FC2ブログ
Welcome to my blog

長野まゆみ「箪笥のなか」読みました〜♪

ななこ



著者:長野まゆみ
出版社:講談社
サイズ:文庫
ページ数:253p
発行年月:2008年09月
価格:\540(税込)


【箪笥のなか】長野まゆみrating_48.gif

親戚の家からゆずりうけてきた、古い紅い箪笥。年ふりたそのひきだしからは、時に不思議なものたちがあらわれる。そして箪笥によばれるように、この界ならぬ人びとがわたしを訪ねてやってくる―。現実と非現実のあわいの世界をたゆたうものものを細やかな筆致で描き出し、著者の新境地を示す連作小説集。


ブログのお友達miwaさんに紹介していただいた本です〜balloon_28.gif (miwaさん、いつもありがとう!) 

ずっと気になりつつも、なんとなく手を出さずにいた長野さん。
miwaさんの評価が高かったので、今回初めて挑戦してみることにしました。

「わたし」が親戚から譲り受けたのは、古くて紅い箪笥。
その箪笥を譲り受けた時から、「わたし」と弟の周りでは次々と不思議な現象が起こり始める。
箪笥の引き出しが、現実と異界を結ぶ役割を果たしているようで…


leaf_03.gif


こういう古めかしい空気、すごく好きだなぁballoon_123.gif
現実と異次元が隣り合わせになっていて、ふとした拍子にフッと繋がるような感じ。
先日読んだ、梨木香歩さんの「家守綺譚」の雰囲気に近い気がしますねぇ。

普通の小説とどこか違う、なんだか純文学的な要素があるなぁなんて思っていたら、、、
その違和感の原因に気付きました。本来会話で使われる「 」が一つも出てこないんですね!
だからなのかな、現実なのか非現実なのか…その狭間をふわふわと漂っているような感覚。

昔から不思議なモノを見るのんびりとした弟と、そんな彼をいつも温かい目で見る姉。
姉弟の距離感が、とても理想…というか、読んでいて心地良いんですよねぇballoon_85.gif

弟が、紅い箪笥のそばで眠ると、見知らぬ人物が枕元に立ったり…と、
一見ホラー風ではあるのですが(笑)不思議と温かい郷愁の念を感じさせます。
古い家特有の心をホッとさせるような匂いが漂ってくるような、、、とても素敵な作品ですballoon_133.gif


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
Posted byななこ

Comments 12

There are no comments yet.
まる811  
Re:長野まゆみ「箪笥のなか」読みました〜♪(08/26)

おはようですー☆

うわぁ…これもおもしろそうですねぇ…

一瞬「タンスから変なものが出てくるってドラえもんみたい」

と思いました。(まぁドラちゃんは机だけど)

「」がないってどんな感じなんでしょう〜。

あぁ、コレ読みたいです。

かつくらで得た情報でも頭パンパンなのに読みたい本を増やさないでおくれ…

2009/08/26 (Wed) 08:08 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:長野まゆみ「箪笥のなか」読みました〜♪(08/26)

こんばんは〜♪



おぉ!nanaco☆さん、読まれたんですねぇ(^^)

そうそう、こういう古めかしい雰囲気のある作品って、 

何だか心が落ち着くんですよねぇ…(*^_^*)

ときどきこういう作品を、

無性に読みたくなるときがありますよね〜♪



箪笥が異世界と繋がっているという発想も面白かったし、

何だか異世界が身近に感じられるようなお話でしたよね^^

弟夫婦の赤ちゃん(名前忘れちゃった^^;)が

物語に可愛さを添えていたような気が。。。

箪笥から次はどんなものが出てくるのか…

ドキドキワクワクしながら読んだのを覚えています(^^♪

雰囲気としては、秋の夜長に読みたくなるような

そんな作品でしたよね〜!?^^



TBどうもありがと〜(^^)/

こちらもTBさせてくださいね☆

2009/08/26 (Wed) 18:22 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
こんばんは。^^

あはは、私もまるさんと同じで「ドラえもん」の引き出しを思い出しましたよ。(笑)

ですが、もっと古風で怪しげな魅力の箪笥ですね〜。

私もちょっぴり引き出しを覗いてみたくなりました。



こういう異次元の空間っていいですよね〜。

nanaco☆さんの大好きな「アイルランド幻想」もそうですよね。

こちらは和風バージョンなのでしょうか。

その雰囲気を大切にするための工夫もお見事ですね。^^

2009/08/26 (Wed) 19:09 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
Re:長野まゆみ「箪笥のなか」読みました〜♪(08/26)

よく名前だけはお見かけるする方ですがなんとなくイメージで恋愛モノを書く人かなあと勝手に思ってました。



むしろホラー的な感じとのことなのでちょっとびっくりしてしまいましたwwちょっとだけナルニア国物語を思い出しました(*≧m≦*)











2009/08/26 (Wed) 20:15 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:長野まゆみ「箪笥のなか」読みました〜♪(08/26)

私は韓国のホラー映画「箪笥」を思い出しました。

なので、これも怖いのかと。。。(^^;)

不思議なモノでも、温かみがあるとホラーというよりファンタジーになるんですね。

2009/08/26 (Wed) 20:59 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
まる811さんへ

この本、すごく良かったですよ〜♪

面白いというよりは、しみじみとその雰囲気を味わう感じでしょうか…(*^v^*)

秋の夜長にまったりと楽しみたい作品ですねぇ。

まるさんも癒しが欲しくなったら、是非読んでみてください〜♪



ドラちゃん!そう、あのドラちゃんが机の引き出しから出てくる雰囲気に似てます。

異世界と繋がってる扉とか、引き出しとか、昔から妙な憧れを持ってます…

どこでもドア、nanacoの部屋にもないかなぁ。あっ、古代機械でもいいや(笑)



かつくら、面白そうな本いっぱいありまくりですよね!

かつくらが出た次の月は、何気に本の購入率が高くなります^^;

でも、難点はハードカバーが多い事なんですよねぇ。

2009/08/26 (Wed) 21:27 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、とっても素敵な本を紹介していただいてありがとで〜す(≧∇≦)ノ

事後報告になりますが、TBさせていただきました♪miwaさんもお返しTBありがと〜^^



この本読みながら、「あぁ、なんだかmiwaさんの雰囲気にピッタリだなぁ…」なんて思いました。

こういう現実と異世界が同居したような作品って、すごく好きなんですよね♪

「家守綺譚」を読んだ時も思ったんだけど、、、

なんだか随分昔に忘れてしまったような感覚を、取り戻せそうな…そんな気がするんです(><)



あっ、弟夫婦の子供、ハトですね?!

うんうん、すごい可愛い〜ハトのおかげで物語全体がふんわりと柔らかい雰囲気になってました♪

というか、弟ののんびりしている性格も、かなり好きです(笑)

夏の終わりとか、秋の夜長にピッタリの作品ですよねぇ^^

もう一冊長野さんの作品が積読になっているので、こちらも近いうちに読んでみま〜す☆

2009/08/26 (Wed) 21:35 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

ふふふ…picchukoさんもドラちゃんを思い出しましたか!(笑)

ドラちゃんの箪笥バージョンって感じでしょうか^^

こちらはもうちょっと古風な感じですけど、雰囲気は似ているかもです♪



そういえば、最近大きな箪笥ってあまり見かけなくなりました…

祖母の家には古くて大きな箪笥があったけれど、、、nanacoのうちのはクローゼットですもの。

あの箪笥の手触りとか、木の香りとか、なんだか安心しますよね(^^ゞ



異次元の世界、大好きです!!

「アイルランド幻想」もそうですけど、全くの異世界というわけではないんですよねぇ♪

現実と非現実が混ざり合っているような感じが、すごく好きです(^m^ )

…「アイルランド幻想」に登場する人達みたいな目には遭いたくないですけどね(笑)

2009/08/26 (Wed) 21:42 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:長野まゆみ「箪笥のなか」読みました〜♪(08/26)

こんばんは〜☆

箪笥が異世界につながっている・・・面白そうです。

長野まゆみさん名前だけは存じ上げているのですが未読です。

ううっ、面白そうですが・・・積読本が山となっているので・・

悩みます。でもいつか絶対に読みます。

2009/08/26 (Wed) 21:42 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

おぉっCedieさん、やっぱり鋭い!

ナルニアも確かに衣装ダンスから異世界へ繋がっていましたもんね〜♪

(あぁ、またナルニアが観たくなってきた…笑)

こちらの本は、もうちょっと小さな不思議って感じでしょうかねぇ。

ホラー要素も、懐かしさを加えればファンタジーになっちゃうんだなぁと思いました♪



長野さん、nanacoも恋愛物を書く作家さんだと思っていました…^^;

まだ他作品を読んでいないのでなんとも言えませんが、すごく好みな雰囲気です。

梨木さんの本を読んだ時にも感じましたが、やっぱり日本語ってすごく綺麗だなぁ、と☆

これからちょっと注目していきたい作家さんです(*^^*)

2009/08/26 (Wed) 21:49 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

あぁっ…!ホラー映画の「箪笥」!!!(><)

観ようかと思ってたんですが、予告で既に怖気づきました(笑)

ハリウッドホラーならいけるんですが、アジアのホラーって超怖いですよね。

やっぱりアメリカの怖さって、ゾンビ系だからそれほどでもないのかしら…

韓国とかタイとか…このあたりの怖さは日本人にも共通するものがありますよね〜^^;

「着信アリ」映画館に観に行って、半泣きになって帰ってきた記憶が(笑)



この本は、ちこさんの仰るとおりファンタジーの要素が大きかったです♪

まさに「不思議+温かさ=ファンタジー」の典型的な例でしたよ(o^―^o)

そういえば「しゃばけ」もこんな感じですね。。。

2009/08/26 (Wed) 21:55 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

長野さん、nanacoもいつか読もう読もうと思っていたんですが、、、

miwaさんに紹介していただいたおかげで、やっと読む機会がまわってきました♪

初めて読む作家さんって、肌に合うかどうか分からなくてドキドキしますよね〜(><)

でも長野さんのは、懐かしさを覚えるというか…以前から馴染みがあるような感じでした。

日本語も美しくて、とっても素敵な作品でしたよ^^



わ、分かります…積読…

日々増え続けていく積読本を見て見ぬふりをしながら、

やっぱり新刊コーナーをチェックしてしまいます〜^^;

現在の積読本、84冊です。こういう時読書メーター便利ですね…便利…なのか?(笑)

2009/08/26 (Wed) 22:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply