10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.14 *Tue*

柳原慧「コーリング 闇からの声」読みました♪




【コーリング 闇からの声】柳原慧rating_48.gif

零と純也は、死体の痕跡を完璧に消し去る特殊清掃を生業にしている。ある日、浴槽内で自殺し、腐乱していた女の死体を片付けるが、彼らが所属するネットのサークルに、その女もいたことを知る。彼女のページにアクセスして調べるうちに、その死が自殺ではなく他殺だったのではないかと疑い始める。彼女が死ぬ寸前に携帯電話に託したものは何か。謎を解く最大の鍵は、溶けた死体にあった。


ブログのお友達さくらさんに紹介していただきましたballoon_34.gif (さくらさん、ありがとで〜す♪) 

おぉっ綺麗な表紙!! …と思いきや、頭蓋骨やら眼球やらが描かれてたのね。笑
柳原さん、初の作家さんでしたがテンポが早くてサクサク読めちゃいました。そして怖い…。

部屋中に飛び散った死体の痕跡を、まっさらな状態に戻す特殊清掃員の純也と零。
浴槽内で死んでいた若い女性。調べていくうちに彼女は他殺されたのではという疑いを持つ。
二人は、所属するネットのサークル<サイバーフォレスト>を使って事件を調べ始めるが…


leaf_03.gif


純也の"特殊な能力"によって見える幽霊よりも、さらに怖いのが整形ですね。
今の時代、気軽にできるのがウリになっているけれど……こんなの読んだら絶対無理!!!
オカルト物よりも身近にある分、はるかに恐ろしいですねぇballoon_89.gif

肉片やら脂肪やらが溶けている描写は、なかなか凄まじいものがありました。汗
今まで考えた事なかったけど、現実にこういう死体の処理って誰がやってるんだろう??
本当に<清掃屋>なんて職業があるんだろうか…未知の世界ですballoon_125.gif

純也と零の子供の頃のエピソードについては、もっと掘り下げて欲しかったかな。
二人とも美青年となればなおさら!! 施設時代に一体どんな事があったのか気になるよぅ。

これは是非シリーズ化して欲しい作品です〜balloon_28.gif


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事

COMMENT

Re:柳原慧「コーリング 闇からの声」読みました♪(07/14)
あるんですよ〜〜こんなようなお仕事。

以前テレビで見たことがあります。

多分この小説のように怖い感じじゃないと思いますが。。。

身寄りのない方が部屋で孤独死した時など、そのお部屋を掃除する仕事があるんですって。死体は片付けないと思いますが(多分)

で、その部屋に残った独特の死臭を消す作業まであるそうな。。。そうして綺麗にしたお部屋をまた次の人に貸すんだって。

この小説をそのテレビと照らし合わせて読んでみたいですね〜〜
by ☆ちこ #79D/WHSg
2009/07/14(火) 06:48 [Edit
Re:柳原慧「コーリング 闇からの声」読みました♪(07/14)
こんにちはー☆

おぉ〜nanacoさんも読まれたんですね〜!!

あっ本当だ!キレイな表紙と思ってたらすごいシュール!!怖

柳原さん、前に一冊読んであまり好きじゃないなぁと思ったんですがなんだかおもしろそうですね。

ちこさんのコメントを見てさらに少しビビりましたが、覚悟を決めて読んでみまーす☆

by まる811 #79D/WHSg
2009/07/14(火) 12:11 [Edit
Re:柳原慧「コーリング 闇からの声」読みました♪(07/14)
柳原さん未読です。

この本、面白そうなので読んでみたいです。



近日公開で観たいなと思っている映画があります。「サンシャインクリーニング」というタイトルで、事件現場のハウスクリーニングを生業とする姉妹のお話なのです。

思わず連想しちゃいました(笑)

by 柊♪ #79D/WHSg
2009/07/14(火) 17:17 [Edit
Re:柳原慧「コーリング 闇からの声」読みました♪(07/14)
こんばんは〜♪



わっ!この表紙、頭がい骨と眼球かあったんですね〜^^;

本屋さんで見かけた時は、

ま〜ったく気が付きませんでした。

タイトルだけでも充分怖そうで、

ちょっとビビりそうですけど(笑)

内容は、それ以上に恐ろしそうですねぇ(^_^;)



掃除屋といえば…以前に読んだ『モップガール』を思い出しますね〜。

実際、そういう仕事があるって、

TVで観たことがありま〜す!

私なら、血を観ただけで気絶するかも…(>_<)
by miwa125 #79D/WHSg
2009/07/14(火) 18:20 [Edit
☆ちこさんへ
うわ〜^^;本当にこんなお仕事あるんですねぇ…

ちこさんのコメントを読んでいて、思わず今鳥肌が立ちました…笑

誰かがそういう事をしなきゃいけないんでしょうけど、、、恐ろしくないんでしょうかねぇ。

よほど強靭な精神を持ち合わせていないと、できない仕事ですよね(><)



あっ、そういえばうちのちかくでも昔ものすごい凄惨な事件があったんです。

部屋中、壁も天井も白い所がなくなるぐらい飛び散ったって…(変な話でごめんなさい。汗)

いくら綺麗にしたって、間違ってもそんな部屋には住みたくないですよね…ブルブル(;¬_¬)



この作品、時々ドキリとするような描写がありますが、すごく面白かったですよ♪

そんな事(どんな事??笑)を考えながら、ちこさんも是非読んでみてくださ〜い!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/14(火) 21:40 [Edit
まる811さんへ
このミス作家は、基本的にあまり相性が良くないんですが、これは面白かったですよん♪

ミステリーの中にホラー要素がちょこっと入っている感じでしょうか。

現実にありそうな気がするだけに、読んでいてゾワワと肌が粟立ちましたよぅ^^;

純也と零のキャラが可愛かったです。またこの二人主人公で続きが読みたい!!

まるさんの感想、楽しみに待ってま〜す♪



あっまるさんがダメだったのってもしや「いかさま師」ですかね??

個人的には、あの怪しげな表紙からしてすっごく興味津々なんですが…(* ̄m ̄)

そのうち読んでみることにします。。。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/14(火) 21:46 [Edit
柊♪さんへ
「サンシャインクリーニング」!!

今日たまたまnanacoもある雑誌で、この映画の紹介を見かけました♪

美人の姉妹のお話でしたよね?? 特殊清掃の仕事なんて、まさにタイムリーですよねぇ…笑

どんなお話で、最終的にはどんなオチになるのか、すごく気になるところです(^^ゞ

柊さんの事ですから、きっとすぐに観に行かれるんでしょうか?! 感想楽しみに待っていま〜す♪



この柳原さんの作品も、スピード感のある文章で最後まで飽きずに読めましたよ。

薄い本なので、2時間くらいで読み終えちゃいました^^

結果…平凡な職業に就いていて良かった、と心から安堵したのでした。笑

柊さんの感想、是非お伺いしたいで〜す☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/14(火) 21:53 [Edit
miwa125さんへ
そうなんですよ〜^^;

わっ綺麗な表紙♪と嬉々として手にとったはいいものの…まじまじと見ると怖いです。笑

「クロック城殺人事件」の、あの無数に顔が浮き出た表紙を思い出しました…ドキドキ。



死体から犯人を見つけ出す…だけならミステリーなんですが、

主人公の純也が<霊の姿が見える>というホラー要素もプラスされているのが面白いです♪

それも八雲みたいな切なさとかじゃなくって、本当にゾクリと鳥肌が立つような…(><)

特殊清掃屋の純也と零が異なるタイプの美青年っていうのも、何気にポイント高し!!笑



「モップガール」も事件現場の清掃のお仕事だったんですものねぇ…^^;

今まで知らなかったけど、意外にこういうのを題材にした本って多いのかしら??

こんな仕事に就いていたら、毎晩悪夢にうなされそうな気がしますよねぇ…怖いですぅ。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/14(火) 22:03 [Edit
Re:柳原慧「コーリング 闇からの声」読みました♪(07/14)
うっわ。面白そう〜♪

でもほんと、シュールな表紙。。。

怖がりな私は、この本読んだら眠れなくなりそうでもあるなぁ^ ^;

どっちにしろ、今しばらくはベタ甘から抜け出せそうもナイんだけどねw

by エンブレムT #79D/WHSg
2009/07/14(火) 23:45 [Edit
シリーズ化してほしいですね〜
こんばんはー。

読んじゃいましたかぁ。

なぞなお仕事ですよねぇ、驚きました。

ホテルだと死臭を消すために従業員が一泊するって話は聞いたんですけどね。

それ以外でも、反転の部分とか、共食いのこととか、

ちゃんと考えると怖いものがたくさんつまっていて読み応えがありました。

というか、施設時代、妄想しますよねぇ。

ぜひ続きを☆



by さくら #79D/WHSg
2009/07/15(水) 02:28 [Edit
エンブレムTさんへ
この本、いかにも現実にありそうな気がしてすっごく怖い&面白かったです〜♪

PCを駆使して事件を解決するっていうのは、今の時代ならではの作品ですよねぇ(><)

そういえば昔はこういう雰囲気のお話って少なかったですもんねぇ。

幽霊が見えるっていうホラー要素も含まれてますけど、

それ以上にこんな事件現場をクリーニングする仕事があるっていう現実が怖かったです^^;



ベタ甘……さては有川週間ですな??

ずっと有川さんを読んでると、誰かに優しくしてあげたくなります!!爆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/15(水) 05:28 [Edit
さくらさんへ
さくらさん、面白い作品を教えていただいて本当にありがとうございました〜(*^0^*)

世の中にこんな仕事があるってのも驚きでしたが、誰かがやらなきゃいけないんですもんねぇ…

知らないだけで、結構こういう事ってあるんでしょうね!!

人が死んだ部屋で一泊なんて…何かが起こらないほうがおかしいですよね〜〜(><)

キングの小説に出てきそうな設定ですね。笑



うちの近くのアパートでも昔、妻が夫を殺しただとかで部屋中ものすごい事になったらしいです。

どうしても壁に飛び散った物が消えないらしくて、壁紙を上から張り替えて貸しているとか…

ホラーみたいなお話ですよね〜^^;うぅっ…怖すぎる。



ところで、男で「零」っていう名前すご〜く好きなんです☆

この本の青年みたいに、名前負けしない美青年って素敵ですわね(^m^ )

この二人の過去が知りたいですねぇ…ホント続編希望です!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/15(水) 05:38 [Edit
Re:柳原慧「コーリング 闇からの声」読みました♪(07/14)
なんか凄い内容ですね〜。><

特殊清掃員、、、本当にありそうで、絶対になりたくない職業ですねぇ〜。^^;



そして、この表紙の絵。

私も一見、あら綺麗☆って思ったのに、、、

ホントォ〜、よく見ると頭蓋骨や眼球が描かれてるなんて、、、。ぞぉ〜〜〜〜!
by picchuko #79D/WHSg
2009/07/15(水) 19:40 [Edit
picchukoさんへ
この本、なかなか凄まじい内容でしたよぉ〜^^;

いつも気にも留めていなかったけど、「そういえば死体の処理って誰がやってるの??」と。

本当に特殊清掃屋さんなんてお仕事があるんですねぇ、、、毎晩悪夢にうなされそうです…笑

オカルト系ホラーも怖いですけど、こういうお話は現実にありそうでさらに恐ろしいです(><)



表紙の絵、パッと見るとどこか芸術的なものさえ感じられますよね!!笑

でもよく見ると結構気味の悪いシロモノがたくさん描かれています…。

今の季節に読むのはちょうど良い本かもしれません♪鳥肌立ちますもの〜^^;
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/15(水) 20:09 [Edit
Re:柳原慧「コーリング 闇からの声」読みました♪(07/14)
こんにちは〜。ちょっとご無沙汰してしまいました。

体調があまり良くなくてそして仕事も忙しくて、お邪魔できませんでした(*^_^*)



この本は怖そうですね。溶ける肉片・・・怖そうですが読みたいです。その前にこの前紹介してもらった天使の囀りが読みたいですが・・・。
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/07/18(土) 14:03 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、ちょっぴりお久しぶりです〜♪

ここ数日、ブログをUPされていないようだったので心配していました(><)

体調はいかがですか?? 今は大分調子も戻ってきたでしょうか…無理だけはなさらないで下さいね☆



この作品、まさに現代のホラーですねぇ。

ブログや最新の医療技術を題材にしているあたり、とても身近な分恐ろしさも増します…^^;

このミス出身作家は、個人的にあまり相性が合わない方が多いんですが、

柳原作品は他にも色々と読んでみたくなりました〜♪



「天使の囀り」絶対日向さんもお好きだと思います…(^^ゞ

実は、日向さんの感想を伺うの、今からワクワクしているんですよ(笑)

nanacoは昔読んだ貴志さんの「黒い家」を再読したいと思って探しているんですが、、、

一体どこに紛れ込んでいるのか、なかなか見つける事ができません〜〜泣

ここ2週間ぐらい、ずっと探してます…
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/18(土) 14:24 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。