10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.22 *Fri*

松岡なつき「FLESH&BLOOD(1)」読みました♪




【FLESH&BLOOD(1)】松岡なつきrating_49.gif

イギリス海賊の英雄キャプテン・ドレイク―彼に憧れる高校生の海斗は、夏休みを利用して、海賊巡りの旅を計画。ところがドレイクゆかりの地プリマスで、海斗はなんと、次元の壁に飲み込まれ、大航海時代へタイムスリップ!!ドレイクの信頼も厚い、海賊船の船長ジェフリーに助けられ…!?エリザベス女王率いる海賊達と、スペイン無敵艦隊がくり広げる海洋ラブ・ロマン。


いやぁ〜この作品、すごく面白いですballoon_59.gif

タイムスリップ物…しかもその先は大航海時代のイギリス…そして美形揃い…。
もう、これは"美青年同盟"宣伝部長のnanacoとしてはイチオシしないわけにいきません!!

美青年同盟.gif

真っ赤に染めた髪と、女の子のように整った顔立ちが特徴の海斗(かいと)。

彼は友人・和哉とともに、イギリスのプリマスを旅行中、
"ホーの丘"で16世紀へのトンネルを見つけ、突然何らかの力により引きずり込まれてしまう。
海斗がタイムスリップした先は、キャプテン・ドレイクが活躍する大航海時代だった…。


024.gif


海斗は16世紀のイギリスで、美貌のジェフリー船長率いる海賊船に拾われるんですが、、、
海斗の可愛さからジェフリーのカッコ良さ、ビセンテの謎めいた美貌まで、全てが好みです!!

現代→過去へのタイムスリップ物で、いつもイライラさせられるのが、
主人公の語学力とその国の歴史に関する知識力の弱さ。 (もっと勉強しろと言いたくなる。笑) 

その点海斗は育った家庭環境もあるからか、英語は堪能、大航海時代に関する知識も深くて。
機転も利くし、持ち前の性格の明るさもあってか、かな〜り好印象ですねぇ。
顔のわりに度胸もあるし、さすが世界的企業支社長の息子…というところでしょうかballoon_34.gif

ジェフリーに気に入られ、キャビンボーイとして働く事になった海斗。
未来を知っている彼が、イギリスとスペインの海戦にどう関わることになるのか楽しみ〜balloon_123.gif

ところで、、、ジェフリー船長は非の打ち所のない美男子ですが、
個人的にはスペイン側のビセンテのほうが好みなのよね。黒髪だし…(笑)


 ★この作品、BLっぽい雰囲気なので、苦手な人は苦手かもです…。でも是非読んでいただきたい。笑 


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事

COMMENT

面白そうだけど・・・
タイムスリップに大航海時代に美形の船長、気になる要素はたっぷり入ってるんですが、別の意味で気になるのが「海洋ラブ・ロマン」とエリザベス女王しか女性の名前が出て来ないところ。

もしかしてBL??
by 珂音 #79D/WHSg
2009/05/22(金) 06:18 [Edit
Re:松岡なつき「FLESH&BLOOD(1)」読みました♪(05/22)
おはようございます〜♪



エジプトタイムスリップ物『流砂の記憶』の現代人のほうは考古学者で言葉の不自由もなく、当時の歴史を知っているだけに切ないものがありました。『流砂の記憶』は古代エジプト人も現代にタイムスリップしてくるのですがやはりそこには言葉の壁がありました。現代に現れた時期がずれてしまっていたため、再会した時は一見普通の人になってましたが…。

 松岡夏樹さんの作品あ波津彬子先生のイラストの物s化読んでいないのですが、こんなタイムスリップ歴史物がお好きなのでしょうね、きっと。

 この本のイラストも素敵ですよね。

 最近イラスト画科が変わったと知り、ちょっとさびしいような気分です。

by 茨木 月季 #79D/WHSg
2009/05/22(金) 10:47 [Edit
Re:松岡なつき「FLESH&BLOOD(1)」読みました♪(05/22)
こんばんは〜♪



この作品、やっぱり美形ぞろいだったんですね^^

おまけにタイムスリップものですか〜!?

ダブルで美味しそうなお話ですね(笑)(*≧▽≦*)

ところで、この物語って、完結しているんでしょうか〜?

表紙を観るだけでも楽しめそうだから、

今度、本屋さんで探してみま〜す(^^)v

第2巻のレビューも楽しみに待っていますね♪
by miwa125 #79D/WHSg
2009/05/22(金) 18:05 [Edit
Re:松岡なつき「FLESH&BLOOD(1)」読みました♪(05/22)
おおぉっまたまたヤバい表紙ですね〜♪

今、この作品をポチして見てきましたが、「ん?12巻は見たことがある表紙・・・」思ったら、nanaco☆さんの活字倶楽部のレビューに載っていたのですね。どっちの表紙も結構好きかも♪

これもシリーズ物なのですね・・・

ちなみに・・・

海賊=美青年とくると、イシュト連想するのは私だけでしょうか?(笑)

by ☆ちこ #79D/WHSg
2009/05/22(金) 22:50 [Edit
ほほ〜。
これですか、タイムスリップもので16世紀の英国が出てくる作品は!

当時の歴史にも忠実そうで、なかなか面白そうですね〜。^^

表紙の長髪の男性がジェフリー船長ですか?

とってもカッコいいですね〜。

あぁ〜、美男子で逞しくて、そんな男性に私も会ってみたいな☆
by picchuko #79D/WHSg
2009/05/22(金) 23:53 [Edit
珂音さんへ
へへへっ(^^ゞ

この本、BLに分類されるかと思います。うーん…それほど濃くはないんですけどねぇ。

「海洋ラブ・ロマン」ってのは誰と誰のラブなんでしょうか…笑



時代設定が同じだからか、どうしても「エリザベス ゴールデン・エイジ」を思い出します。

あぁ…そのうちクライヴ・オーウェンの影もちらつくようになるんでしょうか(苦手。笑)

土台がしっかりしているので、単なるタイムスリップ物で終わらずとても面白いですよ〜♪

スペイン側から見たイギリスっていうのは、なんだか新鮮でした。

by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/05/23(土) 06:37 [Edit
茨木 月季さんへ
「流砂の記憶」先ほど画像見ましたが、とっても素敵ですね!!

やっぱりタイムスリップ物で一番イライラさせられるのは言葉の壁なんですよー…。

考古学者っていうのは面白い設定ですね(^m^ )

持てる知識を駆使している主人公って、小気味良くて好感が持てる気がします!!



このシリーズのイラスト、素敵ですよね♪

2、3巻もGETしましたが、どんどん絵が上手くなっていくみたいです。

服とか剣とか、隅々まで凝っているんですねぇ。

そういえば最新刊からイラストレーター、彩さんに代わったみたいですね♪

彩さんのイラストも美しくて、ウットリしてしまいました。笑
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/05/23(土) 06:46 [Edit
miwa125さんへ
も〜〜揃いも揃って美形なんです!!笑

良いんでしょうか、こんなに美しい人ばかりで…^^;

タイムスリップ物って大好きですが、16世紀のイギリスに飛ぶものは初めて読みました♪

主人公の海斗が海賊船に拾われるっていう設定も面白いですよねぇ。

時代背景もしっかりと描かれているので、意外と骨太なファンタジーなんですよね(><)

2、3巻もGET済みなので、大事に大事に読んでいこうと思います〜♪笑



オペラシリーズと同じで、表紙だけでもウットリしちゃうので、

miwaさんも是非是非本屋さんで探してみてくださいね!!(*^^*)

あ、完結は……まだだと思います。(それが一番怖い…笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/05/23(土) 06:54 [Edit
☆ちこさんへ
これまたヤバイ表紙ですよね〜!!笑

このシリーズ、巻を追うごとにどんどんヤバさ加減UPしていくみたいです…(* ̄m ̄)

個人的には、6巻の表紙がすごく好きですねぇ。海斗が可愛い!!



http://item.rakuten.co.jp/book/1637522/



そうそう、最新の12巻はこの間ブログに載せたものなんですよ〜♪

この巻からイラストレーターさんが代わったみたいなんですが、どちらも素敵ですよね(〃▽〃)

既に続きもGET済みなので、ちょっとずつ大事に読んでいきます。笑



あ!! ちこさんに同感〜〜♪

海賊といえばイシュト、イシュトといえばゴーラ王より海賊ですよね^^

あの頃のイシュトが一番生き生きしてて、魅力的だったなぁ…(遠い目)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/05/23(土) 07:02 [Edit
picchukoさんへ
そうそう!! この間ちょこっと紹介した作品、これなんですよ♪

ちょうどイギリス×スペインのアルマダ海戦の部分も描かれるようなので、

思わず「エリザベス ゴールデン・エイジ」を思い出してしまいましたよ〜〜(^^ゞ

タイムスリップ物とはいえ、きちんと史実を絡めて書かれているのが面白いですねぇ。

イギリス側だけでなく、スペイン側の視点も描かれているのがすごく新鮮でした。



長髪の男性がジェフリーです!!

これで髪を1つに束ねたら、まさにpicchukoさん好みの男性ですよねぇ。笑

続きを読むのが楽しみです〜(><)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/05/23(土) 07:11 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
26位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。