08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.04 *Sat*

「宮廷画家ゴヤは見た」観ました♪




【宮廷画家ゴヤは見た】rating_47.gif

時は18世紀末から19世紀初め、動乱のスペイン。ゴヤは宮廷画家という名誉の絶頂にいながら、権力を批判する絵画を描いていた。彼にとって絵筆は、人間の本質を見つめる目であり、悪を暴く武器なのだ。ある日突然、イネスが、ロレンソが指揮する異端審問所に囚われる。彼女を救おうとしたゴヤが見た、驚くべき“真実"とは―?


物凄〜〜く久々の映画レビューですballoon_59.gif (2ヶ月ぶりくらいでしょうか…) 

本当は「ブーリン家の姉妹」が観たかったんだけど、まだどうしても借りられないので。
同じナタリー・ポートマンが出演している「宮廷画家ゴヤは見た」にしました。

ゴヤと言えば「我が子を食らうサトゥルヌス」のような不気味な絵が思い浮かぶのですが…
この映画のゴヤは、そんな陰鬱な雰囲気は微塵も感じられない人当たりの良い人物でした。
↑あっ、グロいの苦手な人は上のリンク開かないでくださいね!!笑


goyasghosts.jpg


ナタリー・ポートマンの女優魂に脱帽ですballoon_91.gif
前半のうら若き美貌の女性から一転して、後半の見るも無残な転落ぶり。

ユダヤ教徒の疑いで異端審問に掛けられ、十数年も牢獄に捕われることになったイネス。
もちろん彼女はユダヤ教徒ではなく、とても信心深いキリスト教徒なのですが…。
この時代は本当に怖い。「疑いがある」というだけで即牢獄行きなのねballoon_89.gif


goyasghosts_poster.jpg


人間の醜さと欲望が全面に押し出されている気がして、ドドーッと気分が落ち込みます。
カトリックが絶対的な権力を持つ、今では考えられないような理不尽さがまかり通る時代。
そんな中を生きてきた民衆は、なんて無力なんでしょう…!!!

この映画は、あくまでもその時代の一部分を切り取っただけで、
きっとイネスのような人生を歩んできた人々が、沢山いたんでしょうねぇballoon_73.gif

「宮廷画家ゴヤは見た」というタイトル通り、ゴヤはこの時代の傍観者でしかないのね。

彼の目線はある意味淡々としていて、時には冷たささえ感じられるんだけど、、、
彼の残した数々の絵画からは、腐敗と醜さにまみれた体制への批判と憤りが見て取れます。

エンドロールで流れる、あの切なげな歌が頭から離れません!!笑



関連記事

COMMENT

Re:「宮廷画家ゴヤは見た」観ました♪(07/04)
中世、の感じが良いですね。たしかに怖い時代ですね。映画はあんまり見ないのですがたまには見たいです。(*^_^*)
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/07/04(土) 11:22 [Edit
Re:「宮廷画家ゴヤは見た」観ました♪(07/04)
観たい作品です〜。

「ブーリン家の姉妹」と「宮廷画家…」劇場での公開時期が重なっていて、

ナタリー・ポートマン頑張ってるなあ…と思った記憶があります。

柊も近いうちに観てみたいです。あ、でも鬱鬱としてしまうのかな…??

by 柊♪ #79D/WHSg
2009/07/04(土) 16:44 [Edit
Re:「宮廷画家ゴヤは見た」観ました♪(07/04)
人間の醜さと欲望・・・・気分が落ち込むには充分ですね(>_<)



カトリックが絶対的な権力を持つ時代には庶民には

厳しそうな時代です。





by Cedie #79D/WHSg
2009/07/04(土) 19:15 [Edit
こんばんは〜♪
おぉ、nanaco☆さんもご覧になったんですね〜。

ホント、ナタリーの女優魂には頭が下がりましたよね。

「ブーリン家の姉妹」でも、野望むき出しのアンをいい味だして演じてますよ〜!!



この時代の、ましてスペインのことは、世界史を取ってなかった私には無知の世界でした。

だから、そういう意味では非常に興味深かったのですが、ちょっとイマイチ好きにはなれない映画でした。

それは「ブーリン・・・」の方もそうかな。

年をとってきたのか(笑)、もっと心に染みわたる作品が好みになってしまいました。



しかし、最後のシーンは印象深いですねぇ〜。^^
by picchuko #79D/WHSg
2009/07/04(土) 20:09 [Edit
日向 永遠さんへ
この時代の作品って面白いですよね。

本で読むとちょっと難しいところがありますが、映画だとすんなり頭に入ってきます^^

観ていると鬱々としてきちゃう作品ではありますが、面白かったです♪



nanacoも映画レビュー、2ヶ月ぶりくらいですよ…笑

本やゲームにばかり時間を取られていたので、映画のレビューの書き方を忘れていましたよぅ。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/05(日) 07:38 [Edit
柊♪さんへ
そうそう、「ブーリン家の姉妹」と重なっていましたよね!!

しかも予告で観ると、どことなく役柄が重なっているような気がして…笑

でも、予想していたのと大分雰囲気が違う作品でした。



ナタリー・ポートマン、「レオン」の子役の時は衝撃でしたけど、

こういう役柄も出来るようになってきたんんだなぁ…と、ちょっと驚いています(><)

なんとなく清潔な役柄のイメージばかりだったので、今回は別の意味で衝撃でした。

どうもナタリーと、キーラ・ナイトレイが昔から重なるんですよねぇ。どうしてだろう…笑

柊さんもご覧になったら、是非レビューUPしてくださいねー♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/05(日) 07:42 [Edit
Cedieさんへ
はーい^^;ガッツリ気分が落ち込む映画ですよ!!笑

こういう時代の作品って、理不尽で暗い映画が多いのに何故か好きなんですよね…

あの衣装とか重厚さが気に入ってるのかもしれません(^^ゞ



この時代の庶民は大変だったでしょうねぇ。

しかも絶対的な権力を持つ教会までもが腐敗してるとなれば、、、

うぅ、この時代に生まれなくて良かった…笑
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/05(日) 08:15 [Edit
picchukoさんへ
遅くなりましたが、やっとこさ観ましたよ!!

「ブーリン…」のほうは人気があるのかまだ借りられないんです…グスン。

あちらではエリザベス女王の母親役でしたっけ??^^

ナタリーと一緒に出演しているスカーレット・ヨハンソンも好きなので楽しみです♪



確かに…なんだか気分が落ち込む映画ではありました。笑

イネスのような女性はこの時代沢山いたんでしょうけど、、、あまりにも理不尽すぎますよね。

最後の場面、ものすごく印象に残っています!!

ロレンソが悔い改めなかったのは、自分の犯した罪を償うつもりだったんでしょうか…

イヤな奴だったのに、なんだかガックリと落ち込んでしまいました(><)

ゴヤ役のステラン・スカルスガルド、愛嬌のある顔ですごく良かったですね♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/05(日) 08:24 [Edit
Re:「宮廷画家ゴヤは見た」観ました♪(07/04)
私も同じような経緯で 借りて見ました^^

暗〜くなりましたね。

ゴヤの「カルロス4世の家族」は 王家を おちょくった画だそうです。

by yorosiku! #79D/WHSg
2009/07/05(日) 16:25 [Edit
yorosiku!さんへ
おぉ、yorosiku!さんもご覧になりましたか♪

観ているうちに、なんとも鬱々としてきちゃう映画でしたよねぇ^^;

ナタリー・ポートマンが美貌の持ち主なだけに、後半の演技は鬼気迫るものがありました!!笑

いやぁ、凄いですね女優さんって…。



「カルロス4世の家族」あの意地悪そうな顔した絵ですね??

確かに、おちょくってる気がしますねぇ。何もこんな表情を書かなくても!!笑

ゴヤは自分の絵に、王家に対する精一杯の風刺をこめたんでしょうか…

ゴヤ役のステラン・スカルスガルド、なかなかハマり役でしたよね♪

次こそは「ブーリン家…」が観たいです!!(><)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/05(日) 21:44 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1439位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
36位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。