08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.31 *Fri*

イメージが結ぶ100の言葉と100の本(9)


いつもお付き合いありがとうございます!

「イメージが結ぶ100の言葉と100の本」そろそろラストスパートです〜balloon_34.gif
あの時にあれを使っておけば良かった!てのがいっぱい出てきますねぇ。。。

001〜080はフリーページにUPしています♪

イメージが結ぶ100の言葉と100の本.jpg


012.gif


081 「スター」からイメージする本は?



樹なつみ「獣王星」。
ハッ……ここで「星の王子さま」使えばよかったのか!…もう、手遅れです。
星繋がりでこの漫画を。脇役を好きになる事が多いnanacoだけど、これはトールが好き。


082 「田舎」からイメージする本は?



朱川湊人「都市伝説セピア」。
どこか懐かしくてどこか切ない…子供の頃に見たような風景が浮かび上がってきます。
恒川作品と雰囲気が似ているかも。「昨日公園」が一番好きですね、SFぽくて。


083 「紅茶」からイメージする本は?



枢やな「黒執事」。
紅茶、紅茶、紅茶………?さっぱり思い浮かばなかったので苦し紛れに黒執事です(笑)
アニメの最終回は何度観てもイイッスねぇ。


084 「手品・マジック」からイメージする本は?



西澤保彦「神のロジック 人間のマジック」。
世界中から集められた、6人の記憶を失った生徒。開かない電話ボックスや謎の授業。
最後の最後までこの不気味な世界に魅了されてしまいます!このどんでん返しがたまらない。


085 「乗り物」からイメージする本は?



スティーヴン・キング「ランゴリアーズ」。
夜明けのフライトで、乗客達が忽然と消える。残ったのは、眠っていた人達だけ。
そういえば辻村さんの「冷たい校舎…」の中でもランゴリアーズ事件って出てきましたね。


086 「約束」からイメージする本は?

 

橋口いくよ/芦原妃名子「砂時計」。
原作漫画と、ノベライズ版、とりあえずどっちも読みました。色んな意味で若い作品。
杏と大悟の約束…ベタだけどステキです。でも大悟より断然藤くんのほうが好き…(笑)


087 「人形」からイメージする本は?

 

今邑彩「いつもの朝に」。
上下巻一気読み必至!優秀な兄と落ちこぼれの弟。二人の出生の秘密と過去の殺人事件。
クマの人形<ユータン>に隠された謎の手紙が鍵になっています。


088 「バッサリ 」からイメージする本は?

 

奈須きのこ「空の境界」。
バッサリって!(笑)曖昧すぎて分からないですよぅ。あえて挙げるならこの本かな…
色んな意味で衝撃を受けた作品。直死の魔眼を持つ少女・式はバッサバッサ斬りまくります。


089 「辛辣」からイメージする本は?



米原万理「魔女の1ダース」。
ロシア語同時通訳者だった米原さんの爆笑エッセイ。でも彼女は視点が辛辣です(笑)
きっと人の本質を見極められる方だったのね。亡くなられたのが惜しいですね…


090 「艶っぽい」からイメージする本は?



山藍紫姫子「アレキサンドライト」。
艶っぽいという言葉が当てはまるのかどうか… あまりのエロさに挫折した本です(笑) 
BLもここまでくると、ある種の文学ですわね。好きな人は好きな作品かと!



関連記事

COMMENT

Re:イメージが結ぶ100の言葉と100の本(9)(07/31)
この中で読んでるのは「獣王星」。

挫折したのが「空の境界」。

気になるのが「いつもの朝に」。



あの時にあれを使っておけば良かったや、あの時あれを取っとけば・・・てのが出てきますよね〜〜〜(笑)

by 珂音 #79D/WHSg
2009/07/31(金) 06:49 [Edit
Re:イメージが結ぶ100の言葉と100の本(9)(07/31)
知らないのばかりでnanaco☆さんの引出の厚さに圧倒されてしまいます。

「いつかの朝に」が読んでみたいですね。「魔女の1ダース」も面白そう!
by タシガミ #79D/WHSg
2009/07/31(金) 12:09 [Edit
Re:イメージが結ぶ100の言葉と100の本(9)(07/31)
こんにちはー☆

わたしも今地道にこれやってるんですが、

「紅茶」は苦し紛れでなく咄嗟に黒執事を思い出しましたよ〜

84と90のやつが気になります。それにしても、本当にnanacoちゃんは読書家ですねーっ!!

by まる811 #79D/WHSg
2009/07/31(金) 13:07 [Edit
Re:イメージが結ぶ100の言葉と100の本(9)(07/31)
こんばんは〜♪



nanaco☆さん、頑張ってますねぇ(*^_^*)



そうそう、紅茶といえば

なんといっても『黒執事』ですよね〜♪

アニメ版の第2部も決定したみたいで、

すっごく楽しみですね〜(*≧▽≦*)



『いつもの朝に』も気になるので、

是非読んでみたいと思いま〜す(^^)/

後は、『神のロジック 人間のマジック』も

何だか面白そう…(^^)
by miwa125 #79D/WHSg
2009/07/31(金) 18:05 [Edit
Re:イメージが結ぶ100の言葉と100の本(9)(07/31)
『神のロジック人間のマジック』って面白そうですね!!気になります。

残る質問もあと10個になりましたね。どんな本が登場してくるのかとっても楽しみです(*^^*)
by 柊♪ #79D/WHSg
2009/07/31(金) 19:42 [Edit
おぉ〜、残り10個ですか!!
着々とここまでこなしてきましたねぇ〜。^^

nanaco☆さん、凄いです!

まだ作家さんがだぶらないんでしょう?

一体、nanaco☆さんはこれまでに何冊の本を読み終えているのでしょう。

子供時代を含めると、ちょっとした図書館ひとつくらい 軽く読んでますよねぇ〜。^^

まるでドラえもんのポケットのように、色んな作品が飛び出してくるのが面白いです♪



米原万理さん、ちょっと興味があります。

ロシア語同時通訳者ですか…。

関係ないけど、一瞬 プーチンのあの冷静な瞳を思い出しました。

もうお亡くなりになられたんですね。残念です。。。
by picchuko #79D/WHSg
2009/07/31(金) 20:25 [Edit
Re:イメージが結ぶ100の言葉と100の本(9)(07/31)
もう90ですね。あと1回の更新で100の本、いっちゃいますね(#^.^#)



わたしもスターのイメージはやはり星の王子様ww

紅茶は紅茶王子ですね!

『黒執事』アニメであのような終わり方をして第二部ってどうするんでしょう??



by Cedie #79D/WHSg
2009/07/31(金) 21:55 [Edit
ラストスパートですか(笑
こんばんは。

よくここまで、と跪きたい気分ですよ。

ちょろってやってみようかと思ったけど、「なんで?」ってテーマがかなり多いので即挫折しましたよん。

美青年で結ぶ100のイメージとかあったら、張り切ってやるだろうけど(笑



米原万理「魔女の1ダース」。

これはちょっと読んでみたいと思いました。

by さくら #79D/WHSg
2009/08/01(土) 00:01 [Edit
珂音さんへ
珂音さん、「空の境界」挫折されましたか〜^^;

この本かなり特殊でしたよね、もう文章が読みづらくて読みづらくて……(笑)

もうラノベなのかどうかさえ分からなくなるぐらい読みづらかったです。

でも、ある種の熱狂的ファンがいるのも頷ける気がします(* ̄m ̄)フフ

アニメのDVDも1巻だけ観ましたが、映像で観たほうが断然理解できました!



「いつもの朝に」は超オススメします。

ベタな展開、なんて評価もありましたけど、、、

ベタでここまでページを繰る手が止まらないっていうのは、やっぱり只者じゃないです(笑)

あと10冊、頑張りま〜す♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/01(土) 05:58 [Edit
タシガミさんへ
タシガミさんのように色んなジャンルを読んでいないので、かなり苦労してます…^^;

もう頑張って記憶の奥底から捻り出していますよぅ(笑)



「いつもの朝に」はとっても面白いです〜♪

全く正反対の兄弟が、自分達の出生の秘密を解き明かそうとする物語なんですが、、、

そこに全く関係のない過去の惨殺事件が巧みに絡んで、最後に綺麗に収束するのが見事です。

表紙のクマちゃんの訴えかけるような瞳に、思わず即買してしまった作品(笑)



「魔女の1ダース」は爆笑モノです。

本当に、亡くなられたのが残念です。。。

エッセイを読んでいるだけでとても才能豊かな方だったんだなぁというのが窺えるので(><)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/01(土) 06:07 [Edit
まる811さんへ
おぉぅ!まるさんも挑戦されてますか〜♪

他の人の100の本を見ていると、読書傾向が分かって面白いですよねぇ(^^ゞ

早くまるさんのも見たいなぁ。ワクワクしながら待つ事にしまっす☆



「紅茶」はやっぱり黒執事ですか?(笑)

ホント、これ以外思いつかなかったんですよぅ。

ちなみにもし「チェス」という言葉があっても黒執事を思い浮かべる気がします。

あれ、まるさん確か紅茶の名前のつくタイトルの本読んでませんでしたっけ?

ダージリンだったか、アールグレイだったか、、、うろ覚えですが〜^^;



「アレキサンドライト」は、もう色んな意味で凄いです(笑)え、エロすぎです……!

いやぁ、この雰囲気は好きなのよ、好きなんだけど…

エロさで挫折するほどですから、相当のモンです。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/01(土) 06:14 [Edit
miwa125さんへ
とうとう残り10冊まできちゃいました〜♪

せっかくラストスパートなのに、最後の最後で失速してしまいそうな予感です…(笑)



あっ、そうそう!「黒執事」の第二部!

いや〜もう今からすんごく楽しみで、、、もうドキドキしちゃいますねぇ。

漫画版とは大分違う展開になってきているので、両方楽しめますよね(*^^*)

でも第二部ってどこから始まるんでしょ…?あれからシエルはどうなったんだろ…



「神のロジック 人間のマジック」凄く面白いですよ♪

ラストの大どんでん返しに仰天させられます…

何故世界中から生徒が集められたのか、とか、人喰いワニのいる池とか、とにかく謎ばかりで。

「いつもの朝に」と一緒に、miwaさんに是非是非お薦めしたい作品で〜す(≧∇≦)ノ
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/01(土) 06:20 [Edit
柊♪さんへ
「神のロジック 人間のマジック」個人的にはとっても好みの作品でした〜♪

雰囲気的には「麦の海に沈む果実」に近い感じでしょうか…^^

学園物と言ってもなかなか一筋縄ではいきませんが(笑)

最後の最後で明かされる真実に、見事に今まで信じていた世界をひっくり返されました!

柊さんの感想、是非お伺いしたいです〜(*^0^*)



あと残り10冊です☆

最後の10冊が意外に難しかったりするんですよねぇ…頑張ります。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/01(土) 06:25 [Edit
picchukoさんへ
えへへ〜(^^ゞ

どうにか死にもの狂いで頑張って、残り10冊というところまで来ました…(笑)

とりあえず作家さんは重複しないように気をつけています♪(してないですよね…?)

あはは、図書館ぐらい本を読めていたら、そしてそれが頭に残っていれば良いんですけどねぇ^^

読んだ本の記憶が、スッポリと頭から抜け落ちているのものも多くて…切ないですのぅ。

ブログを始めてからは備忘録になっているので、ここ2、3年の本は大丈夫みたいです(笑)



米原さん、2006年に卵巣がんで亡くなられました…

幼い頃からチェコスロヴァキアに渡り、プラハにあるソビエト学校で学んでいたそうです。

そして、ちょうどnanacoが生まれた年あたりからロシア語の通訳者として活躍されていました。

こんな類稀な才能を持つ方が、56歳の若さで亡くなるなんて、本当に残念ですよね(T_T)



ロシアというとプーチンを思い浮かべますねぇ。

そういえば、今の仕事に就く前に旅行会社で働いていたことがあったんですが、

たまにロシア総領事館までビザ関係で申請に行くことがあったんです。

そこにいるロシア人の方達の、心の奥底まで見抜くような瞳に恐怖を感じた記憶が…(笑)

笑顔がないんですよねぇ。(まぁ、笑ってたらそれはそれで怖いですが!)

日本人ってどんな時でも愛想笑いするから、文化の違いをしみじみと痛感しました(><)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/01(土) 06:42 [Edit
Cedieさんへ
は〜い♪我ながら結構頑張ったかな、と思います(笑)

次回はやっとこさラストですねぇ^^;最後の10問が地味に難しかったりします…。



「紅茶王子」とは何ぞや?と思って調べてみたら、、、これ可愛い〜〜♪

漫画なんですねぇ。なんだか御伽噺のような世界でとっても面白そうです(^m^ )

人間と紅茶王子の世界のハーフ?メルヘンだわ〜(笑)



「黒執事」の第二部はどんな所から始まるんでしょうねぇ…

シエルは別の世界(悪魔の世界?笑)にいっちゃうんでしょうか。

第一部の終わり方がすごく好きだっただけに、期待半分、不安半分って所です。

いやぁ、でもまた動くシエルが見られるなんて(セバスより断然好き)楽しみですね〜♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/01(土) 06:49 [Edit
さくらさんへ
美青年で結ぶ100のイメージ!(爆)

そ、それすごく良いですねぇ。美青年なら、100どころか200は挙げられそうです。

「冷酷」とか「色気」とか「小動物系」とか…?

「色気」ならつい最近読んだ艶漢の詩郎クンが当てはまるんじゃないかと!(笑)

でも作家は重複しないようにするのは難しいですかねぇ…^^;

(本気で考えている自分が怖い。)



「魔女の1ダース」面白いですよ〜♪

ロシア語同時通訳者ならではの視点ですねぇ、未知の世界です(><)

幼い頃から海外で過ごされていたという事もあり、日本の常識に囚われない方という印象です。

そして、かなりの毒舌家なんですよね…(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/01(土) 06:57 [Edit
Re:イメージが結ぶ100の言葉と100の本(9)(07/31)
相変わらずの間口の広さ(節操のなさ(笑))に関心しきりです!!

自分はこんな質問には答えきれないぞ〜と改めておもうのでありました。



今回からは

西澤保彦「神のロジック 人間のマジック」・・面白かったですね。西澤さんも多才なかたでいつも驚愕します。最近よんでないのですが・・・。



読んでみたいなと思うのは、いつもの朝に、空の境界

です。(*^_^*)
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/08/01(土) 10:28 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さんのコメントを読んで、プハーッと吹き出してしまいました!(><)

た、確かに…この本のチョイスはかなり節操がないですねぇ(爆)

とりあえず、広く浅く(好みのものは深く…)色んなジャンルに挑戦している今日この頃です。

もう90冊ぐらになってくると、苦し紛れに選んでいる本も多数です…^^;



「神のロジック 人間のマジック」は最後の最後で、見事にしてやられちゃいましたよね♪

不穏な雰囲気といい、謎めいた授業といい、、、もう何から何まで好みの作品でした。

西澤作品は、面白そうなのが沢山あるので(SFミステリが多いですねぇ)、

また近々違う作品にも挑戦してみようかなぁと思ってます^^



「いつもの朝に」は超超オススメしたい作品です。

この作家さんは、わりと安心して読めるような気がしますねぇ☆

「空の境界」は………賛否両論ありそうですねぇ。

かなり文章にクセがありますが、一度のめり込むとやめられない、中毒性のある作品でしょうか。

でも主人公の少女がとにかく強い&格好良いので、キャラ読みもアリかもしれません(^m^ )
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/01(土) 20:17 [Edit
Re:イメージが結ぶ100の言葉と100の本(9)(07/31)
私もやっとここまできましたよ。



紅茶はやっぱり難しかったですよね〜。私もろくろく関係ない作品を挙げてしまいました。でも、執事は紅茶って感じするかもwww



バッサリはやっぱり日本刀ですよね。

この、和服少女に日本刀って構図はなかなかいいですね。



そしてやはり気になるのは「アレキサンドライト」。なんつーなまめかしい。。。表紙買いしましたねwww



by てんてん(^^)/ #79D/WHSg
2009/09/05(土) 13:29 [Edit
てんてん(^^)/さんへ
おぉっ!てんてんさんもとうとう90冊まできましたか〜♪

ここまで、全部回答できてますねぇ^^

あと10冊あげれば、nanacoのと合わせて200冊の小説・漫画が!! 凄い事ですよねー☆



「紅茶」のお題、超悩みました…

そんなのが出てくる、優雅な小説あったかなぁなんて。

ハーレクインとかならありそうですけどねぇ(笑)

黒執事はイギリスが舞台だし、しかも表紙は(一応)紅茶淹れてるみたいなので〜^^;



「バッサリ」のお題も、何気に悩みましたよ。

結局バッサリ→斬る→刀→日本刀ってことで、この小説になりました。

こうやって連想を続けていったら、いずれ他の人からは分からない結果になりそうですね(笑)

nanacoも和服の少女に日本刀っていう構図、大好きです。

上巻を見た時、最初は男だと思ってたんですけどね、、、実は。



ふふふ…さすがてんてんさん。

「アレキサンドライト」に目をつけられましたか…(笑)

こんななまめかしいお姿をさらけ出されちゃ、これは買わずにはいられませんよ!!

基本どんなジャンルの小説でも受け付けられるんですが、これは凄すぎました…(><)

自分、まだまだですな…と、寂しさと共に一抹の安堵感を覚えましたよ(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/09/06(日) 07:04 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
692位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
14位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。