10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.27 *Mon*

張間ミカ「楽園まで」読了しました♪



著者:張間ミカ
出版社:徳間書店
サイズ:新書
ページ数:289p
発行年月:2009年01月
価格:\900(税込)  



【楽園まで】張間ミカrating_48.gif

雪が降り続ける世界。普通の人と目の色が異なるオッド・アイの少女ハルカと弟のユキジは、異能を持つために悪魔と呼ばれ、教会に追われていた。ハルカは心を失った双子の弟ユキジの手を引いて「楽園」を探す。旅の最中に出会った青年ウォーテンは二人が悪魔であることを知っても態度を変えなかった…。一方、悪魔を狩る役目を担う「狩人」の青年ルギは、教会に疑問を抱き始めていた。ハルカとユキジは、「楽園」の在り処を知るが、「狩人」たちに追い詰められて…。―お願い。なにも望まないから、なにも奪わないで。第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞受賞作。

ブログのお友達miwaさんに紹介していただきましたballoon_28.gif (miwaさん、いつもありがと〜♪) 

こ、これが17歳の時に書いた作品ですか……ちょっと嫉妬しちゃいます(笑)
それにプロット自体は中学生の時に練られていたというから、ますます驚きですねぇ。
「17歳が書いた」という先入観を持ってしても、個人的にすごく好きな雰囲気の作品ですballoon_123.gif

普通の人間と目の色が異なるオッド・アイは、この世界では<悪魔>とみなされる。
<悪魔>は教会に敵対する存在として<狩人>によって処刑されてしまう。
オッド・アイを持つ双子、ハルカとユキジは養父の言い残した「楽園」を探して旅するが…


lb.gif


終始、降りしきる雪と凍りつくような冷たい空気が感じられる作品ですねぇ。。。

オッド・アイを持つ人間は、ある種の超能力を持っているために人々から恐れられていて。
ハルカは、雷を操る能力。弟のユキジは、物の動きを止める能力。

ユキジは、ある過去の事件以来、固く口を閉ざしてしまい何の感情も見せなくなっている。
姉のハルカが常に弟の手を引いて、守ってやる様子がとても痛々しかったですballoon_89.gif
でも、最後のほうは「ユキジ〜何か反応しろよ!」とちょっとイライラしてきたり…(笑)

<悪魔>と呼ばれ狩られる運命にある2人に唯一味方したのが、青年ウォーテン。
一つだけ欲を言うとすれば、ウォーテンと双子の養父ヨハンの関わりが薄いように感じます。
彼らの強い絆を、もっと全面に押し出して欲しかったなぁという気がしますねぇ…balloon_59.gif

切なくて、とっても綺麗なお話でした。これからが楽しみな作家さんです〜balloon_34.gif


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事

COMMENT

Re:張間ミカ「楽園まで」読了しました♪(07/27)
こんにちはー☆

雪が降り続ける世界…って、

前に読んだマンガの「花帰葬」と似たような世界でなんだか気になります。

それにしても最近は若い作家さんがどんどん出てきますねぇ。。。

そしてこの表紙の絵、nanacoちゃんが好きそうなイラストな気がします。

by まる811 #79D/WHSg
2009/07/27(月) 14:41 [Edit
17歳ですかぁ
こんにちは。

若いのに凄いですねぇ。

綺麗な世界観が出来上がっている人っていうのは、

昔からイメージトレーニングとかできる方なんですかねぇ。

うらやましいものです。



ところで最近はもう、漫画なのか小説なのか、

表紙みただけではさっぱりわからないものが増えましたねぇ。

どっちも好きなので問題はないですが(笑

by さくら #79D/WHSg
2009/07/27(月) 15:49 [Edit
Re:張間ミカ「楽園まで」読了しました♪(07/27)
17歳で作家デビュー…すごいなあ。

物語を生みだし、完結させることができるなんて羨ましい限りです。

年齢が若い分、これからどんな作品を生み出してくれるのか楽しみになりますね(*^^*)

by 柊♪ #79D/WHSg
2009/07/27(月) 16:31 [Edit
Re:張間ミカ「楽園まで」読了しました♪(07/27)
こんばんは〜♪



nanaco☆さん、とうとう読まれたんですね〜(*≧▽≦*)

そうそう、17歳にして、こんな素敵な作品を

書ける才能を持っているなんて、

何だか嫉妬しちゃいます(笑)

というか、文才がない私的には、

めっちゃうらやましいです〜笑(><)



姉のハルカが、心を失った弟のユキジを守りながら

必死で楽園を探す姿は、ホントに感動的でしたよね(T_T)

雪の降り続ける世界…という設定も、

寒々として怖さも感じるんだけど、

すごく綺麗で、個人的には好みでした♪

次の作品も、期待したいですねぇ(^^♪



TBどうもありがと〜(^^)/

では、こちらも遠慮なく

TBいただいいていきますね〜♪
by miwa125 #79D/WHSg
2009/07/27(月) 18:15 [Edit
まる811さんへ
「花帰葬」って、、、前まるさんが漫画読まれてたやつですね?!

ゲームが原作のやつでしたっけ…そちらも雪が降り続ける世界なんですねぇ。

雪って、北海道に住むnanacoにはとても馴染み深いものですけど、

降り止まない雪はなんだか気分を鬱屈させちゃいますよね(><)この作品もそんな感じです。

なんだか、あまりにこの双子が可哀相で…

決して悪い読後感ではないんだけど、読後もやりきれない気持ちで一杯になります〜^^;



17歳でデビューって、ビックリですよねぇ。

こうやって、どんどんどんどん…追い抜かれていっちゃうんだわ!(笑)

あっ、表紙の絵よく分かりましたね。かなり好みですよ、色使いとか〜♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/27(月) 19:40 [Edit
さくらさんへ
いやぁ、本当に!最近の10代は凄いなぁと思いますよ(^^ゞ

「最近の若いモンは…」(既に死語?笑)なんて言いますけど、

一方ではこんなに才能があって頑張ってる子達もいるんだなぁと思うと応援したくなりますね♪

そういえば乙一さんのデビュー作にもビックリしたものでした。

確か、「夏と花火と…」でデビューしたのも17歳の時だったような。

やっぱり昔から沢山本に親しんで、イメージトレーニングしてきたんでしょうねぇ☆



あっ!同感です!

特にラノベとか、表紙だけ見ると「これ漫画か?」と勘違いしちゃいますもんねぇ^^;

全部イルゲネスや薔薇みたいな表紙だったら、鼻血もんですね(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/27(月) 19:48 [Edit
柊♪さんへ
張間ミカさん、これからがとっても楽しみな作家さんになりました♪

雪国の描写とか、「この作家さん北海道に住んでるの?!」ってぐらい丁寧な描き方なんです。

行間から静謐さや押し殺したような切なさが漂ってくるような…とっても綺麗なお話です☆



最近は、小説というよりも漫画?みたいなラノベも結構多いですけど、

今回の作品は良い意味でずっしりと重厚でとても魅力のある世界観でした♪

こういう才能ある若い作家さんは、どんどん新しい作品に挑戦していただきたいですよね(=^^=)



by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/27(月) 19:55 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、とっても素敵な作品を紹介していただいて、本当にありがとで〜す♪(><)

17歳の書いたデビュー作というと、何かと粗を探しちゃうんだけど、、、(笑)

それをもってしても、こんな良い雰囲気の作品はなかなか書けないなぁと思っちゃいました。

これからがとっても楽しみな作家さんですね♪



なんだか、自然の描写がとても綺麗でしたね!

<風がびょうびょうと…>なんて、普段なかなか出てこない表現ですよねぇ。

結局ラストは、悪魔狩りについては解決していないんじゃ…?!と最初は思いましたけど、

ハルカとユキジが成長したという点では、一歩前進しているんですね(*^^*)

是非続編が読みたいですよね☆例えば20歳になった双子の姿とか、見てみたいわぁ…。

その時は、ウォーテンはもうおじさんになってるんでしょうか!(笑)



* 事後報告になりますがTBさせていただきました☆

miwaさんも、TB返しありがとうございま〜す(o^―^o)

また面白い本、紹介してくださいね!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/27(月) 20:06 [Edit
Re:張間ミカ「楽園まで」読了しました♪(07/27)
とってもすてきな表紙ですね。なんだか幻想的なような・・・



張間ミカさんも未読です(-_-;)

魅力的な作家さんなのかな??





人と違うというだけでつらい思いをするのですね(>_<)

どうもわたしも感想だけ読んでると弟甘えてる??みたいに感じてしまいますww



by Cedie #79D/WHSg
2009/07/27(月) 22:41 [Edit
Re:張間ミカ「楽園まで」読了しました♪(07/27)
まず、表紙が素敵ですね。引き込まれそう。



内容も雪の世界で幻想的です。

読んでみたくなりますね。(*^_^*)
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/07/27(月) 23:21 [Edit
Re:張間ミカ「楽園まで」読了しました♪(07/27)
この表紙の絵も、お話の雰囲気も、北海道にお住まいのnanaco☆さんにも通じるようなお話ですね。^^

これを17歳の少女が、、、。

凄いですね〜。

ホント、これからが楽しみな作家さんです。



nanaco☆さんも17歳から数年しか経っていないのですから、張間ミカに負けず素敵な物語を書いてくださいね。

楽しみにしてますよ〜。



追伸:nanaco☆さんが私の77777番アクセスのキリ番を踏んで下さいましたよ〜。

どうもありがとうね♪ 感謝でいっぱいです!!
by picchuko #79D/WHSg
2009/07/28(火) 03:05 [Edit
Re:張間ミカ「楽園まで」読了しました♪(07/27)
最近ではこの手の作品を読まなくなりましたが、面白うそうな話しですね。



話しより惹かれたのが、表紙の絵です。このような淡い色使いの絵が好きです♪

nanacoさんも色使いが好きと書かれていますね(*^.^*)
by クラスタン #79D/WHSg
2009/07/28(火) 05:34 [Edit
Cedieさんへ
この作家さんは、まだデビューされて間もないようですから、まだまだこれからですね♪

若くして才能ある作家さんって、どこまでも応援したくなっちゃいます!^^

それにしてもこの小説の構想、中学生の頃に練られていたなんて……

同じ中学生でも、随分と時間の流れが違うんだなぁなんて切なくなっちゃいました(笑)



あ、弟甘えてる!って思いますよねぇ(* ̄m ̄)

彼なりに悲惨な出来事を目の当たりにしてきたショックからなんでしょうけど、、、

双子でも姉のハルカとは随分性格が違うみたいです。

双子の弟って、大体が弱っちぃ性格が多い気がしません?(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/28(火) 05:36 [Edit
日向 永遠さんへ
表紙の絵、素敵ですよねぇ…(*^^*)

この淡い色使いが、どこか儚くて切ない物語の雰囲気にピッタリなんです☆

17歳が書いた物語という事で、ちょっとビビりながら読み始めたんえすが、

全然クセのない綺麗な日本語で、あっという間にこの世界にのめり込んでしまいました。

キャラについてはもうちょっと深く書いて欲しい所もありましたが、、、



こういう才能のある作家さんは、どんどん物語を生み出して欲しいですよね♪

最近の軽いラノベとは一線を画しているような気がします(^^ゞ
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/28(火) 05:41 [Edit
picchukoさんへ
そうなんです!しんしんと降る雪に静寂の世界…

この作家さん「北海道に住んでるの?!」ってくらい、雪の描写がとっても丁寧でした♪

雪の降る夜って、灯りがなくてもほのかに明るいんですよね。

人の歩く音さえも、雪の中に吸い込まれていくんです。この物語もそんなお話でした(=^^=)

はぁ〜…nanacoも17歳から数年しか経っていないのに、この違いはなんでしょう!(笑)

こういう作品を書ける作家さんって、普段から色んな方面にアンテナを伸ばしているんでしょうね。

こりゃー、負けてられないわ!(><)



わぉ!nanacoがキリ番踏みましたか!しかも77777!

あぁ〜何で気付かなかったんだろう…泣

picchukoさん、本当におめでとうございますっ♪

これからも素敵な記事のUP、楽しみに待っていますよ(≧∇≦)ノ
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/28(火) 05:47 [Edit
クラスタンさんへ
この本、とっても綺麗でどこか切なさの漂う作品でした♪

最近のラノベは萌えイラストばっかで、流石に手に取るのを躊躇うんですが…(笑)

こういう表紙なら、あらすじを読まなくても惹かれてしまいますよね!^^

この淡い色使いも好きだし、登場人物の服装も不思議な感じ(ポンチョ?)で気に入ってます♪



それにしても、最近は若い作家さんが頑張ってるなぁという印象を受けますね☆

そういえば乙一さんも17歳でデビューしたんでしたっけ…

張間ミカさんとは大分ジャンルが違いますが、それぞれ別の魅力がありますね(^m^ )
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/28(火) 05:52 [Edit
私も読んでます!
こんにちわ♪                     いやいや私も読んでいますが、これがまたまたおもしろい!!高校2年生の人が書いたにしてはこれまたスゴイ! 「星をさがして」も買いたいです!!! 
by リノ #79D/WHSg
2010/09/22(水) 21:21 [Edit
リノさんへ
リノさん、コメントありがとうございます〜♪嬉しいです(*^0^*)



ホント、これが高校生の時に書いた作品なの!?と思うと驚きですよね☆

若くしてデビューすると、どうしても世界観の浅さや言葉遣いが気になるのですけど、

この作家さんはとても綺麗な文体でサラッと心に沁み込んできました^^



「星をさがして」未読です。こちらも素敵な感じですね〜♪

私も近いうちに読んでみようと思います(*^m^*)

リノさん、また遊びにいらして下さいねっ!

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/09/23(木) 06:53 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
26位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。