06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.08.02 *Sun*

ミネット・ウォルターズ「氷の家」読了しました!



著者:ミネット・ウォルターズ
出版社:東京創元社
サイズ:文庫
ページ数:464p
発行年月:1999年05月
価格:\1,050(税込)



【氷の家】ミネット・ウォルターズrating_46.gif

邸の氷室は十八世紀に小丘を模して造られた。冷蔵庫の出現にともない保冷庫としての役目を終えていたそこで、不意に死骸が発見される。胴体は何ものかに食い荒らされた、無惨な死骸。はたしてこれは何者か?…ここにはすべてがある。悲嘆も歓喜も、幻滅も信義も。これはまさに人生そのもの、そしてミステリそのもの。ミステリ界に新女王の誕生を告げる、斬新なデビュー長編!CWA最優秀新人賞受賞作。

うーん…評判にわりに…って感じですかねぇ。
良くも悪くも、女性作家らしい作品だなぁという印象が強いですね〜balloon_89.gif

ある邸に、3人の女性が暮らしている。フィービとアンとダイアナ。
3人とも魅力のある美しい女性だけれど、近隣の人々からは疎まれ避けられている。
そしてその邸の氷室から、胴体を何ものかに食い荒らされた無残な死体が見つかる…

この死体は誰のものか?数年前に失踪したフィービの夫なのか?
3人の女は一体何を隠しているのか?昔、フィービを襲った悲惨な出来事とは?


02.gif


トリック云々よりも、一筋縄ではいかない女達と、クセのある警官達のやりとりが面白い。
正直、事件の真相は驚きも少ないし、あまり好きになれるものではありません。

アンに惚れたマクロクリン刑事……苦労するからやめなよ、と言いたくなりますballoon_77.gif
彼女に無駄に知識と知性がある分、やり込められるのは目に見えてますよ、お兄さん!

この作品、どうやらイギリスでドラマ化もされているようで、、、
マクロクリン刑事を現ジェームズ・ボンド役の、ダニエル・クレイグが演じているらしい。
その事を知ったのが一番の収穫でした(笑)


daniel.jpg この俳優さんって、意外といろんなトコに出てるよね… 


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事

COMMENT

Re:ミネット・ウォルターズ「氷の家」読了しました!(08/02)
ダニエル・クレイグ、若い頃シャープに出てて、シャープをボコボコにして3倍返しされる情けない役をやってましたよ。

by 珂音 #79D/WHSg
2009/08/02(日) 07:55 [Edit
Re:ミネット・ウォルターズ「氷の家」読了しました!(08/02)
この手のお話、洋物には多い感じがするのですが、、、。^^

しかも、警官がその中の一人に惚れちゃうなんて、なんかどこかで聞いたことがありそうな展開。(笑)



イギリスでドラマ化ということは、向こうではかなりの人気作品なんですね〜。
by picchuko #79D/WHSg
2009/08/02(日) 15:36 [Edit
Re:ミネット・ウォルターズ「氷の家」読了しました!(08/02)
この本、世評が高いですよね。

自分も読んだことありませんが面白いのかな〜ときになっていました。



好みの問題かな?
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/08/02(日) 18:07 [Edit
Re:ミネット・ウォルターズ「氷の家」読了しました!(08/02)
いっとき話題にのぼった作品ですね。

ミネット・ウォルターズの別の作品は読んだことがあるのですが、この作品は未読です。

気になっていたけど、nanacoさんの評価を伺うとどーしてもどーしても読まねば!という感じではないのかな??

ダニエル・クレイグさんはいろんなところに出てますね〜。
by 柊♪ #79D/WHSg
2009/08/02(日) 20:04 [Edit
Re:ミネット・ウォルターズ「氷の家」読了しました!(08/02)
なんだか表紙を見ただけでちょっとコワい感じがします。



結構前に発売されてドラマにもなってるとのことですが、わたし全く知りませんでしたww



by Cedie #79D/WHSg
2009/08/02(日) 20:29 [Edit
Re:ミネット・ウォルターズ「氷の家」読了しました!(08/02)
辛口の評価ですね〜。

内容を読むと面白そうに思えるのですが・・・・。



CWA最優秀新人賞受賞作という肩書きにも惹かれますし・・・。
by クラスタン #79D/WHSg
2009/08/02(日) 20:32 [Edit
珂音さんへ
おぉ、シャープにも出てるんですか!しかもそんな情けない役で…(笑)

この俳優さん、何気にいろんな映画に出ててビックリしちゃいます。

今や知らぬ者もいないボンドなのに、こんなチョイ役で?!ってのが結構ありますねぇ^^;

まぁ、もともとはこういうタイプの俳優さんだったのかもしれませんが…



今は海外ドラマ、ナンバーズにハマっているので、これを見終わったらシャープ観てみます♪

なにしろ珂音さんオススメのドラマですから(^m^ )フフフ

これをきっかけにショーン・ビーンのファンになっちゃったらどうしましょう!(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/02(日) 21:15 [Edit
picchukoさんへ
そうなんですよねぇ…海外物ってこんな雰囲気の作品が多いです^^;

海外ミステリはかなり当たり外れの差が大きいです。日本人と感覚が違うんでしょうか??

しかもこの創元推理文庫って、値段も高いんですよぅ…(笑)

1000円も出して買ったのに、「これ普通だなぁ…」というのがよくあるので切ないです(ーー;)

これで図書館が近くにあったら良いんですけどねぇ。



そうなんですよ!このミネット・ウォルターズさんってイギリスではかなり人気があるみたいで♪

…というか、日本でもこの作品はすごく高い評価を受けてるみたいです。

ますます自分の感性がおかしいのか、、、なんてガックリきてしまいます(* ̄m ̄)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/02(日) 21:20 [Edit
日向 永遠さんへ
おぉ、日向さんもご存知でしたか〜♪

そうなんですよ、世間の評価はとっても高いので楽しみにしていたんですが…残念。

多分、登場人物達に感情移入できなかったのが原因だと思います。

とっても魅力的な人物ばかりなのに、どうしてなんでしょう?価値観の違いかしら^^;

でも心理描写はとても丁寧だったので、そのあたりは評価したいですねぇ☆



ミネット・ウォルターズさん、他にも沢山作品を書かれているみたいですねぇ。

あらすじを読むとどれも面白そうなんですが、、、うぅむ、迷いどころです(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/02(日) 21:25 [Edit
柊♪さんへ
柊さんも、この作家さんの作品読まれたことあるんですね!(^^ゞ

この「氷の家」はデビュー作で、しかも賞を受賞しているとのことで期待大だったんですが…

個人的には登場人物になかなか感情移入できなかったからか、残念な結果です(笑)

なんていうんだろう、面白いんだけど肌に合わない本ってありますよね。。。



ダニエル・クレイグは、「え、こんな映画にも出てるの?!」と驚く事が多いです(笑)

顔は似てるけど、こんなチョイ役では出ないよなぁなんて思っていたら、やっぱり本人だったり。

本来はこういう俳優さんだったのかもしれないですけど、

もうボンド役のイメージが強すぎて、妙に違和感を感じちゃいます〜(*`▽´*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/02(日) 21:32 [Edit
Cedieさんへ
ふふふ…(* ̄m ̄)

特にこの楽天ブックスさんの画像はかなり粗いですしね!

これだけ見ていると、かなり顔色の悪い女の人に見えますね(笑)

本格的なミステリーなので内容は怖くはないですが、何となく肌に合わない作品ですねぇ。

本当に海外の作品って当たり外れが大きいなぁ、とちょっとガッカリしちゃいます(><)



ドラマになっているなんて驚きですよね♪

アメリカのはドラマもバンバン日本に情報が入ってきますが、イギリスはあまりないかも…

ダニエル・クレイグは意外と好きなので、この「氷の家」もちょっと観てみた気もします^^

by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/02(日) 21:36 [Edit
クラスタンさんへ
普段あまり辛口の意見って少ないですものねぇ…(笑)

嫌い、というわけではないんですが、可もなく不可もなくといったところでしょうか(><)

翻訳本(特に創元推理)は、たまにこういうハズレがあるから怖いですぅ。



デビュー作&賞を受賞…といったら、どうしても期待しちゃいますよね♪

逆にその期待が大きすぎたんでしょうか^^;

とはいえ、イギリスでも日本でもかなり評価の高い作品のようなので、

クラスタンさんも機会があったら一度挑戦してみてくださいね☆

あくまでもこのレビュー、主観が入りまくりなので…
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/02(日) 21:41 [Edit
Re:ミネット・ウォルターズ「氷の家」読了しました!(08/02)
こういう作品って、ちょっと好きだったりします。

「チャイルド44」みたいな猟奇的な殺人事件って、動機が凄く気になるんですよね。

でも、nanaco☆さんの評価はイマイチなのですね。

じゃあ、私も事件の真相が分かればいいかな・・・(^^:)
by ☆ちこ #79D/WHSg
2009/08/03(月) 00:04 [Edit
☆ちこさんへ
この作品、あらすじを読んだ限りはすごく面白そうだと思ったんですけどねぇ…^^;

結構古典的なミステリーっぽいです。(あ、でも10年前の作品ですねぇこれ。笑)

多分、登場人物達に感情移入できなかったのが一番の原因かと思います。



確かにこういう猟奇殺人って、一体どんな動機があったのか気になりますよね!

「チャイルド44」の動機はあまりにも切ないものでしたけど、、、

そういえば今月発売される「グーラグ57」は「チャイルド44」の続編みたいですよ〜♪

道理でタイトルが似てると…(笑)またレオに会える!と思うとワクワクしちゃいます(*^^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/03(月) 05:26 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1000位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
24位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。