08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.25 *Sat*

山田風太郎「甲賀忍法帖」読みました〜♪




【甲賀忍法帖】山田風太郎rating_48.gif

家康の秘命をうけ、徳川三代将軍の座をかけて争う、甲賀・伊賀の精鋭忍者各十名。官能の極致で男を殺す忍者あり、美肉で男をからめとる吸血くの一あり。四百年の禁制を解き放たれた甲賀・伊賀の忍者が死を賭し、秘術の限りを尽し、戦慄の死闘をくり展げる艶なる地獄相。恐るべし風太郎忍法、空前絶後の面白さ。

天野さんの表紙絵が美しいわ〜…惚れ惚れしちゃいますballoon_123.gif

これ読んでて、初めて気付きました。
前にオダギリジョーさんと仲間由紀恵さん主演で話題になった映画「SHINOBI」。
これが原作だったんですねぇ、知りませんでした。(今更ですが…笑)

 内容はともかく、オダギリジョーはカッコイイです。 

003.gif

甲賀と伊賀。憎みあう二つの里の忍者達が、壮絶な戦いを繰り広げます。
トーナメント方式で10人の精鋭が戦うのですが、、、とても人間とは思えない!!

粘液を吐く男がいれば、毒の息を吐き出す女もあり…
敵味方問わずどんな人物にも変身できる男がいれば、全身から血を噴出す女もあり…
とにかくとても人間とは思えない忍者達。もう笑っちゃうくらいの超人ばかりです〜balloon_145.gif

忍者の戦いには、反則も何もあったもんじゃないですねぇ。
奇襲、色気作戦、騙まし討ち……何でもアリです。

そして、甲賀のロミオ・弦之介と伊賀のジュリエット・朧。
敵対する里同士の禁断の恋がメインなんだろうけど…忍者の戦いに負けちゃってます。
薬師寺天膳 (不死?!)  の、圧倒的な存在感に押され気味ですねぇ(笑)

自分が贔屓にしていたキャラがバッサバッサ死んでいくのが、切な過ぎる……balloon_89.gif
まぁ、ある意味とっても潔くて良いんですけどね。

伊賀の夜叉丸が好きでしたよ、美少年だから。

bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事

COMMENT

Re:山田風太郎「甲賀忍法帖」読みました〜♪(07/25)
「甲賀忍法帖」は唯一山田風太郎さんで読んだことがある作品です。

敵味方ともに容赦なく死んでいく過酷な話なのに、語り口が妙にユーモラスでそのギャップに困惑しました(笑)。

真面目に甲賀ロミオと伊賀ジュリエットなんて言われたらどんな顔して読めばいいのか…;
by タシガミ #79D/WHSg
2009/07/25(土) 07:48 [Edit
Re:山田風太郎「甲賀忍法帖」読みました〜♪(07/25)
小説でも、映画でも柊は薬師寺天膳が好きでしたが、

映画ではあっさり殺されちゃったのが悲しかったです(>_<)

映画の前に原作を読んだと思うのですが、伏線の生かされ方といい、断然小説の方が面白かったです。

原作どおりに撮ってくれたら良かったのにとしみじみ思いました。

以降、山田風太郎さんの忍法帖シリーズをいろいろ読んでいくぞ!と思ったのに実現してません(笑)

読みたい本があり過ぎるというのも困ったものです〜☆





by 柊♪ #79D/WHSg
2009/07/25(土) 08:48 [Edit
これはこれは
かなり面白そうですねぇ〜。

私は映画を見ていないんですけど、↑の写真に仲間由紀恵さんってやっぱりお綺麗だなぁ〜って惚れぼれしました。^^



忍者の世界に反則はないのですね。

いさぎよくバサバサいくあたり、ネチネチと裏工作するよりも気持ちがいいですね。



私は伊賀忍者の里、伊賀上野には行ったことがありますが、深い山の中でなんとも独特な雰囲気でしたよ。

私も分身の術くらいは習得してくれば良かったなって今でも時々思います。(笑)
by picchuko #79D/WHSg
2009/07/25(土) 08:56 [Edit
Re:山田風太郎「甲賀忍法帖」読みました〜♪(07/25)
こんにちは〜♪



おぉ!何だか面白そうな作品ですねぇ(^^♪

忍者達の超人ぶりと、戦法の何でもアリなのが

ものすごーく興味をひかれます〜(*^_^*)

いつか読んでみようかな…(^^)

この作品、アニメにしても面白そうですよねぇ♪





by miwa125 #79D/WHSg
2009/07/25(土) 17:21 [Edit
そうだったんだ?
こんにちはー。

山田風太郎原作だったのかぁ。だったらそっちを読んで、

映画は見なければよかったなぁって気分。

どうしてこんなにCGはCGなんですって粗い処理なんだろうと、

観る人を恥ずかしい気分にさせるものでしたねぇ。



>伊賀の夜叉丸が好きでしたよ、美少年だから。

笑。。。

by さくら #79D/WHSg
2009/07/25(土) 17:21 [Edit
Re:山田風太郎「甲賀忍法帖」読みました〜♪(07/25)
こんばんは〜♪



映画を観た時、10代の女優を使って欲しかったとちょっとオタクな家人が騒いでました。『バジリスク &#12316;甲賀忍法帖&#12316;』(2004年、第28回(平成16年度)講談社漫画賞一般部門を受賞。また、2005年にはテレビアニメとして放送された。)ウィキより

『バジリスク』(全5巻)も「甲賀忍法帖」が原作なんですよね♪

そのせいか、「山田風太郎の長編として唯一、英語版が2006年12月Del Rey社より発売された。また繁体字、簡体字両方において中国語版も発売されている。」(ウィキ)のだそうです。

by 茨木 月季 #79D/WHSg
2009/07/25(土) 18:37 [Edit
幅広いですね
山田風太郎さんって本格的でしょ〜。しかしnanacoさんも幅広いですよね〜。
by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2009/07/25(土) 21:24 [Edit
タシガミさんへ
タシガミさんもこの作品読まれましたか〜♪

噂には聞いていたけれど、本当にサクサク読めちゃう本でした(*^^*)

天野さんの表紙絵が素敵すぎます。ついついシリーズ集めたくなっちゃうような。

自分の好きだったキャラがあっけなく殺されちゃうのにはガックリきますよね〜^^;

結局双方全滅ですからね。(って、こんなトコでネタバレしていいのかな…笑)

でも面白かったです。薬師寺天膳がねちっこくて好きでしたねぇ。



本当に…甲賀ロミオと伊賀ジュリエット…大真面目に章のタイトルですもんねぇ(笑)

この作品を読む前に映画のほうを観たんですが、原作ほど凄絶な戦いではなかった気がします。

どちらかというと、静寂の中で1対1で礼儀正しく戦うような…そんな記憶があるんですが^^
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/26(日) 07:06 [Edit
柊♪さんへ
おぉ、柊さんも読まれたんですね!

nanacoは映画のほうを先に観たんですが、今考えると全然原作と印象が違いますねぇ。

どことなく「LOVERS」(チャン・イーモウ監督の)のイメージに近かった気がします。

なんていうんだろう…静けさの中で相対する二人の図、みたいな(笑)

原作のほうは全然印象が違いますね!敵味方入り混じったドロドロの壮絶な戦いでした〜^^;

薬師寺天膳、本当良いキャラしてましたね!死んでも死んでも生き返る…怖いですな。

nanacoも柊さん同様、原作の天膳のほうが良かったです。



忍法帖シリーズ、沢山出ているみたいですね♪

またこんなスカッとした読後感を味わいたい時に、読んでみたいですねぇ。

今度は伊賀忍法帖のほうが気になります。でも続きを読むのはいつになることやら(><)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/26(日) 07:22 [Edit
picchukoさんへ
随分昔の作品ではありますが、サクサク読みやすくてあっという間に読了でした〜(*^0^*)

仲間由紀恵さん、本当にお綺麗でしたよ♪神秘的な美しさがありますよねぇ…

原作では朧は美少女だったので、もっと年若い女優さんのほうが良いのかなとも感じましたが…

でも原作は原作、映画は映画で、それぞれ別の面白さがありましたよ♪



忍者の世界、潔すぎて怖いぐらいです…(笑)

味方になりすましたり、突然奇襲をかけたり、とルールも何もあったもんじゃないのに、

不思議とネチネチと陰湿な部分が感じられないから、こんなにもスカッとするんでしょうね^^



picchukoさん、伊賀上野に行かれた事があるんですか!ビックリ!((>д<))

でもモンゴルやペルーにまで旅行されてるぐらいですから、伊賀上野は庭みたいなものでしょうか…

伊賀上野観光協会のHPに行ってみたら、とにかく忍者情報ばかりでニヤリとしちゃいました(笑)

nanacoも分身の術習得したい!!

でもそのうち分身が意思を持ち始めて、逆に自分が分身になっちゃったり…

……考え始めると妄想は尽きません(* ̄m ̄)ニヤリ
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/26(日) 07:35 [Edit
miwa125さんへ
この本、随分前に書かれた作品なのに(5、60年くらい前??^^;)、

不思議と文章もサラリと馴染んで、すごく読みやすいんですよ〜♪

現代だからこそ、こういう忍者の戦いって心惹かれるものがあるんですかねぇ…

武士の一騎討ちとは違って、敵味方入り乱れて戦う様がドキドキします。

騙まし討ちもゲリラ戦法も、何でもアリですからねぇ^^;壮絶な争いです(笑)



miwaさん、流石目の付け所が違いますね!

この作品、既に「バジリスク」というアニメになっているんですよ〜☆

どうも絵が好きではないので、nanacoは多分観ないかと思いますが…(⌒o⌒;A

http://www.basilisk.jp/ (あまりの濃ゆさにビックリします…笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/26(日) 07:46 [Edit
さくらさんへ
さくらさん、映画ご覧になりましたか!(=^^=)

なんだか、可もなく不可もなく…という印象でしたねぇ。

わりとオダギリジョーが好きなので、それだけで観ていたようなもんです。。。

CG、そういえば確かに粗かったような気がします。

とても人間とは思えないような忍者達、さすがにCG使わなきゃ映画にならないんでしょうけど…

それでももっと丁寧に作ってよ!と抗議したい気持ちになりますね…(笑)

原作はもうバサバサ人が死んでいく、壮絶な戦いです。凄い本です。



あ、さくらさんなら美少年の所に食いついてくれると思いました!(笑)

映画では夜叉丸の役の人、全然美少年のイメージなかったんですけどねぇ…(失礼)

美しい忍者っていうのもドキドキしちゃいますね☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/26(日) 07:54 [Edit
茨木 月季さんへ
あっ、それすごく同感です〜^^;

仲間由紀恵さんはとってもお綺麗なんですけど、朧のイメージとなんだか違うような…。

原作では朧は美少女だからなのかなぁ。ちょっとどこか頼りないような少女のイメージです。

でも、映画の朧は一人の女として自立している印象がありましたものね(><)



「バジリスク」うちのダーリン君も読んでたようなので、なんとなくは知っていましたが、、、

なんとっ!英語版と中国語版でも発売されていたんですか☆

日本の漫画って、「ワンピース」もそうですけど海外でも人気が高いんですねぇ。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/26(日) 08:00 [Edit
浪漫的狼さんへ
本格的でしたけど、ジェットコースターのような展開でサクサク読めちゃいました♪

山田風太郎さん…お名前だけはよく聞いていたんですが、実際に手に取ったのは初めてです。

噂に違わず、一度嵌るとクセになるようなタイプの本ですね(笑)



忍法帖シリーズ、他にも沢山出ているようなので、また機会があったら読んでみたいです♪

今回は甲賀だったので、次は伊賀忍法帖でも…

忍の世界って、妙に心惹かれるものがありますね(^^ゞ
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/26(日) 08:03 [Edit
Re:山田風太郎「甲賀忍法帖」読みました〜♪(07/25)
nanaco☆さんが時代小説読んでるのって珍しい気がしました^^

しかも山田風太郎さんの!

この小説に出てくる忍者たちはホントにありえない(笑)

そんな忍者たちを思いつく山田風太郎さんの想像力がすごいなぁ

次は「魔界天生」!?



映画版のオダギリ・ジョーはかっこよかったですよね、夕暮れで鳥が飛び立つシーンとか印象的でした☆
by ちゃと屋 #79D/WHSg
2009/07/26(日) 09:57 [Edit
Re:山田風太郎「甲賀忍法帖」読みました〜♪(07/25)
おおっ、若かりし頃?、山田風太郎夢中で読みましたよ。面白かったですね。

あの奇想は凄いです。古びないところも凄いですね。
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/07/26(日) 16:08 [Edit
ちゃと屋さんへ
ちゃと屋さん、鋭いです!

はい〜…時代小説って、実はかなり珍しいかもしれません。

なんていったって、日本史が(も?)大の苦手ですから^^;

ちゃと屋さんも読まれたんですねぇ♪この作品、ほんっと面白かったです。

こりゃぁ外国の人が「ニホンと言えばニンジャ!」と主張するのも分かるなぁと…(笑)

薬師寺天膳のキャラがすごく好きです。とんでもなく悪党なのにどうしても憎めなくて。

天膳の印象が強すぎて、肝心の朧と弦之介の存在感が薄くなっている気がしますねぇ(* ̄m ̄)



夕暮れで鳥が飛び立つシーン!あ、そんな場面あったかも…うろ覚えですが…

オダギリジョーは、カッコイイですね。それだけにラストが切なすぎます(><)

「魔界転生」面白そうですねぇ。もしやこれも映画化されてます?

どんな世界が待っているんでしょう。山田風太郎さん、何気にマイブームになりそうです♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/26(日) 22:25 [Edit
日向 永遠さんへ
おぉ、さっすが〜♪日向さんも読まれていましたね!

本当に、今読んでも全然古臭さを感じさせないですよねぇ。

むしろ現代だからこそ、こんな超人的な忍者達の戦いに心惹かれるものがあるんでしょうか☆

思っていた以上に文章が読みやすかったですね。これから山田風太郎さん、はまりそうです(笑)



実はこの本、うちの父親の本棚からこっそり拝借してきました…!(^^ゞ

確かもう2冊、山田風太郎忍法帖があった気がするので、もうしばらく楽しめそうです♪

あぁ〜読んでたら、本当に忍者になりたくなるかも…(笑)

泥でマスクを作って、色んな人間に変身できる技が一番良いですねぇ。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/26(日) 22:33 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
692位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
14位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。