06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.01.31 *Sat*

シャーリイ・ジャクスン「ずっとお城で暮らしてる」読了♪




【ずっとお城で暮らしてる】シャーリイ・ジャクスンrating_48.gif

あたしはメアリ・キャサリン・ブラックウッド。ほかの家族が殺されたこの屋敷で、姉のコニーと暮らしている…。悪意に満ちた外界に背を向け、空想が彩る閉じた世界で過ごす幸せな日々。しかし従兄チャールズの来訪が、美しく病んだ世界に大きな変化をもたらそうとしていた。“魔女”と呼ばれた女流作家が、超自然的要素を排し、少女の視線から人間心理に潜む邪悪を描いた傑作。

すべての善人に読まれるべき、本の形をした怪物である。―桜庭一樹

帯のなにやら意味深なキャッチフレーズに、どうしようもなく惹かれてしまって…!!
長らく絶版だったようですが、この度めでたく復刊されました〜balloon_34.gif

主人公の少女(メリキャット)の視点から、淡々と物語は進められていきます。
大きな古い屋敷で、メリキャット、姉のコンスタンス、伯父のジュリアンの3人暮らし。
他の家族は全員毒殺されて、既にこの世にはいない。

毒殺魔と噂されるコニー姉さんが、毎日美味しい料理をこしらえる。
コニー姉さんは、毒の影響で心を狂気に蝕まれたジュリアンおじさんの世話をしながら、
屋敷に閉じこもり幸せな日々を送っている…というなんとも不健康な設定(笑)

003.gif

arrow_121.gif 作中で繰り返されるこのフレーズが、頭から離れません…。

メリキャット お茶でもいかがと コニー姉さん
とんでもない 毒入りでしょうと メリキャット
メリキャット おやすみなさいと コニー姉さん
深さ十フィートの お墓の中で!


メリキャットは週に2回、食料品を買いに村へ買い物へ出かけるんだけど、
村人達はブラックウッド家への敵意をむき出しにして、こうはやし立てるのよねballoon_89.gif

最初は村人達から罵倒され、すっかり心を閉ざしたメリキャットを不憫に思うんだけど。
読み進めるうちに、"何かが違う、何かがおかしい"という気になってくるの。
自分で作り上げていた世界がぐにゃりと歪み始めて…思わず鳥肌が立ってしまうほどballoon_59.gif

この本を一言で表現するとしたら、まさに「悪意」そのものでしょう…!!
読者によって、色々な受け取り方ができそうなのも魅力ですねぇ。

異色作家短編集の「くじ」も読んでみたいなぁ。
あ、この作品って恩田さんの「いのちのパレード」の元ネタになった本ですよね。



bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ


関連記事

COMMENT

Re:シャーリイ・ジャクスン「ずっとお城で暮らしてる」読了♪(01/31)
おおっと、偶然ですね。自分の今週のまとめ買いした本のなかに入ってるんですよこの本。

驚き。(*^^)v 

何故か 恩田さんの”黄昏の百合の骨”を想像してしまいます。

読みますね。
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/01/31(土) 13:58 [Edit
Re:シャーリイ・ジャクスン「ずっとお城で暮らしてる」読了♪(01/31)
不気味だけど、でも底知れぬ魅力のある本ですね〜。

作中で繰り返されるフレーズ、リズム感があるからか本当に頭から離れなくなりそうですね・・・。

この作家さん、要チェックですね♪

これは読み応えのありそうな、、、そしてぞくぞくとする歪んだ世界へ誘ってくれそうです。^^

で、コニー姉さんが他の家族を毒殺したの〜???
by picchuko #79D/WHSg
2009/01/31(土) 15:58 [Edit
Re:シャーリイ・ジャクスン「ずっとお城で暮らしてる」読了♪(01/31)
こんばんは〜♪



う〜ん、かなり変わった作品というか、

狂気じみてるというか…

何だかダークな雰囲気のする作品ですね〜^^;

「悪意」そのものの作品って、

かなり怖そう(>_<)

でも、そういう世界観には、

ちょっと興味をそそられるかも。。。(笑)
by miwa125 #79D/WHSg
2009/01/31(土) 17:45 [Edit
Re:シャーリイ・ジャクスン「ずっとお城で暮らしてる」読了♪(01/31)
“本の形をした怪物”ですか。

気になる〜(笑)

不思議なお話のかな、怖いお話なのかな…機会があったらぜひ読んでみたいです。
by 柊♪ #79D/WHSg
2009/01/31(土) 17:46 [Edit
凄い設定ですね
何だか、その設定を聞いただけで、ぞくぞくってしちゃいますよね。映画もそうですが、設定の妙ってありますよね〜。
by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2009/01/31(土) 21:14 [Edit
Re:シャーリイ・ジャクスン「ずっとお城で暮らしてる」読了♪(01/31)
最近は出版社の事情で絶版してそれきりというのが多いので、長らく絶版のに復刊されるなんてとてもうらやましいです(*^_^*)



シャーリイ・ジャクスンさんも未読です(>_<)

恩田さんって感じですか??なんだかホラーと違ったコワさを感じます。









by Cedie #79D/WHSg
2009/01/31(土) 21:44 [Edit
Re:シャーリイ・ジャクスン「ずっとお城で暮らしてる」読了♪(01/31)
とても狂気を孕んだ雰囲気のお話ですね。ちょっとぞくぞく。おもしろそうです。

by てんてん(^^)/ #79D/WHSg
2009/02/01(日) 08:44 [Edit
日向 永遠さんへ
おぉ!!偶然ですねぇ(><)

日向永遠さんもこの本、購入されましたか♪

この本の表紙、雰囲気があってすごく好きです。

一見美しく見える中に、悪意が潜んでいるようで…^^;



「黄昏の百合の骨」!!確かに似た雰囲気かもしれません♪

そういえばあちらも毒繋がりでしたね。

恩田さんの作品は、こういう本からアイディアを得ているんだなぁと実感しました。

日向永遠さんのレビュー、楽しみにしていますね(*^o^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/02/01(日) 14:44 [Edit
picchukoさんへ
この本、知らないうちにだんだんと狂気の世界に足を踏み入れているよな…

そんなゾワゾワとした不気味な感じがするんです^^;

読んでいるうちに思わず鳥肌が立ってしまう部分もあったり。

でも、こういう雰囲気は大好きなので、この作家さんの他作品も読んでみたいです♪



このフレーズを読んでいて、なんだかマザー・グースを思い出しました(><)

リズム感があって、それでいてちょっとブラックで…☆

え、コニー姉さんが毒殺したかって??それは…秘密です!!(笑)

ただ、この作品は決して見かけ通りではない、とだけ言っておきましょう…(^m^ )プププ
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/02/01(日) 14:50 [Edit
miwa125さんへ
この作品、読んでいるとモゾモゾとした居心地の悪さを感じるのですが…

それの正体が分からないから、ますます不気味なんですよねぇ〜^^;

村人達が狂っているのか、それとも語り手の少女がおかしいのか、分からなくなってくるんです。

すっかりこの妖しい世界にのめりこんでしまったようです。。。

決して後味が良い作品とは言えないんですけどねぇ(笑)



こういうのを読んだ後は、ほんわかした本が読みたくなりますね(^^ゞ

miwaさんも、ダークな世界を味わいたいときは、是非この本を候補に入れてくださいね!!(笑)

装丁も妖しい美しさがありますよね☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/02/01(日) 14:55 [Edit
柊♪さんへ
nanacoもこのキャッチフレーズにすっかり惹かれてしまいました♪

でも、桜庭さんのこの言葉、確かに的を射ているなぁという感じがしますね。

まさに何か得体のしれない怪物を相手にしているような気がします^^;



どちらかというと、幻想的なホラーのような。

人間の奥に潜む底知れぬ悪意を見せ付けられたような気がして…。

読んだ後に、ジワジワと恐ろしさが浸透してくるんですよね。

柊さんも機会があったら是非読んでみてくださいね!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/02/01(日) 15:00 [Edit
浪漫的狼さんへ
この帯のキャッチフレーズとあらすじを読んだだけで興味を惹かれました♪^^

良いですよね、こういう独特の雰囲気。なかなか日本の小説にはないです。



どことなく、恩田さんの雰囲気に似ているなぁ…という気がしていたんですが。

それもあながち間違ってはいなかったみたいです。

恩田さんの作品の中にはこの作家さんの本へのオマージュもあるようで♪

恩田さんの奇想天外な発想はこういう所から来ているのかな、と思いました(><)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/02/01(日) 15:04 [Edit
Cedieさんへ
こういう良作はどんどん復刊して欲しいですよね!!(なかなかそう簡単にはいかないのかな…)

nanacoも昔の作品で、読みたいのに絶版になっているものが沢山あります。

復刊.comで投票したりもしているんですけど、、、なかなか集まらないもんですねぇ^^;



この作品、恩田さんの描く「悪意」と同じ匂いを感じました。

それもそのはず。恩田作品の中にはシャーリイ・ジャクスンさんへのオマージュもあるみたいで♪

Cedieさんの仰るとおり、通常のホラー作品とはまた違った怖さがあって面白かったです(*^^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/02/01(日) 15:11 [Edit
てんてん(^^)/さんへ
読んでいるうちに、一体誰が狂っているのか分からなくなってくるほどでした(^^ゞ

主人公の少女がまたあまりにも歪んでいて…

可哀相な境遇だから仕方ないのかな??と思っているうちに、その感情さえも分からなくなってきて。



こういう作品、大好きですねぇ♪(後味は良くないですが。笑)

てんてんさんも、機会があったら読んでみてくださいね!!是非感想を伺いたいです☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/02/01(日) 15:14 [Edit
Re:シャーリイ・ジャクスン「ずっとお城で暮らしてる」読了♪(01/31)
面白そうですね^^

考えてみると、途中から世界観がひっくり返る話ってかなり好きなんですよ〜w

探して読んでみます^^
by かをる。 #79D/WHSg
2009/02/01(日) 18:15 [Edit
かをる。さんへ
何とも言えないドロリとした読後感がまた好みなんです(笑)

読み手にとって、色々な想像ができちゃいそうな作品なんですよね^^

nanacoも、読み進めるうちにだんだん世界が歪んでいくようなお話大好きです!!



この作家さんの「くじ」も是非読んでみたいですねぇ。

かをる。さんは恩田さんの「いのちのパレード」読まれたでしょうか??

この中に確か「当籤者」という短編があったかと思うんですが、、、

この「くじ」へのオマージュ作品だったと記憶しています。

恩田さんに影響を与えた本…ということなら、ますます読んでみたいわぁ〜!!(><)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/02/01(日) 21:31 [Edit
Re:シャーリイ・ジャクスン「ずっとお城で暮らしてる」読了♪(01/31)
やっと読みました。もっと早く読めば良かったです。

怖い、怖い・・・でもそれはどっちが怖いの・・。

好きなコニーとの暮らしを守るためそれ以外を排除していくメリキャットの行動は怖いけど・・誰の中にも少しずつあることですね。良かったです。
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/05/06(水) 12:57 [Edit
日向 永遠さんへ
日向永遠さん、とうとう読まれましたか〜♪

すごく良かったですよね^^

終始、得体の知れない不安感がモヤモヤと心にまとわりついている感じでした。

前に日向永遠さんが仰っていたとおり、「黄昏の百合の骨」を思い起こさせましたねぇ。

「メリキャット お茶でもいかがと コニー姉さん…」

あのフレーズがしばらく頭から離れませんでした(笑)



「くじ」や「たたり」も是非読んでみたいですね♪

「たたり」は確か、「丘の屋敷」に改題されたんでしたか…??

先日書店で復刊されているのを見かけました(=^^=)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/05/06(水) 17:21 [Edit
Re:シャーリイ・ジャクスン「ずっとお城で暮らしてる」読了♪(01/31)
こんばんは〜♪



書き込みTB有難うございます♪

自分は年を取っているせいか、結末も、それまでのストーリーも違和感なく受け入れてしまいました。翻訳の違いのせいかもしれませんね。(と信じたい!!!)

TB良かったらお受けくださいませ。

by 茨木 月季 #79D/WHSg
2009/08/02(日) 01:06 [Edit
茨木 月季さんへ
コメント&TBありがとうございま〜す♪

さすが月季さんです!nanacoはラストに至るまでの不穏な空気にかなり動揺しました…(笑)

もっともっと読書経験を積めば、きっとこれしきの事では動じなくなるんでしょうか(* ̄m ̄)



海外の小説って、確かに翻訳者によっては全然雰囲気が違いますよね☆

特に古典なんかはそれが顕著になってる気がしますねぇ。

読み比べてみるのも面白そうです(*^v^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/08/02(日) 06:54 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
28位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。