FC2ブログ
Welcome to my blog

麻耶雄嵩「あいにくの雨で」読みました〜♪

ななこ


あいにくの雨で.jpg

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

雪に囲まれた廃墟の塔で密室殺人が発生した。現場には塔へ向かう足跡が一筋だけ。殺されたのは発見者の一人、祐今の父だった。かつて同じ密室状態のこの塔で祐今の母が殺され、容疑者として逃亡中だった。事件が解決せぬままに呪われた塔では三度目の殺人が。新本格ミステリ第二世代の旗手が密室を変えた。



【あいにくの雨で】麻耶雄嵩rating_48.gif


廃墟の塔での密室殺人、探偵は高校生…という事で題材的にはとても好み〜balloon_85.gif

でも、どうしてだか登場人物が皆、本来の歳よりももっと上に見えてしまいます。
でも初出が1996年という事を考えると、現代の高校生が幼すぎる…という事なのかも(笑)

雪に囲まれた廃墟の塔で見つかった死体。現場に残されたのは塔へ向かう足跡一筋。
高校生・祐今の周りで起こる殺人事件と、真相に近付くにつれ次々と増えていく死体。
獅子丸と烏兎は、憔悴しきった友人を助けるために立ち上がるが…。


02.gif


初っ端から、トリックが明かされていたのにビックリしました〜balloon_59.gif
読破した後に、思わず最初の部分だけ読み返してしまった。おぅ、なるほど。
きっと、この謎解きが最初に来ているからこそ、読者はミスリードされてしまうのね。

あまりにあっさりと人が殺されていくので、殺人自体は残酷さは感じられないです。
その分、登場人物達の抱える過去が、もう究極的に暗いですねぇ。。。(汗)
個人的にはトリックそのものよりも、独特な人物造形のほうに心惹かれました!!

ところで「甘い缶コーヒーを美味しく飲む方法」という小ネタが、印象に残ってますballoon_34.gif
甘〜い飴を舐めてから甘い缶コーヒーを飲むと、ブラックになるらしい(笑) 絶対やってみよう…
なんかこのあたり、米澤さんの小市民シリーズを思い出しますねぇ。


以下、ネタバレなので反転しておきまっす arrow_119.gif

image1461.gif

ところで、どうして獅子丸は犯行を武兄のせいにしたのかなぁ???
生徒会の事で獅子丸を裏切ったから、、、というにはちょっと動機づけが弱い気も。
もしかして読み逃した部分があったかしら。すごく気になるところです…!!

それにしても獅子丸…不幸すぎる……(泣)
彼の黒づくめの格好とか近寄りがたいオーラとか、心の闇を投影しているかのようだわ。


image1461.gif


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
Posted byななこ

Comments 21

There are no comments yet.
日向 永遠  
Re:麻耶雄嵩「あいにくの雨で」読みました〜♪(12/01)

こんばんは〜★



麻耶雄嵩さんの本は読んだ様な読んだことないような。(きっと読んだことないのでは・・)



面白そうですね。高校生が探偵役なんて素敵です。天才肌なのかな・・・

2009/12/01 (Tue) 21:35 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
Re:麻耶雄嵩「あいにくの雨で」読みました〜♪(12/01)

麻耶雄嵩さんこの方も読んだことないです(>_<)

結構古い本なのですね。探偵が高校生というとコナンの工藤新一が私の印象ですww



どうも全然違うみたいですがw

あらすじだけだと登場人物ってみな若いような印象がありますけど登場人物の過去が暗いですか(>_<)

それも辛いです(>_<)

2009/12/01 (Tue) 22:10 | EDIT | REPLY |   
うおぉぉ〜  
Re:麻耶雄嵩「あいにくの雨で」読みました〜♪

おはようございます〜

レビュー嬉しいです〜

ケータイなので、反転が読めない(汗)

帰ったら再チェックしますね。

年齢は読んだ時は、そんなこと感じなかったなぁ。

今の小説の高校生たちがやたら幼く感じるのは、そのせいか(-.-;)

2009/12/02 (Wed) 06:48 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:麻耶雄嵩「あいにくの雨で」読みました〜♪(12/01)

麻耶雄嵩さん、刊行されたものはすべて読んだ筈なのにこの作品覚えてません…^^;

ますます自分の記憶力に自信を喪失したりして(笑)

麻耶雄嵩さんの毒舌というかあくの強さ…とんでもなく暗いところが好きです。

新刊…読みたいですー。

あ、以前の作品を読み返すのでも新刊の気分を味わえるかな(笑)



2009/12/02 (Wed) 07:42 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:麻耶雄嵩「あいにくの雨で」読みました〜♪(12/01)

こんにちは♪

物語に出てくる少年少女は、大人っぽい子が多いような気がします。

「こんな子、現実にはいないだろうな・・・」て、本を読みながらよく思います。

だから面白いのかもしれませんが(*^^*)



>甘い缶コーヒーを美味しく飲む方法

今度実践してみますね♪

あ、でも私缶コーヒーは基本的に甘いのが好きです(笑)

2009/12/02 (Wed) 09:28 | EDIT | REPLY |   
さくら  
朝、名前に「うおぉぉ〜」って書いちゃた(汗

こんばんは。

トリックがどうのとか、殺人についてとかいろいろあるけど、

どうにもこのトリオが大好きなんです。

兎烏があんまりにも獅子丸中心に世界を見ていることとか、

矢的に対して「かなわない」と決めつけてるとことか。

「人なんか信じない」という獅子丸は、それでもぽそっと彼には零してたのになぁと、

悔しい気分になります。



ネタバレ部分はどうだろう?

書いてあったような気がするけど、妄想世界のたわごとのような気もします(笑

>独特な人物造形のほうに心惹かれました

それは良かった。嬉しいです。

兎烏にはもっと暗くて救いのない、振り回されまくるお兄ちゃんがいますが、

このしょうもなさもメラ好きだったりしますぅ。





2009/12/02 (Wed) 18:09 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:麻耶雄嵩「あいにくの雨で」読みました〜♪(12/01)

こんばんは〜♪



麻耶勇嵩さんは、名前さえも知らなかった作家さんです^^;

でも、「廃墟の塔」、「密室殺人」…ミステリーとしては

興味をそそられるワードばかりですねぇ(^^)

登場人物の過去が究極的に暗いんですか〜?

何だかテンションが低いときに読むと

ますます落ち込んでしまいそうかも(^_^;)

探偵役の獅子丸と烏兎って、

何だか名前(苗字?)が素敵!!(*^_^*)

それに、初っ端からトリック明かされているなんて、

面白い構成ですね〜。

考えたら、すごいテクニックかも…

2009/12/02 (Wed) 18:23 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
Re:麻耶雄嵩「あいにくの雨で」読みました〜♪(12/01)

この作家さんの名前も普通じゃないですね。(笑)



しかし、しょっぱなからトリックを明かすとは大胆ですね〜。

麻耶さんは、きっと読者の皆さんがミスリードされていくのを想像して、ますますペンが走ったでしょうね。^^



甘い飴を舐めた後、缶コーヒーを飲むとブラックになるんですね。

よし、私もやってみよう!

でも、3口くらい飲んだ後は、しっかり甘い缶コーヒーに戻ってるんだろうな〜。(笑)

2009/12/02 (Wed) 18:28 | EDIT | REPLY |   
まる811  
Re:麻耶雄嵩「あいにくの雨で」読みました〜♪(12/01)

こんにちはー☆

あらすじ読んで祐今が可哀そうでしょうがないですよ…

さらに究極に暗い過去だなんてどん底もいいとこですねぇ…

それにしても獅子丸と烏兎って変な名前。笑

いやいやそれ以前に麻耶雄嵩さんてなんて読むの…?(小声

そういえば、缶コーヒーって人生で3本くらいしか飲んだことないんだよね〜。

成人式の日と1か月くらい前と予備日。ちょっとチャレンジしたくなりました。

2009/12/02 (Wed) 19:38 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

この作品、トリック云々よりも登場人物がものすごく魅力的でした〜(*^^*)

暗い過去を背負った人物っていうのは、どうしてこう惹かれちゃうんでしょうね。

タイトルの通り、終始しとしとと雨が降り続いているような、そんな雰囲気が素敵でした。



麻耶雄嵩さん、今回初めて読んだんですけど、普通のミステリーとは一味違いますねぇ。

最初にトリックを明かすという見せ方も斬新だし、また別の作品も読んでみたくなりました^^

探偵役の獅子丸、、、彼は天才肌でしょうねぇ。こんな高校生がいたら惚れてしまいます(笑)

2009/12/02 (Wed) 19:52 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

もう10年以上も前の作品なんですねぇ…(><)

この作品はお友達から貸していただいたんですが、きっと今は絶版になっているのかも??

トリックもちょっと変わっていて、読み応えたっぷりのミステリーでした♪



工藤新一!やっぱり高校生(?)の探偵というと新一を思い出しますよねぇ。

コナン君になっても、たまに新一の姿が見え隠れしてその度にドキドキさせられたものです(笑)

登場人物の過去が、暗ければ暗いほどnanacoは惹かれてしまう傾向があります…^^;

そして、その不幸を自分で語らなくても自然と滲みでてくるような人が好きなんです!!

……って、自分が暗い人間みたいでイヤだわ。

2009/12/02 (Wed) 19:58 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
さくらさんへ

ふふふっ…コメントの内容を読んですぐに姉さまだって分かりましたわ!!(笑)

出先からもチェックしていただいて嬉しい限りです♪

いやぁ、麻耶雄嵩さんは初だったんですが、この暗さがたまらなく好きですねぇ☆

姉さまのお気に入りの作家さんだし、ときたま登場するブログペットちゃんも獅子丸だし〜と、

ドキドキしながら読みましたが、今まで読んだ事のないようなミステリーで面白かったです^^



今の中学生とか高校生って、昔に比べると随分子供っぽい感じがしますねぇ。

10年前の高校生は、獅子丸ほどではなくてももっと落ち着いていたような気がします^^;

これを読んだら、「妖怪アパート〜」のキャラは小学生に見えてきちゃいます〜(汗)



獅子丸の事を考えると、どうしようもなくいてもたってもいられない気持ちになりますね(><)

自分一人の殻に閉じこもっているのも、人を信じないというのもあまりに切なすぎますぅ。

でも、この暗さが好きです。魅力的すぎます!!

ネタバレ部分は、武兄に対するせめてもの反抗??とかいろいろ考えちゃいますね。

灰色に覆われた雲と、しとしとと降りやまぬ雨がこの本の印象です♪

姉さま、また素敵な作家さんを教えていただいてありがとうございました!!

メルカトル鮎のほうも読むのが楽しみです〜(*^m^*)



ところでところで、獅子丸とか兎烏はまた他の作品にも登場するんでしょうか??

そうなら、是非とも読んでみたいですなぁ♪

2009/12/02 (Wed) 20:16 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

おぉぉっ!柊さん、実は隠れ麻耶ファンだったんですか!(笑)

凄い凄い、刊行されたもの全て読んでいるなんて。

まだこの作品しか読んでいないので分からないんですけど、

きっと他にも魅力的な作品を沢山書かれているんでしょうねぇ(*^0^*)

実は今回の作品と「メルカトルと美袋〜」をお友達にお借りしたんですよ♪

「メルカトル〜」のほうも素敵キャラのようなので、読むのが楽しみです!!^^



>麻耶雄嵩さんの毒舌というかあくの強さ…とんでもなく暗いところが好きです。

そうですねぇ。おぉ、ここまでやってしまうか!というくらい暗かったですね(笑)

でもその暗澹たる雰囲気がすごく好きですねぇ。



そういえばリレー短編集「9の扉」の中に麻耶雄嵩さんの短編が載っているようですね♪

辻村深月さんのも載っているし、なんだかとっても気になる本です。

キーワードを次の作家にバトンとして渡していく、というのも面白いですよね(^O^)/

2009/12/02 (Wed) 20:29 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

大人っぽくて美形で頭が切れて、、、って子は現実ではなかなかいないですもんねぇ(笑)

そして暗い過去を持つといったら、最強キャラじゃないですか!!

そう、たとえばイルゲネスのフォンみたいな…??(≧m≦)

最近の小説(ラノベとか)は良くも悪くも、「若いなぁ」という子が多いですね。

今の時代でいうと歳相応なのかもしれませんが、あまりの子供っぽさに辟易することも〜^^;



お、ちこさんは甘い缶コーヒーがお好きでしたか??(笑)

そういえば飴じゃなくても、チョコを食べた後に甘い缶コーヒーでもブラックになりますね♪

今度、是非試してみましょう!!

かく言うnanacoもコーヒーにはミルク&砂糖は必須ですが。。。

2009/12/02 (Wed) 21:21 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

この本、お友達からお借りしたんですがnanacoも麻耶さんの作品は初で〜す♪

密室殺人って、いかにも探偵達が喜びそうな題材ですよねぇ。

というか、ミステリを読んでいるとみんな「密室殺人だったらいいな」願望があるような(笑)

それほど、密室殺人って昔から人々を惹きつけてやまないんでしょうねぇ^^;



登場人物の過去があまりにも暗くて、なんだか読んでいていたたまれなくなります(泣)

でも、八雲やレインもそうですけど、暗い過去を持つ人物ほど魅力的に見えません??(* ̄m ̄)

あ、黒執事のシエルもかなぁ。(新刊GETしました??^^)

これがもし苦労知らずのお坊ちゃんだったら、、、

きっとこんなに惹かれる事はなかったかもしれませんよねぇ♪



獅子丸と烏兎の名前、凄い独特ですよね〜(^O^)/

特に獅子丸なんて一度聞いたら忘れられないような名前だわ。

作者の麻耶雄嵩さんっていうのも、インパクトある名前ですよね(笑)

2009/12/02 (Wed) 21:32 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

あはは〜^^ですよね!!

この作家さんの名前が一番普通じゃないかもしれません(笑)

「まやゆたか」さんっていうんですが、一度目にしたら忘れられない漢字ですよね☆



ミステリー作家って、本当に凄いなぁとつくづく感じてしまいます。

トリックを読者に読まれてしまったら、読者作者双方にとって残念な結果ですし…(笑)

いつも「ミスリードされないようにしよう、伏線を読み逃さないようにしよう!」と思っても、

やっぱりまんまと引っ掛かってしまうんですよね。それがまた気持ち良いのですが♪(*^^*)



picchukoさんは、コーヒーはブラック派ですか??(何となくそんな気がします☆)

nanacoはお酒はビール一辺倒のくせに、コーヒーはミルクと砂糖たっぷりです(* ̄m ̄)

>でも、3口くらい飲んだ後は、しっかり甘い缶コーヒーに戻ってるんだろうな〜。(笑)

あっ!! イイ事考えました!!

飴を口にずっと入れたままコーヒー飲めば良いんだ!!(笑)

そういえば、nanacoは昔、ガムを噛みながらチョコを食べるという悪い子だったんですが。

チョコを食べると、それまで食べてたガムが溶けてなくなっちゃいません?!

あれってどうしてなの〜〜!!! 今でも自分の中での七不思議です^^;

2009/12/02 (Wed) 21:41 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
まる811さんへ

ハッ…そういえば言われてみれば祐今が一番可哀想な子でしたね!!

ついつい黒ずくめの美形の獅子丸にばかり目がいってしまいましたが、、、

両親が殺され、しかも自分の周りで殺人事件が次々と起こるなんて。もう呪われた子ですね。

もしや祐今はデスノートを持っていたんだろうか…



>いやいやそれ以前に麻耶雄嵩さんてなんて読むの…?(小声

「まやゆたか」さんって読むみたいです。

この漢字は一度みたら忘れられないですねぇ^^

登場人物も、名前に負けず劣らずインパクトあるキャラで、面白かったですよん☆



>そういえば、缶コーヒーって人生で3本くらいしか飲んだことないんだよね〜。

おぉぉっマジっすか!! それはもしや缶コーヒーが嫌いだから…??

そういえば人生でなすびを1回しか食べた事のない友達がいました。(ちょっと違う)

成人式はともかく、1ヵ月ぐらい前にまるさんに何が起こったのかが気になります(笑)

2009/12/02 (Wed) 21:54 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
nanaco☆さんへ

>実は今回の作品と「メルカトルと美袋〜」をお友達にお借りしたんですよ♪

>「メルカトル〜」のほうも素敵キャラのようなので、読むのが楽しみです!!^^



メルカトル鮎は強烈なキャラクターですよー。

「メルカトルと美袋〜」は大好きな短編集ですが、出来ることなら麻耶さんのデビュー作である『翼ある闇』から読んでみて欲しいです。

あまりに衝撃的な展開に無茶苦茶驚いた覚えがあります。

ミステリの王道から外れた発想が新鮮でした。

ああでもどちらを先に読んだらいいか…はやっぱり判断できないかも。

時系列的には『翼…』の方があとなので。

美袋くんはとことんメルに苛められるキャラクターなのでつい作者自身に重ねてしまいます(笑)



>そういえばリレー短編集「9の扉」の中に麻耶雄嵩さんの短編が載っているようですね♪

>辻村深月さんのも載っているし、なんだかとっても気になる本です。

>キーワードを次の作家にバトンとして渡していく、というのも面白いですよね(^O^)/



リレー短編集「9の扉」という本が出ているなんて知りませんでした!

早速図書館にリクエスト出しに行きます。

麻耶さんはとっても寡作な方なので…情報ありがとうございます〜♪





2009/12/03 (Thu) 09:06 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

おぉ☆「メルカトルと美袋〜」は柊さんもオススメですか(*^0^*)

読むのがますます楽しみになってきました〜♪

この作家さんはまだ全然未知の世界なんですが、なるほどデビュー作も面白いんですね!

麻耶作品って絶版になっているものが多いのかなぁなんて思っていたんですが、

デビュー作の文庫版は今でも購入できるみたいですね。是非読んでみることにします〜!!^^



>ミステリの王道から外れた発想が新鮮でした。

なぬっ、それは…それは、たとえば北山さんみたいな…??(笑)

ミステリは王道よりも一癖、二癖あるようなトリックのほうが記憶に残りますよねぇ。

「あいにくの雨で」の究極的な暗さも、斬新なトリックもすごく好みなので楽しみです〜♪



>美袋くんはとことんメルに苛められるキャラクターなので

柊さん!そんな事言われたらもうすぐにでも読みたくなりますよぅ…(笑)



「9の扉」早速リクエスト入れられたでしょうか〜(^O^)/

ふふふ、、、nanacoは柊さんの感想を伺ってから購入を決めるというセコい事をしましょう(笑)

柊さんのレビュー、楽しみにお待ちしておりま〜す☆

麻耶さんの新作、楽しんでくださいね!!

2009/12/03 (Thu) 20:43 | EDIT | REPLY |   
さくら  
追記〜

こんばんは

麻耶ファンがいるなんて、なんだが嬉しいですね。

柊♪さんの言うように、デビュー作から読むのもいいと思いますが、

なにしろメルシリーズは全部ある意味続いているので、

「翼ある〜」の衝撃でコケか、

次の「夏と冬の奏鳴曲」の展開にうんざりする人もいるしね(^^;

なので、シリーズには関係ない「メルカトルと美袋〜」を入れました。

まずはキャラかなぁと思って。

ちなみに私は「鴉」から麻耶作品にハマったんですけどね。

メル事務所の姉ちゃんの素性がここでわかるので、

これがメルシリーズの最初かと私は勝手に思っているんですけど。



>ところでところで、獅子丸とか兎烏はまた他の作品にも登場するんでしょうか??

残念ながら獅子丸は他には出ません。

兎烏は名前だけちらっととか、兄ちゃんの回想で中でさらっと流されたりする程度に出てきますが。

2009/12/04 (Fri) 00:24 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
さくらさんへ

本当、ビックリしましたね!!

柊さんも麻耶作品大好きみたいなので、きっと姉さまとお話が合いそうですねぇ(笑)

そういえば☆片雲☆サイトのほうで麻耶作品と風間作品について熱く語られていましたよね♪

そんなお気に入りのお二方の本をお貸しいただけるなんて、ホント嬉しすぎです〜〜!!!

風間さんのも読むのが楽しみです^^



>「翼ある〜」の衝撃でコケか、

なぬっそんな衝撃的なラストが待ち受けているんですか…ドキドキしますねぇ(笑)

「あいにくの雨で」の犯人にも仰天しましたけど、それ以上かな……

「メルカトルと美袋〜」はキャラが可愛いみたいですね〜♪ふふふ、楽しみ。

「鴉」も面白そう。というかメルシリーズはすごく奥が深そうです!!

麻耶初心者もいいところなので、是非色々教えてくださいね〜(><)



>残念ながら獅子丸は他には出ません。

あぁ、残念……でもこの1冊だけでこんなに存在感があるなんて凄いお人ですね。

もう獅子丸は、姉さまの素敵イラストのイメージがすっかり定着しています〜(*^^*)

2009/12/04 (Fri) 20:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply