11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.20 *Wed*

今邑彩「いつもの朝に」読みました〜☆




【いつもの朝に(上)(下)】今邑彩rating_50.gif

成績優秀でスポーツマン、中学でミラクルボーイと呼ばれる桐人。そんな兄とは正反対で勉強が苦手の弟・優太。三年前に最愛の父を事故で失い、画家の母・沙羅と三人暮らし。ある日、優太は、父の形見のぬいぐるみ“ユータン”の中から、手紙を見つける。そこには、父から優太への謎のメッセージが書かれていた。優太は、父の言葉に従い行動を起こすが……。家族の愛と絆をミステリアスに描く感動巨編。


久しぶりの今邑作品です〜balloon_34.gif
文庫化されたとはいえ上下巻だし……と、少しだけ躊躇していたんですが、
表紙のクマさんの訴えかけるような瞳に負け、とうとう購入してしまいました(笑)

でも、読んで良かった!! 本当に、素晴しい作品でしたballoon_123.gif
今邑さん=ホラー作家という印象が強いんですが、この作品はちょっと毛色が違います。


容姿端麗で頭脳明晰、スポーツマンで誰からも好かれる兄・桐人。
成績も顔もパッとせず、チビで、頭も悪く、良い所が一つもない弟・優太。
とても同じ両親から生まれたとは思えない、まるでオセロのように正反対の兄弟。

何をやらせてもそつなくこなす兄に、優太はコンプレックスを抱いていたが、
ある日、優太のお気に入りのクマのぬいぐるみ"ユータン"から、1枚の手紙を発見する。
その手紙の中には、死んだ父から優太に宛てた謎のメッセージが残されていて…。


line01.gif


いやぁ〜、この本続きが気になって気になって……上下巻、あっという間に読了です。

ぬいぐるみに隠されていた謎の手紙に従い、自分の出生を解き明かそうとする優太。
完璧な両親と兄の中で、自分だけがあまりにも異質…。その気持ちが痛いほど伝わりますballoon_89.gif

でも、それだけでは終わらないのよね。
兄弟の出生の秘密に、過去の牧師一家殺人事件が深く結びついてきます。
善良で近所からも評判の良かった牧師一家は、何故一人の少年により惨殺されたのか??

実は、上巻の中盤くらいで先は読めちゃうんですよ〜balloon_145.gif
それでもラストまで怒涛の勢いで読み進めたのは、今邑さんの筆力によるものでしょうねぇ。

読了後、あまりに胸が一杯で、しばらく魂が抜けたように呆然となってしまいました。
でもそれは決して切なさとかやりきれなさからくるものではなくって、、、
"完全燃焼した!!" という充実感からくるものみたいです…(笑)

 ★ よく、「ベタな展開」と評されているのを目にしますが、、、ベタでここまで読ませるのは流石だと思います。笑 


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事

COMMENT

Re:今邑彩「いつもの朝に」読みました〜☆(05/20)
おはようですー☆

あっ!このクマさん、本屋で見かけたような気がします。

またまた評価高いですねぇ〜チェックチェック…

「ベタでここまで読ませるのは」って、わたしもそう思います。

こないだ読んだ「とある飛空士への追憶」もそんな感じでした。



そういえば3年くらい前に捨ててあったぬいぐるみを拾ってきたんだけど(拾うな!!笑

腕のところに何かが入ってるようでガサガサ音がするんだよね〜

なにか重大な秘密が書かれた紙でも入ってるのかしら…それとも犯罪の匂い…?怖

by まる811 #79D/WHSg
2009/05/20(水) 07:35 [Edit
Re:今邑彩「いつもの朝に」読みました〜☆(05/20)
一気読み&読後放心状態、柊も一緒です(笑)

今邑さんを読むのは初めてでしたけど、読んで良かった〜と思いました。

今お薦めされた「よもつひらさか」が傍に積んであります。

次読む予定です♪

by 柊♪ #79D/WHSg
2009/05/20(水) 08:50 [Edit
ベタって感想がベタだよね
こんにちは。

くま切断がめっさ怖いんで平積みされると見つめちゃいますよねぇ。

そうか、面白いなら今度読んでみますね。

今邑さんも読んだことないですわ。

ぬいぐるみに手紙を隠すお父さんって、どんなだろう。

おちゃめなのかシャイなのか、でもきっと長男より弟のほうには気づいてもらえると思ってたのかしらね。

興味ありますわ。



by さくら #79D/WHSg
2009/05/20(水) 17:20 [Edit
Re:今邑彩「いつもの朝に」読みました〜☆(05/20)
こんばんは〜♪



この作品、表紙のクマさんの可愛さに

思わずジャケ買い(表紙買い)しそうになったんですけど(笑)

上下巻という長編に、ちょっと手を出せずにいました(^_^;)

読後に呆然とするなんてすごい作品ですねぇ(^^)

すごく読みがいがありそう♪

読んだあと充実感のある作品って、

そうそう巡り会えないですよねぇ。。。

私も、是非読んでみたいので、

近いうちにGETしてきま〜す(^^)/
by miwa125 #79D/WHSg
2009/05/20(水) 17:58 [Edit
Re:今邑彩「いつもの朝に」読みました〜☆(05/20)
nanaco☆さんを完全燃焼させるなんて、今邑彩って素晴らしい作家さんなんですね。

表紙はとても可愛らしいのに…。

この本を思わず買っちゃたというnanaco☆さんの気持ち、わかります。^^



なんか、答えを知りたいけれど、、、

nanaco☆さん、こっそり教えてちょうだいな。(笑)
by picchuko #79D/WHSg
2009/05/20(水) 19:53 [Edit
まる811さんへ
このクマさん、遠くからでも妙に目立つんですよ〜!!

おいでおいで……と引き寄せられて、まんまとレジへ直行してしまいました。(ある意味怖い)

これ、すっごい面白いですよ♪上下巻2日もかからず読み終わっちゃいました(><)



「ベタ」=ありきたりで先が読めちゃうイメージなんですけど、

先が読めるのに面白いって、これ最高じゃないですかー!!!

今邑さんって全く文章にクセがないので、これがサクサク読める秘訣かもですね^^

「とある飛空士への追憶」もベタなのに面白いのか〜♪本気で読みたいです。ていうか読もう!!



まるさん……捨ててあったぬいぐるみを拾うとは、おぬしなかなかやるのぅ(笑)

それ、絶対腕に暗号か何か入ってると思います。宝探しにレッツゴー!!

そういやnanacoも、前人から貰った中国製のぬいぐるみ…お腹の部分が固いなぁと思っていたら、

ヘンな機械みたいのが入ってました。なんか盗聴器みたいな。これも犯罪の匂いが…(汗)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/05/20(水) 20:19 [Edit
柊♪さんへ
いやぁ〜(><)柊さん、これホント面白かったですね!!

いつものようにビール片手に読み始めたんですが、、、

あまりにのめりこみすぎてビールを飲むのも忘れ、泡が無くなってしまったくらいです(笑)



読後、放心状態に陥りますよね…。

あの最後の絵、胸が苦しくなるんだけど不思議と心は穏やかで。

上手く言葉に言い表せないですが、、、とにかく素晴しい作品でした(T_T)



「よもつひらさか」は、幻想ホラー風の短編集ですが、表題作本当に面白いです。

なんだか読んでいる間、別の世界に行っていました…(笑)

柊さんのレビュー、楽しみに待っていますね♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/05/20(水) 20:26 [Edit
さくらさんへ
ハッ…!!!

クマ切断…そう言われてみれば怖いかも(今気付きました。笑)

画像、くっつけようと思ったんですが、この写真若干ズレてるんですよねぇ。

くっつけるとこれまた歪んだクマさんになって、ホラー味がでてきます〜^^;



ぬいぐるみに手紙を隠すなんて、どんな父親なんでしょうね。

それも自分の死を予期した時に書いた遺言のような手紙だから、ますます面白くなってきます♪

確かに先は読めちゃうんですが、ページを繰る手が止まりませんよ〜!!!

あちこちでベタって感想を見かけると、

「面白かったんだからいいじゃん!!」って反論したくなっちゃいますよねぇ(笑)



さくらさんも、是非読んでみてくださ〜い♪

クマさん切断は可哀想なので、上下巻用意してやってくださいね(* ̄m ̄)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/05/20(水) 20:33 [Edit
miwa125さんへ
ですよね!! nanacoもこのクマさんの瞳にやられました(笑)

しかも、このぬいぐるみが物語の鍵になるとは…。なかなかやりますね、クマさん!!



この作品、上下巻という長さを全く感じさせない本でしたよ♪

現に、1日ちょっとであっという間に読破してしまったぐらいですから!!(^^ゞ

それぐらい、物語の展開にも文章表現にも吸引力があるんだと思います。。。

今邑さんって今までホラー作品ばかりしか読んでこなかったんですが、

この「いつもの朝に」はどちらかというとミステリ寄りの作品ですねぇ。怖さはないです♪



本当に、読後しばし呆然としてしまうほどのめり込んでしまいました…。

nanacoのイチオシです!!! miwaさんも、是非是非GETしてくださいね〜♪

miwaさんのブログにクマさんの写真が載る時を、楽しみに待っていま〜す(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/05/20(水) 20:41 [Edit
picchukoさんへ
今邑さん、とっても読みやすい文章を書かれる作家さんなんですよ〜♪

そうそう、前にちょっとお話したかもしれませんが、、、

あのイザナギとイザナミの「よもつひらさか」の作品を書いたのがこの作家さんなんです^^

今回はホラーではないですけど、面白くてとにかくページを繰る手が止まりませんでした。。。

今兄弟(というか双子)の話を書いているだけに、二人の心情はすごく勉強にもなりました(笑)



昨日の美青年の表紙も、それだけで買いたくなっちゃいますけど、、、

このクマさんも、つぶらな瞳にやられてついつい手が伸びてしまいました!!(〃▽〃)

やっぱり表紙って大事ですねぇ〜……。



えっ??picchukoさん答えを知りたいですって??

……クマさんの中にその答えが隠されています!!(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/05/20(水) 21:13 [Edit
え?
恥ずかしながら、この作家さん、全く聞いたこともありませんでした。そうですか☆五つですか。これは読む候補にしてもいいかも…。

いつも、精力的ですね〜。上下巻いっきとは☆
by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2009/05/20(水) 21:33 [Edit
Re:今邑彩「いつもの朝に」読みました〜☆(05/20)
胸がいっぱいになる・・・・ううっ読みたいです。

良さそうですね。



今邑さんは都留文化大学の出身で実家が都留ですので凄く親近感が湧くんです・・・まだ一冊しか読んだことないのですがこれは読みたいと思います。(*^_^*)
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/05/20(水) 22:52 [Edit
浪漫的狼さんへ
そうですか〜☆

今邑さん、、、もしかしたらあまりメジャーではないのかもしれませんねぇ。

この作家さん、結構な著作数なんですが今は絶版になっているものも多いんです…。

本ってあっという間に世の中から消えていることがあるので油断できないですよね!!(笑)



「いつもの朝に」上下巻あっという間に読み終えてしまうほどの面白さでした〜♪(><)

狼さん、これは上下巻手元に置いてから読まれることをオススメします。

上巻が、ものすご〜く気になるところで終わっているので…^^;
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/05/21(木) 05:22 [Edit
日向 永遠さんへ
おぉっ!! 日向永遠さんは今邑さんと同じ都留出身なんですか(^m^ )

同じ地方出身の作家さんって、応援したくなりますよね♪

nanacoも北海道出身の作家って結構見かけますが、北海道って……大雑把すぎますよね(笑)



この作品、とても面白かったです!!

いつものようにビール飲みながら読んでいたんですが、、、

飲むのを忘れていたぐらいのめりこみました。

今邑さんはホラー作家という印象が強いですが、今回はミステリに近いですね^^

謎の手紙と出生の秘密に顔のない少年の絵……

最後にパズルのピースがピタリとはまるようで、とても小気味良い作品でした☆

日向永遠さんのレビュー、楽しみに待っています(o^―^o)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/05/21(木) 05:31 [Edit
Re:今邑彩「いつもの朝に」読みました〜☆(05/20)
今邑さん・・・聞いたことあるような、ないような。

有名な作品はなんでしょう?(^-^;



この作品の評価高いですね。

内容も面白そうなので頷けます。早速、購入リストに登録しました。

しかし、最近は金欠で本を買えない状況なので、リストだけが溜まっていくヾ(@^▽^@)ノわはは
by クラスタン #79D/WHSg
2009/05/21(木) 21:26 [Edit
クラスタンさんへ
クラスタンさんに興味を持っていただけて嬉しいです♪

今邑さん…有名なのはデビュー作「卍の殺人」でしょうか。nanacoは読んでいないのですが。

著作は多いけれど、絶版になっているものも多くてなかなか手に入りづらいんです〜^^;

何冊か読みましたが、「よもつひらさか」という作品は本当に面白いですよ♪

あの古事記に出てくるイザナギとイザナミの黄泉比良坂をモチーフにしたホラーです。



「いつもの朝に」予想以上にのめり込んでしまいました!!

クラスタンさんもお財布に余裕ができたら、是非是非読んでみてくださ〜い(^m^ )

レビューを楽しみに待っています☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/05/21(木) 22:01 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List

今回レビューを書くのは、 今邑彩さんの『いつもの朝に』という作品です。 ◆あらすじ◆ 成績優秀でスポーツマン、中学でミラクルボーイと呼ばれる桐人(きりひと)。そんな兄と
2012/04/03(火) 18:12:40 | 本を読みましょ [Del


ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
28位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。