10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.25 *Thu*

貴志祐介「天使の囀り」面白かった〜♪




【天使の囀り】貴志祐介rating_50.gif

北島早苗は、ホスピスで終末期医療に携わる精神科医。恋人で作家の高梨は、病的な死恐怖症だったが、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してからは、人格が異様な変容を見せ、あれほど怖れていた『死』に魅せられたように、自殺してしまう。さらに、調査隊の他のメンバーも、次々と異常な方法で自殺を遂げていることがわかる。アマゾンで、いったい何が起きたのか?高梨が死の直前に残した「天使の囀りが聞こえる」という言葉は、何を意味するのか?前人未到の恐怖が、あなたを襲う。


いやぁ、凄い物語でした…balloon_89.gif
どこからレビューを書けば良いのか、まだ頭の中が整理しきれていない状態です。笑

とりあえずこれだけは言わせて下さい。

虫嫌いの人は、決して読んではいけません。 

そして、それ以外のホラー好きの方には、是非是非読んでいただきたい!!!
今までに読んだホラー作品の中でも、この恐ろしさとおぞましさは随一かもしれないballoon_125.gif


アマゾン調査から戻ったメンバーが、次々と不審死を遂げていく所から悪夢は始まります。
その自殺の方法というのが奇妙で。生前最も自分が恐れていた死に方をするのです…。
尖端恐怖症の人は目を付いて死に、動物恐怖症の人は自ら猛獣の前に身をさらす。

自殺する前に、彼らに共通しているのは<天使のさえずりが聞こえてくる>という事。
そして、皆幸福そうな顔をして自らの命を絶っていく。

一体、アマゾンで彼らを襲った出来事とは何なのか?? 死の連鎖を断つ事はできるのか??


004.gif


500ページ強という結構なボリュームの作品ではありますが、読み始めたらあっという間。
ラスト近くなっても着地点が見えず、とにかく先を読みたいと思わせる作品ですねぇ。

最初は、タイトルから「オカルト系か??」とちょっとだけ敬遠していたんですが、、、
全然思っていたのと違いました。むしろ全て科学的にアプローチしていくのが素晴しい!!
だからこそ、妙なリアリティを伴う描写が恐ろしさを増幅させるんですかねballoon_59.gif

アマゾンに伝わるカミナワ族の民話…あの独特の語り口に思わず総毛立ちました。
そして、蜘蛛のくだりや、ラストのセミナーハウスのくだりなんかはもう半泣きですよ…笑

恐ろしい作品でしたが、これはあえて5つ☆で永久保存したいと思いますballoon_75.gif
貴志さんって、読む度にジャンルが違う気がしますねぇ。


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事

COMMENT

Re:貴志祐介「天使の囀り」面白かった〜♪(06/25)
「黒い家」を読んで、こりゃぁダメだ〜〜〜と

それ以外の作品は読んでないんですが、これも虫ですか?

1匹なら平気ですが、うじゃうじゃ出てくるとダメ(>_<)

by 珂音 #79D/WHSg
2009/06/25(木) 07:31 [Edit
Re:貴志祐介「天使の囀り」面白かった〜♪(06/25)
柊も「黒い家」でぞわーときて、以来貴志さん読んだことないんですが…。

虫も得意とはいえませんが…^^;

アマゾンでの出来事って、伝わっている民話って何??

それを科学的にアプローチする?

しかもnanacoさんの五つ星付き!?

気になっちゃいます〜!!



by 柊♪ #79D/WHSg
2009/06/25(木) 09:03 [Edit
Re:貴志祐介「天使の囀り」面白かった〜♪(06/25)
虫嫌いの人・・・

わかりました♪私は絶っ対!!!読みません!

描写力ある方の、意識したおぞましさってのは半端なさそうですものね〜〜〜><
by エンブレムT #79D/WHSg
2009/06/25(木) 11:33 [Edit
Re:貴志祐介「天使の囀り」面白かった〜♪(06/25)
こんにちはー☆

そ、そんな大文字太字で書くほど虫が出てくるんですか…怖

というかnanacoちゃん、そういう話なら5つ星に王冠とかいう評価やめてよ〜!!

気になっちゃうじゃん!!

by まる811 #79D/WHSg
2009/06/25(木) 12:43 [Edit
王冠だぁ☆
こんにちは。

もっとも怖いミステリーって言われたら、これは絶対入れますねぇ。

もっとも嫌いだろうという死に方を選ぶっていうのも、ぞっとしますし。

エイズが広がった理由とか、共食いとか、なにがあっても超えてはいけない一線ってものを守らないといけないですねぇ。

by さくら #79D/WHSg
2009/06/25(木) 14:17 [Edit
Re:貴志祐介「天使の囀り」面白かった〜♪(06/25)
こんばんは〜♪



な、なんとも怖そうな作品ですねぇ…(^_^;)

虫は…種類と数の多さによるかな。

アマゾンだと、ワニや猛獣の方が怖いかも^^;

アマゾンのカミナワ族の民話がどんなものなのか

とっても気になります〜(^^)

自分が最も恐れる死に方って…考えただけでも鳥肌モノですねぇ(>_<)
by miwa125 #79D/WHSg
2009/06/25(木) 18:19 [Edit
珂音さんへ
「黒い家」随分昔に読んで挫折した覚えがあります…笑

今なら読めるかもと本棚を漁ってみましたが、何故かどこにも見つかりません。どうして?!泣

懲りずに今晩も本棚の裏側を探してみようと思います^^;



この「天使の囀り」の虫は、うじゃうじゃどころじゃないです…笑

虫が出てくるだけならまだしも…これは自然の原理に反してるよ!!という場面がいっぱいです。

多分、想像力がある人ほどこの作品にはショックを受けるんじゃないかと(* ̄m ̄)

でもホント面白いです。珂音さんも勇気を振り絞って是非読んでみてください!!笑

by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/25(木) 20:37 [Edit
柊♪さんへ
「黒い家」とも先日の「新世界より」ともまたジャンルが違う気がします(^^ゞ

この作家さんって読む度に引き出しの多さに驚かされるんですよねぇ。

下調べもとにかく入念にされているようだし、あらゆる角度から読み応えたっぷりの作品です♪



アマゾンに住む民族の民話が、また妙に恐ろしいんですよ…

ある兄弟の物語を書いているんですけど、本当にこういう民話があるのかと錯覚してしまうほど。

虫が苦手な人には「ウッ^^;」という場面が幾つかありますけど、

でもでも乙一作品がお好きな柊さんなら、問題なく読めると思いますよ!!笑

あぁ〜是非柊さんがどんな感想を持たれるのか、すごく気になります♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/25(木) 20:44 [Edit
エンブレムTさんへ
ふふふ(* ̄m ̄)

エンブレムTさんは虫嫌いでしたか!!笑

nanacoも決して得意なほうではありませんが、

「所詮物語の中の虫なら余裕でしょ」と、ちょっぴり見くびっていたようです…

うぅ、この作家さんの手にかかると、ここまでリアルに書けちゃうのね、とビックリです^^;



虫の(特に蜘蛛の)描写はさておき、ミステリ的にはすっごく面白い作品でした♪

あ、ミステリというよりもホラーになるのかしら??

貴志さん、寡作な作家さんですけどちょっとお気に入りになりつつあります(><)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/25(木) 20:49 [Edit
まる811さんへ
ほほほっ!! まるさん、まんまと引っかかりましたな!!

「虫嫌いは読むな」警告をしつつも、しっかりと王冠付きをアピールし、

そしてやがては無意識に「買わなきゃ」という強迫観念にとらわれるという寸法です…笑



あ、確かまるさんは虫苦手でしたね??

思わず鳥肌が立つような描写もあるので、間違って手に取らないように気をつけてくださいね^^

いやぁ、でも本当にお薦めしたいんですけどねぇ…。

今年は永久保存版入りの作品が多くて、年末のBEST本は大いに悩みそうな予感です(><)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/25(木) 20:56 [Edit
さくらさんへ
とうとう読んじゃいました〜(><)

とにかく怖くて、気持ち悪くて、おぞましくて……もう夢中になって読んじゃいました!!

ホラーって普段それほど読まないんですが、過去に読んだ中でもこの怖さは一番かもしれません。



>なにがあっても超えてはいけない一線

そうそう!! それを言いたかったんです。この作品は一線を超えまくってますね…^^;

乙一作品でもしばしばそう感じる時があるんですが、

そういう時はなんだか見てはいけないものを見てしまったような気持ちになりますねぇ。

あの蜘蛛嫌いの青年のエピソード……もう一生蜘蛛は好きになれそうになりです。笑

なんだかんだで、期待していた以上に面白い作品でした♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/25(木) 21:03 [Edit
miwa125さんへ
これ、超怖かったです〜^^;

「怖い」という言葉が軽く感じられるぐらい、恐ろしい、凄まじい作品でした。

この作品にも色々な虫が出てきますが、一番鳥肌が立ったのが蜘蛛でしょうか…

それが無数にうじゃうじゃいるもんだから、読みながらつい背後を振り返ってしまいました!!笑

確かに、アマゾンといえば猛獣系のイメージの方が強いですよね☆

その猛獣さえも自殺の道具として使われちゃうから、もう逃げ場がないって感じでしょうか。



でも、最初から最後のページの一行まで、とにかくのめり込んでしまいました♪

内容が内容だけにこれはお薦め!!と言う事はできないんですが……笑

でもmiwaさんも刺激が欲しくなった時は、是非この本を読んでみてください(* ̄m ̄)フフフ

カミナワ族の民話だけでも、きっと鳥肌が立つはずです。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/25(木) 21:11 [Edit
読みました☆
これは五つ星+で納得です。かなりよく出来ていますよね。線虫に関する蘊蓄も凄いし〜。

この作家さん、ただ者ではないですよね。
by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2009/06/25(木) 21:34 [Edit
Re:貴志祐介「天使の囀り」面白かった〜♪(06/25)
レビューから恐ろしさが

ひしひしと伝わってくるよぉ(>_<)

リアルな描写、確かに恐ろしさを増すよね。

私は、そこまで虫嫌いじゃないんだけど

ホラーがダメだから、きっと読めない・・・。汗

by ☆Yuri☆ #79D/WHSg
2009/06/25(木) 23:24 [Edit
Re:貴志祐介「天使の囀り」面白かった〜♪(06/25)
ぎゃ〜。面白そう。絶対好みだ〜。

そのうえ、nanaco☆さん評価が王冠付き。



これは絶対、他を措いてでも読まなくては・・(*^_^*)
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/06/26(金) 00:03 [Edit
浪漫的狼さんへ
この作品、狼さんお薦めと前にうかがってすごく楽しみにしていました♪

期待していた以上に面白くて、本の分厚さも気にならなくなるぐらいのめりこみました!!(^^ゞ

これ、体調が悪い時に読んだらきっとズドーンと落ち込みますね。笑



線虫の薀蓄も素晴しかったし、アマゾンの生態系についても凄かったですねぇ…

寡作な作家さんではありますけど、一つ一つの作品の重みが違いますよね!!

これを機に過去の作品も再読したくなりました(^m^ )

by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/26(金) 05:29 [Edit
☆Yuri☆ちゃんへ
恐ろしさ、伝わった??笑

虫嫌いの人なら言うまでもないけど、それ以外の人でも思わず鳥肌モノの怖さだよ〜^^;

表現力のある作家さんって、ココまで恐ろしく書けるもんなんだなぁ…と感心しきりです。



アマゾンって未知の世界なだけに、そこを元凶にどんどん不審死が広がるって面白いよね^^

面白いってのもなんだか不謹慎だけど…笑 とにかく続きを読みたいと思わせる作品でした♪

油断してたら悪夢見そうだー!!!(><)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/26(金) 05:34 [Edit
日向 永遠さんへ
この作品読みながら、「あっ、日向さんこれ好みかも」って思っちゃいました。笑

蜘蛛のくだりを読みながら虹子の物語を思い出し…

日向さんは虫もホラーも大丈夫だったなぁ、なんて(^^ゞ



貴志作品の中でも…いや、今まで読んだホラーの中でも相当恐ろしい部類に入るかもです。

単なるフィクションとして片付けられないというか、どこか現実的な怖さがあるんですよねぇ。

いや、現実でこんな事があったらたまったもんじゃないんですが…笑

日向さんには心からお薦めしま〜す♪是非感想を伺いたいです!!(*^^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/26(金) 05:40 [Edit
Re:貴志祐介「天使の囀り」面白かった〜♪(06/25)
虫は嫌いだけどホラーは結構好き!

どうしよう・・・読みたいような怖いような・・・

怖いもの見たさでチャレンジしてみようかな・・・

これがもし映像だったら、私ダメかも(^^;)
by ☆ちこ #79D/WHSg
2009/06/26(金) 14:25 [Edit
アマゾン!!
同じくアマゾンに魅せられている私としては、非常に興味深い作品です♪

そういえば、アマゾンにはタランチュラという毒蜘蛛がいますよね〜。

それも、色鮮やかな・・・。

実は、私はアマゾンの奥地へタランチュラを見にいきたいんですよ!

あっ、ちなみに私は虫嫌いでぇ〜す。(笑)



しかし、この自殺の方法がとても恐いですね。

想像しただけで鳥肌が立ちそう!

私の場合は、、、いやぁ〜、考えるだけでも恐ろしい。><
by picchuko #79D/WHSg
2009/06/26(金) 21:15 [Edit
☆ちこさんへ
nanacoも多分ちこさんと同じタイプだと思います(^m^ )

ホラーは映像では観たくないけど、文章で読むなら好きなんですよねぇ。

たまに本のホラーのほうが怖い時もあるんですけどね…笑



「天使の囀り」ちこさんがどんな感想を持たれるのか、すごく興味あります♪

アマゾンっていうのは未知の世界だから、

本当にこんな恐ろしい現象が起こり得るのかも…なんて思っちゃいます。

アマゾンに伝わる民話と結びつけているところが、さらに恐ろしさを増幅させるんですよ〜^^;

最後まで一気読みの面白さです。ちこさんも、試しに最初の数十ページ読んでみませんこと??笑
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/27(土) 07:16 [Edit
picchukoさんへ
うわぁぁーーータランチュラ!!!

あのデカさとあのフォルム…笑 そして何故にあんなに毛が生えてるの?!と思っちゃいます。

想像しただけで鳥肌が立っちゃいますよぅ^^;

picchukoさんは苦手なタランチュラを見に行きたいと?!!!

そ、それは苦手を克服するためですか?? ドキドキ…



最も自分が恐れている死に方をするなんて、本当に怖いですよね。

nanacoは、黒板をキィーッと爪で引っかく音を聞かされることでしょうか……笑

この本を読みながら、最初は「洗脳か??」なんて思ってしまったんですが、

あくまでも現実的に、科学的に解明されていくのが面白かったです♪

だって、もし洗脳や霊現象だったら、どんな荒唐無稽なお話でも作れちゃいますもんね(><)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/27(土) 07:26 [Edit
Re:貴志祐介「天使の囀り」面白かった〜♪(06/25)
nanacoさんの評価が高い!というのは、かな〜り気になるんですが、虫はかなり苦手かもしれません・・・・(泣)

機会があれば、ちょこっとずつ、とりあえず挑戦してみようかと思いますw
by かをる。 #79D/WHSg
2009/06/30(火) 20:12 [Edit
かをる。さんへ
お、かをる。さんは虫が苦手なんですね??

それでしたら、もしかしたら結構キツイ場面があるかもしれません〜^^;

nanacoも「ウッ」ときた所ありましたから…笑



でもでも、それを除けば本当にお薦めしたい作品なんですよ♪

貴志さんの作品って、何を読んでもハズレに当たったことがないですねぇ…

って、寡作な作家さんなのでそれほど読んでいるわけでもないんですが(><)

かをる。さんも「今日はホラーでも虫でもどんとこい!!」の気分の時に是非読んでみて下さい。笑
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/30(火) 21:19 [Edit
Re:貴志祐介「天使の囀り」面白かった〜♪(06/25)
昨夜、遅くまでかかって読み終わりました!!

凄かった・・・脳内の線虫が蠢いている場面が浮かびました。怖い。怖い。



貴志さん凄いですね。

新世界よりも良かったし、俄然気になりはじめました!!黒い家も未読なんですよ〜。



nanacoさん、紹介、ありがとうございました!!
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/08/01(土) 11:18 [Edit
日向 永遠さんへ
おぉ!日向さん、とうとう読了されましたか〜♪

TBありがとうございます。レビュー、今か今かと待っていましたよ(笑)



この作品、相当怖かったですよね…

科学的な方向から攻めてくるからでしょうか、オカルトとはまた違った恐ろしさがありますねぇ。

線虫、もう考えるだけで鳥肌が立ちます!

それと、あのカミナワ族の民話も、、、なんとも言えないおぞましさがありました。

チェッチェッとかシューッシューッとか(怖)なんでしょうね、あの民話(T_T)



貴志さん、寡作な作家さんですが今まで読んだ事のある作品はどれも外れがなかったです♪

「黒い家」随分昔に読んだんですが、これも相当恐ろしかったような…

また再読したいと思って本棚を漁っているのですが、何故か見つからないんですよねぇ^^;

またまたこの先気になる作家さんが増えましたね♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/01(土) 20:26 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
26位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。