FC2ブログ
Welcome to my blog

「手紙」東野圭吾

ななこ


手紙
著者:東野圭吾
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。



東野圭吾さんのお名前だけは、あちこちで聞いていたものの、
今回「手紙」が映画化されたことで初めて興味を持ちました。という訳で初・東野作品で~すかお


一言で「面白い!」というにはちょっとテーマが重過ぎますが、もう本当にページをめくる手がとまらないきもち
非常にスピード感のある展開なので、サクサクと読めてしまいました。


強盗殺人で刑務所に入れられてしまった兄を持つ弟・直貴。

強盗殺人犯の弟。そのレッテルを貼られてしまっているせいで、世間からは白い眼で見られてしまう。
就職、自分の夢、そして恋人さえも自分のもとから離れていってしまう。


「もし直貴のような境遇の人間が近くにいたら自分はどう接するんだろうか?」と考えてしまいます。

当然、同情しちゃうよね…。だって、本人は何も悪くないんだもの。
でもそのような人に「かわいそう」と思ってしまう事自体が、もしかしたら差別なのかもしれません。。。


切りたくても切れない兄弟の絆。

兄の自分を気遣う気持ちを知りながらも、自分を取り巻く苛酷な境遇に次第に苛立ちをつのらせる直貴。
獄中から届く月に1度の手紙さえも、直貴を除々に追い詰めていきます。


最終的に直貴のとった選択は、本当に心苦しいものですね~やりきれなくなりますかお
兄が強盗殺人を犯してしまった理由を考えると、尚更切なくなってしまうなぁ…。


とにかく重い題材でしたが、実際にこのような犯罪が多い世の中なので、考えさせられますね。
映画も是非観てみたいなぁと思います。結局DVD化してからになっちゃうと思うけど(笑)


手紙 (文春文庫)手紙 (文春文庫)
東野 圭吾

文藝春秋 2006-10
売り上げランキング : 2436

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
cheeky_angel  
チラッ(*´Д|コッチカラモ|Д`*)チラッ

こんばんゎ☆

さっそく、またまたお邪魔しちゃいました!

面白そうな本ですね♪

私も読んでみたくなっちゃいました。

2006/11/25 (Sat) 19:47 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Re:チラッ(*´Д|コッチカラモ|Д`*)チラッ(11/25)

cheeky_angelさん

ご訪問ありがとデス♪

今日は札幌、すごくあたたかいです〜仕事帰りの今でも6度くらいあってブルブルせずに帰れましたっ^^;

すっごくおもしろい本ですよ〜^^オススメの一冊です。映画もおもしろそう?!

2006/11/27 (Mon) 19:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply