10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.03 *Fri*

道尾秀介「向日葵の咲かない夏」読了しました☆




【向日葵の咲かない夏】道尾秀介rating_46.gif

夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。「僕は殺されたんだ」と訴えながら。僕は妹のミカと、彼の無念を晴らすため、事件を追いはじめた。あなたの目の前に広がる、もう一つの夏休み。


これは、何とも好みが分かれそうな作品ですねぇ…balloon_145.gif
読みながら、なんとなく乙一さん(黒の方の)と同じ匂いを感じました。

夏休みを迎える終業式の日。小学生のミチルは、S君の首吊りの現場を目撃する。
しかし、警察から事情聴取を受けた彼はある衝撃の事実を伝えられる。
「S君の死体は、どこにもなかった」と。

そして一週間後、死んだS君は蜘蛛となってミチルの前に現れる。
「僕は殺された」というS君の主張を信じ、犯人とS君の遺体を見つけようとするが…。


024.gif


登場人物誰もが、少しずつ狂っているのよね…。全員が異常な性癖があるというか。
ほんの少しずつの歯車のズレが、やがて大きな狂気を生むことになります。

何を言ってもネタバレになりそうなので、多くを語ることはできませんが、
人間のエゴや欲望が剥き出しになっているような、ザワリとした不快感があるのよねぇballoon_89.gif
グロさはそれほどないんですが、心理的に気分が悪くなる作品かもしれません。笑

妹のミカが三歳児のわりに妙に大人びた口調だなぁ…とは思っていたけど、
まさかそういうどんでん返しがあるとはね…。こういうミステリもアリなんでしょうか。
乙一さんの「GOTH」に収められている「犬」を思い出しました。

それにしても…岩村先生。
あのまま放っておいて良いんですかね?? 子供達が危険だよぅ…balloon_131.gif


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事

COMMENT

Re:道尾秀介「向日葵の咲かない夏」読了しました☆(07/03)
おはようございます(*^.^*)



この本はまだ読んでいませんが、読んだ息子も同じような事を言ってました。

3歳であの喋り方はないだろうとo(*^▽^*)oあはっ♪

途中まで面白かったけど、オチがどうかなぁ〜と言ってたので、ドンデン返しが気になりますね〜。
by クラスタン #79D/WHSg
2009/07/03(金) 06:15 [Edit
Re:道尾秀介「向日葵の咲かない夏」読了しました☆(07/03)
どんでん返し??

気にはなるけど、読んでてどうにも落ち着かなくて

早々と挫折してしまいました。

再挑戦・・・・悩みます。

by 珂音 #79D/WHSg
2009/07/03(金) 07:00 [Edit
Re:道尾秀介「向日葵の咲かない夏」読了しました☆(07/03)
こんにちはー☆

読まれたんですねぇ…。なんとも不快な作品でした。

何かのインタビューで道尾さんが、

「万人にウける小説を書くつもりはない」みたいなことを仰っていました。

この本、そういう意味では大当たりだと思いますが、

個人的には「…あぁ、そうですか…」という気分でいっぱいです。。。

ていうか黒乙一はこういう感じなんですか?うわぁ…なんか無理かも…

by まる811 #79D/WHSg
2009/07/03(金) 13:38 [Edit
Re:道尾秀介「向日葵の咲かない夏」読了しました☆(07/03)
道尾さん未読です。

「向日葵の咲かない夏」、道尾さんの代表作のひとつのように聞いてますが黒乙一さんに似ているんですか??

いつか読んでみたいと思います〜。
by 柊♪ #79D/WHSg
2009/07/03(金) 17:04 [Edit
Re:道尾秀介「向日葵の咲かない夏」読了しました☆(07/03)
こんばんは〜♪



この作品、前から気になっていたんですけど、

そういう内容だったんですねぇ…^^;

大分、思っていたのと違うような。。。

心理的に気分が悪くなる作品って…

何だか、読むのを遠慮したくなっちゃいました(^^ゞ

でも、どんでん返しの部分は、

好奇心をくすぐられますねぇ(^^)
by miwa125 #79D/WHSg
2009/07/03(金) 18:15 [Edit
道尾秀介さん、、、
こんにちは。

昨年からずっと気になっている作家さん。

こないだこれを買おうか迷ってやっぱりやめました(笑

人によって評価がホントに違うんですねぇ。

もう暫く逡巡しときますー

by さくら #79D/WHSg
2009/07/03(金) 18:56 [Edit
Re:道尾秀介「向日葵の咲かない夏」読了しました☆(07/03)
なんだかダークな感じがしますねw

しかも登場人物もなんだかちょっとコワい感じがしますww

この方の作品はこういう感じのものが多いんでしょうか??



by Cedie #79D/WHSg
2009/07/03(金) 21:17 [Edit
Re:道尾秀介「向日葵の咲かない夏」読了しました☆(07/03)
ん〜・・・^ ^;

子供が死んでたり、蜘蛛になってあらわれたり・・・ポイントになる部分が全て苦手っぽい気が。。。

手を出さない方のリストに入れておきます!

情報、ありがと〜!!

by エンブレムT #79D/WHSg
2009/07/03(金) 21:51 [Edit
Re:道尾秀介「向日葵の咲かない夏」読了しました☆(07/03)
nanaco☆さんが非常に悩んで3つ星を付けたことが窺えます。。。

作品のあらすじを読みながら、なんかどこかで読んだような気がするなぁ〜って思ったら、

乙一さんの作品に近いのかぁ〜。^^

でも、中身の濃さが少し違うのかな?

蜘蛛に姿を変えるのですが、、、う〜、どんな雰囲気だろう。。。

3歳のミカの口調は面白そうですね。^^
by picchuko #79D/WHSg
2009/07/03(金) 22:24 [Edit
クラスタンさんへ
おぉ、息子さんも読まれたんですね!!

「そういう設定」と納得しちゃえばこっちのもんだとは思うんですが…笑

でも読んでいる間中違和感がありまくりでした。

トリックだけで言えば、とてもレベルの高いものだとは思うんですけれどね〜^^;

ストーリーは嫌いだけど、あのどんでん返しは凄いので、かろうじて☆3つってトコです。笑



ところでこの作家さんの著者近影を見ると、随分と物静かな感じの方のようで、、、

この方がこんな作品を書かれるなんて、人は見かけによらないなぁなんて考えちゃいました(^m^ )
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/04(土) 05:34 [Edit
珂音さんへ
珂音さん、この作品挫折されちゃいましたか(><)

それ、すっごく分かる気がします……なんていうか、読んでて不快感があるんですよねぇ。

それがずっと不思議でした。グロさでいうなら乙一さんのほうがもっと凄い事になってますし。

サブリミナル効果じゃないけど、気付かない程度に特殊なモノを仕込んでるのかしら…??笑



ラストのどんでん返しは、その不快感を差し引いてもさすがと思いました!!(*^^*)

この☆3つは、そのトリック分の評価です。ストーリーに関しては☆−を付けたいところです。笑

この作家さんの作品、他にも気になるのがあるんだけど、、、どうしましょう。うぅ。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/04(土) 05:43 [Edit
まる811さんへ
まるさんのレビューにビビりつつも、何か夏っぽいし…と安易な気持ちで読んじゃいました…笑

これ、なんだかとっても評価が分かれる作品のような気がしますねぇ。

色んなブログを徘徊してみたんですが、中には絶賛されている方もいるようで^^;

なるほど、確かに万人受けはしないけど一部受けはするタイプの作品かもですねぇ。笑



設定自体はどこか黒乙一と似ているんですが、乙一さんのはこういう不快感はありませんよ〜♪

多分「向日葵…」は、主人公に感情移入ができなかったんだと思います。

唯一ミカちゃんが好きだったのに、彼女までもが●●だったとは!!( ̄  ̄メ)

なんていうか、気分がどんよりしちゃう本でしたねぇ…ちょっとグッタリです。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/04(土) 05:50 [Edit
柊♪さんへ
前にアンソロジー「七つの死者の囁き」の中に収められている、

「流れ星のつくり方」はすごく気に入った作品であったんですが……

今回は個人的に、どうにもこうにも違和感&不快感ありまくりの作品でしたねぇ(T_T)

でも他のブログの評価を伺うと絶賛されている方もいらっしゃるようで。

かなり好みの分かれる作品だと思います〜^^;



そうなんです。雰囲気はかなり黒乙一に似ている感じがします!!

「ある事」を前提としたトリックで、すっかり騙されてしまいました。

読み返せば納得できる部分が沢山ありそうなんですが、なかなか再読する勇気がぁ…泣

柊さんも機会があったら読んでみてくださいね♪どんでん返しは凄いです。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/04(土) 05:58 [Edit
miwa125さんへ
miwaさんもこの作品気になっていましたか♪

タイトルも妙にそそられるし、表紙も綺麗なんですよねぇ。

でも、読了した今はこの表紙を見るだけでちょっと鳥肌が立つような^^;

…って、読む前からこんな先入観植えつけちゃいけないですね!!笑

あくまでも主観ですが、ストーリーは受け付けなかったものの、

トリックに関してはかなり高い評価をあげたいです(><)

叙述トリックっていうんでしょうか……すっかり騙されていた事に気付きました☆



デビュー作の「背の眼」が気になっていますが、こちらは心霊系…?? かなり怖そうです。笑

前に「七つの死者の囁き」に収められた短編はすごく素敵な作品だったので、

またああいう作品が読めたら良いなぁと思うんですが^^
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/04(土) 06:10 [Edit
さくらさんへ
この作家さん、なんだか興味を引く作品が沢山あるんですよねぇ…

ホラーサスペンス大賞を受賞したらしい「背の眼」も気になるところです^^

グロとかホラーはさほど抵抗はないはずなんですが、これはちょっとダメだったみたいです。笑

乙一さんほどグロくないし、怖いわけでもない…なのにこの不快感は?? 未だに謎ですねぇ…。



そうそう、他の方のレビューを見てくると、高い評価もちらほらと見かけますね♪

一部ウケはしてるんでしょうねぇ(^^ゞ

まだこの作品しか読んでいないので、文庫化されているものから少しずつ読んでみたいです☆

さくらさんも読まれたら、是非レビューUPしてくださいね(*^0^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/04(土) 06:17 [Edit
Cedieさんへ
この作家さんは今回初めてだったので、まだイマイチ作風がつかめていません(⌒o⌒;A

他の作品はどうなんでしょうねぇ?? 実は気になる作品がいっぱいあるんですが…

また今回のような展開になるのかと思うと、ちょっと怖気づいちゃいます。笑

今考えるとミステリって幅が広いですね。こういうのもアリなんだなぁ、と。

ホラーならホラーで割り切って読めるんですけどね。今回はちょっと予想外の展開でした^^



登場人物がちょっとずつおかしいっていうのが、違和感の原因かも、、、ですね。

こんな先生いたらヤダヨー!!っていう異常な性癖を持った教師が登場します。笑

それでも、今の時代こんな人も実際にいるんですよね。怖い世の中になったもんだ……
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/04(土) 06:23 [Edit
エンブレムTさんへ
手を出さないリストってのもあるんですね!!笑

さすがエンブレムTさん…nanacoもマネッコしようかなぁ(* ̄m ̄)

こういう作品なら、かえってホラーのほうが受け付けられるかもしれません。

中途半端に子供達が可哀相だから、どうにもこうにもやりきれなくなっちゃいます…

この作家さん計算してるのかしら?? ってくらいピンポイントに不快ポイントを突いてきました。



しかも先日の「天使の囀り」に続き、またもや蜘蛛関連とは…何か縁があるんでしょうか。

いやですよぅ、蜘蛛との縁なんて!!

文章は読みやすいのでサクサクいけちゃいましたが、とっても残念な結果です。笑
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/04(土) 06:32 [Edit
picchukoさんへ
基本的に評価は甘めなので、3つ☆っていうのは結構珍しいかもですね!!

最後のどんでん返しとかトリックとか、評価したい部分は沢山あるんですけど……

どうしても読んでいる間の不快感が気になってしまって^^;

とりあえず最後まで読んだ事に、自分を褒めたいと思いますぅ。笑



picchukoさんも、すっかり乙一作品の作風分かってらっしゃいますね!!(^m^ )

そうなんです、雰囲気はとっても似ているんですが、こっちはもっとドロリとした感じです。

うー、、、なんとも評価というかレビューの書きづらい作品です。

こういう本の後は、爽やかなのが読みたくなりますね♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/04(土) 06:39 [Edit
Re:道尾秀介「向日葵の咲かない夏」読了しました☆(07/03)
いま一つな評価ですね。でも面白そうな内容です(*^_^*)



積読状態なのでいつか読みたいと思ってます。

by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/07/04(土) 11:20 [Edit
日向 永遠さんへ
好みから言うといまひとつでしたが、トリック的には凄いと思いましたー!!

まさかこんな仕掛けがあったとは…と。なんだか空恐ろしい作家さんです。笑

日向さんの「向日葵…」のレビュー、楽しみに待っていますね(*^ー^)ノ



道尾作品、他にも色々と出ているようですごく気になるところです^^

前に日向さんが紹介されていた「背の眼」も面白そうですよねぇ♪

…でも、心霊系でしょうか?? う、ちょっと怖いかも。笑
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/05(日) 07:34 [Edit
Re:道尾秀介「向日葵の咲かない夏」読了しました☆(07/03)
この本、万人受けしないラストなのに、近所の本屋では異常に売れているようですよぅ〜^^;

いつも、誰かがお買い上げしている姿を目撃しちゃってます(笑)

内容は小学生が主人公の割にショッキングだし、うっかり読書感想文の本として選んじゃったりした日には、大変なことになりそうですよね・・w

私的にもこの本は微妙でした・・・。
by かをる。 #79D/WHSg
2009/07/11(土) 19:25 [Edit
かをる。さんへ
や、やっぱりかをる。さんもこの本微妙でしたか!!^^;

道尾さん、前にアンソロジーに収録されている作品を一つ読んだだけなんですが、、、

トリックには驚かされたものの、あまり後味の良いタイプではないですねぇ…

どこか乙一さんと似た所がありますけど、こちらは感情移入が全くできませんでした(T_T)



あはは!! 確かにこれ読書感想文に選んだ日には……笑

担任から「おたくの○○君、何か悩みを抱えていませんか?」とか心配されそうです。

でもタイトル的にも、小学生が主人公という点でも、一見読書感想にピッタリなんですよねぇ。

うちの近くの本屋さんでも、未だにこの本が大量に平積みされてます。

「あぁ、そんなに誇大広告するなよー…」といつも思っちゃいます。笑
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/07/12(日) 06:55 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。