FC2ブログ
Welcome to my blog

「魚神」千早茜

ななこ


魚神(いおがみ)
著者:千早茜
評価:ほしほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
生ぬるい水に囲まれた孤島。ここにはかつて、政府によって造られた一大遊廓があった。捨て子の姉弟、白亜とスケキヨ。白亜は廓に売られ、スケキヨは薬売りとして暗躍している。美貌の姉弟のたましいは、惹きあい、そして避けあう。ふたりが再び寄り添うとき、島にも変化が…。第21回小説すばる新人賞受賞作。



これは、もうとにかくnanacoの好みど真ん中な作品です~~きもち
まだレビュー書いていない本が沢山あるけど、興奮が冷めやらぬうちに書いておきたくて。

いつものように、「あまりに面白い本はレビューが支離滅裂になるという法則」……
お友達のまるさんが名付けてくれた「あおレ滅法」(笑) なにとぞご容赦くださいましかお


舞台は、本土から隔離された島にある一大遊郭です。
電気は通っておらず、あるのは遊女屋のぼんやりとした行灯のみという幻想的な場所。

まるで鏡を見ているかのように、同じ容姿と魂を持った美貌の姉弟・白亜とスケキヨ。
二人は幼い頃から言葉を交わさずともお互いを感じ合い、半身のように求めあってきたが、
ある事件がきっかけで仲違いをしてしまい、離れ離れになってしまう。

やがては、誰もが欲望の炎を燃やすほど美しく成長した二人。
白亜は遊女として、そしてスケキヨも陰間としてそれぞれの道を歩んで行くが。。。


ライン


もう、なんて美しい文章を書かれる作家さんなんでしょう…かお

キリリと冴え渡った文章なのに、行間からねっとりとした妖艶さが立ち上ってくるようで。
まるで夢の中をフワフワと漂っているような、とても幻想的な雰囲気が感じられます。

白亜とスケキヨ。
お互いを狂おしいほど求めているのに、その感情とは裏腹にどんどん気持ちが離れていく。
そしてどんな運命の悪戯か、再び二人の人生が交差することになるんですねぇきもち


物語は主に白亜の視点から進んでいくので、スケキヨはヴェールに包まれたような存在。
白亜が遊女として働き始めた後も、常に美しい弟の影が見え隠れしています。

ヘドロの匂いと血生臭さ。肌にまとわりつくような生温かさと、薄暗く猥雑な遊郭。
そんな中で、白亜とスケキヨだけは、あまりに清らかで一歩離れた所に存在しているみたい。
二人に魅せられる人達は、どんどん堕ちていく。ある意味魔性の姉弟じゃのぅ…(笑)


※以下ネタバレなので反転しておきま~すかお

ライン

何気に好きだったのが、剃刀男ですねぇ。
幼い姉弟を引き離した剃刀男は、本来白亜にとって憎むべき存在のハズ。
けど、数年後に再会した白亜と剃刀男は、お互いの中に孤独を見出したと思うんです。

美しく成長した白亜を見て「小娘を抱く趣味はねえんだよ」と言ったのも、
彼にとっての罪滅ぼしと愛情だったのかな、と。(まぁ結局は……だけれども。笑)

そしてあまりにも切ない最期。イイ奴すぎて涙が出るぞ。


ライン


この世界が好きすぎてレビューが上手くまとまりませんでした。。。
恐るべし、あおレ滅法!!!(笑)

とにかくオススメしたい作品なので、未読の方は是非是非読んでみてくださいな~きもち




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 18

There are no comments yet.
浪漫的狼  
おおっ

これは是非是非読みたいと思います。何となく私もツボのような気がします。しかも、王冠つき☆ 絶対オススメですね。

2009/11/09 (Mon) 21:10 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:千早茜「魚神」永久保存版決定〜☆(11/09)

凄く面白そう〜〜

まず、表紙からしてオドロオドロしくて惹かれます。

早速お気に入りに入れました。

2009/11/09 (Mon) 21:35 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

この本、狼さんにも是非是非読んでいただきたいです!!

小説すばる新人賞受賞作って、実は今回初めて読んだんですが、もう何から何までツボです。



名前が良いんですよねぇ、白亜とスケキヨ。(あれスケキヨって何かの本で出てきました??)

どこか神話めいたような雰囲気もあり、もうこの美しい文章に酔いしれました(*^^*)

次回作を楽しみに待ちたいと思います〜♪

狼さんも読まれたら感想を教えてくださいね。

2009/11/09 (Mon) 22:18 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

ちこさん、早速お気に入りに入れていただいて嬉しいです〜♪(*^0^*)

この本、買って良かったです!! もう読み始めたら止まらなくてあっという間の読破でした。

この妖しい表紙と物語の雰囲気がすごくマッチしていると思います☆



美貌の姉弟…という設定大好きです。(もちろん美貌の兄弟も。笑)

二人を取り巻く環境があまりにも猥雑な雰囲気だから、尚更美しさが引き立っているのかな…

スケキヨがだんだん変っていくのを見て、なんだかリンダとレムスを思い出しました^^;

ちこさんの感想楽しみに待っていますよ〜ん♪

2009/11/09 (Mon) 22:22 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:千早茜「魚神」永久保存版決定〜☆(11/09)

興奮が伝わってきます。

これまた、面白そうで読みたいです。

内容も、妖しくて、幻妖で良さそうです!!



これ以上積読を増やしたくないのですが・・・

止められるのか・・・

全く罪です。面白本の紹介(*^_^*)



2009/11/09 (Mon) 23:28 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、これはもう超面白かったです〜!!!

久々の王冠付きですよん♪ハードカバーって勿体ないから(笑)普段はちみちみ読むんですが…

これは続きが気になって気になって、あっという間に読破しちゃいました(≧m≦)



白亜の匂い立つような美しさ、スケキヨの突き放したような冷淡な美しさ。

二人のどこか人生を諦観したような気だるさが、きっと人々を惹きつけるんでしょうねぇ…

次はスケキヨサイドからもこの物語を読んでみたい!!と思いました(><)

日向さんも、これは是非ご一読くださいな〜♪

2009/11/10 (Tue) 05:52 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:千早茜「魚神」永久保存版決定〜☆(11/09)

「魚神」、王冠付きですか〜!

いろんなところで話題にのぼっているのでずっと気になっていたんです…。

柊も今度読んでみたいと思います!

そして反転している感想部分を読んでみたいです。

スケキヨ…という名前は横溝正史の『犬神家〜』の佐清をイメージしてしまうんですが。

このお話では美貌の方なんですね(笑)

2009/11/10 (Tue) 09:03 | EDIT | REPLY |   
まる811  
Re:千早茜「魚神」永久保存版決定〜☆(11/09)

こんにちはー☆

あおレ滅法!!!笑笑笑 いやーアホですねわたし…

でもそれよりも、堂々と使ってるnanacoちゃんが天晴れだ!! そして満足だ!!



あおレ滅法なんてなんのその、すごく興奮が伝わってくるレビューです〜☆

まず美貌の姉弟て所がnanacoちゃんのツボですよねぇ。

そして内容だけじゃなく文章でここまで酔わせるなんてすごい、読んでみたい。

というかわたしも絶対読みます。

2009/11/10 (Tue) 12:52 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:千早茜「魚神」永久保存版決定〜☆(11/09)

こんばんは〜♪



またまた面白そうな作品ですね〜^^

しかも5つ星の王冠付きでnanaco☆さんのオススメとなると、

私の中の読みたい虫がざわざわと騒ぎ出してしまいます〜♪

美貌の姉弟と幻想的な雰囲気にも興味をそそられので、

早速、読みたい本のリストに入れておきますね〜(^^)/

2009/11/10 (Tue) 17:55 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

柊さん、「魚神」想像以上に面白い(というより好み??笑)作品でしたよ〜☆

この本全体の生ぬるく気だるい雰囲気が、すごくすごく好きです。

とても健全とはいえない本なので、読む時期によっては受け取り方が変わりそうですが…(笑)

柊さんの感想、是非お伺いしたいです〜♪一読の価値アリですよ〜ん(*^0^*)



あっ!! スケキヨ、「犬神家〜」だったんですねぇ。

この名前どこかで聞いたなぁなんて、ずっとモヤモヤしてたんです(笑)

未読なので、「魚神」のスケキヨと何か共通点があるのかどうかは分かりませんが、、、

もしかして作者の千早さんは「犬神家〜」から名前をとったのかもしれませんね^^

2009/11/10 (Tue) 19:25 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
まる811さんへ

「あおレ滅法」これ絶対流行りそうですね!!(笑)

まるさんが考えてくれてから、絶対どこかで使おうと企んでたんですよ…いひひ…

まるさんも永久保存版に出会ったら…せーの……それっあおレ滅法!!!!

でもホント、面白すぎる作品ってちっとも書きたい事がまとまんないですね〜^^;



>まず美貌の姉弟て所がnanacoちゃんのツボですよねぇ。

おっしゃる通り(笑)でもそれはまるばあちゃんもじゃないかねぇ…

白亜とスケキヨ、なんだか読んでいるうちにリンダとレムスを思い出しました♪

でもスケキヨは美しくても中身は腹黒っぽいからなぁ。

二人の、求めあってるのに臆病で近づけない関係が、とにかく切なくて好みでした。。。

ほんっと超オススメなので、まるさんも是非本屋さんでGETですよ(≧m≦)

2009/11/10 (Tue) 19:33 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

久々の(?)永久保存版入り、きちゃいましたよ〜!!!(*^m^*)

この島の幻想的な雰囲気から、白亜・スケキヨをはじめとする人物造形まで、、、

本当に何もかもが好みど真ん中な作品でした♪



基本的に、遊郭のお話ってあまり好みじゃなかったんですよ。

女のドロドロした醜さが出ている感じがして(笑)

でもこの作品は、白亜とスケキヨのどこか冷めた視点が、その醜さを緩和している気がします。

この中にある魚と美しい女性の伝説が出てくるんですが、そのお話がまた素敵でした(*^ー^*)

これは本当にオススメなので、ハードカバーでもGETする価値アリです!!(笑)

2009/11/10 (Tue) 19:43 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
一目見て、

なんじゃいこの表紙の絵☆

って思いましたが、なるほどぉ〜、こんなにも妖しく美しい作品なのですね。

nanaco☆さんの興奮が伝わってきて、支離滅裂(?・そんなことないよ!)ながらも十分に楽しませて戴きました。



そうそう、私の町はその昔、こんぴらさん参りの港町として栄えておりまして、

江戸時代から明治にかけて遊廓がずら〜っと並んでいました。

今でも、その面影が残る家並みが結構あるんですよ!

職場に向かう道中にあるのですが、もしかするとこういった艶っぽいお話も現実にあったかも〜なんて、想像が膨らみます。(*^^*)

2009/11/10 (Tue) 23:30 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
Re:千早茜「魚神」永久保存版決定〜☆(11/09)

妖しいというかコワいというかそんな表紙ですね。この作家さんの名前すら初めて拝見しました。

なんだかドロドロしてそうな醜い感じがしてびびってるんですが、nanaco☆さんの王冠付きおすすめが非常に気になります。

2009/11/10 (Tue) 23:32 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

ふふふ…この表紙、かな〜り妖しいですよね!!

この髪形(?)はなんじゃい!!この舟はなんじゃい!!とツッコみまくりでした(笑)

この本の中に、雷魚とある一人の女性の伝説が出てくるんですが、その絵なのかしら。。。

遊郭を舞台にした作品って女性同士のドロドロしたイメージがあって苦手だったんですが、

この作品は白亜とスケキヨが、嫉妬とかいうドロドロした感情からかけ離れた存在なんですよ^^

それに幻想的な雰囲気も相まって、とても面白く読む事ができました〜♪



>今でも、その面影が残る家並みが結構あるんですよ!

えぇ!! 凄いですねぇ。江戸から明治にかけての遊郭…それは貴重ですね(><)

そんな家並みを見ているだけで、過去の事を色々と想像しちゃいますね☆

四国は本当に良い所だぁ、、、古い物を大切にしようという想いがあるんですねぇ^^



そうそう、余談なんですが、

坂東真砂子さんの小説で「死国」というのがあります。

未読なんですが、四国を舞台にしたとても面白そうな作品なんです♪

四国八十八ケ所の霊場を死者の歳の数だけ逆に巡ると、死者が甦える、、、(ホラーかな??)

picchukoさんのブログをいつも拝見していて八十八ケ所巡りに興味津々なので、

いつか読んでみたい作品です☆picchukoさんの数々の写真を思い出しながら…(*^^*)

2009/11/11 (Wed) 06:35 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

表紙はちょっとビビってしまうくらい妖しい(というか怖い)ですが(笑)

でもこれすんごく面白い作品だったんですよ〜!!

nanacoの中では遊郭=遊女=ドロドロ=嫌だ!という思考なんですが、

この本の姉弟があまりにもそういった感情とは無縁だからかとても面白く読めました♪



とても新人さんとは思えない作品ですよ!!

しかも1979年生まれ…nanacoとそんなに離れていないのに^^;

北海道出身の作家さんと言うことで、これからも応援していこうと思います〜(*^v^*)

それにしても今年は王冠付きが多くて、年末のベスト本はどうなることやら…(笑)

2009/11/11 (Wed) 07:02 | EDIT | REPLY |   
かをる。  
Re:千早茜「魚神」永久保存版決定〜☆(11/09)

この本、私も気になっていました。

nanacoさんの王冠付き久しぶりですねぇ^^



これは、ますます読まねばという気になりました!

2009/11/30 (Mon) 20:42 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
かをる。さんへ

かをる。さん、この作品は一読の価値アリです!!

一読どころか、二読も三読もしたいぐらいお気に入りの作品になりました♪

これが新人さんだなんて驚きです。しかもまだお若いのに!!(*^^*)



ねっとりしたまとわりつくような空気。

白亜とスケキヨの純真さと、遊郭の淀んだ空気との対比がものすごく好きです。

終始遊女屋を舞台にしているので、もしかしたらこれだけで苦手な方もいるかもしれませんが^^;

文章も綺麗だし、とても良い雰囲気の作品なので、かをる。さんも是非挑戦してみてください♪

2009/11/30 (Mon) 21:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『魚神』 千早 茜
  • 今回レビュー書くのは 千早茜さんの『魚神(いおがみ)』という作品です。 第21回小説すばる新人賞&第37回和泉鏡花文学賞受賞作です。 ◆あらすじ◆ 魚の目を覗いてはいけないよ
  • 2012.04.16 (Mon) 18:26 | 本を読みましょ