FC2ブログ
Welcome to my blog

「七つの死者の囁き」読みました〜☆

ななこ




【七つの死者の囁き】アンソロジーrating_48.gif

死者はそこにいる。生きている私たちの記憶の中に、夢の中に、そしてすぐ背後に。私たちを見つめ、語りかけ、時に狙っている。ひそやかで絶え間ない、死者たちの攻勢―。少女の幽霊は窓辺に立ち、死んだ恋人からのメールが届く。自殺した女の呪詛が響き、亡くなった男は秘密を打ち明け、死霊の化身が地底から出現する。怖恐と憂愁を纏った七つの死者たちの物語。文庫オリジナル。


ブログのお友達クラスタンさんから紹介していただきましたballoon_59.gif (クラスタンさん、ありがとうございます♪) 

7人の作家による「死者」をテーマにしたアンソロジーです。
おどろおどろしい作品集を想像していましたが、どちらかというとホラーファンタジーですね。
幻想的でしみじみとした味わいのある作品が多くて、とても面白かったです〜balloon_85.gif


02.gif


nanaco的に一番好みだったのは道尾秀介さんの「流れ星のつくり方」

旅行先、凛が夜の海辺で出会った一人の少年。
彼はある夫婦の殺人事件の話を持ち出し、犯人の逃走経路を「当ててみて」と言う。
凛は、少年と会話するうちにその事件の真相に気付くが…。

切ない。あまりに切ないです。。。
少年が、何故簡単に流れ星を作ることができたのか。胸が苦しくなりますね…。
「星の王子さま」を引用したのも、この作品にピッタリでとても良かったと思います。



恒川光太郎さんの「夕闇地蔵」も期待を裏切らない作品でした!!

普通の人とは違う物の見え方をする少年。
彼には、見るもの全てがギラギラとした金色の炎のように見えてしまう。
彼は、真夜中友人の不審な動きに目を留め、そっと後をつけていくが…。

あぁ、、、やっぱり恒川さんの書く作品って、胸がギュッと締め付けられる。
懐かしさを感じる純和風な世界と、異世界が隣り合わせになっているような感じで。


02.gif


半分ほどは初めて読む作家さんだったのですが、、、
アンソロジーって良いですねぇ。新しい作家さんの開拓になりますから〜balloon_123.gif

あらすじだけ読むと、かな〜り怖い作品のように思えますけど……(笑)
どちらかというとファンタジー好きの人に、是非読んでいただきたい作品です!!


★余談ですが、、、
今回でカテゴリーの「BOOKレビュー」が、300レビュー目になりました!!
なんだかキリが良い数字で嬉しいです(笑)


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
Posted byななこ

Comments 20

There are no comments yet.
柊♪  
Re:「七つの死者の囁き」読みました〜☆(05/21)

面白そうなアンソロジーは新しい作家さんを開拓するのに最適ですよね(*^^*)

道尾さん、お名前よく聞くけれど未読です。

このアンソロジー集、読んでみたいです。

2009/05/21 (Thu) 10:06 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:「七つの死者の囁き」読みました〜☆(05/21)

アンソロジーの意味を初めて知った☆ちこです(〃∇〃) てれっ☆

今まで聞いた事ある言葉だったんですけどね〜〜改めて意味を調べてみると、なるほど〜って感じでした。

色々な作家さんのお試しみたいでいいですね♪

しかも表紙のインパクトと「死者」をテーマにしたのが興味を引きます♪♪

2009/05/21 (Thu) 15:08 | EDIT | REPLY |   
さくら  
おお、恒川さん読みたい

こんにちは。

小説アンソロは、時々未収録でないものも載っていたりするので、まったく知らない作家さんのときはたまに買うくらいですかね。

道尾さん名前も最近やたら聞きますねぇ。

…なんか、買った気も。

2009/05/21 (Thu) 17:06 | EDIT | REPLY |   
まる811  
Re:「七つの死者の囁き」読みました〜☆(05/21)

こんにちはー☆

メンバーがいいですねぇ、おもしろそう。惹かれます〜。

うぅっ!!道尾秀介さん!!確か「向日葵の咲かない夏」の作家さんですよね?

他の作品だと評価高いけどアレが読後感最悪だったから敬遠してたんですがこれ読んでみようかなぁ。

それにしても表紙の悪魔みたいなやつ、超可愛くないですか?

2009/05/21 (Thu) 17:27 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:「七つの死者の囁き」読みました〜☆(05/21)

こんばんは〜♪



タイトルだけ見ると、

すごーく怖そうな作品ですねぇ^^;

血が流れているところが何とも不気味(>_<)

でも、幻想的で味わいがあるなら、

是非読んでみたいかも…(^^)

恒川さんの作品も気になるし、

何より、nanaco☆さんに、

ファンタジー好きの人に、って言われると、

読まずにいられませ〜ん(笑)

読みたい本のリストに仲間入りさせておきますね(^^)/

あっ!300回目のブックレビューおめでと〜(^O^)/

これからも素敵な本の紹介、

楽しみにしていま〜す(*^_^*)



*「君のための物語」のお返しのTB、

どうもありがと〜☆

コメントのレスで書き忘れたので…^^;

2009/05/21 (Thu) 18:21 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

このアンソロジー、ホラーというよりもどれも幻想的な作品ばかりで、とても良かったです♪

初めて読む作家さんも多かったのですが、、、

中でも特に道尾さんは違う作品も読んでみたくなりました^^

nanacoも今まで道尾作品は読んだ事がなかったのですが、ホラー作家という印象がありますねぇ。

「向日葵の咲かない夏」という作品が積読になっているので、まずはこちらから読んでみます!!



柊さんもこのアンソロジー、機会があったら是非読んでみてくださ〜い♪

恒川さんの作品も入っているので、これだけで読む価値があるんじゃないかと(*^o^*)

2009/05/21 (Thu) 19:31 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

アンソロジー…この言葉を聞くと何故か執事のおじいちゃんを想像してしまいます(〃▽〃)テレッ

アンソロ爺…。元気のイイ爺さんみたいです。笑



アンソロジーは、ちこさんの仰るとおり色々な作家さんをお試しできるんですよ〜♪^^

これをきっかけに新しい作家さんが開拓できたりするので、たまに読みたくなります!!

「死者」をテーマにしているというだけで、興味が湧きますよねぇ。

もっとホラーホラーしているのを想像していたんですが、良い意味で裏切られました(^m^ )

夢の中にいるような幻想的な作品が多くて、面白かったですよ〜!!

ちこさんも、アンソロ爺を是非どうぞ♪

2009/05/21 (Thu) 19:36 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
さくらさんへ

恒川さん目当てで読みましたよ〜!!(><)

この作家さんって、やっぱり短編が得意なんですねぇ。

恒川さんの「夕闇地蔵」だけが、この短編集の中で異色だった気がします。

そもそも、これは「死者」をテーマにした話なんだろうか…という疑問はありましたが。笑

でも幻想的な中に甘美さまで加わっていて、なんだかドキドキしながら読んでしまいました☆



お、さくらさんも道尾作品持ってますか?? 道尾さん、最近よく見かける気がします…。

nanacoも「向日葵の咲かない夏」が積読になっているんですが、

どうやらあまり評判が良くないようなので、怖気づいて未だに読めていません〜^^;

今回の「流れ星のつくり方」がすごく良かったから、イメージ壊すのが怖いです…汗

2009/05/21 (Thu) 19:43 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
まる811さんへ

でしょでしょ!!

なかなか良いメンバー揃ってますよねぇ(〃▽〃)

実は有栖川有栖さん、初めて読んだんです…。名前は有名なのに何故か手を出したことがなくて。

この作品を読む限りは、とっても読みやすい文章だったので、

別の作品にも手を出してみようかなぁ〜という気になりました♪



あ、そうですそうです!! 道尾さん、あの読後感最悪の作家さんです。

…って、まるさん……そんな事言われちゃったらnanacoが怖気づいて読めないじゃない!!笑

今回の「流れ星のつくり方」は、少年がすごく切なくて、すごく素敵なお話でした。

短編で終わらせてしまうのが勿体無いぐらいですよぅ…。



まるさん、表紙の悪魔に魅入られましたね…ヒッヒッヒ…

2009/05/21 (Thu) 19:49 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

そうなんです…^^;

タイトルとあらすじを見ると、読むのを躊躇っちゃいそうになるんですけどねぇ。笑

でも「死者」をテーマにしているとはいっても、全然怖さはなくてむしろ切ない作品が多いです。

ファンタジーのような幻想的な味わいがあるものが多かったので、

きっとmiwaさんにも楽しんで読んでいただけると思いま〜す♪(≧∇≦)

そうそう、上で紹介はしなかったんですが、

有栖川有栖さんの作品は、主人公を変えれば八雲シリーズの一場面かと思っちゃいました…。

窓辺に悲しそうに立つ幽霊…って、いかにもありそうなシチュエーションじゃないですか??笑



わ〜い♪miwaさんありがとです〜!!(><)

とうとう300レビューまでこれたので、なんだか嬉しくなっちゃいました。

これからも面白い本も、つまらない本も(笑)全て紹介していこうと思います〜^^

どうか末永く宜しくお願いしますね♪



* そうそう、こちらこそTBありがとうございます!!

最近迷惑TBの関係上、リアルタイムで表示されないようにしてしまいましたが、、、

1日1回は必ずブログチェックするので、これからもドシドシお願いしま〜す(*^o^*)

2009/05/21 (Thu) 19:59 | EDIT | REPLY |   
浪漫的狼  
へえ〜☆

こんな作品集もあるんですね。

しかし、nanacoさん、ほんと毎日一冊ぐらい読んでるペースですよね〜。感嘆いたしますゥ〜。

2009/05/21 (Thu) 20:11 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
Re:「七つの死者の囁き」読みました〜☆(05/21)

また素晴らしい作家さんを知るきっかけとなりましたね。^^

テーマは怖そうですが、もっと深い意味が込められていそうで、ちょっと興味深いです。

しかも、、、この表紙の絵がたまらなく(?)好みです!(爆)



BOOKレビューが「300」ですかぁ〜!!!

凄いなぁ〜。

私のこれまでの人生で読んだ本の数の何倍だろう。(苦笑)

これからも楽しみにしてますよ〜♪

2009/05/21 (Thu) 20:34 | EDIT | REPLY |   
クラスタン  
Re:「七つの死者の囁き」読みました〜☆(05/21)

こんばんわ。



期待外れにならなくて良かったです(´▽`) ホッ



クラスタンも道尾さんの作品を初めて読みでしたが、なかなか面白く「向日葵の咲かない夏」を購入するキッカケになりました。

「夕闇地蔵」も独特の世界感で、好感のもてる作品でした(*^.^*)

2009/05/21 (Thu) 21:22 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

たまにはこういうアンソロジーも読みたくなります♪

新しい作家さんを開拓するにはうってつけなんですよ〜(><)

想像していたよりもファンタジーに近い作品ばかりでしたが、とても面白かったです。



小説をのろのろと書いている間に、どんどんレビューを書いていない本が増えていったんです。笑

今週は小説はちょっとサボって、本ばかり読んでいる気がします〜^^;

週末にガッツリ書こうかな、と思ってます♪

2009/05/21 (Thu) 22:06 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、この絵好みでしたか?!笑

タイトルもあらすじも怖そうなのに、この絵を見ると力抜けますよね……。

そう、何かと同じ…と思ったら、「ペギー・スー」シリーズでした^^;

思わず脱力しちゃう表紙ですけど、中身はとっても良かったです♪

「死者」をテーマにしているわりには、幻想的な雰囲気で怖さは全然ありませんでしたよ(*^^*)



えっ、またまたぁ〜!!!笑

picchukoさん、絶対今までの人生で300以上は読んでいますよ(^m^ )ププ

500レビューになったら…さらにさらに1000レビューになったらビックリですね。

ていうかそれまでこのブログがあるんでしょうか…^^;

2009/05/21 (Thu) 22:45 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
クラスタンさんへ

クラスタンさん、とっても素敵な本を紹介していただいてありがとうございました〜!!

今まで読んだ事のない作家さんの開拓にもなりましたし、

ここしばらくアンソロジーは読んでいなかったので、とても新鮮でしたよ♪(〃▽〃)



道尾さんの作品、すごく良かったですねぇ…。

短編で終わらせるのが勿体無いです。あの切なさの余韻が、、、なんとも心に残りますね。

クラスタンさんも「向日葵の咲かない夏」購入済みなんですね♪

この作品…どんな感じなんでしょう。ドキドキしてしまいます。笑

「夕闇地蔵」はやっぱりいつもの恒川ワールドでした!!

あの和風(+ちょっとホラー)の世界観がなんともいえないですよね(=^^=)

2009/05/21 (Thu) 22:50 | EDIT | REPLY |   
ユウ  
Re:「七つの死者の囁き」読みました〜☆

またまたケータイからですみませんσ(^_^;)

ログインさえできてないけど、ユウです☆

ずっとパソコンを開けなくて、ブログもその上読書も滞ってます(>_<)ウウ..

それより、BOOKレビュー300突破、すごいですね!!

おめでとうございま〜す(^∀^)ノ☆

私は全然まだまだたなぁ(苦笑)

その時の状況によって、ジャンルが「読書」だったり「shoppingや趣味」だったりと気まぐれなので100にさえいっていないのがもの悲しいです。。

ちなみにこの本面白そうですね(^m^)♪

幻想的なホラーって、読後感が独特な気がします。

普通のホラーとは違って、読み終わった後にもふわふわとした(?)気持ちが残りそうな…。

読んでいる時のドキドキも大事だけど、やっぱり読み終わったあとに何か残る物語が良いですよね(^.^)

…ああ、私の読書TIMEはどこへやら…(汗

2009/05/22 (Fri) 04:26 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
ユウさんへ

おぉ、ユウさん!! お久しぶりです♪いらっしゃいませ〜(*^0^*)

ありがとうございます♪気付けば300レビュー目だったので、なんだか嬉しくなりました!!

キリの良い数字って、それだけでニヤニヤしちゃいますよね。笑



この作品、ユウさんの仰るとおり読後にふわふわ残るものがあって、とても面白かったです♪

幻想味のあるホラーは、ファンタジーに近い気がしますね(><)

ユウさんにはもしかしたら物足りない怖さかもしれませんが…笑

でも、読後の何ともいえない切なさがとても良いので、ユウさんも是非読んでみてくださ〜い♪



最近、読書滞ってますか…(* ̄m ̄)笑

ユウさんのブックレビュー、楽しみに待っていますよー!!!

2009/05/22 (Fri) 05:41 | EDIT | REPLY |   
てんてん(^^)/  
Re:「七つの死者の囁き」読みました〜☆(05/21)

惹かれるタイトルと表紙ですね。

秀逸なアンソロジーは何だか得した気分になりますね。(笑)



2009/05/22 (Fri) 23:36 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
てんてん(^^)/さんへ

アンソロジーって、色々な作家さんをお試しできるので良いですよね♪

同じテーマでも、こんなにも違う作品になるものなんだとビックリしました。

この作品も、中にはあまり好みでないものもありましたが、、、全体的には○でした(*^o^*)

もっとホラーホラーしているものがあっても良かったかもしれません。

2009/05/23 (Sat) 06:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply