FC2ブログ
Welcome to my blog

梨木香歩「家守綺譚」読みました!

ななこ



著者:梨木香歩
出版社:新潮社
サイズ:文庫
ページ数:205p
発行年月:2006年10月
価格:\380(税込)  


【家守綺譚】梨木香歩rating_50.gif

庭・池・電燈付二階屋。汽車駅・銭湯近接。四季折々、草・花・鳥・獣・仔竜・小鬼・河童・人魚・竹精・桜鬼・聖母・亡友等々々出没数多…本書は、百年まえ、天地自然の「気」たちと、文明の進歩とやらに今ひとつ棹さしかねてる新米精神労働者の「私」=綿貫征四郎と、庭つき池つき電燈つき二階屋との、のびやかな交歓の記録である。

ブログのお友達さくらさんに紹介していただいた作品です〜balloon_34.gif
いやぁ、本当に良いお話でした。さくらさん、素敵な本のご紹介ありがとうございました!

舞台はおそらく明治時代。
主人公・綿貫は早世した親友・高堂の実家に「家守」として住まう事に。
ある日、その家の掛け軸の中から、高堂がボートを漕いでこちらにやってくる。

「どうした高堂。逝ってしまったのではなかったのか」
「なに、雨に紛れて漕いできたのだ」 (このゆるい会話は何度読んでもニヤリとしちゃう) 
その日から、綿貫の周りで様々な不思議な出来事が起こり始めるが…。


leaf_05.gif


実は梨木さんの作品を読むのは初めて。
「西の魔女が死んだ」が映画化されて有名になりましたが、どうにも食指が動かず。
B型の悲しい性でしょうか……balloon_89.gif 単なる天邪鬼とも言いますが(笑)

この本は、とてもとても一言では表現できません。も〜〜本当に素敵な作品なのballoon_75.gif
サルスベリの木が主人公に懸想をしたり、ひょんな事で助けた狸から恩返しをされたり。
不思議はそれだけに止まらず、河童や子鬼までひょこひょこと登場します。

でもそんな出来事を怪しむでもなく、怖がるでもなく泰然と構えている主人公が良いねぇ。
「あぁ、ビックリしたけど、そんなもんだろう」みたいなのんびりした性格の持ち主。

春、夏、秋、冬。この一冊に日本の美しい四季がギュッと詰め込まれています flower_02.gif
四季折々の花や果実と、それを大切に愛でる想い。日常にまったりと溶け込んだ不思議。
全てが愛おしくて、読了後にホロリと涙がこぼれました…balloon_59.gif

妙に人間くさい犬のゴローが良い味出していますねぇ。

「ゴロー、と呼ぶと、振り返りざま、おぉっという顔をしてお愛想に尻尾を振って見せた。
それから、急ぎの用事がありますんで、とでもいうように、こちらを振り返りつつ、すまなそうに去っていった。」―P134 



bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
Posted byななこ

Comments 23

There are no comments yet.
クラスタン  
Re:梨木香歩「家守綺譚」読みました!(08/05)

オオーw(*゜o゜*)w



やはり「西の魔女が死んだ」の作家さんですね。

たしか姉と話していたときに、「家守綺譚」が面白いと言っていたような・・・。(・_・?)



nanacoさんの評価も高そうですし、面白い本なんですね。舞台が明治時代頃というのも、興味が沸きます。

2009/08/05 (Wed) 09:48 | EDIT | REPLY |   
まる811  
Re:梨木香歩「家守綺譚」読みました!(08/05)

こんにちはー☆

おぉー。さくらさんのところでも思いましたが、すごく楽しそうな本ですね。

「西の魔女が死んだ」、わたしもあまり読む気がしなかったんですが、

そうか、B型の性だったのか。ではしょうがない。

ゴローが妙に気になります。読んでみまーす。

2009/08/05 (Wed) 12:59 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:梨木香歩「家守綺譚」読みました!(08/05)

こんばんは〜♪



この作品、私も読みましたよ〜(^^)v

時間がたっているから、

ちょっと記憶が薄れてますけど、

四季折々の美しさと、のんびりした時間の流れに、

何だか癒されたことを覚えていま〜す^^

河童、人魚…いろんなものが出没したのが、

すっごく面白かったですよねぇ(*^^)

幻想的な雰囲気も、かなり好みでした!!(*^_^*)

2009/08/05 (Wed) 18:19 | EDIT | REPLY |   
さくら  
いい本ですよねぇ

こんにちは。

nanacoさんに気にいっていただけてなによりです♪

王冠だ☆



言葉の美しさと季節の流れがいいですよねぇ。

「イレテオクレヨウ」でもう、この本好きだそ〜って予感がありましたよ。

「西の魔女〜」は私もダメだなぁと思ったけどA型です(笑



今思うとホワイト家族じゃないけど、犬になる前なんかあったのかなぁ。

スピンオフも見たいですね。

TBありがとうございます。こちらからもお願いします。

2009/08/05 (Wed) 18:22 | EDIT | REPLY |   
タシガミ  
Re:梨木香歩「家守綺譚」読みました!(08/05)

梨木香歩さんは「からくりからくさ」と「裏庭」と「りかさん」しか読んだことがないのですが、ふんわりとやわらかく温かいのに、チクリと刺すような所もあって奥の深い作家さんだと思います。



家守ってトカゲのボテっとしたやつでしょー?と思って中々手を出せずにいたのですがnanacoさんのレビューでむくむくと読んでみたくなりました!

2009/08/05 (Wed) 20:26 | EDIT | REPLY |   
てんてん(^^)/  
Re:梨木香歩「家守綺譚」読みました!(08/05)

とても面白そう!梨木さんの不思議話、気になります。読みたい本に入れておこう。



「西の魔女が死んだ」は読み時が有るのかも。まずは中学生の時。そこを外したら人の親になった時かなあ。

とても淡々とした話なんだけど、最後にぐっと来ます。けど、物語に対して素直じゃないと受け取れないかもしれない。(爆)



ということで、そんなB型のnanaco☆さんには裏庭の方がお勧めかもね。



私は将来マイのおばあちゃん(西の魔女)みたいになりたいと思ってます。そのために娘には女の子を産んでほしいんだけどねwww(そこか



2009/08/05 (Wed) 21:10 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:梨木香歩「家守綺譚」読みました!(08/05)

『家守綺譚』、梨木さんの作品の中でも一等大好きな作品です!

いったい何度読み返したことか…。

単行本と文庫と両方持っています(笑)

雑誌「yomyom」に時折載っているのは続編なのだろうか…いつか一冊にまとめられるのだろうかと期待して待っているところです。

『家守綺譚』の姉妹編にあたるという、『村田エフェンディ滞土録』が未読状態で積んであります。

そちらも読まなくては…と思っているところです☆

2009/08/05 (Wed) 21:29 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
クラスタンさんへ

おぉ、お姉さまもお薦めされていましたか!(><)

梨木さんって初めて読んだんですが、本当に本当に素晴しい作品でした♪

ワンコインで(しかもお釣りがくる!笑)こんな素敵な本が読めるなんて幸せです。

明治時代という明確な年代は載せられていないんんですが、「百年少し前」らしいです(^m^ )

クラスタンさんも是非とも読んでみてくださ〜い♪



梨木さんの本、俄然気になり始めてきました…

購入派のnanacoには、文庫で出ている梨木作品が沢山あるのは嬉しい限りです!

2009/08/05 (Wed) 22:08 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
まる811さんへ

この本、本当に良い雰囲気でしたよ〜♪

薄い本なのであっという間に読了しちゃいますが、得られる物はかなり大きいです。

単行本で欲しいくらい!これは永久保存版になっちゃいましたよん( ´艸`)ムププ

ゴローのファンになりました。名前が明治っぽくて好きです(笑)



B型って、基本ベストセラーには手出さなくないですか?(笑)

映画でも本でも、人気絶頂の時にはあえて手を出さず、ほとぼりが冷めた頃にやっと…(* ̄m ̄)

そういえばB型人間は「変人」って言われるのが嬉しいってどこかに書いてありました。。。

2009/08/05 (Wed) 22:14 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

おぉ!既に読まれていましたか♪

この本読んでて、「なんだかmiwaさんの雰囲気に似てるなぁ」って思っていたんですよ。。。

心の底からほんわりと温かい気持ちになれました(*^^*)

また永久保存版入りの本が増えました☆今年のBEST本は大変そうだ〜〜(笑)



そうそう、河童はともかく人魚まで登場したのにはビックリでしたよぅ。

で、それに全く動じない主人公も素敵。色んな意味でおっきい人間なんですね♪

どうやら「村田エフェンディ滞土録」がこの本に繋がりがあるみたいなので、

そう遠くないうちに挑戦してみようと思ってま〜す^^

2009/08/05 (Wed) 22:20 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
さくらさんへ

さくらさん、こんな素敵な本を紹介していただいて感謝感謝です…♪TBありがとうございます^^

見事に永久保存版入りしちゃいました!

さくらさんのレビューで書かれていたとおり、すぐにでも再読したくなっちゃう本ですねぇ。

この先も、大事に大事に読んでいこうと思います☆



「イレテオクレヨウ」みたいに、所々にツボがありまくりですね(笑)

時々プッと笑いながら、心地よい幸福感に浸りながらしみじみと読了しました(*^v^*)

ゴロー…只者じゃないですよ。普段どこで何をしているやら…!

ゴローの前世はなんだったんでしょうねぇ。前世も後世もゴローのままのうような気もします(笑)



「西の魔女…」については、どうやら血液型に関係なく天邪鬼が多いみたいですねぇ(* ̄m ̄)フフ

梨木作品、色々挑戦してみたくなりました♪

まずは積読になってる「村田エフェンディ…」からだ!!

2009/08/05 (Wed) 22:31 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
タシガミさんへ

おぉ〜タシガミさんも色々読まれていますねぇ(^^ゞ

この本を読んで、俄然梨木さんに興味が湧いてきたので、色々挑戦したくなりました♪

「裏庭」が気になる所です…ファンタジーなのかしら??



そうそう、トカゲのぼてっとしたやつです(笑)

でも実際にはヤモリは出てこないのでご安心くださ〜い(^m^ )

普段こういうお話はあまり読まないんですが、久々に幸福感でいっぱいになる読書でした♪

タシガミさんも是非是非挑戦してみてくださいね!

それにしてもこの作家さん、、、花に関する知識が凄いんですねぇ。ビックリしました。

2009/08/05 (Wed) 22:39 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
てんてん(^^)/さんへ

初めての梨木作品、良い作品を選んだみたいで安心しました♪

初の作家さんって、どの本を読むかによって印象って変わってきますもんねぇ…

第一印象が悪い作家さんは、やっぱり「次読もう」って気になりませんから〜^^;



むむむっ「西の魔女…」は、読み時中学生でしたか!外してしまった!(><)

あ、中学生の時はこの本まだ出てなかったですね、、、いつまでも若いつもりでした。

次は親になった時ですかぁ、いつになるでしょう。あと10年以内にはきっと…!(笑)

何でも斜に構えるクセのあるnanacoには向いていないかもですねぇ。

よし、「裏庭」のほうに挑戦してみよう♪こっちは天邪鬼でも大丈夫なんですね?(*`▽´*)



>マイのおばあちゃん(西の魔女)みたいになりたい

そ、そんな事言ったら「西の魔女…」が読みたくなっちゃうじゃないですか!

せっかく今10年後に読もうって決意したのに…(笑)

2009/08/05 (Wed) 22:48 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

単行本と文庫、両方持っているなんて相当お好きな本なんですねぇ(〃▽〃)

すっごく分かります。これはnanacoも単行本で永久保存したいですもん♪

380円でこんな素敵な作品が読めるなんて、、、なんだかバチがあたりそうな気がします!(笑)

登場人物から、この作品全体に漂うゆったりとした空気…何から何まで好みの作品でした(*^0^*)



「村田エフェンディ…」は「家守綺譚」にも出てきたあの村田のお話なんですねぇ。

繋がりがあると聞いて、すぐに買ってきちゃいました♪

こちらも近いうちに読んでみようと思ってます!

yomyomにも掲載されているんですか。それはまた是非1冊の本として出して欲しいですね^^

もし発売されたら、たとえ単行本でも買ってしまいそうな気がします(笑)

2009/08/05 (Wed) 22:56 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:梨木香歩「家守綺譚」読みました!(08/05)

おおっ、王冠だ!!

西の魔女・・エンジェル、エンジェル?だったかな

村田エフェンデたいとろく・・漢字が思い出せない



どれも面白かった。これは未読ですがnanacoさんの評価が高いので是非読みたいです。



人間臭い犬・・いいですね。

犬で思い出すのは最近の本では 木でできた海@ジョナサン・キャロルですね。自分は(*^^)v



関係ないけど

ハチ・・・リチャード・ギアでしたっけ映画化されましたね。どんなんだろう・・・英語でハチ・・・微妙・・

2009/08/05 (Wed) 23:01 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:梨木香歩「家守綺譚」読みました!(08/05)

今、気づきましたけど、プロフィールのイラスト、可愛らしい山羊に変わってますね。

びっくりしました。前の絵に愛着と言うか、nanacoさんのイメージを重ねてました!!!



早く慣れる様にしま〜す。(*^_^*)

2009/08/05 (Wed) 23:06 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:梨木香歩「家守綺譚」読みました!(08/05)

この作家さんは「西の魔女が死んだ」しか読んだ事がないのですが、それとはまた全然違った感じの作品みたいですね。

「西の〜」は割と淡々としたみたいなので、こっちの方が面白いかも♪

ちなみに、「西の〜」は既に「古本屋へ売るリスト」に入ってます(爆)

いや、いいお話でしたが、一度読めばいいかな・・・なんて(^^;)

2009/08/06 (Thu) 02:29 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

おぉ、日向さんも色々読まれていますね〜(*^0^*)♪

「村田エフェンディ…」は、どうやら「家守綺譚」に繋がりがあるらしいので、

早速購入して積読になっています…^^

この本、凄く良かったです。薄いから直に読み終わっちゃうのに、すごく深い作品です☆

読み終わった後にホゥッと感嘆のため息が出たぐらいです(笑)

同じ永久保存版でも「天使の囀り」とは大分ジャンルがちがいます〜^^;



そうだそうだ!「木でできた海」読まなくちゃ〜〜

創元推理文庫は高くてなかなか気軽には手を出せないですが、日向さんお薦めですもんね♪

今年中には挑戦できたら良いなぁと思っています。



あぁ、、、ハチが映画化されてましたね!

どうなんだろう…英語だと「ハチ」というより「ハッチー」と発音されそうな気がします(笑)

いかにも泣かせようという魂胆が…いや、きっと泣いちゃうんでしょうけどね(* ̄m ̄)



そうそう、プロフィール画像気付いていただけましたか♪

たまには変えてみようかなぁと…^^今後はこのヤギをnanacoに重ねてください!(爆)

2009/08/06 (Thu) 05:29 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

ちこさん、「西の魔女が…」読まれたんですねぇ(^m^ )

で、「古本屋へ売るリスト」入りですか?? そ、そんなリストがあるんですか!(爆)

なんだかアマゾンの評価を見てもかなり高いようだったんですが、、、

ブログのほうで色んな方の評価を見ても、いまいちそそられないんですよねぇ^^;

古本屋リスト入りするぐらいですから、後回しにしてもいいかな。。。

機会があったら&ものすごく気が向いたら挑戦してみようかと思います♪



この「家守綺譚」は、すごくすごく良かったです!

あらすじを読むと、どんな話なんだかよく解りませんけどねぇ…

読了後にキュンと胸が熱くなる、とっても素敵なお話でした(=^^=)

これはおそらく古本屋リスト入りしないと思われます!(笑)

2009/08/06 (Thu) 05:36 | EDIT | REPLY |   
やきまん十  
家守綺譚を読んだなら

その後に『村田エフェンディ滞土録』も読むとより楽しめると思います。両作品は同時期に同じ世界で起きた作品になっていて、合わせて読むとまた違った印象になります。

2009/08/07 (Fri) 19:36 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
やきまん十さんへ

やきまん十さん、TBありがとうございます〜♪

梨木さん、初めて読みましたがこの作品は本当に本当に素敵な作品でした(*^v^*)

天邪鬼なので、人気のある「西の魔女…」は読まずにここまできましたが(笑)、

これからは少しずつ梨木作品に挑戦してみたくなりました♪



「村田エフェンディ…」やっぱり繋がりがある作品なんですね^^

実はこちらも購入済みなんです。「家守綺譚」にちょろっと登場したあの村田ですよね??

でも同時期の作品だったとは知りませんでした☆

近いうちに読んでみようと思います!嬉しい情報ありがとうございました(^^ゞ

2009/08/08 (Sat) 06:04 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
Re:梨木香歩「家守綺譚」読みました!(08/05)

ホント、良さそうな本☆^^

日本ならではの風景と日常が描かれているのでしょうか。。。

それでも、なんとなく不思議な世界が顔を出して、、、。



私、「西の魔女が死んだ」の映画すら観ていませんけど、面白い視点で小説を書く人のようですね。^^

そして、それ以上にnanaco☆さんが何気なく書いた「食指が動かず」の表現にさすがだなぁ〜と思いました。

だって、私なんか とっさにそんな言葉浮かばないもの。

やはり読書量の多い方達は使う語彙も豊富ですね。^^

2009/08/10 (Mon) 21:40 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

「西の魔女が死んだ」は一時期映画化で話題になりましたよねぇ♪

nanacoの周りの人間を見ても、どうもB型というのは総じて天邪鬼が多いみたいです。

その時超話題の作品とか、ベストセラーとか、絶対その時には手を出さないんですよね^^;

で、ほとぼりが冷めた頃にコソコソと…って感じです(笑)



でもこの作家さんはこの先チェックしなくちゃ!と思っています。

現実と非現実が自然に同居しているような感じで、心地良さがあるんですよ(*^v^*)

明治時代頃には、まだまだ不思議が隣り合わせになっていたのかもしれないですねぇ…



きゃっ♪褒めていただいて嬉しいです!

でも、nanacoの語彙はショボイもんですよ〜…

もしその人の頭の中にある語彙を辞書にできる機械が開発されたら、、、

多分nanaco辞書は相当薄っぺらいと思います(爆)

picchukoさんこそ、適切な表現がポンポンと自然に出てくるのでいつも感心してしまいます♪

2009/08/11 (Tue) 05:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply