09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.29 *Wed*

三浦しをん「白いへび眠る島」読了しました♪



著者:三浦しをん
出版社:角川文庫
サイズ:文庫
ページ数:356p
発行年月:2005年06月
価格:\660(税込)


【白いへび眠る島】三浦しをんrating_48.gif

高校最後の夏、悟史が久しぶりに帰省したのは、今も因習が残る拝島だった。十三年ぶりの大祭をひかえ高揚する空気の中、悟史は大人たちの噂を耳にする。言うのもはばかられる怪物『あれ』が出た、と。不思議な胸のざわめきを覚えながら、悟史は「持念兄弟」とよばれる幼なじみの光市とともに『あれ』の正体を探り始めるが―。十八の夏休み、少年が知るのは本当の自由の意味か―。文庫用書き下ろし掌篇、掲載。

最近、密かにマイブームになりつつある三浦しをんさんballoon_28.gif
やっぱりこの作家さんって、言葉の選び方とか微妙な心理描写とか巧いなって思います。

舞台は、古くからの因習や伝統の残る島・拝島(おがみじま)。
13年ぶりの大祭を控え高揚する空気の中、18歳の悟史は久しぶりに島に帰省する。
幼なじみ・光市との喜びの再会も束の間、島に「あれ」が出たという噂を耳にする。

島に古くから伝わる白蛇様の伝説とは?
白蛇様と島の娘との間に生まれた子どもの子孫とされる、神宮家の秘密とは…?


lb.gif


こういうお話、すっごく好きだなぁ。部外者を受け付けない、閉塞的な村。
あらすじを読みながら、小野不由美さんの「黒祠の島」を思い出してちょっとビビりました(笑)

でも、この作品にはおどろおどろしさとか、禍々しさは微塵も感じられないですねぇballoon_133.gif
むしろ純和製のファンタジーに近いかな、と思う。ふわふわと浮遊しているような感覚。
言葉にするのもはばかられるような怪物「あれ」さえも、どこか幻想的な描写で。

強い絆で結ばれた<持念兄弟>、悟史と光市の微妙な距離感が心地良くて…。
実の兄弟以上に深く結びついている二人のやりとりが、何とも微笑ましいです〜balloon_59.gifheart_37.gif

個人的には、神宮家の次男・荒太が好きだったなぁ。
純白の直衣に身を包み、衣擦れの音ひとつ立てずに舞う姿が、ありありと目に浮かぶようで。
穏やかな物腰ながらも、どこか人生を諦観しているようなアンバランスさが魅力でした…。

ちなみに、、、文庫書き下ろし「出発の夜」は荒太と犬丸のエピソードです〜balloon_34.gif
これがまた良いお話なのよねぇ。しみじみと深い満足感に包まれながら読了しました。

「契約のいらない友愛、約束のいらない拘束。
ぼくたちの自由はなんて不自由で、だけど愛おしい形をしているのだろう」―P347
 



bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事

COMMENT

恥ずかしながら
三浦さんの作品は未読です。コレというのを教えて下さいな。夏休みに読んでみたいので。
by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2009/07/29(水) 21:46 [Edit
Re:三浦しをん「白いへび眠る島」読了しました♪(07/29)
こんばんは〜

三浦しをんさん、気にはなっているのですがまだ読んだことないです。nanacoさんがマイブームになっているのなら、良いのは判るのです。



いつか読んでみたいです。(*^_^*)
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/07/30(木) 00:00 [Edit
浪漫的狼さんへ
nanacoもこの作家さんにはまり始めたのは最近なもので、、、(笑)

「月魚」「まほろ駅前多田便利軒」「白いへび眠る島」の3冊しか読んでいませんが、

個人的にとっても好きだったのは「月魚」ですねぇ。とにかく綺麗な文章です(*^^*)



今積読になっている「強く風が吹いている」はマラソンをテーマにしているらしく、

かなり高評価の作品みたいですよ〜☆(漫画化もされてます!)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/30(木) 05:35 [Edit
日向 永遠さんへ
三浦しをんさん、ペンネームがなんとなく気に食わなくて(笑)今まで未読だったんですが…

「月魚」を読み始めてから、一気に抱いていたイメージが変わりました!

すご〜く良いですよ、日本語ってこんなに綺麗なんだっけ…って、ハッとさせられます(><)

最近しをんさんにはまり始めたばかりなんですが、

文庫化されている作品が多いのでしばらく楽しめそうです♪



日向さんも機会があったら、是非手に取ってみてくださいね(=^^=)

特に「月魚」はとっても薄い本なのに、強烈な印象を残します!(←超お薦めしてますね。笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/30(木) 05:40 [Edit
Re:三浦しをん「白いへび眠る島」読了しました♪(07/29)
こんにちは。

私もこの作家さんは知りませんでしたが、「白蛇」というところがなんとなく日本神話ぽくていいですね。

>ペンネーム

ぱっと見たとき「三浦をしん」だと思いました(笑)
by ☆ちこ #79D/WHSg
2009/07/30(木) 09:50 [Edit
Re:三浦しをん「白いへび眠る島」読了しました♪(07/29)
随分前に読んだので細かい内容は忘れてしまいましたが、ファンタジーっぽい展開だったような…。

爆笑もののエッセイとのギャップが激しい作品だったと思います☆
by 柊♪ #79D/WHSg
2009/07/30(木) 15:52 [Edit
Re:三浦しをん「白いへび眠る島」読了しました♪(07/29)
こんばんは〜♪



この作品、苦手な「へび」の付いたタイトルなので、

今まで、ちょっと敬遠してました…^^;

でも、nanaco☆さんの感想を読ませてもらうと、

すっごく良さそうな内容だし、

なにより「純和製のファンタジー」っていうのが

気になりますね〜♪

読む価値ありの作品みたいなので、

是非読んでみたいかも(*^^)v
by miwa125 #79D/WHSg
2009/07/30(木) 18:39 [Edit
面白そうですねぇ
三浦しをんさん、いろいろ書かれているんですねぇ。

物色してみると「うーん」というものもあるようですか、

これは好みっぽいです。

さっそくチェックしてみます。

人物がどんな衣装を着ているとか、背景とかしっかり描かれている本ほど嬉しいですねぇ。

イメージを結びやすいからでしょうかねぇ。

by さくら #79D/WHSg
2009/07/30(木) 19:00 [Edit
こんばんは!
暑い夜に読むには良さそうな本ですね〜。^^

なんでかな、不思議と子供の頃に読んだ一条ゆかりさんの漫画「有閑倶楽部」のお話を思い出しましたよ。

きっと初期の頃の話だと思うんですけど、蛇と島っていうのが共通点なのかな。



しをんさん、良さそうな作家さんですね。

これからも、この方の作品のレビューを楽しみにしています。^^
by picchuko #79D/WHSg
2009/07/30(木) 19:34 [Edit
☆ちこさんへ
この作家さん、nanacoも最近読み始めたばかりなんですが、、、

とっても素敵な文章を書かれる方なんですよねぇ^^

まだ3冊しか読んでいませんが、どれもまるで別の人が書いたと思うくらいジャンルが違います!

今回の作品、本当に日本神話めいた部分もあって、なんだか空色勾玉を思い出しました〜♪

ちこさんも機会があったら是非一度手に取ってみてくださいね(><)



三浦をしん!!(爆)

そんなペンネームヤダー!!すっごく古風な作品書きそうですよね…。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/30(木) 20:23 [Edit
柊♪さんへ
これは、本当にファンタジーの世界でしたねぇ(><)

先日読んだ「まほろ駅前…」や「月魚」とはまた違う雰囲気で、すっごく楽しめました!

個人的にはやっぱり「月魚」のなまめかしい空気のほうが、さらに好みなんですが…^^

本当に、美しい日本語を書かれる作家さんですねぇ。

舞の場面なんて、その様子がありありと目に浮かぶようで、ウットリしちゃいました♪



さてさて、次こそはしをんさんのエッセイを読んでみようかのぅ…(笑)

さんざん「人前で読んじゃダメだよ」というアドバイスを頂いているので、こっそり読みます!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/30(木) 20:29 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん!実はnanacoも蛇は大の苦手ですが、この本は大丈夫でしたよ〜(^^ゞ

蛇と言っても神のような存在なので、ぼんやりと霞がかったような感じですかねぇ…。

古くから因習が残る村を舞台にした作品って、凄く好きなんです♪

この作品は周りを海に囲まれているからか、

閉塞された村特有のジメッとした雰囲気がないんですよね^^それもお気に入りの部分です☆

これはまさにファンタジーの世界なので、きっとmiwaさんも気に入っていただけると思います!



しをんさんの作品は「月魚」「まほろ駅前…」に続き3冊目ですが、

これからどんな引き出しを見せてくれるのか、今からワクワクしています〜♪

次は爆笑モノらしいエッセイかしら…。その名も「妄想炸裂」!(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/30(木) 20:41 [Edit
さくらさんへ
こういう純和風な感じ、すっごく良いですねぇ。

よこしまな読み方をしなければ、かなり爽やかな作品だと思います…(笑)

真志喜と瀬名垣の関係には劣るけれど、持念兄弟の悟史と光市の関係がとても良かったです♪

心の奥底で繋がっているのが、仕草で伝わってくるんですよねぇ^^

さくらさんも是非是非読んでみてくださいね☆



そうそう、衣装とか詳細を描いてくれる作品って嬉しいですねぇ。

やっぱり直衣とか着物とか、nanacoは和装が好きみたいです。軍服と同じくらい!

着物をサラリと着こなしている青年は素敵ですね(*^^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/30(木) 20:49 [Edit
picchukoさんへ
「有閑倶楽部」!知ってますよぉ〜(><)

…と言ってもnanacoは未読ですが、周りの友達が読んでいました♪

この漫画も蛇と島が出てくるんですね。

蛇は嫌いですが、こういう風に神話風のお話にしてくれるとサクサク読めちゃいます!

余談ですが、、、週末近所の森を散歩していると、結構蛇とかいるんですよねぇ。

きちんと下を向いて歩いていないと、危うく踏みそうになっちゃいます^^;

…って、踏む前にきっと噛み付かれるわね…(笑)



この本、今の時期にピッタリの作品でした♪

どうしても季節季節で読みたい本ってありますよねぇ。

クリスマスになると「クリスマス・キャロル」が読みたくなりますしね〜(^m^ )
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/30(木) 20:55 [Edit
Re:三浦しをん「白いへび眠る島」読了しました♪(07/29)
拝島の雰囲気や主人公の心理描写はいいのですが、伝奇ファンタジーがいまいちな印象でした。

小説ならではの描き方ではありますが、あまり面白いとは…。



設定のよく似たADVを遊んだ直後に読んだので楽しめましたが。
by やきまん十 #79D/WHSg
2009/07/31(金) 18:59 [Edit
やきまん十さんへ
やきまん十さん、TBありがとうございました!

感想、とても興味深く拝見しました(*^^*)



仰るとおり、一長一短って感じの作品ですねぇ。

島の謎については、もうちょっと掘り下げて書いて欲しかった気もするし、、、

でも逆に全てが明らかになったら、あの幻想的な雰囲気は創り出せないのかな、とも^^;



人物描写はとても丁寧だったと思います♪

荒太&犬丸の方が目立ちすぎていましたが(おかげでこっちの二人のほうが好き。笑)、

持念兄弟という特殊な設定も、なかなか面白く読めました。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/01(土) 05:52 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
840位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
19位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。