07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.27 *Wed*

**第三の扉**(10)


連載10回目です〜balloon_34.gif
そういや、書き始めた当初は10回を予定してたんだけど、
話が脱線してる間に、終わらなくなっちゃいました…笑

アイル&シオン番外編の続きです。
びみょ〜〜な空気でゴメンナサイ。サラリと読んでくださいませ…笑


**第三の扉**(1)
**第三の扉**(2)
**第三の扉**(3)
**第三の扉**(4)
**第三の扉**(5)
**第三の扉**(6)
**第三の扉**(7)
**第三の扉**(8)
**第三の扉**(9)


02961.gif


【Episode-2 アイル7歳 シオン7歳】


「あれ…?今、何か光らなかった?」アイルが不審気に湖を覗き込む。

透き通るような綺麗な水だが、底は見えない。相当な深さがあるようだ。
彼は、波一つない鏡のような水面に、恐る恐る手を触れた。



途端―

ぶわぁっと、湖底から星屑のように煌く光の球が、水中に広がった。
まるで生きているかのように動き回る、エメラルドグリーンの光の乱舞―。

水面下で光同士が衝突しては、キラキラした尾を残して跳ね返っていく。
恐ろしさは微塵も感じられず、この幻想的な光景にただただ目を見張るばかりだった。

アイルは"宝石箱をひっくり返したみたいだ…"と、柄にもない事をぼんやりと考える。




「これはね…死者の魂なんだよ。」

シオンがぽつりと呟き、アイルはハッと我に返った。


「この湖の底には、死んだ人達の魂が…殺された人も、病気だった人も…
 みんな光の球になって、沈んでいるんだよ」

アイルは、訥々と語り始めるシオンを、怪訝な表情で見つめ続きを待った。



「この湖の底は、第二の世界。人間の魂だけが集まった場所。
 それらの魂には個性がない。感情がない。誰のものかも分からない。
 でも、その中でも特に想いの強い魂だけが、第三の世界に行くことができるんだ」

「…第三の世界…?」

「そう、死者の国。この湖は、そこへ行く通過点みたいなものだよ。
 もちろん、死者の国へ行かずに永遠にここで彷徨っている魂がほとんどなんだけど…。」
 

まるで、何者かがシオンの口を借りて話しているように、大人びた口調だった。

シオンの藍色の瞳からは輝きがなくなり、物憂げな様子で湖を眺めていた。
ぼんやりと魅了されたように、キラキラと輝く光の球を目で追う。
そんなシオンの様子を見て、アイルは不意に言いようのない不安に駆られた。



「あ……!!ごめん、アイル。これ、全部本で読んだ事なんだ!本当かどうかは分からな…」


突然アイルは、ギュッとシオンの小さな身体を抱きしめた。


「シオン…どこにも…どこにも行かないでよ。
 俺が、もっと強くなって一生シオンの事を守るから。お願いだから、そばにいて…」

アイルの銀髪から水滴が滴り、シオンの頬を濡らす。
自分の背中に回された手が細かく震えているのは、気のせいだろうか。


ドキリとしてシオンは弟の顔を覗き込む。
まるで鏡を見ているかのように同じ顔。同じ銀色の髪。そして同じ藍色の瞳。
しかし、今その瞳には、困惑と不安が形になってうっすらと涙が滲んでいる。


シオンはたった今、心の中に芽生えた何とも言えない感情に気付かないふりをする。


「僕は…どこにもいかないよ。いつまでも、アイルのそばにいるから」
照れくさかったが、そっとアイルのまぶたに口付けする。僅かに塩辛い味がした。

アイルは見るからに安心した表情を浮かべて、顔を赤くしながら笑った。

「あはは…俺が弟みたいだよね。ごめんね、シオン。
 あっ、もう雨止んだかなー?そろそろ行こっか。腹減ったなー」


"いや、弟なんだけどね…。まぁ……いっか。"

シオンは、この小さな秘密を自分の心の中にしまっておくことにした。
いつか、自分がアイルをこの手で守れるぐらい強くなった時に、この事を明かそうと。


小さなポシェットの中から、草だんごを出してアイルに手渡す。

シオンは頼りになるなー!と、嬉しそうに草だんごを頬張る弟を見て小さく微笑む。
僕が、どんなことがあってもアイルの事を守るからね―。



* * * * * * * * *



鈍い痛みを伴う、甘く柔らかな幼い頃の記憶。
じんわりと感傷に浸りながらも、彼は薬草を手に握り玉座の間に急いでいた。

生まれてこのかた、ここまで必死になったのは初めてだった。
シオンは、周りから「優しい子ね」と言われていたが、自分ではそうは思っていなかった。


他人の事なんかどうでもいい。病気になろうが、勝手に死のうが関係ない。
誰かのために必死になるなんて、シオンの辞書にはなかった。無駄な労力だと思っていた。


表面上だけは穏やかな笑顔を張りつけ、心の中では相手を嘲笑っている。
一番軽蔑していた人間。一番なりたくなかった人間。
自分がそんな人間になりつつある事に気付き、しばしば自己嫌悪に陥っていたのだった。


"今頃になって……そのツケが回ってきたのかな…"


口がカラカラに渇き、汗と涙が頬を伝う。唇からは、僅かに血の味がした。
唇をきつく噛み締めていたせいだと気付く。


"僕が…僕が、アイルの事を一生守るって心に決めていたのに…!"


それが、事もあろうに命を奪おうとするなんて…。何が起こったのか未だに信じられなかった。


今や、目の前に玉座の間の扉がある。沢山の命が失われた呪われた部屋。
もはや、心の奥底に眠るくだらない感傷に浸っている暇なんかない。
ゴクリ…と唾を飲み込み、両手で勢い良く扉を開けた。



* * * * * * * * *



部屋は、無人だった。

城内に立ち込めていた濃い霧はいつの間にか晴れ、妖しい香りも既に消え去っている。


"遅かった……?"


ガクリと膝を付き、冷たい床に広がったまだ生暖かい血にそっと指を触れる。
アイルの身体は、忽然と玉座の間から消えてしまっていたのだ。
後には、見慣れたナイフだけが残されていた。



「アイル……」


塩辛いしずくが頬を伝って流れ落ち、黒い水たまりに混ざり合った。

どこからか、弟の笑い声が聞こえたような気がしたが、それも幻聴かもしれない。
先ほど力任せに毒花を抜いた時の猛毒が、もう身体中にまわってきたのだろうか…。
心なしか手足が痺れ、呼吸も苦しくなってきた事に気付く。


アイルは、死者の国へ行ったのだろうか。恋人に…リルに会えたのだろうか。
こんな時まで嫉妬をしてしまう自分が、どうしようもなく憎かった。胸が苦しかった。


「アイル……アイル……!!」


天窓から、優しく柔らかい月明かりが差し込み、シオンの青白い顔を照らしていた。



<つづく…>



関連記事

COMMENT

Re:**第三の扉**(10)(05/27)
おはようございます〜♪



筆が乗ってますね〜♪ 

シオンかぶっていた巨大な猫をはがしてきましたね。

続きが気になります〜。早く続きが読みたいです。

頑張って書いてくださいね。待ってま〜す♪

by 茨木 月季 #79D/WHSg
2009/05/27(水) 07:51 [Edit
Re:**第三の扉**(10)(05/27)
こんにちはー☆

あっほらっ猛毒がまわってきた!だから気をつけなさいって言ったのに!シオンのばかー!

シオンどうなるんですか?シオンの前には扉は現れないの?うがぁ〜早く続きを読ませて〜

by まる811 #79D/WHSg
2009/05/27(水) 11:11 [Edit
茨木 月季さんへ
続きを読んでいただいて嬉しいです^^

だんだんシオンの本性が現れてきた感じですかねぇ…。

続きも頑張って書きたいと思います!!

…というか、今はもうどん底まで落ち込んでるので、スミマセン、テンションが低くて…泣
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/05/27(水) 19:32 [Edit
まる811さんへ
やっぱりまるさんに読まれた通りの展開でしたねぇ…汗

あぁ〜今の状態で物語を書いたら、悲惨な結末でなりそうで怖いです……

まるさん、未だに何も手につかないです…

by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/05/27(水) 19:34 [Edit
Re:**第三の扉**(10)(05/27)
nanaco☆さんの巧みな表現にただただ感動するばかりです。



ですが、今は死者の国と栗本さんがだぶってしまいます。

ごめんなさい。

私も栗本さんのニュース、かなりショックを受けたようです。。。
by picchuko #79D/WHSg
2009/05/28(木) 21:34 [Edit
picchukoさんへ
こちらも読んでくださったんですね!! ありがとうございます……(><)



そうなんです…。自分でもこの死者の世界は栗本さんとかぶってしまいます…。

今続きを書くと、かなり陰鬱なラストになりそうです。

もう、ちょっと気を緩めただけで涙が出てきてしまいます……泣
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/05/28(木) 22:00 [Edit
Re:**第三の扉**(10)(05/27)
読み逃していました!



感情の表現がすごく良く書けていると思います。

語彙も豊富だし・・・



湖が第二の世界で死者の国が第三なんて、アイデア凄いです。(*^_^*)



少しは落ち着いてきましたか?

栗本薫さんもnanacoさんの様な読者が沢山いて、その意味で凄く幸せです。グインをはじめいつまでも残っていくのはファンの想いからなので大事にしていきたいですね。自分も一巻から読んでみようかしら・・・と・・。
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/05/31(日) 09:44 [Edit
日向 永遠さんへ
こちらも読んでいただけたんですか!! すごく嬉しいです(><)

この日は、栗本さんの訃報があまりにもショックで、2回ブログ更新していたんですよねぇ…

連載が終わりに近づいて、やっとアイルとシオンの心情が描けてきたかなって感じです。笑

シオンはちょっと腹黒い子ですけど、悪者にはしたくないですね〜^^;

褒めていただいて凄く嬉しいです♪

でも「あれ??」と思う部分があったら、遠慮なくご指摘くださいね!!笑



大分立ち直ってこれたみたいです。

まだ思う存分グインについて語ることはできないですが、これからもこの想いは大切にしたいです。

日向さんも是非是非1巻から読んでみてください!!

きっと、また違う世界が1つ広がることと思います…(*^^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/01(月) 05:30 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
816位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
21位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。