FC2ブログ
Welcome to my blog

北山猛邦「アリス・ミラー城殺人事件」読みました♪

ななこ




【「アリス・ミラー城」殺人事件】北山猛邦rating_47.gif

鏡の向こうに足を踏み入れた途端、チェス盤のような空間に入り込む―『鏡の国のアリス』の世界を思わせる「アリス・ミラー城」。ここに集まった探偵たちが、チェスの駒のように次々と殺されていく。誰が、なぜ、どうやって?全てが信じられなくなる恐怖を超えられるのは…。古典名作に挑むミステリ。


「クロック城…」「瑠璃城…」に続く、城シリーズ3作目ですballoon_59.gif

今回は孤島にポツリと佇む風変わりな城「アリス・ミラー城」が舞台です。
扉が無限に続いているように見える合わせ鏡の間。人が通れないほどの小さな扉。
そして、まるで殺人予告のように置かれたチェス盤。

この城のどこかに不思議な力を持つ<アリス・ミラー>が隠されているという。
その鏡を見つけるために集められた10人の探偵達。
彼らは鏡を見つける事ができるのか?? 最後に生き残るのは誰??


004.gif


この作家さん、新しい作品を読む度にその世界観の大きさに驚かされます〜balloon_89.gif

チェス盤が動く度に、一人、また一人と残忍極まりない方法で殺されていく探偵達。
最後の最後まで犯人が読めません。というか、最後の数ページでやっと理解できましたballoon_145.gif

いつものように物理トリックで攻めてくるかと思いきや、叙述だったんですかー!!
いやぁ、まんまとやられてしまいました。これを見破った読者って……いるんでしょうか。笑



arrow_119.gif 以下、ネタバレなので反転してます arrow_119.gif

image1461.gif

入瀬の事、最後まで「探偵」の一人だとミスリードされてました!!
P442「わたしの依頼が終わってしまわないように…」ってとこで、あぁ依頼者なのか、と。
前のページに戻って何度か読み返しましたが、確かに「探偵」という記述はどこにもないわ。

探偵は10人集められたはず。
入瀬が探偵でないとすれば、彼女以外に探偵がもう1人いたってことなのねぇ。
そしてそいつが犯人<アリス>だということ。むむむ…してやられたり。笑


image1461.gif


「やられたー!!!」と思わず感服しちゃうんだけど、、、一つ残念なのは犯行動機かなぁ。
ちょっとアンタ、そんな理由で殺されちゃたまったもんじゃないッスよ……笑
この終末思想は、1作目の「クロック城…」と似た所があるかも。


★ 余談ですが……
この本、元ネタがルイス・キャロルの「鏡の国のアリス」なのね。
「不思議の国…」は昔読んだけど、そういえば「鏡の国…」のほうはあまり知らないかも。

この本を読んでいれば、きっともっと楽しめたんじゃないかな??
という訳で、「鏡の国…」をGETしてきました。近いうちに読んでみま〜すballoon_28.gif


  「クロック城」殺人事件       「瑠璃城」殺人事件




bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
Posted byななこ

Comments 22

There are no comments yet.
浪漫的狼  
表紙が

前作もそうでしたが、表紙がとっても素敵ですよね。今回のは鏡がいっぱいあるのでしょうか、それで「鏡の国のアリス」なんでしょうか。でも、nanacoさん、精力的ですね。

2009/06/17 (Wed) 06:07 | EDIT | REPLY |   
まる811  
Re:北山猛邦「アリス・ミラー城殺人事件」読みました♪(06/17)

こんにちはー☆

うがー出た反転!おもしろそうですねぇ。読みたいです。

「鏡の国のアリス」、わたしも読もうと思って積読なんですが、

チェスを知ってたほうがおもしろいって聞いたからまずはチェスのルールを知らなければ!

と思いつつ…思いつつ…思いつつ…もう10年放置笑

さすがにそろそろ読みたいけど、きっと今読んだらチェスの駒はレガリスだと思います。

nanacoちゃんのせいだよっ!!笑

2009/06/17 (Wed) 12:45 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:北山猛邦「アリス・ミラー城殺人事件」読みました♪(06/17)

「不意義の国」も「鏡の国」も中学生くらいの時に読みましたが、当時全然意味が分からず・・・内容も全然覚えてません(笑)

最近になって思ったのですが、アリスに「意味」を求めちゃいけないのかも・・・

でも、この作品と一緒に読んだら、また違った角度で楽しめそうですね。

別の作品をモチーフにして作品を作ると、いろいろな角度から楽しめるんですね♪♪

2009/06/17 (Wed) 13:36 | EDIT | REPLY |   
エンブレムT  
Re:北山猛邦「アリス・ミラー城殺人事件」読みました♪(06/17)

反動で読んだ濃ゆいミステリーってのがコレなのね!!

面白そうwww



アリスだったら、『ハートの国の・・・』と『野球の国の・・・』もおススメよん♪(←どっちもルイス・キャロルじゃないってば・笑)

2009/06/17 (Wed) 16:11 | EDIT | REPLY |   
さくら  
アリス違い

こんにちは。

>「不思議の国…」は昔読んだけど、そういえば「鏡の国…」

そうなんですよ、こないだ恩田さんの本を読んでて初めて気がついた。

アリスに2種類あったなんて。

絵本で読んだのはたぶん「不思議〜」なんだけど、小学校の学級文庫で読んだのはどっちだったのか。

いまさらだけど、両方読んでみたくなりました。

2009/06/17 (Wed) 16:25 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:北山猛邦「アリス・ミラー城殺人事件」読みました♪(06/17)

こんばんは〜♪



お城シリーズの3作目なんですね^^

「瑠璃城」殺人事件の表紙も素敵だけど、

この作品の表紙もなかなか素敵ですねぇ(^^♪

それだけでも、読んでみたくなるから、

やっぱり、表紙って大事ですよね〜♪



合わせ鏡…というだけで、

何だか鏡の迷路を思い浮かべちゃいますね。

方向音痴の私だったら、

間違いなく迷子になりそう…(笑)

探偵が一人ずつ殺されていく、というストーリーも

ドキドキさせられそうで面白そうですねぇ(*^_^*)

これも読みたい本のリストの仲間に加えておきますね〜(^^)/

2009/06/17 (Wed) 18:14 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
え???

「不思議の国のアリス」と「鏡の・・・」って違うお話なの???

知らなかったなぁ〜。^^;

日本語に訳す時のニュアンスの違いで題名が二通りあるのかと思ってた!(爆)



それにしても、ドキドキし通しの作品のようですね。

表紙からも、そんな雰囲気が十分に伝わってきます。^^^

2009/06/17 (Wed) 19:14 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

そうそう、この城シリーズは表紙が良い感じですよね♪

一作目の「クロック城…」の時は、無数の顔が浮き出ていてギョッとしたんですが。笑

本屋で見かけても、思わず手にとってしまうような装丁だと思います(^^ゞ



今回は、タイトル通り「鏡」が鍵になっているんですよねぇ。

合わせ鏡の部屋…なんていうのがあって、無数に鏡が続いているように見えるんです。

そんな部屋で殺人事件なんて、すごく魅力的(怖っ。笑)じゃないですか?!笑

「鏡の国のアリス」もどんな作品なのか気になる所です♪

2009/06/17 (Wed) 19:31 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
まる811さんへ

へへん。最近反転お気に入りなんです!!笑

でも、これもし壁紙黒とかにしちゃったら思いっきり見えちゃうのかな…。ガーン。



「鏡の国のアリス」を10年も放置とは!!

えーと…まるさんの今の歳が○○歳だから、○○歳の時に買ったってことね…(計算するな)

この作品、色々な出版社から出ていて、どれにしようかすご〜く悩んだんですが、

とりあえず困った時の新潮文庫です(* ̄m ̄)ニヤリ



確かに、これチェスのルールを知っていたほうが楽しめる気がしますよね♪

てか駒が全部レガリスだったら…ものすごい共食いしてそうで怖いですぅ。笑

チェスのできる男の人ってカッコイイですよね。セバスとシエルならお手のもんだわ(><)

2009/06/17 (Wed) 19:38 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

おぉ!! ちこさんは「鏡の…」も読まれたんですね♪

nanacoは「不思議の…」は遠い昔絵本で読んだのですが、「鏡の…」は全然記憶になくて。

読んでいないのか、はたまた印象が薄かったのか^^;

「鏡の…」はどちらかというと大人のほうに人気があるようですよ♪気になるー!!!



童話とかをモチーフにした作品って面白いですよね☆

日本昔話をモチーフにしてみても、結構凄い作品ができるんじゃないかなぁと思います。

個人的には「耳なし芳一」を使って、乙一さんにホラーを書いてほしいかも。笑



そうそう、今ふと思い出しましたが、、、

最近小さい頃に読んだ「ムーミン」シリーズが読みたくてたまりません!!

昔はこの雰囲気が好きで読んでいたけど、今ならまた違った読み方ができそうな気がします♪

2009/06/17 (Wed) 19:45 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
エンブレムTさんへ

そこ気付かれちゃいましたか!!笑

そうなんです…ほのぼのの反動がコレなんです(^^ゞ

この城シリーズ、色んな所のレビューを見ると賛否両論ありそうですけど、

nanacoはこのシリーズの独特な(というか殺伐とした)世界観が大好きでやめられません!!

確かまだ若い作家さんでしたよね…?? 底知れぬ想像力を秘めている気がしてなりません。笑



あっ「ハートの国…」はこの間本屋さんで、漫画が平積みされているのを見かけました!!

やっぱりこれ面白いですか?? ふっふ…買っちゃお〜かなぁ〜(〃▽〃)

BLADE COMICSは、美麗な表紙の漫画が多すぎて目移りしちゃいます…

2009/06/17 (Wed) 19:52 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
さくらさんへ

ですよねですよね!!

よ、良かったぁ。。。仲間がいました…笑

nanacoも「不思議の…」は昔絵本で読んだんですが、「鏡の…」は全く記憶になかったんです。

どうやら、アリス通の中では「鏡の…」のほうが人気があるみたいなんですよ♪

どちらかというと大人向けみたいです。(って、変な場面は出てこないと思いますけど!!笑)



今は、昔の気になる作品が文庫で気軽に読めるのが嬉しいですよね(^^ゞ

色々な出版社から出ているみたいなので、すごく迷ったんですが、、、

どうしてもパンダグッズ目当てで新潮文庫を買ってしまいます。

2009/06/17 (Wed) 19:57 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

相変わらずこの城シリーズの表紙は、ハッと人目を惹きますよね♪

一作目の「クロック城…」は流石に怖かったですけど…(覚えてます??顔が無数に浮き出てたやつ)

今回も相変わらず北山さん独特の世界観で、とっても濃厚な作品でしたよ(^m^ )



「鏡の国のアリス」をモチーフにしているだけあって、合わせ鏡の部屋の描写が凄いです☆

どこに入口があるのかも分からないような、全面鏡の間…想像するだけで恐ろしいですねぇ。

nanacoもmiwaさんに負けず劣らず方向音痴なので、

きっと2人で迷い込んだら、一生合わせ鏡の間から出られない事でしょう!!笑



個人的には、前作の「瑠璃城…」のほうが断然好みでした。

騎士と姫の恋、そして輪廻転生っていうのがもうツボですね!!(><)

「クロック城…」よりも「瑠璃城…」「アリス・ミラー城…」を是非おすすめしたいです♪

2009/06/17 (Wed) 20:07 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

そうそう、実は全く別のお話なんですよ〜^^;

「不思議の…」はよく知られていますけど、「鏡の…」はあまりメジャーじゃないですよね??

nanacoもこちらは小さい頃に読んだ記憶がないので、すごく気になっていました♪

アリスのチェス対決なんかが出てくるようなので、

本当ならチェスのルールを勉強してから読みたい気もするんですが…笑

nanacoにはそんな高尚なゲームは、きっと無理ですぅ(><)グスン



昨日紹介した「僕僕先生」ですっかり癒されちゃったので、

ガッツリ濃ゆいミステリーが読みたくなったんです。笑

で、次はまた気持ちが浮き立つようなファンタジーが読みたくなっちゃうんですよねぇ^^

2009/06/17 (Wed) 20:12 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
Re:北山猛邦「アリス・ミラー城殺人事件」読みました♪(06/17)

コワそうですがとっても面白そうですね☆

さらっとあらすじ読んでると今やってるアニメの「東のエデン」思い出しました。「セレソン」と呼ばれる12人の日本代表だけが持っている携帯電話。100億円の電子マネーがチャージされていて、その残高と引き換えにセレソンの願いを叶えてくれる。このノブレス携帯を使って、セレソンは日本を救わなければならなくて、その上、義務を果たさないセレソンはサポーターによって消滅させられてしまうという感じの内容ですが、そのサポーターがセレソンの一人なんですよね☆



この本を読んだわけではないので、多分読んでみたら「全然違うよ!」って思っちゃいそうですが(*≧m≦*)



2009/06/17 (Wed) 20:27 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:北山猛邦「アリス・ミラー城殺人事件」読みました♪(06/17)

この叙述トリックを見破れる読者がいたら、無条件で尊敬しちゃいます!!

結末以降、呆然としちゃう無常観がなんとも言えず、「ああ北山さんだ」と(笑)

2009/06/17 (Wed) 21:57 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

おぉ、Cedieさんが今ご覧になってるやつですね!!

あらすじを伺うと、確かに感じが似ているような気がします…

サポーター(犯人)=セレソン(探偵)の中の1人ってところでしょうか^^

犯人が実は近くにいるという設定、怖いですよね。笑

このアニメ、絵がすごく可愛いから気になっていたんですよねぇ…

Cedieさんのコメントを読んでいると、nanacoも観たくなってきます(><)



この城シリーズの設定、すごく特殊な世界で面白いんですよ♪

確かまだすごく若い作家さんだったハズ…

北山さんの頭の中はどうなっているんでしょうね!!(^m^ )

2009/06/18 (Thu) 05:21 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

いやぁ、柊さん、これすごい作品でしたね!!

このトリック全然気付きませんでしたよぅ。

どこか違和感があるのに、なんだか騙されている気がするのに、その部分が分からなくて^^;

クロック城、瑠璃城が物理トリックだったので、今回も…と思ってたらすっかり騙されました。笑

個人的には瑠璃城のほうが好きでしたけど、この世界の終わりみたいな設定もクセになりそうです…



あとは、残すところギロチン城だけでしょうか(*^^*)

これは一体どんな世界が待っているんだろう??

いつも予想を裏切られるのでワクワクしちゃいます☆

2009/06/18 (Thu) 05:28 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:北山猛邦「アリス・ミラー城殺人事件」読みました♪(06/17)

おおっ、読み終わるの先をこされてしまいました(笑)実は50頁ほど読んで別のを(木でできた海@ジョナサン・キャロル)読み始めたら面白くって・・でも仕事が忙しくてなかなかはかどらなくて・・。

虹子の話も書きたいし・・・とこんな状態に陥っています。(泣)



でも面白いですね。絶対。読みま〜す。

2009/06/20 (Sat) 22:11 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

この作品、また独特の発想ですごく面白かったですよ♪

どちらかというと、「クロック城…」の世界観に近いものを感じました^^

本当は、チェスを理解できればもっと面白かったのになぁ、とそこだけが残念です。笑

日向さんも今読みかけなんですね!! 早く感想を伺いたいです〜♪

小説を書き始めると、あっという間に時間が経ってしまいますよね(><)

nanacoも次は長編を書いてみようかと、色々と構想中です。



「木でできた海」!! 読みたいです〜^^

ジョナサン・キャロルの本はどれも装丁が綺麗で、思わず手が伸びちゃいます。

で、お値段を見て元の場所に戻したり…笑

日向さんの感想を伺ってから購入しようかな、と企んでいます(^m^ )

2009/06/21 (Sun) 07:43 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:日向 永遠さんへ(06/17)

nanaco☆さん

次回作を抗争中なのですか!楽しみです。



実は東京創元社のホームページをみていたら

http://www.tsogen.co.jp/sftanpensho/



SF短編の募集をしてるのを知りました。

来年の1月12日までで メールでも応募でくるとのことなので 応募してみようかなんて考えてます。

ちょっと悩んでいます(*^_^*)

2009/06/21 (Sun) 09:57 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

うわーうわー!!!!

SF短編を募集しているんですか!!



日向さん、それは絶対応募したほうが良いですよ♪

日向さんの頭の中にある発想を出し切る、すごく良いチャンスだと思います(〃▽〃)

nanacoが陰ながら…いえいえ、真正面から応援していますから!!笑

是非面白い作品を作って応募してみてくださ〜い♪

2009/06/21 (Sun) 10:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply