーミン再読しましょう!!

今読んで、改めて「この本はむしろ大人にこそ必要なものだ」と思いました〜^^

これを読んだ後は人に優しくなれるような気がします。(あくまでも気がするだけ…笑)

スナフキンは物に執着しない所といい、どこか達観した様子といい、、、

人間よりもむしろプロメテウス様に近い位置にいるのかもしれませんねぇ。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/29(日) 19:49 [Edit
ジャイアント浜田さんへ
どうやらフィンランドにサンタクロース村があるようですねぇ^^

もしかしたら色々な説があるのかもしれませんが、もともとは北極が故郷だったとか??

ロシアにしろフィンランドにしろ北極にしろ、とにかく寒い地方であることは確かなようです(笑)

ムーミンにサンタクロース。なんだか子供達に夢を与えてくれるような国ですね〜♪



山口のサビエル記念聖堂!! 全然知りませんでした(><)

サビエル……ザビエルが日本にキリスト教布教した記念に作られたものでしょうか。

そういう事を念頭に置きながら観光すると、俄然興味が湧いてきますね〜♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/29(日) 20:00 [Edit
柊♪さんへ
あっそれはきっと「ムーミン谷の彗星」ですねぇヽ(*^^*)ノ

そうそう、きっとムーミン谷の住人達は世界の終わりがきてものんびりしている気が…(笑)

あ、ヘムレンさんはどんな些細な事でもあたふたしていそうですが。



もし…もし2012年に、ムーミン谷の住人がいたとしたら。

ムーミントロール→スノークのおじょうさんを連れて小高い丘へ避難する。

スノークのおじょうさん→前髪をカールさせる櫛と鏡をわすれずに持つ。

スナフキン→ぼくは最後まで自分のやりたいことをやるさ、と橋の上でハーモニカを吹く。

ヘムレンさん→家財道具を集めて逃げようとする。でも結局あたふたするだけ。

ミィ→みんなを茶化す。



……こんな感じだと思うんですが、どうでしょう(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/29(日) 20:06 [Edit
asagiさんへ
asagiさん、いらっしゃいませ〜♪コメントいただきすっごく嬉しいです!!(*^v^*)



asagiさんは、海外ファンタジーを沢山読まれているようですから、

きっと北欧の作家にも詳しいのでしょうねぇ☆

北欧神話に基づいたお話も面白そうですごく興味があります。

「ニーベルンゲンの歌」とかもいつか読んでみたいのですが、なかなか訳が固そうで(笑)

児童向けの北欧神話なら、気軽に読めそうですね。

asagiさん、もしオススメがあったら是非是非教えてくださいね〜(^O^)/



スナフキン、やっぱり人気者ですねぇ♪

物に執着しない所とか、些事にこだわらないところがたまらなく格好良いなぁと思います。

思い立ったらふらりと旅に出て「来年の春には戻るよ」と軽く言ってのけるのも素敵。。。

ムーミンはのほほんとしてるのに、かなりの毒舌なのがまた笑えますよ…!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/29(日) 20:19 [Edit
Re:トーベ・ヤンソン「たのしいムーミン一家」再読♪(11/29)
本のほうはほとんど読んだことなくて、アニメのほうばかりの印象が強いので、ムーミンの毒舌っぷりを知りませんでしたww

ムーミンみたいな生活してみたいですね〜☆(≧▽≦)☆



翻訳する人にもよるのかしら??

nanaco☆さんの影響で本のほうも読んでみたいです。
by Cedie #79D/WHSg
2009/11/29(日) 20:37 [Edit
miwa125さんへ
はい〜^^;今更ですが、またまたムーミン熱が…(笑)

2010年もムーミンカレンダーだし、何気に自分の中でプチムーミンブームです。

なんだかこの姿を見ていると、miwaさんの「ミーナの行進」のレビューを思い出します。

だってだって、コビトカバに乗って通学してるんですよね…??(笑)

ムーミンって、なんかどことなくコビトカバに似てるし(* ̄m ̄)ニヤリ



miwaさんも是非本屋さんで探してみてください!!

講談社文庫でお安く買えるので、オススメです。(決してまわし者ではありませんが…笑)

のんびりした顔して、何気に毒舌なムーミントロールも笑えるし、

気が向いた時にふらりと旅に出るスナフキンも、カッコ良すぎですよ〜♪

寝る前に読むと、miwaさんもムーミン谷の住人の一員になれること請け合いですよヽ(*^^*)ノ
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/29(日) 20:59 [Edit
♪ぴょん吉さんへ
ムーミンシリーズ、手元に置いておくとなんだか安心できますねぇ☆

児童書向けってイメージがありますけど、大人が読んでも十分に面白いです^^

…というか、大人にこそ必要なファンタジーなのかもしれませんねぇ(*^0^*)

普通の児童書と違って教訓めいた所が一切ないところが、押しつけがましくなくて好きです〜♪



フィンランド、一度行ってみたいですよね。

冬は恐ろしく寒いんでしょうけど、、、−30度になる時もあるとか??(ーー;)

北海道に住んでいてもなかなか経験できる気温ではありません(笑)



>でもこんな人が家族だったら淋しいでしょうね。

本当にそうですねぇ!! 一年中いないようなもんですしね…

スナフキンと家族同然のムーミンは、さぞや辛い思いをしていることでしょう(T_T)

スナフキンと一緒にいる時の、あのテンションの高さも妙に頷けます(笑)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/29(日) 21:07 [Edit
日向 永遠さんへ
おぉ、日向さんも一作目読まれたんですね!!

もしかして「ムーミン谷の彗星」でしょうか??

実はこのシリーズ、いまいち読む順番が分からないんですよね…(笑)

確か「たのしいムーミン一家」が一作目だと思って再読したんですけど、もしかして彗星かも…。

まぁ一話完結型(?)みたいなものなので、問題ないでしょうかねぇ^^;



アニメのほうは実はあまり観ていないんですが、面白そうですよね♪

動くムーミンやスナフキン、、、一度見たらファンになりそうです。

スナフキンのように放浪の旅に出たいです。まぁすぐに行き倒れるでしょうけど(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/29(日) 21:16 [Edit
Cedieさんへ
アニメのほうはあまり観た事がないんですが、ムーミンは毒舌を隠しているんですね?!(笑)

ふふふ。ムーミンも、スノークのおじょうさんも何気にギョッとするような発言連発ですよ。

翻訳にもよるのかもしれませんが、「あなた」じゃなくて「あんた」というのもウケます(*^m^*)

ムーミン谷の住人の生き方は、本当に憧れですねぇ。(特にスナフキン!)

一度試してみましょうか。物は買わず、その辺の草を食べ、夜中にあたりをうろついてみる…

間違いなく不審者として逮捕されそうです。



そうそう、今日Cedieさんのブログで紹介されていたムーミンのDSソフト探したんですけど、

残念ながら見つけられませんでした(泣)あれ、もしかしてまだ発売されてないかしら。。。

でも近いうちに絶対買います!!ヽ(^o^)丿
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/29(日) 21:22 [Edit
そうなんですよね
ムーミンって「ムーミントロル」なんですよね。私は子供の頃のカルピス劇場での「ムーミン」が大好きでした。でも、あれもかなりおどろおどろしい話もあったんですよ。子ども心に怖かったですもん。
by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2009/11/30(月) 21:22 [Edit
浪漫的狼さんへ
狼さんもムーミンお好きでしたか〜♪

他の児童書と違って、「○○しちゃいけない」っていう教訓めいた所がないので好きです(笑)

ムーミンだってスナフキンだって、いたずらしてもママもパパも怒らないですからね。

むしろ、一緒に仲間になっていたずらしちゃうところがなんとも憧れるんですよねぇ(* ̄m ̄)



>子ども心に怖かったですもん。

実は結構怖い場面ありますよね…^^;

ニョロニョロの大群が、無言で迫ってくる場面とか怖かった記憶があります。

自分の中でプチムーミンブームはしばらく続くものと思われます。。。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/30(月) 22:01 [Edit
スナフキンって
こんばんは。

大人になったらスナフキンの言うことが理解できるのかと思ったこともあったけど、

わかんないものはわかんないのよねぇ。

でもそこがまた、やっぱりかっこいいんだなぁと思ったりして。

実家にある文庫の表紙はこんなにぎやかじゃなかった気がする。

年末帰ったら再読…いや、途中までしかよんでなかったか?

改めて読もうかなと思いました。

しかし、nannacoさんは読むの早くて羨ましすぃです〜

by さくら #79D/WHSg
2009/11/30(月) 23:36 [Edit
ムーミン♪
nanaco☆さんったら、ムーミン熱に火がついた!って感じですね〜♪^^

ホント、このほんわかした雰囲気に癒されますね、

ってムーミンが意外なほど毒舌だったことを知ったばかりだった・・・。(笑)

しかし、怖い台詞もあの顔で言うから憎めないのかな。

スナフキンの口ずさむ歌の台詞にも、思わず吹き出しちゃいそうでした。^^

ムーミンの世界、行ってみたいですね〜☆^^
by picchuko #79D/WHSg
2009/12/01(火) 05:56 [Edit
さくらさんへ
ほんと、スナフキンの台詞ってどれも訳分からないのに何故か心に響きますね(笑)

「みんなちっちゃな動物は〜」のフレーズも一度聞いたら忘れられません^^;

この台詞を理解できるようになったら、スナフキンと共に旅立てるかしら……

さくら姉さまも、お正月にでも是非是非再読してみてくださいまし〜♪

このシリーズ読んでいると、現実の世界に戻るのが嫌になるから困ったもんです(笑)



そういえば、DSでムーミンのソフト出たみたいなんですよ!!

「ムーミン谷のおくりもの」ってやつで、絵がすっごい可愛いんですよ〜^^

あれは間違いなく癒しの一時を過ごせます!! 欲しい……



いえいえ、全然早くないですよ〜(><)

むしろどんどん積まれていく本達をどうにかしなくては。

姉さまからお借りした本達もまだ全然読んでいないし、、、

年末年始にガッツリ読みたいと思います〜♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/12/01(火) 20:51 [Edit
picchukoさんへ
はい〜♪完璧にムーミン熱に火がついております!!

今年(来年も??)、自分の中ではプチムーミンブームですねぇ。

周りの人達にも、「突然どうしたの?? そのムーミン…」と言われます(* ̄m ̄)ニヤリ

しばらくはこのブームが続きそうですが、どうかお付き合いくださいまし。。。(笑)



あら、picchukoさんは北欧のほうには行かれたことはないんですか??

世界中を旅しているpicchukoさんの事ですから、

既にフィンランドとかデンマークあたりは行っているものかと…(*^^*)

フィンランドに行ったら、ついついムーミン谷を探してしまいそうですね♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/12/01(火) 20:57 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。