10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.08.11 *Tue*

小川洋子「まぶた」読了しました☆



著者:小川洋子
出版社:新潮社
サイズ:文庫
ページ数:221p
発行年月:2004年11月
価格:\420(税込)


【まぶた】小川洋子rating_46.gif

15歳のわたしは、高級レストランの裏手で出会った中年男と、不釣合いな逢瀬を重ねている。男の部屋でいつも感じる奇妙な視線の持ち主は?―「まぶた」。母のお気に入りの弟は背泳ぎの強化選手だったが、ある日突然左腕が耳に沿って伸ばした格好で固まってしまった―「バックストローク」など、現実と悪夢の間を揺れ動く不思議なリアリティで、読者の心をつかんで離さない8編を収録。

この本、妙に気になってたのよね。表紙が怪しくて…(笑)

乙一さんみたいなブラックなお話を期待していたんですが、ちょっと軽すぎました〜balloon_145.gif
個人的には、もっと奇怪でおどろおどろしい作品のほうが好みですねぇ。

あるみすぼらしい野菜売りのおばあさんから、不思議な種をもらう<中国野菜の育て方>
冒頭で登場するある男と女。徐々に二人の秘密の関係が明らかになる表題作<まぶた>
ウィーンに住むある双子の老人との出会いを描いた<リンデンバウム通りの双子>

↑このあたりは、雰囲気は好きなんですが。。。


02.gif


8編とも題材は突飛で面白いのですが…いかんせん、オチがないんですよね。
「おぉ、この先どうなるんだろう?!」と思わせておいて、ここで終わるのか…みたいな(笑)
どれも中途半端に投げ出されてしまった印象で、肩透かしを食らった気分ですよぅballoon_89.gif

そういや、この作家さんの「博士の愛した数式」も個人的には微妙だった。
単に数学が苦手だからなのかもしれませんが。周りの評判は良かったもんなぁ…。


   映画にもなりましたね☆ 


どちらの作品も悪くはないんですが、可もなく不可もなく。要するに<普通>です。
小川さんの他作品を読む日がくるかどうかは、かなり微妙なところだわぁ。
あくまで主観でのレビューなので、悪しからず!(笑)


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事

COMMENT

Re:小川洋子「まぶた」読了しました☆(08/11)
この表紙は確かに怪しくて魅力的かも。

期待しちゃいますよね、怪しいお話を。

でも軽いのかぁ、残念ですねぇ。

小川洋子さんの作品って気にはなるんですが、あんまり読んでないです。。。

「ブラフマンの埋葬」はそこそこでしたよぉ、不思議な感じのお話でした
by ちゃと屋 #79D/WHSg
2009/08/11(火) 07:14 [Edit
ガッツ真心応援
Good morning.

全国的に荒天で異常気象ですね。

長崎は、とても蒸し暑い曇りです。

梅雨明け宣言が出ましたが

数日間の明るさでした。



東北地方は、とうとう梅雨明け宣言が

ないまま時が過ぎ去ったようです。

せめて13,14,15のお盆は

晴れて気持ちの良いお盆になりますように。



Happy day.

Thanks.
by 神風スズキ #79D/WHSg
2009/08/11(火) 07:23 [Edit
Re:小川洋子「まぶた」読了しました☆(08/11)
あ、私もおどろおどろしいの何気に好きです。

どうせやるなら徹底的にやってくれって思っちゃいますよね(笑)

オチ無し、肩透かし・・・それは辛いかも。

でも何気に「まぶた」は気になるので、本屋さんで見つけたら、そこだけ立ち読みしようかな(笑)

あっ図書館でもいいや。
by ☆ちこ #79D/WHSg
2009/08/11(火) 07:33 [Edit
Re:小川洋子「まぶた」読了しました☆(08/11)
雰囲気は良さそうなんですが、微妙でしたか?

博士の愛した数式 は結構好きでした!!

他の小川作品は読んだことないです。(*^_^*)



今日から休みです。今日は横浜の本社の方にちょっとでかけてきます。赴任中にみつけた大きな本屋さんめぐりしてきます(*^^)v
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/08/11(火) 07:41 [Edit
Re:小川洋子「まぶた」読了しました☆(08/11)
作家さんとは相性ですからね〜。

周囲で評判が良くても、読んでみたらイマイチっていうのよくありますよね。

小川洋子さん、図書館でパラ見程度しか読んだことないのですが、私も苦手です。



この作品の表紙、まがまがしくてインパクトが大きくて書店で見るたびに気になっていました。読みたいという意味でなく、怖くて(笑)
by タシガミ #79D/WHSg
2009/08/11(火) 08:27 [Edit
Re:小川洋子「まぶた」読了しました☆(08/11)
一口に小川さんといっても柊の場合、好きな作品とそうじゃない作品と両極端に分かれています。

「博士…」や「猫を抱いて…」などは大好きですが、初期の頃の短編集などは苦手だったりします。

同じ作家さんから生まれた作品なのに不思議です^^;

by 柊♪ #79D/WHSg
2009/08/11(火) 11:42 [Edit
ブラックじゃないのかぁ
こんにちは。

表紙とタイトルで、ブラックなのかと思ったら違うんですね。

それは肩透かしですねぇ。

「博士の〜」は映画を見た気がしますが、内容がさっぱり思い出せません。

桜がきれいだったなぁってことしか…。

by さくら #79D/WHSg
2009/08/11(火) 17:32 [Edit
ちゃと屋さんへ
そうなんですよね〜^^;

あらすじと表紙から、もっとおどろおどろしいお話を期待していたんですけどねぇ。

ホント、個人的にはかなり残念な結果です(笑)

最近中国の怪奇譚みたいなお話が読みたいなぁと思うんですが、何か良い本ないですかねぇ…



「ブラフマンの埋葬」はそこそこ面白かったんですね♪

ちょこっとだけ調べてみましたが、、、動物系ですか?? むむぅ、気になる…

不思議なお話は大好きなので、すごく興味あります(^m^ )

次こそ違う作品に挑戦してみて、それもダメだったらしばらく小川さんから離れてみます!(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/11(火) 21:18 [Edit
神風スズキさんへ
いつもご訪問ありがとうございます♪

本当に、ビックリするぐらい暑くなりましたね〜(><)

神風スズキさんも体調を崩されないように気をつけてくださいね。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/11(火) 21:20 [Edit
☆ちこさんへ
表題作「まぶた」はあっという間に読み終えちゃうので、是非読んでみてください♪

この不思議な雰囲気は好きなんですけどねぇ…

でも、何ていうんでしょう。少しずつ何かが狂っているような気がしてならないんです〜^^;

それにしてもオチなしってのはツライですねぇ。どれも中途半端な印象で不完全燃焼です!



あっ、ちこさんもおどろおどろしいお話好きですか?(笑)

nanacoも怪奇譚とか大好きなので、また「桃夭記」みたいのが読みたいんですけどねぇ。

あとケルト系のお話がよく解る本も読みたくて!

好みの本を探すのも意外と大変です。。。(><)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/11(火) 21:24 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、今日は大きな本屋さん行ってみましたか??(*^v^*)

きっと、その辺の本屋さんにはないような本も、色々揃っているんでしょうねぇ…

nanacoの行き着けの本屋さんには、欲しくても置いていない本が多いので、

「どうしても欲しい!」という時はやっぱりネットになっちゃいます〜^^;

ネットは便利ですけど、やっぱり手に取ってパラパラと捲ってみたいなぁという気がします。



今回読んだ「まぶた」個人的にはかな〜り微妙な作品でした。

「博士…」とこの本の2冊しか読んでいないので、まだこの作家さんとの相性は謎ですが…

どれも可もなく不可もなくっていう印象が強かったです(><)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/11(火) 21:29 [Edit
タシガミさんへ
ですよねですよね!

この本の表紙妙にインパクトがあって、手に取らずにはいられませんでした(笑)

でも、なんていうか…かなり軽い感じの作品ですねぇ。ブラックさはほとんどありません^^;

オチもなくて、「で、結局?」と問わずにはいられません。珍しく辛口です(* ̄m ̄)ククク



まだこの作家さんとの相性は分かりませんが、、、

もしかしたらnanacoは女性的な文章を書かれる方って苦手かもしれません。

<柔らかい>とか<ほんのり>とか、そういう要素が入っている作品って、

読んだその時は心地よくても、多分一週間もすれば頭からスッポリ抜け落ちます…(><)

みんな恩田さんぐらいのインパクトがあれば良いんですけどねぇ(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/11(火) 21:34 [Edit
柊♪さんへ
あっ、そういえば「猫を抱いて…」の本は、

以前柊さんのレビューをうかがって、「面白そう!」と思った記憶があります(^m^ )

確か、チェスが出てくる話でしたよね??(違ったかな…)

あの本は、文庫化されたら是非読んでみようと思っています♪



小川さんの作品にも、色々なタイプがあるみたいですねぇ^^;

初期の短編集って…この「まぶた」も、もしや初期短編集に入るんでしょうか(笑)

本当に、可もなく不可もなくなので、ものすごく感想を書きづらい作品でした。

うぅ〜次の小川作品は、「猫を抱いて…」まで保留にしておきましょうか(^^ゞ
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/11(火) 21:39 [Edit
さくらさんへ
個人的に、この本はかな〜り残念です(笑)

でも、読書メーターを見てビックリ、、、意外と評価が高いみたいなんですよ!

そんな中で思いっきり酷評するのも気が引けて、なんだか中途半端なレビューになりました。

中途半端な本に中途半端なレビュー……(笑)

きっと一週間後には読んだことさえ忘れていることでしょうねぇ^^;



さくらさん、「博士…」の映画ご覧になりましたか〜♪

そうそう、桜が綺麗なのが印象に残っています(*^^*)

nanacoも観たような気がしないでもないですが、あれはもしや予告編だったかも…??

本を読んでから予告編を観たら、なんだか映画を観終わった気になっちゃいますねぇ。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/11(火) 21:45 [Edit
Re:小川洋子「まぶた」読了しました☆(08/11)
小川洋子さん、、、、どこかで聞いた名前だと思ったら、あの「博士の愛した数式」を書いた人だったのですね〜!!

って、「博士〜」すら読んでいませんが、、、。(笑)



内容的には面白そうだなぁ〜って思うんですけど、nanaco☆さん的には肩すかしをくらった感じなんですね。^^

本にも相性がありますものね。

nananco☆さんが3つ星と評価するということは、間違いなく私には面白くなくて読破できない本だということです。

だって、ライオンハートは読破できましたもの!

アイルランド幻想も超ゆっく〜りではありますが、今も読み続けているんですよ!(笑)
by picchuko #79D/WHSg
2009/08/11(火) 23:10 [Edit
picchukoさんへ
あっ、picchukoさんも小川洋子さんの事ご存知でしたか〜♪

そうですねぇ「博士…」がすごく売れましたものねぇ。

こればかりはnanacoがB型だからというわけではなく(笑)、

どうやら自分の好みに合わなかったみたいです^^;

基本的に結構甘い評価なので、☆3つって事は「もぅ、どうでもいいや」という感じです!(爆)

でも、読書メーターを見ても結構評価が高いみたいです〜…

単に数学が出てくるからダメなのかな…グスン(T_T)



おぉっ「アイルランド幻想」少しずつ読まれているんですか!(笑)

確かに、中には少し読みづらいのもありましたよねぇ…

でもあの本は雰囲気を味わえば、読んだも同然ですよ!(≧∇≦)ノ

是非少しずつでも読んで、読破してくださいね〜♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/12(水) 05:27 [Edit
ほんと、
表紙が怪しいですね〜。

小川さんは、やっぱり『博士の〜』が一番なのでしょうね。でも、アレも充分軽いと個人的には思うんですが。
by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2009/08/13(木) 22:13 [Edit
浪漫的狼さんへ
「博士の…」は確かに軽かったですねぇ(笑)

「感動する!」という話をあちこちで聞いていたのですが、、、

どのあたりが感動する場所なのか分からず、テンション低いまま読了しちゃいました^^;



やっぱり作家さんには合う合わないがあるもんなんですねぇ〜…

小川さんは文章自体は嫌いではないんですけれどね。どうもツボが違うみたいです(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/14(金) 05:36 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
26位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。