10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.03 *Tue*

道尾秀介「背の眼(上)(下)」読みました☆


 

【背の眼(上)(下)】道尾秀介rating_48.gif

児童失踪事件が続く白峠村で、作家の道尾が聞いた霊の声。彼は恐怖に駆られ、霊現象探求所を営む真備のもとを訪れる。そこで目にしたのは、被写体の背中に人間の眼が写り込む、同村周辺で撮影された4枚の心霊写真だった。しかも、彼ら全員が撮影後数日以内に自殺したという。これは単なる偶然か?第5回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞作。

ちょうど一年ぐらい前に、お友達の日向永遠さんに紹介いただいた作品です〜balloon_34.gif
日向さん、やっと読めました〜〜面白い本のご紹介ありがとうございました!!

ホラーは好きなくせに、心霊系となると途端に半泣きになるnanacoですが(それでも読む。笑)
これはホラーというよりもミステリーですねぇ。夜中のトイレも一人で行けますよ…(笑)
上下巻、全く長さを感じさせず、最後までグイグイ読ませてくれましたballoon_133.gif

前に読んだ「向日葵の咲かない夏」は、どうも生理的に受け付けなかったんですが、
今回の真備シリーズは、この先も面白く読めそうな気がします。

  どんでん返しは凄かったんだけどね…


02.gif


「レエ……オグロアラダ……ロゴ……」
ホラー作家の道尾が、福島県の白峠村で聞いた不気味な声。
恐怖のあまり東京に逃げ帰った道尾は、大学の時の友人・真備の元を訪れる。

白峠村で相次いでいる子供達の失踪事件。村に隠された天狗の伝説。
そして、自殺した人々の背中に浮き出た二つの眼。これらには関連性があるのか??

……もうこれだけでビビりな人は読む気すら失せてしまうかもしれませんねぇballoon_145.gif
でも、安易に心霊現象に持っていかないのが、この作者さんの凄いところです。
若干こじつけ??と思える部分もありますが、きちんと合理的に解決されていますもの。

こういう風にミステリーとオカルトが巧く融合されている作品って好きです〜balloon_28.gif
「屍鬼」を彷彿とさせるような閉鎖的な村と、人々が隠している血塗られた過去。
もうこれは題材だけでも買いですね(笑)


霊現象を探究しているという真備の、飄々としたキャラが良かったです!!
常日頃から美青年を追い求める者としては、こんな作品からもこの一文を見逃しません。
もうなんかね、↓こういう文章だけ浮き出て見えるのよ…(笑)野性的なものかねぇ。

すらりとした長身。鋭角的な顎と鼻を持った顔は日本人ばなれしていて、
髪は相変わらず少し長めで―どこか欧米の美人女優を彷彿とさせるような風貌。(P100より)



さて、次は真備シリーズ二作目「骸の爪」を読もう。

 怖いよ…表紙が…


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事

COMMENT

Re:道尾秀介「背の眼(上)(下)」読みました☆(11/03)
この本は凄く面白かったですね!

「骸の爪」も良かったです(*^_^*)



怖くて、面白くて、ぐいぐい読んだ記憶があります。

上手いですよね。圧倒されます。
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/11/03(火) 13:29 [Edit
Re:道尾秀介「背の眼(上)(下)」読みました☆(11/03)
ホラー色が強そうだけど、どちらかといえばミステリーなんだ!!

白峠村という村の名前からして、何やら事件が起きそうですよね。

こういう作品に登場する美青年って、細身の長身で、どこか青白いイメージがあるのですが、真備もそんな感じかな・・・。

ミステリーを解読する以上に、美青年を見つける才能がnanaco☆さんは優れていそうですね。^^
by picchuko #79D/WHSg
2009/11/03(火) 15:30 [Edit
Re:道尾秀介「背の眼(上)(下)」読みました☆(11/03)
表紙も暗い感じであらすじ読んだだけでもちょっと重くてコワいと思ったのですが、ミステリーが強ければ読めそうです(*≧m≦*)

上下巻で読むの大変でも楽しめるならオッケーです☆(≧▽≦)☆

by Cedie #79D/WHSg
2009/11/03(火) 18:57 [Edit
Re:道尾秀介「背の眼(上)(下)」読みました☆(11/03)
レビュー待ってました♪



>これはホラーというよりもミステリーですねぇ。



そうそう 読む前はホラーサスペンス大賞だよ、どうしよう〜とびびっていましたが 大丈夫でした。



真備の外見 読み落としていましたわ。そうだったんだ〜〜。今更ながら 惜しいことをしました^^;。

by ♪ぴょん吉 #79D/WHSg
2009/11/03(火) 21:30 [Edit
ホラー好き〜
こんばんは。

決して、村を疎んじているわけではないけど、

人を寄せ付けないような集落って結構ありそうで、

さらに伝説とかからんでくると、地元の人しか真相もしらないだろうから、

ぞっとしていいですよねぇ。

読んでみたいですー。

by さくら #79D/WHSg
2009/11/03(火) 22:08 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、面白い本を紹介していただいて本当にありがとうございました!!

想像していたほどホラーな展開ではなくて、ビビりとしては安心して読めました(笑)

こういう閉塞された村っていう設定大好きなんです。古くから伝わる不気味な伝説とか…

真備のキャラも良かったですねぇ。続きの「骸の爪」を読むのが楽しみです(*^v^*)



道尾さんって、あとがきでもちょこっと書かれていましたが、

万人受けする小説を書くつもりはないようですね(笑)

好きな人だけ読んでくれれば良いっていう潔さが、弱に好きですねぇ。

確かに無難な小説を書かれるよりは、思い切って趣味に走って欲しい気がします〜^^
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/03(火) 22:13 [Edit
picchukoさんへ
絶対ホラーだ…絶対心霊系だ…と怖気づいて、読むのに1年もかかってしまいました!!

人間の狂気とかなら、まだ理解できるから良いんですけど、

心霊現象となると、もう理解不能ですもんね。だから苦手なのかもしれません〜^^;

白峠村って、福島県に本当に存在するの?!と思わず調べてしまいましたよ(笑)

残念ながら(?)作者さんの創作のようでしたが…



そうそう、ミステリーで謎解きをする美青年はまさにそんなイメージですよね☆

細身長身&色白で運動音痴、みたいな感じでしょうか(笑)

こういうキャラが出ている作品は、何故か表紙を見ただけで分かります。野性のカンですね…

このカンを活かした仕事があれば良いのに!!(≧m≦)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/03(火) 22:19 [Edit
Cedieさんへ
このあらすじからして、絶対ホラーだと思っていましたよ〜!!

現にホラーサスペンス大賞受賞していますしねぇ…(><)

ところどころ鳥肌が立つような描写もありますが、どちらかというと謎解き要素が多いです♪

スピード感があって終始飽きさせない作品でした。



ところで、怖い表紙の作品って自分の部屋に置いとくのイヤじゃないですか??(笑)

↑の「骸の爪」の表紙だけでもちょっとビビっているので、本棚の見えない所に移動しています。

…って、そんな怖がりなら読むなよ!!って話なんですけど…ねぇ^^;

怖いものみたさっていうんでしょうかね、こういうの。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/03(火) 22:26 [Edit
♪ぴょん吉さんへ
ぴょん吉さんのレビューに後押しされて、やっとこさ手に取ることができました☆

あぁ、ホラーサスペンス大賞ってのに怖気づいていましたが、もっと早く読んでいれば良かった…

どちらかというとミステリー色が濃くて、すごく楽しめました〜(*^0^*)



あれ、真備の外見、見落とされてましたか??(笑)

こういう文章は、もう匂いで分かるんです!! 道尾のキャラはヘタレでしたけどね〜…

謎解き役が美形だと、俄然読む気満々になります♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/03(火) 22:32 [Edit
さくらさんへ
日本にも、知らないだけでこういう集落って結構あるんだろうなぁと思うと鳥肌が立ちますねぇ。

なんか村人達が隠してるとか、怪しげな慣習があるとか、そういう設定かなりツボです♪

なんかもう人間の理解の及ばない出来事があると、ホラーだって実感します〜^^;



道尾さん、「向日葵〜」を読んだ時はビミョーな印象だったんですが、

この真備シリーズはなかなかハマりそうな予感♪(何しろ美青年ですから…笑)

文庫で出ている道尾作品、徐々に制覇していくつもりです〜(*^_^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/03(火) 22:37 [Edit
Re:道尾秀介「背の眼(上)(下)」読みました☆(11/03)
こんにちはー☆

道尾作品、最近本屋でやたら目にします。

nanacoちゃんのレビュー読むとおもしろそうだと思うんだけど、

「向日葵〜」でついた受けつけられない感触のせいでいまだにその後読んでません。



でもこれおもしろそうですねぇ…

ホラーでミステリーで村の伝説って聞くと、どうしても金田一少年が真っ先に浮かびます。

金田一とかコナンとかって、犯人のシルエットが真っ黒じゃない?

わたしゃ、そこらのホラーよりもあれが怖くてのぉ…

by まる811 #79D/WHSg
2009/11/04(水) 16:22 [Edit
Re:道尾秀介「背の眼(上)(下)」読みました☆(11/03)
こんばんは〜♪



背中に浮き出る目…ホントそれだけでビビりそうですねぇ(^_^;)

でも、夜中のトイレも一人で行けるなら

夜の読書でも耐えられそうな感じでしょうか〜?

道尾さんはまだ未読で、1冊読んでみたい作家さんだから

この作品を初道尾作品にしようかな(*^_^*)
by miwa125 #79D/WHSg
2009/11/04(水) 18:34 [Edit
まる811さんへ
まるさんと同じく「向日葵〜」が苦手だったので躊躇してたんですけど、

これはまた全然雰囲気の違う本でしたよ〜♪面白かったです!!

…たぶん、美青年の真備が出ているのが一番の理由と思われます。

どうしても邪道な読み方をしてしまうワタクシをどうにかしてください。。。(><)

まぁ、まるさんも仲間だからイイや(笑)

この本は「向日葵〜」と違って不快な気持ちにはならないと思うので、まるさんも是非〜☆



あっ!分かる分かる〜〜!!!

金田一とかコナンの真っ黒な人影怖いですよねぇ。特に金田一なんか妙にリアルだし。

そういえばコナンの最初のほうに、ジェットコースターで首切られるお話ありませんでした??

確かピアノ線だかなんだかで…ワシはあれ見てから遊園地が怖くなってしまってのぅ(-_-)。。。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/04(水) 19:54 [Edit
miwa125さんへ
そう、あらすじだけ読むとかなりビビりますよね!!(笑)

読むのを決意するまでにどうやら1年近くかかってしまったようです…

でも、拍子抜けするほどホラー要素は少ないんですよ〜^^(たぶん…)

なので、ホラーを読むとつい後ろを振り返ってしまうmiwaさんでも(笑)大丈夫だと思います♪



道尾さん、本を刊行されるペースが早いですよねぇ。

本屋さんに行くたびに「あれ、もう新作でたの??」とビックリする事がよくあります(*^m^*)

まだ二作品しか読んでいないのでどれがオススメ!!というのはまだ分からないんですが、

この「背の眼」は謎解き要素たっぷりでとても面白い作品なので、miwaさんも是非〜♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/04(水) 19:59 [Edit
面白そう
向日葵の話は本屋さんでみました。これは未だみたこともないのですが、面白そうですね。
by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2009/11/04(水) 21:25 [Edit
Re:道尾秀介「背の眼(上)(下)」読みました☆(11/03)
オカルト的だけど、合理的に解決されているんですね…。

そのあたりに興味津々。

道尾さん未読ですが挑戦してみたくなりました。

by 柊♪ #79D/WHSg
2009/11/05(木) 15:14 [Edit
浪漫的狼さんへ
最近は道尾さんの本、よく本屋さんで見かけるようになりましたねぇ^^

一度読んで意識しているからなのかもしれませんが…

新作が毎回平積みされていて、よほど人気のある作家さんなんだなぁと思います♪



閉塞された村だとか、古くからの慣習だとか、、、そういう怪しい雰囲気が大好きです(笑)

蘊蓄もふんだんに詰め込まれていて、とても面白い本ですよ〜♪

狼さんも機会があったら是非読んでみてくださいね!!(*^v^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/05(木) 20:43 [Edit
柊♪さんへ
オカルトの要素と謎解きの要素が巧く融合されていて、すごく面白いです☆

八雲シリーズよりは「あぁ、そういう事ね!」と納得できるんじゃないかと(笑)

事件の解決を全て超常現象に頼るっていうのは、いただけないですよね〜^^;



ところで道尾さんって、刊行ペースがすごく早いと思われません??

本屋さんに行くたびに「あれ、もう新作でたんだ〜」と驚く事がよくあります(*^m^*)

道尾さんに限らず作家の方達って、日々の生活の中で、

「これはネタに使えそう」っていうのを探してるんでしょうかねぇ…(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/05(木) 20:49 [Edit
Re:道尾秀介「背の眼(上)(下)」読みました☆(11/03)
こんばんは。

私も、この本読みました。

ちょっと暗い過去を持つ、美青年(←ここ重要w)という設定はたまりませんよね〜!

怖いながらもきちんとミステリ要素も入っているし、色々な意味で凄い作品でしたw

by かをる。 #79D/WHSg
2009/11/30(月) 20:38 [Edit
かをる。さんへ
おぉ、かをる。さんも!!

ハイ、美青年はミステリにおいて最も重要な要素です♪(……それが何か??)

美青年は美青年でも、どこか暗い過去を持っていたり二重人格だったりする人が好きです(笑)

真備はその点合格ですね。もっともっと過去を掘り下げて欲しい気もしますが…



実はこの作品、オカルト的な作品とばかり思っていました〜^^;

確かにそういう要素も多少ありますけど、むしろきちんと謎解きできたので安心しました。

トリックを霊のせいにしちゃうのは、あまりいただけないですものねぇ。



続きの「骸の爪」も積読になっているので、近いうちに読みたいと思います♪

だんだんとキャラ読みになってきそうで怖いわ〜(><)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/30(月) 21:49 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。