06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.21 *Tue*

古屋兎丸&太宰治「人間失格」




人間失格1(古屋兎丸)

これは、ブログのお友達てんてんさんに教えていただいた漫画です〜balloon_28.gif
太宰治「人間失格」を、現代バージョンに置き換えて描かれたもの。

ネットでたどり着いた3枚の写真から始まるサイト。
そこには、ある一人の青年・大庭葉蔵の赤裸々な手記が綴られていた…という設定です。

いやぁ、とにかく凄いです。この作品全体から放つ負のオーラは凄まじいです…!
人前では笑顔という仮面を付け、心の底では周りの人間達を蔑んでいる青年。
何の不自由もない裕福な家庭に生まれながらも、あるのは虚無感ばかり。。。

第二の日記「歪んだ顔」から、第三の日記「堕ちる」との落差に愕然としますねぇballoon_59.gif
そして第四の日記「鎌倉心中」では、あまりの陰鬱さに気が滅入るほどです(笑)

6歳、17歳、25歳の葉蔵を撮った3枚の写真。
どんな女からも言い寄られるような美青年だった彼が、一体どんな人生を送れば、
25歳であんな老人のような顔になってしまうのか……それが気になってしようがないballoon_89.gif

読んでいるうちに鬱々としてくる漫画ではありますが、とにかく続きが気になります。
これほどまでに現代の風潮にピッタリなのが、なんとも皮肉ではありますが…。


実は、恥ずかしながら原作は未読なんですが、、、一体どんな作品なんでしょう。
小畑さんの表紙に惹かれて…なんて、いかにもミーハーでしょうかねぇ。くくく…

 こっちが原作小説ですね 



関連記事

COMMENT

原作は
一度お読みになってもよいかも。って、私は中2の時に読んだのが初めてで、きっとよく分かっていないままなんでしょうけど。再読してみたい気もします。
by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2009/07/21(火) 06:12 [Edit
浪漫的狼さんへ
おぉっ…狼さんは中学生の時に読まれたんですか?!さすが国語の先生ですねぇ(><)

きっと、こういう作品はほぼ学生の頃に読まれていたんでしょうね。

nanacoは名作と呼ばれる作品は、今までさっぱり読んでこなかったんです〜^^;

せいぜい教科書に載っていた作品ぐらいかしら…(笑)



「人間失格」は新装版になって、手に取りやすくなったみたいなので、

近いうちに挑戦してみようかと思います^^

…この漫画と同じような雰囲気だったら、鬱々しちゃうかもしれませんね〜…ドキドキ。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/21(火) 19:40 [Edit
Re:古屋兎丸&太宰治「人間失格」(07/21)
太宰さんって暗いイメージがあって読まないんですよね(-_-;)学校の国語の教科書で載ってた作品くらいでしょうかww



人間失格は小畑さんの表紙に惹かれて一瞬買って読もうかと思いましたよ!他にも小畑さんの表紙の作品が何冊かあって限定?ぽかったので買おうかと思っちゃいましたww





by Cedie #79D/WHSg
2009/07/21(火) 20:52 [Edit
Re:古屋兎丸&太宰治「人間失格」(07/21)
読めば人生観が変わると言われ、高校時代に一読しましたがあまり記憶に残っていません^^;

不吉な感触だけは覚えているんですが…。

今読んだら違う感想を持つのかな…?近いうちに再読したいなあと思っています。
by 柊♪ #79D/WHSg
2009/07/21(火) 21:54 [Edit
Re:古屋兎丸&太宰治「人間失格」(07/21)
原作、未読です。本の魔力にとりつかれたのが江戸川乱歩やコナン・ドイルからだったもので・・・。

言い訳はこのくらいにしといて、マンガ、良さそう・・です。(*^_^*)
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/07/21(火) 23:51 [Edit
Re:古屋兎丸&太宰治「人間失格」(07/21)
おお、読まれましたか。現代の葉蔵がどんな人生を送るのか、興味津々ですよねえ。



私も四半世紀も前(!!)に読んだので(自分で書いて落ち込んだわ、今)おぼろげな印象だけで書くんですが、本当に驚くべき感性だと思いました。



まず何でこの境遇で悩むことがあるのか不思議に思いましたね。そしてあの自意識過剰ぶりとか、異様なまでに潔癖であろうとして矛盾に陥る太宰にある種の嫌悪感を抱きながら、一方であまりのナイーブさに打たれ、感化されました。ちょっとだけ。(笑)



今読んだらどう思うんでしょうね。消耗するので読まないですけど。(笑)



by てんてん(^^)/ #79D/WHSg
2009/07/22(水) 00:00 [Edit
Cedieさんへ
暗いでしょうねぇ…漫画を読んでいるだけで、とてつもなく暗い人間のような気がします(笑)

でも、なんだか今の時代にピッタリなんですよねぇ。

多分、こういう若い人達って沢山いるだろうな、と^^;

読んでいてドドーンと落ち込みますが、最後まで見届けたいですねぇ。



Cedieさんもやっぱり気になってましたか!

小畑さん表紙というだけで、とりあえず読みはしなくても手元に置いておきたくなります(笑)

他にも色々な作品の表紙描かれてますよねぇ〜♪

いつ画集も買えたらいいな……でも高いッス。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/22(水) 05:33 [Edit
柊♪さんへ
おぉ、柊さんは高校時代に読まれたんですね!

皆さんの意見を伺うと、学生時代に読まれた方が多くてビックリしています(><)

読書メーターのレビューを見ていると、なんと小学生の時に読まれた方がいたり…!(笑)

小学生で人間失格……ど、どんな子供だったんだ。



今は映画化されるとかで、また随分話題になってきましたね☆

このブームに乗っちゃうのは、ミーハーみたいでB型天邪鬼のnanacoには気が進まないですが(笑)

でもなんだかんだで近いうちに手元に原作が現れることになるでしょう!(^m^ )

柊さんも再読されたら、是非感想教えてくださいね♪レビュー楽しみにしていま〜す^^
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/22(水) 05:38 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、原作未読でしたか!

なんとなく日向さんはこういう昔の作品全て読破されているイメージがありました(* ̄m ̄)

江戸川乱歩やコナン・ドイル…そちらのほうが凄いです(笑)

nanacoは名作と呼ばれる作品は、さっぱり読んでこなかったんです〜^^;

本の魔力に取り付かれたのはグインから、、、なんて。あながち間違ってもいません。



この漫画、面白かったです。

思わず原作を読みたくなってしまったほど!

結末はもちろんハッピーエンドではないのですが、最後まで見届けたくなりますねぇ…

日向さんも、機会があったら是非読んでみてくださいね☆

読後感の悪さだけはどうにもなりませんが…(笑)



by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/22(水) 05:45 [Edit
てんてん(^^)/さんへ
てんてんさん、面白い漫画を紹介していただいて、本当にありがとうございました〜(><)

てんてんさんのブログを拝見していなかったら、きっと出合う事のなかった作品です…☆



四半世紀前に読まれたんですね!(笑)

読書家の方の意見を伺うと、皆さん学生時代に読まれていたみたいですね。

確かに学校で紹介はされたけれど、当時はほとんど興味を覚えなかったんですよねぇ。

ただ便覧を読んで、テストに出る作品を必死に丸暗記していただけで…^^;



本当に、あの恵まれた環境でどうしてあんなに思い悩む事があるんでしょうね。

nanacoも一時期どうでも良いような事で人生が嫌になったり、虚無感に襲われた時もありましたが、

……葉ちゃんほどじゃないです(笑)

鎌倉心中の後の葉蔵がどんな人生を送るのか、どうすればあんな老人のような姿になるのか、

最後まで見届けたいですねぇ。暗澹たる気持ちになりますが…(⌒o⌒;A

それにしても、確かに「葉蔵」って名前は古臭いですね(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/22(水) 05:52 [Edit
Re:古屋兎丸&太宰治「人間失格」(07/21)
太宰治の「人間失格」、昔 読みたいなぁ〜って思いつつ、未だ手にしたことはありません。

あの世界をマンガで表したのですか、、、。しかも現代バージョンで!!

ちょっと怖いなぁ〜。

ですが、現代の風潮にぴったりというのも気になりますね。

これ、もっともっと続くのですね。

nanaco☆さん、これからもレビューを楽しみにしてますよ!
by picchuko #79D/WHSg
2009/07/24(金) 18:15 [Edit
picchukoさんへ
学生の頃、太宰治=人間失格、芥川龍之介=羅生門、梶井基次郎=檸檬…なんて、

とにかく自分の中では暗記するものでしかありませんでした〜^^;

picchukoさん、読んでみたいと思われていただけでも凄いなぁと♪

nanacoはこういう有名どころは全然読んでこなかったので、今になって興味津々です(笑)



漫画だと気軽に読めて良いですね!

読んでいるうちに、ガクーン、ガクーン…と一歩ずつ沈んでいきそうな気がしますが(><)

漫画が完結した暁には、原作にも挑戦してみることにします〜♪(読めるかな…笑)

確か、これ映画化もされるんでしたっけ?一体どんな作品になるんでしょう。。。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/25(土) 05:51 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
28位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。