08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.03 *Wed*

トム・ロブ・スミス「チャイルド44」永久保存版決定♪




【チャイルド44(上)(下)】トム・ロブ・スミスrating_50.gif


スターリン体制下のソ連。国家保安省の敏腕捜査官レオ・デミドフは、あるスパイ容疑者の拘束に成功する。だが、この機に乗じた狡猾な副官の計略にはまり、妻ともども片田舎の民警へと追放される。そこで発見された惨殺体の状況は、かつて彼が事故と遺族を説得した少年の遺体に酷似していた…。ソ連に実在した大量殺人犯に着想を得て、世界を震撼させた超新星の鮮烈なデビュー作。


ヤバイです、これ。有り得ないぐらい面白かったですよーー!!!!

2009年度「このミステリーがすごい!」の、1位になった作品。
このミスは当たり外れの差が相当大きいんだけど、、、これは大当たりでした〜balloon_34.gif


もう…なんていうか、放心状態です。笑


物語は、飢餓が深刻化しているウクライナの小さな村から始まります。
口に入るのは木の樹皮ばかり。幼い兄弟が痩せこけた猫を狩ろうとしている場面。
その直後、兄が食料として村の人間に狩られてしまい、弟は凍える空気の中一人残される。

そして舞台は変わり、20年後のモスクワ。
主人公レオは、国家保安省の捜査官で、共産党の敵を摘発するのが仕事。

彼は、副官の奸計により片田舎の民警へと追放されるのですが、
そこで少年少女ばかりを狙った猟奇的な殺人事件を目の当たりにすることに…。


pen_01.gif


レオは、本来なら国家にどこまでも忠実でなければならないのよねぇ。

スターリン独裁政権下の<理想的な社会>では、犯罪は起こりうるはずもないから、
本来は殺人事件などあってはいけない事。無理矢理「事故」として片付けなくちゃいけないballoon_89.gif

でも、レオがその体制に疑問を感じた瞬間から、彼は死を宣告されたも同然。
監禁され、拷問され、、、それ以上首を突っ込むなら彼を待つのはもはや処刑のみなのね。


うぅ〜……とてつもなく恐ろしい世界ですballoon_125.gif


無残に切り裂かれた子供達の死体の描写も、なかなか凄まじいものがありますが、、、
一番恐ろしいのは"無慈悲"である事が美徳とされ、常に監視されている社会でしょうねぇballoon_59.gif

家族も友人も恋人も、「もしかしたらスパイかもしれない…」という疑心暗鬼の連続。
告発することで食料が貰えるならば、誰もそれを躊躇わないのが恐ろしいわ。


あちこちに散りばめられた伏線が、ラストで一気に収束する様は見事ですー!!!

猟奇殺人犯の動機は、ある意味拍子抜けしちゃうほど些細な事に思えるんだけど……
飢餓、徹底的な管理社会、スターリン政権による粛清、そして人心の荒廃。
全てがタイミング悪く重なって、こんな悲しい事件を引き起こしてしまったんですねぇ。


うぐぐ……凄い作品でした。


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ


★ ちなみに…リドリー・スコット監督で映画化も決定しているらしいです。
 レオ役はレオナルド・ディカプリオあたりが合っているんじゃないだろうか。。。
 別にレオ繋がりだからってわけじゃないんですが。笑 あとはラッセル・クロウあたりかなー?




関連記事

COMMENT

Re:トム・ロブ・スミス「チャイルド44」永久保存版決定♪(06/03)
和訳の作品って自分に合うかあわないかが大きく分かれることが多いです(>_<)



トム・ロブ・スミスさんも未読ですが、2009年度「このミステリーがすごい!」に載るだけあってとってもおもしろいんですね!!

星5つとクラウン付きとは!!でもちょっとコワそう・・・





わたしは「このライトノベルがすごい!(2009)」に載ってた「文学少女」が気になってますww





by Cedie #79D/WHSg
2009/06/03(水) 21:44 [Edit
Re:トム・ロブ・スミス「チャイルド44」永久保存版決定♪(06/03)
おおおぉ〜〜、これ、凄く私好みかも!

まず、スターリンと言う言葉に反応しました。

あ・・・スターリンのファンじゃないです(笑)

以前に読んだロシア革命の漫画がきっかけで、ロシア革命前後に凄く興味があります。私がロシア文学を読むのも実はその所為だったりします。

しかも、事実を基にして書かれたというのも興味津々です。

早く読んでみたいですね!
by ☆ちこ #79D/WHSg
2009/06/03(水) 23:20 [Edit
Re:トム・ロブ・スミス「チャイルド44」永久保存版決定♪(06/03)
面白そうだったのですが実はちょっと敬遠してました!



nanacoさんの評価を読ませていただきこれは・・必読だと。読みますね。期待・期待。(*^_^*)
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/06/03(水) 23:33 [Edit
Re:トム・ロブ・スミス「チャイルド44」永久保存版決定♪(06/03)
オオーw(*゜o゜*)w

やはり、この作品面白いですか。

他のブログでも高い評価で気になっていたのです。やっぱ読むしかないですね(o^∇^o)ノ
by クラスタン #79D/WHSg
2009/06/03(水) 23:42 [Edit
Cedieさんへ
そうなんですよねぇ。海外の作品って、結構訳が合わない事が多くて…^^;

そういえばこの作品は、翻訳本という事を意識せずに読めたので、きっと上手だったんでしょう♪



「このミス」に載っている作品は、本当に面白いものと、「なんでこんなのが?!」というもの、

極端に分かれる気がするんですが、、、今回は当たりでよかったです(=^^=)

ギョッとする描写も多々ありますけど、乙一さんのグロさには負けます…笑



あぁ!!「文学少女」!! あの可愛い女の子の表紙のやつですよね☆

どんな作品なんでしょうか?? 本好きは必読??笑
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/04(木) 05:35 [Edit
☆ちこさんへ
おぉっ!! そうですか(><)

ロシア革命前後に興味があるとは…さすがちこさんですね。

もしかして「カラマーゾフの兄弟」もこの時代なのかしら??



いやぁ、色んな意味で凄まじい作品でしたよ…

最初の、小さな兄弟が猫を狩る場面からグイグイ引き込まれてしまいました。

小さな伏線があちこちに隠されていて、思ってもいなかった所で繋がったりします!!



この作品、世界各国でベストセラーになったそうですけど、ロシアでは発禁らしく…笑

でも、それも納得なんですよね。共産主義を真っ向から否定している感じなんですもの〜^^;

とにかく面白いので、ちこさんも是非読んでみてくださいっ♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/04(木) 05:42 [Edit
日向 永遠さんへ
日向永遠さん、これは本当におすすめしますよ!!(><)

nanacoもまさかこんなにのめりこむとは思ってませんでした…笑

上下巻なのに中だるみすることもなく、ラストまで一気読みでした。



この時代の飢餓っていうのは、本当に深刻だったんですねぇ…。

雪の中で、小さな兄弟が食料にするための猫を狩っている場面が脳裏に焼きついています。

トム・ロブ・スミスさんってまだ若い方だったんですねぇ。

1979年生まれイギリスの作家さんですが、、、

デビュー作がここまで素晴しいと次も期待しちゃいます!!(*`▽´*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/04(木) 05:50 [Edit
クラスタンさんへ
おぉ、そうですか!! やっぱり他でも評価高いんですね♪

「このミス」で結構ハズレだった事が多いので、ちょっとビビりながら読んだのですが…笑

終始緊張感が失われる事無く、ラストまで一気読みでした〜(^^ゞ



この作品、ロシアでは発禁になったそうですねぇ。

確かに、イギリスの作家さんがここまで書いていいのか?!という気もしました^^;

この時代背景がスターリン政権下の実情に合致しているかどうかは置いておいて、

とてもエンターテイメント性の高い作品に仕上がっていると思います♪

映画化も決定しているとのことで、誰が主人公レオ役を演じるのか今からワクワクしています!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/04(木) 05:57 [Edit
ほな、買います♪
こんにちは。

もう、軍事の絡んだスパイもので、ミステリーってたまらなく好きですわ。



「このミス」は私も、5回に一回くらいしか当たりと思ったことありませんねぇ(笑

by さくら #79D/WHSg
2009/06/04(木) 06:00 [Edit
Re:トム・ロブ・スミス「チャイルド44」永久保存版決定♪(06/03)
ちょうど今読んでま〜す^^

まだ上巻半分くらいですが、ロシアの固有名詞に悩まされてます(>_<)

カタカナが苦手なんで、なかなか進みません。

かなりブラックなストーリーですが、これからどうなっていくのか楽しみ♪
by ちゃと屋 #79D/WHSg
2009/06/04(木) 06:36 [Edit
お久しぶりです♪
こんにちは!

コメントありがとうございました^^

同作品を読んだ者として、タイトルの"永久保存版"

にはニンマリしちゃいました。面白いですよね☆



>レオがその体制に疑問を感じた瞬間から、彼は死を宣告されたも同然。



ホントにレオの転落させられぶりがヒドイですよね(苦笑) 彼の不屈の精神は素晴らしい。



映画はラッセル・クロウの力強さ&しぶとさで見たい気もするし、あえて新人発掘してくれたら面白いな!

とも思います。今から楽しみです^^
by 178♥ #79D/WHSg
2009/06/04(木) 09:19 [Edit
Re:トム・ロブ・スミス「チャイルド44」永久保存版決定♪(06/03)
こんにちはー☆

当たりでしたか!このミス作品ておもしろ度合の落差が激しいから読むの迷います…

内容読んで、レオ役をディカプリオっていう考えにほんのり賛成です〜。

なんかさ、ディカプリオって血とか泥とか小汚い役が似合う気がしない?笑

読んでみたいけど、ソ連て聞くだけでなんとなくもう怖いです…笑

by まる811 #79D/WHSg
2009/06/04(木) 11:52 [Edit
Re:トム・ロブ・スミス「チャイルド44」永久保存版決定♪(06/03)
おおお!無茶苦茶面白そうですね!

上下巻ということで二の足踏んでましたが…読んでみなくちゃ駄目ですね(笑)
by 柊♪ #79D/WHSg
2009/06/04(木) 16:51 [Edit
Re:トム・ロブ・スミス「チャイルド44」永久保存版決定♪(06/03)
こんばんは〜♪



わぁ〜、「兄が食料として…」なんて、

かなりショッキングなストーリーですねぇ(>_<)

『チャイルド44』ということは、

44人の子供が猟奇的に殺されたということですよね?^^;

読むのにちょっと勇気もいりそう。。。(-_-;)

でも、スパイものは好きだから、

興味はすごくあります〜^^

nanaco☆さんの王冠付きの5つ星の評価の作品だしネ(^_-)-☆
by miwa125 #79D/WHSg
2009/06/04(木) 18:12 [Edit
これは、これは!!
旧ソ連にも興味が大の私にとって、ものすご〜く興味のある作品です!

しかも、nanaco☆さんが5つ☆に王冠まで付けてるし♪(^^)



トム・ロブ・スミスさんって何人なんだろう?

ロシア人っぽくはないよね、名前からして…。

そして、この作品がデビュー作なんですねぇ。

素晴らしいですね。

又一人、nanaco☆さんの気になる作家さんが増えましたね。^^

by picchuko #79D/WHSg
2009/06/04(木) 19:19 [Edit
さくらさんへ
さくらさん、この本超オススメですよ(*^0^*)

このミス1位っていうので疑ってかかり…さらに色んなブログで絶賛されていたのを見て、

「ちょっとそれは褒めすぎじゃない??」と思っていたんです。笑

でも読んでビックリ。終始飽きさせない展開で、一気読みしちゃいました。

主人公レオ、超冷酷人間だったんですが、徐々に人間の心を取り戻していくのが良いです。

nanacoのイチオシですので、さくらさんも是非是非読んでみてください!!



このミス、当たる事少ないですよね…笑

誰がどういう基準で選んでいるんだろう??と思ってしまいます^^;

あれ、読者が選んでいるんでしたっけ??
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/04(木) 19:34 [Edit
ちゃと屋さんへ
おぉっ!!(><)

ちゃと屋さんも今読まれているところだったんですか♪

あ、確かに固有名詞結構出てくるかもしれませんねぇ…。

それにロシア人って、名前がちょっと覚えづらい気もするんですが。笑



この時代に生きていた人は、毎日生きるか死ぬかの生活だったんですね…

スターリンによる大粛清とか、今まで字面でしか意識した事がなかったんですが、、、

この本の凄まじい描写に、背筋が寒くなりました(T_T)

もちろん多分に脚色はされているんでしょうけど、

ロシアで発禁になっているのは、それなりの意味があるのかなぁなんて…。

ちゃと屋さんのレビュー、楽しみに待っていま〜す♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/04(木) 19:41 [Edit
178さんへ
へへへっ(^^ゞ

期待していた以上に面白かったので、これは永久保存版です!!

この本、再読するとまた違った見方ができそうですねぇ……

猟奇殺人の犯人が分かった今となっては、なんだか彼に憐れみさえ感じてしまいます。

もっと別の方法はなかったの?!と、やるせない気持ちになっちゃいますよね(ρ_−)



本当にレオの転落っぷりは哀れを誘います…笑

このレオ役は誰が演じるのか、今からすっごく気になります!!

ラッセル・クロウはこういうの向いてそうですよね♪

でも、最近はめっきり老けこんできたからなぁ…笑

レオって、まだ若くてハンサムな人物でしたよね?!それでいて不屈の精神、と。

こんな魅力的な人物を、誰が演じられるんでしょうか。。。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/04(木) 19:51 [Edit
まる811さんへ
やっぱりこのミスって、評判良くないんですねぇ…笑

そもそも「これミステリーなのか??」っていう作品もいっぱいある気がしますよねぇ^^;

でもこの作品、海外作品の中では久々の大当たりでしたよ〜♪

最初に出てきた小さい兄弟があまりにも不憫で……

というか、猫も可哀想すぎだし…泣



あぁ!!ディカプリオ、血と泥が似合いますね。笑

なんか「タイタニック」とか「仮面の男」とかに出てた頃はレオ様〜♪なんて言われてたのに…

最近はマフィア系とかスパイ系とか結構ハードボイルドな作品に出演するようになりましたねぇ。

個人的には、今の泥臭いディカプリオのほうが好みですわ!!(^m^ )

この作品のレオ役は誰になるんだろうか。。。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/04(木) 19:59 [Edit
柊♪さんへ
柊さん、これむちゃくちゃ面白かったです〜(〃▽〃)

「このミス」にはあまり信頼を置いていないので、それほど期待していなかったんですが…

もう終始緊張感たっぷりで、多分鬼のような形相で食い入るように読んでいたと思います。笑



この本、ロシアでは発禁になっているそうなんですがそれも頷ける気がするんですよねぇ。

脚色されているとはいえ実話を元にしたお話だし、

作者の共産主義への真っ向からの批判が滲みでているような気がして……

これ、映画が公開されたら発禁どころの話じゃないですよね。笑
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/04(木) 20:04 [Edit
miwa125さんへ
そうなんです…(><)

とてもエンターテイメント性の高い作品なので、読んでいるうちは気にならないんですが、

よくよく考えるとショッキングな場面の連続かもです。笑

最初に出てくる小さな兄弟のエピソードが伏線になり、最後の最後でしっかり繋がるんですよね。

この作者さんの筆力…とても新人さんとは思えませんでした!!

とても陰鬱になりそうな作品ですけど、実は読後感はそれほど悪くないんですよ☆(^m^ )



ミステリとしても、スパイ物としても、家族再生の物語としても一級品だと思います^^

miwaさんにも、機会があったら是非読んでいただきたいで〜す!!

久々にnanacoのイチオシであります♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/04(木) 20:10 [Edit
picchukoさんへ
久々の王冠きました!!!(≧∇≦)ノ

歴史に詳しいpicchukoさんでしたら、nanacoよりもさらに楽しめるんじゃないかと思います♪

旧ソ連を舞台にした作品を読んだ事って、それほど多くないんですが、、、

この作品は終始息をつかせぬ展開で、読後しばらく放心状態でしたよ〜^^;

とにかく「凄まじい作品」。この一言に尽きます…。



おぉ!!picchukoさん、鋭いですね☆

トム・ロブ・スミスさん、イギリス人の作家さんみたいです。

1979年生まれ&ケンブリッジ大卒、しかもなかなかの美男子なんですよ!!笑

いやぁ〜天は二物も三物も与えちゃったんですね(^m^ )ププ

この作家さんの次回作も楽しみにしていたいと思いま〜す♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/04(木) 20:17 [Edit
わお
これ、気になってたんですよ〜。絶対読みたいな。でも、映画も気になります〜。原作が先か、映画が先かって、よく悩むんですよね。
by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2009/06/04(木) 22:05 [Edit
浪漫的狼さんへ
おぉっ!! この作品狼さんも気になっていましたか♪

それでしたら、nanacoが心からオススメいたします(><)

「このミス」はガッカリする事が多いんですが、これは稀に見る良作ですねぇ。

ギョッとするような場面も沢山ありますが、狼さんでしたらきっと大丈夫じゃないかと…笑



映画化されるのも楽しみですね♪

リドリー・スコット監督、「グラディエーター」とか最近の「ワールド・オブ・ライズ」とか、

個人的には嵌る作品が多いので、今回もきっと期待を裏切らないものになるでしょうねぇ(*^0^*)

いつもnanacoも迷いますよ…原作と映画、どちらが先か。

全く別物として扱うのが一番ダメージが少ないですよね…笑
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/06/04(木) 22:37 [Edit
Re:トム・ロブ・スミス「チャイルド44」永久保存版決定♪(06/03)
こんばんは〜♪



nanaco☆さんのレビューで題名が残っていたので、図書館で書架に見つけた時にすぐに手を取り借りて、一気に読んでしまいました。いつも面白い本の紹介を有難うございます。リンク張らせて頂きました♪

by 茨木 月季 #79D/WHSg
2009/07/29(水) 21:15 [Edit
茨木 月季さんへ
月季さん、読まれましたか!

記事にリンクしていただき嬉しいです〜♪



この作品、なかなか重い題材ですけど読み始めたら一気読みでした…

実際に起こった事件を元にしているんですものね。本当に痛ましい事です。

ハヤカワ・ノンフィクション文庫から「子供たちは森に消えた」という本も出ていますね!

こちらも機会があったら読んでみたいです^^
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/30(木) 05:22 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1062位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
29位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。