FC2ブログ
Welcome to my blog

上田早夕里「火星ダーク・バラード」読みました〜♪

ななこ




【火星ダーク・バラード】上田早夕里rating_50.gif


火星治安管理局の水島は、バディの神月璃奈とともに、凶悪犯ジョエル・タニを列車で護送中、奇妙な現象に巻き込まれ、意識を失った。その間にジョエルは逃亡、璃奈は射殺されていた。捜査当局にバディ殺害の疑いをかけられた水島は、個人捜査を開始するが、その矢先、アデリーンという名の少女と出会う。未来に生きる人間の愛と苦悩と切なさを描き切った、サスペンスフルな傑作長篇。第四回小松左京賞受賞作、大幅改稿して、待望の文庫化。


先日読んで、感動しまくった「魚舟・獣舟」
この作品に収められている「小鳥の墓」が「火星ダーク・バラード」の前日譚とのことで、
ずっと「火星…」が気になっていたのでした。上田さんのデビュー作だそうです!!


いやぁ〜すごい……これがデビュー作ですか。度肝を抜かれましたballoon_89.gif


未来の火星が舞台です。火星治安管理局の警官・水島と、相棒の璃奈。
彼らは女性ばかりを狙う凶悪犯ジョエル・タニを護送中、突然不可解な幻覚に襲われる。
気付くと璃奈は無残に殺され、ジョエルは逃走していた。

水島は同僚殺しの疑いをかけられ、孤立無援状態で個人捜査を始める。
そんな中出会ったのは、美しいブロンドの髪をした一人の少女アデリーン。
彼女は、遺伝子操作で人工的に作られた新人類"プログレッシヴ"だったが…。


02.gif


水島の、信念を貫いた生き様はとにかくカッコイイ!!
彼が、二回り近く歳が離れた少女に向ける不器用な優しさに、胸が熱くなりました…。
不条理だらけの世界に真っ向から対立し、一人立ち向かう水島は、まさに漢の中の漢。


この作品読了後、「小鳥の墓」を再読したんですが、
思っていた以上に沢山のリンクがあって、なんだか嬉しくなってしまいました〜balloon_59.gif

「小鳥の墓」で主人公だったエリート少年が、今回凶悪犯ジョエルとして登場しています。

実はジョエルの出番は随分と少ないのですが、何でしょうねこの存在感は…笑
端正な顔立ちをした殺人犯が珍しいせいもありますが、
彼には彼なりの信念があったからでしょう。とても歪んだ形ではあったけれど。。。


arrow_269.gif 以下、ネタバレなので反転しておきます arrow_269.gif
036.gif


何故ジョエルがあっけなくやられてしまったのか、最初は疑問に思ったのでした…。
いくら猟奇性の持ち主だとしても、水島を遠くから狙撃しなかったのは納得できなくて。
でも、「小鳥の墓」P291〜292を再読して合点がいきました。

「小鳥の墓」で描かれていた彼のティーンエイジャー時代から推察するに、、、
ジョエルは、自分を対等に認めてくれる人、そして殺してくれる人を待っていたのでしょう。
だから、昔縁があった警官の息子(水島)が自分の前に現れた時は嬉しかったはず。

自分には決して真似できない生き方をしていた水島親子に、
一種の歪んだ憧れのようなものを抱いていたのかな、という気がしました。

そう考えると、とても哀れな人間ですね…。



036.gif


未来の火星という設定だけに、SF的な要素もあちこちに散りばめられていました〜balloon_34.gif
でもそれ以上に、水島の苦悩とか、温かい心を求めもがき続けるアデリーンの、
人間的なドラマのほうに重きが置かれている印象でした。いやぁ、ホント良かったわ!!

ハードカバー版のほうは、文庫と大分話が違うみたいですね。
そう言われると、こちらも読まずにはいられないじゃない〜〜!!!笑


 ハードカバー版の表紙も良いよね〜♪ 


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
Posted byななこ

Comments 26

There are no comments yet.
神風スズキ  
これが、気合の真剣応援!

Good morning.



くもの巣が多くなってきましたので

外の壁や天井を早朝掃除しました。



教室前に水を撒き、今日のスタートの清めも

無事終わりました。



お互いに、今日一日「感謝と笑顔」で

過ごしましょう。



Have a fantastic day.

Be good !

Thanks. (Mahalo.)

2009/05/26 (Tue) 07:07 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
Re:上田早夕里「火星ダーク・バラード」読みました〜♪(05/26)

サスペンスというよりSFっぽい表紙ですね(#^.^#)

この方未読ですが、とても魅力ある作品のようですね。



ハードカバー版のほうは、文庫と大分話が違うとは珍しくないですか?

非常に気になります(*≧m≦*)



2009/05/26 (Tue) 07:35 | EDIT | REPLY |   
茨木 月季  
Re:上田早夕里「火星ダーク・バラード」読みました〜♪(05/26)

おはようございます〜♪



先に文庫版を読むと、単行本が物足りなくなるかもっとちょっと心配です。すでに「小鳥の墓」もお読みになっているし、単行本ではあまりにもあっけないジョエル・タキ退場…です。水島に対する執着も感じさせられませんでした。ジョエルの存在感を期待していたのに単行本は寂しい結果に終わりました。ストーリーは楽しめました♪ この文庫では水島39歳、アデリーン15歳だったような記憶が…。24歳も年が離れているんです!! まぁダウンタウンの松本さんは19歳離れた方と結婚でしたか…。単行本の時と結末が違うように、二人の関係も違います。この文庫版はさすがに大幅改定。作者も年齢を経て自分の書きたかったもう一つの終わり方を書かれたのでしょうね。自分はどちらも好きです。

TB有難うございます。こちらからもTBさせていただきますね。

2009/05/26 (Tue) 07:47 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:上田早夕里「火星ダーク・バラード」読みました〜♪(05/26)

前日譚を含め、面白そうですね!

柊にとってSFはなんだかとっつきにくい分野なのですが…装丁といい惹かれてしまいます。

2009/05/26 (Tue) 09:58 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:上田早夕里「火星ダーク・バラード」読みました〜♪(05/26)

ハードカバーと内容が違うのですか!

やられましたね〜〜

一粒で二度美味しい・・・みたいな。



2009/05/26 (Tue) 10:32 | EDIT | REPLY |   
まる811  
Re:上田早夕里「火星ダーク・バラード」読みました〜♪(05/26)

こんにちはー☆

わっ。なにこれ!読もうっと。ポチッ…

それにしても文庫化して大幅改稿とかされると困りますよね。どっち読めばいいんだい!



「第三の扉」番外編(?)読みましたよ〜!

本編のアイルは頼りがいのあるお兄ちゃん、て感じだけど子供の頃は結構無鉄砲だったのね。

お互いに守ってあげたいと思ってたなんていじらしい兄弟だわ…

2009/05/26 (Tue) 18:01 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:上田早夕里「火星ダーク・バラード」読みました〜♪(05/26)

こんばんは〜♪



タイトルからして、

完璧なSF作品かと思いました〜^^;

人間ドラマに重点が置かれているなんて、

ちょっと意外かも。。。

ストーリーもサスペンスタッチで面白そうだし、

そのうえ、『魚舟・獣舟』の前日譚があるなら

是非読んでみたいです〜(^^)v

2009/05/26 (Tue) 18:35 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
神風スズキさんへ

神風スズキさん、こんばんは♪

朝早くからご訪問ありがとうございました!!



気持ちの良い季節になりましたね(*^o^*)

また授業を受けに伺いたいと思いま〜す☆

2009/05/26 (Tue) 19:35 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

前に読んだ「魚舟・獣舟」もSF要素たっぷりでしたが、この作品はそれ以上でした♪

火星を舞台にしているということで、、、なんだか近い未来を見ているような気がしました。笑

こんな未来がきたら怖いですけどね〜^^;



ハードカバー版と比べると、大幅に改稿されているとのことで興味津々なんです!!

文庫がかな〜り気に入ったので、これは両方読まずにはいられなくなります…。

Cedieさんも、機会があったらこの作家さんの作品是非手に取ってみてくださいね(o^―^o)

2009/05/26 (Tue) 19:39 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
茨木 月季さんへ

あら〜^^;そうですか……

単行本のほうはジョエルの出番がさらに少ないと聞いて、ちょっとガッカリしたんです。笑

なんだかんだで、すっごく魅力的な人物でしたよねぇ。

文庫版は確かにハードボイルドっぽい感じでしたけど、恋愛要素があるものも読んでみたいです♪



あっ!! 水島とアデリーン、24歳も歳離れていましたっけ(^^ゞ

ってことは二回り違うってことですね。すごい歳の差だわ〜…笑

確か、単行本では水島はもう少し若く設定されているんでしたよね?? それも気になります!!

単行本と文庫、読み比べてみると面白そうですねぇ。



この作家さんの作品、色々読んでみたくなりました。

調べてみるとSF以外にも色々書かれているんですね(^m^ )

確か、随分前に月季さんのブログで、別の上田作品も紹介されていたような気が…!!

2009/05/26 (Tue) 19:47 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

きっとこの作品、前日譚の「小鳥の墓」を読んでからだとさらに楽しめる気がします♪

主人公が殺人鬼になっているっていうのは、面白い発想でした。

しかも、この人物がまた魅力的なんですよねー…困ったことに。笑



nanacoもバリバリSFっていうのは苦手なジャンルなんですが(何億光年とか…笑)、

この作品は近未来を暗示しているようにも思えて、比較的すんなり入り込めました(*^o^*)

柊さんも「魚舟・獣舟」「火星ダーク・バラード」機会があったら是非読んでみてください♪

2009/05/26 (Tue) 19:53 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

そう!! まさに一粒で二度美味しいです!!

どうせなら、ハードカバー版のほうも文庫で出してくれないかしら。笑

同じ作品とはいえ大幅に設定が変わっているようなので、読まずにはいられません(^^ゞ

でも、この文庫でも1000円したんですよ。文庫で1000円…nanacoにしては超太っ腹です!!笑



この文庫の表紙、近未来的なイラストがとっても綺麗で思わず見入ってしまいます。

ハードカバーのほうもすごく素敵ですよね〜♪

2009/05/26 (Tue) 19:58 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
まる811さんへ

わ〜い♪まるさん、読みたいポチありがとうございます!!

これ、ほんっと面白かったですよ。

水島の漢っぷりにも圧倒されましたが、それ以上に殺人鬼のジョエルに惚れてしまいました…笑

だってだって、肩までの黒髪に鳶色の目にすらりとした長身……。

nanacoの理想の男性像を具現化したような人物じゃないですか!!(><)

彼の子供時代を描いた「小鳥の墓」とあわせて読むとさらに楽しめるかもです♪



あっアイルとシオンの番外編読んでいただいて嬉しいです!!

うぅっ…兄弟愛って好きなんですよぅ。変な意味じゃなく。笑

二人の印象、最初とは逆転しちゃったかもですね〜^^;

2009/05/26 (Tue) 20:06 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

nanacoも読む前はバリバリSFだと思っていたんですが(何しろ火星ですからねぇ…笑)、

むしろ人間の心情のほうが丁寧に描かれていたので、全く違和感なく読むことができました♪

でも近未来的なアイテムもいくつか登場していて、

「未来にはこんな便利な物が本当に出てくるのかも…」なんて楽しみながら読みました!!(^m^ )



「魚舟・獣舟」に収められている「小鳥の墓」を読んでからだと、さらに楽しめる気がします☆

本来憎むべき殺人鬼ジョエルに感情移入してしまったのはそのせいかもしれませんが…笑

とにかく魅力的な作品なので、miwaさんも機会があったら是非読んでみてくださいね^^

2009/05/26 (Tue) 20:12 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
Re:上田早夕里「火星ダーク・バラード」読みました〜♪(05/26)

お身体の調子はいかがですか?

2日間、しっかり休めましたか?

まさか、、、、ず〜っと本を読んでいたなんてこと、ないでしょうね!(^^)

それでも、読書をすれば元気になれるのならば、特別に許可します♪(笑)

冗談はさておき、時候の変わり目は体調を崩しやすいのですから、くれぐれも気をつけて、お大事にしてくださいね。^^



単行本とハードカバーが違うなんて、ちょっと珍しいですよね。

上田早さんは最初に書いた世界をどう変化させたのでしょうか…。

SFっぽいところが、より一層作品を面白くさせているようですね〜。

こんな私ですが、子供の頃は小学校の図書室のSF小説だけは読破する勢いで本を読んでいたことがあります。

ですから、性格そのものがSFのようになっちゃいました〜。^^;

2009/05/26 (Tue) 21:59 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:上田早夕里「火星ダーク・バラード」読みました〜♪(05/26)

おおっ ★5つですね!

なんか嬉しいです。 ほんと良かったですね。

水島とアデリーンの感情(愛情?)すごく良く分かります。



人間って、年齢とは関係ない、人間どうしのつながり

がありますね。男女間はその時々で微妙ですが(*^_^*)



アデリーンの真の意味での理解者として、人間の尊厳をまもる水島。生き方が愚直で共感しますね。

2009/05/26 (Tue) 22:44 | EDIT | REPLY |   
☆Yuri☆  
Re:上田早夕里「火星ダーク・バラード」読みました〜♪(05/26)

nanacoちゃん、こんばんは☆

そして、お久しぶり〜♪



今回の作品は5つ星だったんだね!

ハードカバーも出てるんだー。

なんで内容を買えるんだろう??

やっぱり、両方買わせるためなのかなぁー。

2009/05/26 (Tue) 23:01 | EDIT | REPLY |   
さくら  
表紙かっこいい☆

こん、あ、おはようございますか(笑

☆五つですねぇ。

未来の火星というのが、なんともスケールのデカさを感じます。

ハードボイルドとちょっと書かれていたので、さっそくチェックしておきますね。

2009/05/27 (Wed) 04:37 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

えへへ……

その"まさか"かもしれません!!笑

まだ本調子ではないですけど、ゆっくり休むことができましたよ^^

今日あたりは頑張って行って来ようと思います♪

picchukoさん、お気遣いいただき本当に嬉しいです〜(><)



ハードカバー版と大分違うなんて、興味津々です!!

それも5つ星をつけてしまった作品ですから、尚更気になるんですよね…笑

どうやら、主人公の年齢設定まで違うみたいなんですよ。こうなったら全く別の作品ですね(^^ゞ



picchukoさんの性格そのものがSFって〜〜!!!爆

でも凄いですね、小学生の頃から読まれていたんですか♪

nanacoは最近はSFに目覚め始めましたけど、小学生の頃はムーミンシリーズとかでしたよ…笑

今となっては、もっと色々な本を読んでおけば良かったな、と^^;

2009/05/27 (Wed) 05:25 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

いやぁ、この本本当に良かったですよ!!!

こんな素敵な作品に巡り合えて、日向さんには感謝感謝です♪(*^o^*)



水島の生き方は本当に尊敬しますね。

「小鳥の墓」に出てきた水島のお父さんも格好良かったですが、、、

この作品、ただの勧善懲悪の世界で終わらなかったのが良かったです。

殺人鬼のジョエルも…アデリーンの父親も、彼らの立場になったらどこか共感できるものがあって。

それがこんな深みのある作品に仕上げたのかもしれないですねぇ(^^ゞ



こうなるとハードカバー版も気になるところですねぇ…笑

あちらはもうちょっと甘い感じなんでしょうか?!

2009/05/27 (Wed) 05:33 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆Yuri☆ちゃんへ

Yuriちゃん、お久しぶり〜♪(≧∇≦)ノ



今回のは、間違いなく5つ星ですっ!!!

ていうかまだ今年半年も経ってないのに、、、こんなに5つ星本があって良いんだろうか。笑

毎年恒例のベスト本で、どの本を上位にするかかなり迷いそうだ〜〜^^;



なんだか作者さんの中では2つのラストが用意してあったみたい。

ハードカバー版とは年齢設定も違うっていうから、全く別の作品に仕上がってるんだろうねぇ。

こうなると両方読みたくなる〜(><)笑

2009/05/27 (Wed) 05:38 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
さくらさんへ

おぉ、さくらさん!! おはようです〜♪

って……早起きですか?? 夜更かしですか?!笑



この作品、かな〜りハードボイルドな世界ですよ。

きっとさくらさんにも気に入っていただけるかと思います(*^0^*)

主人公の警官の生き方もとにかくカッコ良いですが、凶悪犯のジョエルもやたら魅力的です。笑

全く正反対のタイプだからなのか、お互い妙に執着心を持ってるんですよねー…



火星という舞台だからか、さくらさんの仰る通りスケールもデカイし、近未来アイテムも◎だし、

これは是非是非読んでいただきたいです!!(><)

2009/05/27 (Wed) 05:46 | EDIT | REPLY |   
クラスタン  
Re:上田早夕里「火星ダーク・バラード」読みました〜♪(05/26)

この本面白そうですよね♪



単行本と文庫本で、大きく話しが違うこともあるのですねキャー!ビックリ!! (*゜ロ゜)ノミ☆(;>_<) バシバシ

単行本を読まれたら、違いを載せてくださいペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ

2009/05/27 (Wed) 05:54 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
クラスタンさんへ

クラスタンさんこんばんは☆

この本、とっても面白かったですよ^^

こうなると、単行本との違いも気になってくるところです…。

読み比べてみると面白そうですよね。



というか、テンション低くてごめんなさい…泣

あまりにもショックな出来事があったので、、、今はどん底まで落ち込んでいます。

2009/05/27 (Wed) 19:30 | EDIT | REPLY |   
浪漫的狼  
面白そう

これは、結構そそられますね。何だか、ブラッドベリを想起させられます。また機会があったら是非読みたいです〜。

2009/05/27 (Wed) 21:09 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

狼さんに興味を持っていただいて嬉しいです^^

とにかく、のめりこんでしまいますので狼さんも是非読んでみてくださいね。



そういえば狼さんが前に書かれたSFのショートショートもすごく面白かった記憶があります。

SFって、とても難しい題材ですけど成功するとたまらない面白さがありますよね☆

ブラッドベリは恥ずかしながら未読なんですが…

「華氏451度」は近いうちに読みたいなぁと思っていました。

2009/05/28 (Thu) 20:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply