FC2ブログ
Welcome to my blog

C・A・スミス「ゾティーク幻妖怪異譚」面白いっ!!

ななこ




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

朧な太陽のもと、魔術や降霊術が横行する地球最後の大陸ゾティーク。ブラッドベリ、ムアコックに影響を与えたことでも知られる異才が、細密かつ色鮮やかな描写で創りあげた美と頽廃の終末世界の物語を、本邦初となる全篇収録の決定版で贈る。地獄の王にそむいた妖術師の復讐譚「暗黒の魔像」、失った鳥を求める波瀾の航海を描く滑稽譚「エウウォラン王の航海」他全17篇を収める。



【ゾティーク幻妖怪異譚】クラーク・アシュトン・スミス rating_50.gif


お友達の日向永遠さんに紹介していただいた本です〜balloon_34.gif
日向さん、面白い本を教えていただいてありがとうございます。もう超好みでした!!

表紙を見てください。妖艶さが匂い立つような、美しい女性。そして手元には髑髏……
まさに、この本の内容を端的に表しているようなものじゃないですか〜!!
耽美的で官能的。その仮面の下には、身の毛もよだつようなおぞましさと腐臭。

17つの短編が収められているので、毎晩寝しなに1編、と思ったのですが。。。


これは間違いなく夢見が悪いです(笑) 断言します。


そうねぇ、何かに似てると思ったらガース・ニクスの「古王国記」シリーズ。
このシリーズを、さらにブラックにしたような感じ。世界観はすごく似ていますballoon_91.gif

  



leaf_03.gif



ゾティーク。太陽の力が弱まった超未来の、地球最後の大陸。
死屍累々とした描写が続くのですが、似たような作品がないのが凄いところです。

降霊術によって蘇った死者。拷問を好む残虐な島民。死肉を貪り食う妖魔。
想像すると(するな。笑)、ゾゾーッと鳥肌が立つような設定ばかりなんですよね〜balloon_145.gif
けど、この文章の色気さえ感じさせる美しさ。なんてことだ。すっかり虜ですわ(笑)

個人的に特に好みだったのは、「拷問者の島」
体中が青白い輝きを放ち、たちまち硬直してしまう"銀死病"に襲われた国。
生き残った若き王と 3人の奴隷達は航海へ乗り出すが、やがて辿りついた島は……

「アドムファの庭園」も秀逸。
人体の様々な部分が接ぎ木された、奇怪な庭園…。怖ぇよぅ……でも面白い!


【目次】(「BOOK」データベースより)

ゾティーク/降霊術師の帝国/拷問者の島/死体安置所の神/暗黒の魔像/エウウォラン王の航海/地下納骨所に巣を張るもの/墓の落とし子/ウルアの妖術/クセートゥラ/最後の象形文字/ナートの降霊術/プトゥームの黒人の大修道院長/イラロタの死/アドムファの庭園/蟹の支配者



★内容には関係ないんですが、地味に一番驚いたのは、作者の写真だったりして(笑)
全然こんな作品を書きそうにない、優しく繊細そうな青年なんですよ〜balloon_59.gif
人は見かけによらないもんじゃのぅ。。。

スミスと文通していたというラヴクラフトの作品も気になるところ。




bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
Posted byななこ

Comments 19

There are no comments yet.
Cedie  
Re:C・A・スミス「ゾティーク幻妖怪異譚」面白いっ!!(12/07)

表紙からしてなんだか怖そうというか怪しそうというか・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

夢見が悪いというより寝れなさそうな気さえしてきます。

そういうのに限って夜読んでしまうんですよね(-_-;)

2009/12/07 (Mon) 21:46 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:C・A・スミス「ゾティーク幻妖怪異譚」面白いっ!!(12/07)

nanacoさんの感想楽しみにしてました!!

★5つですね。なんか嬉しいです。



絶対、nanacoさんの好みだと思ってました。

nanacoさんに教えていただいたアイルランド幻想の幻の島ハイ・ブラジルやおなじく深きに棲まうものをおもいだしたりしましたよ。

妖女ラミア・・会ってみたい、でも怖い。

どれも怖くて恐くて面白かったですね。

2009/12/07 (Mon) 21:59 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:C・A・スミス「ゾティーク幻妖怪異譚」面白いっ!!(12/07)

あっ、そうそうラヴクラフト全集1をもう直ぐ読み終わります。

一作目のインスマンスの影は魚臭のしてくる話ですよ。最後、思わぬ展開をしてギャーと叫びそうです。

静謐な描写で重い感じですがひしひしと怖さが来ます。

2009/12/07 (Mon) 22:02 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

表紙の美女は見ため通りの姿ではないですよ…(* ̄m ̄)

ちょっと油断していると、じわりじわりと魂を抜かれてしまうタイプの妖女です(笑)

お話自体も、怖いというか妖しい作品が多いので、結構ビビりながら読みました…^^;

でも読了した頃には、不思議とこの世界の虜になっちゃっています。



>そういうのに限って夜読んでしまうんですよね(-_-;)

そうそう!! どうしてなんでしょうね、これ。

肝試しを墓場でやりたくなるのと同じ原理でしょうか…(ちょっと違う。笑)

こういうのを読んだ後はムーミンが読みたくなりますねぇ。

2009/12/07 (Mon) 23:03 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

いっやぁ、日向さんこれ超超好みの作品でした!!!

これも間違いなく今年のベスト本に入ると思われます(*^^*)

それぞれのタイトルを見ると、その光景が映像のように頭に蘇ってきます…(笑)

「死体安置所の神」とか「エウウォラン王の航海」あたりも好みでしたねぇ。

こういうお話もっと読みたいです♪



そうそう!! 「アイルランド幻想」を思い出しますよね〜♪

ラミアと「幻の島ハイ・ブラジル」の妖女、、、自分が男だったら真っ先におちてます(笑)

いや、女さえ魅了されるほどの美しさなのかな…



>あっ、そうそうラヴクラフト全集1をもう直ぐ読み終わります。

おぉっそうですか〜!!!

ラヴクラフトの作品も、「ゾティーク〜」の雰囲気に似ている感じなのかしら??^^

一作目「インスマンスの影」を含め、読むのがすっごく楽しみです。

まずは日向さんのレビュー、お待ちしておりま〜す☆(^O^)/

2009/12/07 (Mon) 23:12 | EDIT | REPLY |   
エンブレムT  
Re:C・A・スミス「ゾティーク幻妖怪異譚」面白いっ!!(12/07)

おぉ!ホントだ!美しい表紙ですね〜♪

内容も、耽美的で官能的。その仮面の下には・・・・・までは好みなんだけどなぁw

身の毛もよだつようなおぞましさと腐臭が待ってるんですかwww^ ^;

た、確かに夢見が悪そう〜〜〜><

nanaco☆ちゃんの☆5つには間違いがないから心惹かれまくるんだけど・・・恐い話にもう少し耐性が付かなきゃ読めそうもないです。。。

2009/12/08 (Tue) 12:53 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:C・A・スミス「ゾティーク幻妖怪異譚」面白いっ!!(12/07)

わ〜!なんかオドロオドロしそうで面白そう〜〜

早速読書メーターの「読みたい本」に入れました♪♪



>ラヴクラフト

栗本先生の「魔界水滸伝」に出てきたような気がします。「クトゥルー伝説」とかで。

この作者さんも興味深いですね!

2009/12/08 (Tue) 14:09 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:C・A・スミス「ゾティーク幻妖怪異譚」面白いっ!!(12/07)

あらすじといい、装丁といい好みな感じが漂ってきますね…(笑)

翻訳ものは時間がかかりそうなのでじっくり時間がとれるときにしよう、なんて思っているとなかなか手に取れないんですよね^^;

2009/12/08 (Tue) 17:27 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:C・A・スミス「ゾティーク幻妖怪異譚」面白いっ!!(12/07)

こんばんは〜♪



きゃっ!この本の表紙、髑髏があったんですねぇ(ーー;)

本屋さんで見た時は、まったく気づきませんでした。

内容は、ホントに怖そうですねぇ…(><)

「夢見が悪い」というnanaco☆さんの脅し文句?(笑)だけで

何だかビビッてしまいそうです〜(^_^;)

この作品も、『シャイニング』同様

土日の昼間に読まないと耐えられそうにないですねぇ!?

2009/12/08 (Tue) 18:07 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
エンブレムTさんへ

この本を読みながら、なんだかイケナイ気持ちになりました(笑)

……こんな代物を普通に読んでいて良いのか?!と。

何故か読んでいてファイアーエムブレムのハーディンを思い出しました。(変貌後の)

最初は穏やかに「姫様〜」なんて言っていても、あの魂を乗っ取られた後の豹変ぶり!!

……この本はまさにそんな印象です。(どんな本だ)



何か道理の通じない得体のしれないものを相手にしているという恐怖感です〜^^;

「禁じられた楽園」の例のカーテンを乗り越えたら、このお話も全然いけますよ!!(笑)

おぞましくも美しすぎる世界が待っていますので、エンブレムTさんも勇気を出して是非♪

面白さと夢見の悪さは保証しますよ〜ん( ̄∀ ̄*)

2009/12/08 (Tue) 20:47 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

わ〜♪早速読みたい本リスト入りありがとうございます!!

おどろおどろしいお話がお好きなちこさんなら、きっと楽しんでいただけるかと思います(*^^*)

全編通して死と魔術(時々死霊)が登場するので、

どうしてもサブリエルのハンドベルを思い出してしまいましたよ〜(笑)

もう、なんだか読んでいるだけで禁忌を犯しているようで緊張するほどの作品です。。。

ちこさんの感想、楽しみに待っていま〜す♪



>栗本先生の「魔界水滸伝」に出てきたような気がします。「クトゥルー伝説」とかで。

おぉ、そうですか!! 魔界水滸伝のほうは未読なんですが、面白そうですよねぇ。

(ちこさんのイラストを思い出します…^^)

そういえばグインでもクトゥルー伝説みたいな怪物でてきませんでした??

クラーケンとか違うのかなぁ…(笑)

2009/12/08 (Tue) 20:57 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

この美しい装丁、ついつい本屋さんでも目がいっちゃいますね…^^;

あぁ、今思えばこの女性に一目惚れした時点で危険な第一歩を踏み出していたんでしょうか(笑)

甘美さの下には総毛立つような恐ろしさがあり、、、どれも見た目通りではないお話です。



一篇一篇自体はどれも短いので、毎日少しずつ読んでいくのも面白いかもしれません♪

ただ、寝る前に読むには不適だと思います。激しくそう思います!!(笑)

…なので、まだ明るいうちに柊さんも是非是非読んでみてくださいね(*^_^*)

とても不思議な魅力のあるお話です☆

2009/12/08 (Tue) 21:05 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さん

そうなんですよ〜(笑)

この女性の美しさに見惚れていると、うっかり髑髏は見落としてしまいますねぇ(* ̄m ̄)

美しさとおぞましさ、、、この二つが同居しているようなお話がとても魅力的でした♪

確かに脅し文句(笑)通り、寝る前に読む本ではないですよぅ。

さすがに悪夢は見ませんでしたが、なかなか寝付けませんでした〜((+_+))



ふふふ、「シャイニング」も昼間(しかも土日の!!)じゃなきゃ読めませんね☆

あの可愛い装丁に騙されてしまいますけど、なかなかに恐ろしい本ですねぇ^^;

「ゾティーク…」が"おぞましさ"だとすれば「シャイニング」は"空恐ろしさ"なので、

まだ明るいうちに読めば問題ナシですよ〜ん(笑)

2009/12/08 (Tue) 21:16 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
おぉ!

何気に私にとっても好みかも?!

表紙の絵も素敵(特に髑髏!笑)ですし、

ゾティークっていう大陸にもの凄く興味があります!!



日向さんのコメントを読んで、「アイルランド幻想」と雰囲気が似てるのかぁ〜と、それだけで飛びつきたくなりますねぇ〜。^^

いいねぇ、そういう妖しげな雰囲気。

私もせめて数万分の一でもいい、その妖艶さを持ち合わせていれば、ウルスだって惑わすことができたでしょうに。。。くくく…。

2009/12/08 (Tue) 21:53 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

ふふふ〜最近実はちょっと気付いたんですけど、

もしかしてpicchukoさん、結構おどろおどろしいお話が好きだったりしません?!(笑)

美女の横には髑髏、、、まさにこの本の内容をそのまま表しているような感じですねぇ(*^_^*)

上辺の美しさ、甘美さにとらわれていると、大変な目に遭うよ、というお話です…



そうそう!! 「アイルランド幻想」の感じにもすごく似ているんですよ〜♪

「幻の島ハイ・ブラジル」はもう読まれましたか??

あのお話に出てくる妖艶で絡みついてくるような美女、その正体は…というお話でしたねぇ。

あれと、この「ゾティーク〜」に出てくる男達を惑わす妖女ラミアがそっくりです!!

ふふふ、あの妖艶さがあればウルスのみならず、、、

カルロスだってセバスチャンだってデイヴィッドだって骨抜きにできちゃいますのに〜〜(爆)

picchukoさんも本気でウルスを射止めたい時は、是非「ゾティーク〜」を!!(≧m≦)

2009/12/08 (Tue) 22:45 | EDIT | REPLY |   
まる811  
Re:C・A・スミス「ゾティーク幻妖怪異譚」面白いっ!!(12/07)

こんばんわー☆

短編のタイトル読んでるだけで怖気づいてしまいましたよ…

拷問者の島?死体安置所の神?つか、蟹の支配者って、名前が笑えるだけに逆に怖いですねぇ。

でもとんでもない世界観が広がっていそうで興味でてきました。

うーむ。。。古王国記から読んでみようかな。

2009/12/09 (Wed) 22:42 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
まる811さんへ

ふふふ、、、ある意味とんでもないお話かもしれません。

死体が生き返ったり、惑わしたりするわけですから…

スカール並みに「ゾンビどもの相手をしてやる!!」ぐらいの意気込みならOKだと思います(笑)



「拷問者の島」は文字通り、拷問大好きな島民のお話ですねぇ。

若き王様がこんなとんでもない島に迷い込んでしまうお話、と言ったら身も蓋もないですけれど…

とにかくすんごい衝撃的なお話なので、まるさんも是非読んでみてくださいね!!



古王国記シリーズは面白いですよ〜ん♪

このシリーズのヒロインがね、死霊どもと戦うアイテムがなんと「ハンドベル」なんですよ!!

あの幼稚園児とかが遊んでるちりりーんってやつ…。「ゾティーク〜」よりも読みやすくてすんなり頭にはいってくる作品だと思うので、

まるさんも機会があったら是非読んでみてください〜(^O^)/

2009/12/09 (Wed) 23:22 | EDIT | REPLY |   
かをる。  
Re:C・A・スミス「ゾティーク幻妖怪異譚」面白いっ!!(12/07)

こんばんは。

怖そうなのに、古王国記シリーズと雰囲気が似ているなんて、ものすごーく読みたくなりました!!

表紙の絵も、とっても夢見が悪そうで、素敵ですね♪

2009/12/11 (Fri) 20:16 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
かをる。さんへ

かをるさん、いらっしゃ〜い♪^^

おぉ、ここにも「古王国記」シリーズファンが!!

あれを読んだ時は、「あぁ、これがダークファンタジーってものか」と思いましたよ。

あの世界観はクセになりますよねぇ。死霊の跋扈する世界だとか、冥界の妖しい雰囲気とか…



サブリエルのダークな部分を、さらにさらにおぞましく仕立てたような物語でしょうか。

ホラーと呼ぶには幻想的すぎるし、ファンタジーと呼ぶにはブラックすぎます(笑)

かをるさんもなんとも言えないこの妖艶な世界に惚れこむこと請け合いです〜(><)



>表紙の絵も、とっても夢見が悪そうで、素敵ですね♪

おぉぉ……サラッとそんな恐ろしい台詞を!!(爆)

とにかく夢見は悪いし寝付きも悪いし、、、な代物ですが、面白さは否定できません☆

2009/12/11 (Fri) 20:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply