08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.01.16 *Fri*

筒井康隆「旅のラゴス」読了しました♪


旅のラゴス.jpg

【旅のラゴス】筒井康隆rating_50.gif

北から南へ、そして南から北へ。突然高度な文明を失った代償として、人びとが超能力を獲得しだした「この世界」で、ひたすら旅を続ける男ラゴス。集団転移、壁抜けなどの体験を繰り返し、二度も奴隷の身に落とされながら、生涯をかけて旅をするラゴスの目的は何か?異空間と異時間がクロスする不思議な物語世界に人間の一生と文明の消長をかっちりと構築した爽快な連作長編。

ど、どうするよ、これ!! ものすごい好みの作品に出合えちゃいましたballoon_59.gifheart_37.gif
本屋でどうしようもなくこの表紙に惹かれてしまって…。まさに運命の出会いです(笑)

実はnanacoは筒井作品は初めてなのですが…
この「旅のラゴス」は、筒井さんの著作の中では異色の作品らしいです。 (それが残念…) 
鈴木光司さんの「楽園」を読んだ時に感じたような衝撃を、この作品でも感じましたballoon_91.gif

緑豊かな大地。自然な牧草地を求めて放浪する遊牧民族達。
ほのぼのとした素朴な情景に、「お、古代の物語か??」と思うと、大間違い。

古代とも未来ともつかない、不思議な異世界が舞台。
主人公ラゴスは、愛馬スカシウマと共に、様々な人々と出会いながら世界中を旅します。
瞬時にして別の場所に移動する民族、壁を通り抜けられる男、全ての事を頭に記録できる子供…。

001.gif

世渡りが上手でどこか飄々とした風情の男、ラゴス。 (でも、つかめない男。笑) 
不思議と、男女問わず様々な人々が彼を慕って近づいてくる。
分かるわ〜!!一緒にいても幸せになれない…けど、妙に魅力のある男なのよね(笑)

沢山の女性と出会うけれど、彼の頭にあるのは昔ほんの少しだけ一緒にいた少女の面影。
幼いながらも機知に富み、既に大人の女性の色香を放っていた少女。

この作品、ラゴスの旅の物語であると同時に、
彼の一生涯をかけた壮大なラブストーリーでもあるんですよねぇ。。。
とにかく、この世界観が大好きで大好きで……もう上手くレビューが書けませんballoon_145.gif

nanacoの一生の宝物です。是非、沢山の人達に読んでいただきたいです〜balloon_85.gif


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ


関連記事

COMMENT

まあ
お若いnanacoさんは、筒井康隆さんの作品初めてなんですね。ちょっと意外です。私は中学生のころから没頭してました。『旅のラゴス』は断筆以後の作品でしょうか。最近は全く読んでいないので、また読もうかなって気分になりました。
by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2009/01/16(金) 21:18 [Edit
Re:筒井康隆「旅のラゴス」読了しました♪(01/16)
昔読んだ気がします。

私には「ファンタジーなんて簡単に書けるよ」と言われたようで何となく反感を覚えたような気が。。。



でも確かに面白いのですよね。悔しいことに。(笑)



他の筒井作品はちょっと毒気が強いものが多いのでご注意を。

by てんてん(^^)/ #79D/WHSg
2009/01/16(金) 21:57 [Edit
Re:筒井康隆「旅のラゴス」読了しました♪(01/16)
それは早速本屋へ行かなくては!

過去のレビューでも5つ☆の王冠は何点かありましたけど、これほどnanaco☆さんの興奮が伝わるレビューは私は初めて読みました。

これも確かに「運命の出会い」ですね!

この表紙、ホントnanaco☆さんが好きそうですね〜。

私も好きですよ♪

広い世界が舞台というのも私的には惹かれます。

今年の目標はこの一冊だぁ〜!!!(って、一年で一冊読破するのが目標です!・笑)
by picchuko #79D/WHSg
2009/01/17(土) 06:09 [Edit
浪漫的狼さんへ
おぉ!!狼さんは中学生の頃から読まれていたんですか(*^o^*)

そうなんです…筒井さんの著作はタイトルだけはよく耳にするのですが、

実際に手にとってみたのは今回初めてなんです。



初めて読む作家さんが、こんなに高評価なのって久々かもしれません^^

「旅のラゴス」何から何まで本当に好みの世界観なんですよね♪

こんな小説には滅多に出合えないなぁ…と(><)



この作品、1994年に出版されているみたいです。

「古いなぁ…!!」と思って調べたら、他の作品はそれ以上に古いものが多いんですね(笑)

もし筒井作品で、狼さんオススメのものがあったら是非教えてくださ〜い♪(=^^=)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/01/17(土) 08:16 [Edit
てんてん(^^)/さんへ
きゃ〜(><)てんてんさんも読まれたんですね〜♪

そして反感を覚えちゃいましたか!!(笑)



本当にこういうもろ世界観が好みの作品って、なかなか出合えないんですよね(*^^*)

ファンタジーノベル大賞を受賞した鈴木光司さんの「楽園」を読んだ時も、

本来はホラー作家なのにこんな素敵な作品が書けるなんて!!と感動した覚えが…(笑)



他の筒井作品は毒気が強いんですか^^;

気になる作品が沢山ありますが、「旅のラゴス」とはまたジャンルが違うんでしょうねぇ。

「時をかける少女」「パプリカ」は近いうちに読んでみたいと思っています♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/01/17(土) 08:25 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、興奮伝わりましたか?!(〃▽〃)

本当に素敵な作品で、少しでも沢山の人に読んでいただきたいのに…

こういう時に限って支離滅裂なレビューになってしまった気がします^^;

どんな言葉でも、この作品の素晴しさは伝わらないような気がして…!!



表紙の絵、良いですよねぇ〜♪

まさにこの作品の世界観をよく表しているようで、大好きです。

こんな絵が描けたら良いなぁ…って、nanacoの画力では到底ムリな話ですが!!(笑)



picchukoさんも、是非是非読んでみてくださいね♪

現実的な話、こんな素晴しい作品を400円ちょっとで読めるなんて信じられないです(* ̄m ̄)ニヤリ

ページ数も少なくて、多分あっという間に読み終えてしまいますけど、

心に残るものはすごく大きいですよ!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/01/17(土) 08:40 [Edit
Re:筒井康隆「旅のラゴス」読了しました♪(01/16)
筒井さん、あまり読んだことありません。

「時をかける少女」と「パプリカ」を読んだかな。

「パプリカ」が苦手で、あと続かなかったかも^^;

「旅のラゴス」は筒井さんの異色作品なんですね。

お薦めの感想を読んで、読んでみたくなりました!(^^)!

by 柊♪ #79D/WHSg
2009/01/17(土) 09:45 [Edit
Re:筒井康隆「旅のラゴス」読了しました♪(01/16)
1週間ぶりです・・・。

面白そうですね。筒井康隆さんは何冊か読んで面白かったですがこれは未読です。

nanaco☆さんがこれだけ興奮してるのでこれは読んでみよう・・。
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/01/17(土) 10:15 [Edit
筒井康隆といえば・・・
「七瀬ふたたび」かな(-""-;)ムム・・・

最近TVでもやってましたね(まだやってるのかなぁ)

お年が74歳なんですねキャー!ビックリ!! (*゜ロ゜)ノミ☆(;>_<) バシバシ

思ったより高齢でした≧(´▽`)≦アハハハ

おいらも表紙に惹かれるのわかります。第一印象で「この表紙」良いと思いました♪

ちなみに、辻村深月さんの「子どもたちは夜と遊ぶ」を買いに行ったのですが、表紙が・・・。(女の子表紙は(-""-;)ムム・・・ですね)で、「冷たい校舎の時は止まる」を購入しました(~_~;)
by クラスタン #79D/WHSg
2009/01/17(土) 10:48 [Edit
Re:筒井康隆「旅のラゴス」読了しました♪(01/16)
5つ星で王冠つきですね!

筒井さんはとても有名なのですが私も未読ですww



表紙がとてもきれいですね☆



ラブストーリーというのが意外な気がしました。

by Cedie #79D/WHSg
2009/01/17(土) 12:53 [Edit
筒井さん
こんにちは。

筒井さんというと20代のころ集中して読んで飽きちゃった人ですねぇ。

とことんつっぱしっていくので、スピード感があって好きでしたけど。

てんてんさんのご意見に一票です☆
by さくら #79D/WHSg
2009/01/17(土) 14:37 [Edit
Re:筒井康隆「旅のラゴス」読了しました♪(01/16)
こんばんは〜♪



異世界を旅する男ですか〜♪

何だかカッコいいですねぇ(#^.^#)

nanaco☆さんの興奮ぶりが

目に見えるようです(^^♪

おまけに「運命の出会い」なんて言われると、

読みたくてウズウズしちゃうじゃないですか〜(>_<)

nanaco☆さん、罪つくりだわぁ〜(笑)

もちろん、読みたい本のリストに入れておきま〜す(*^_^*)
by miwa125 #79D/WHSg
2009/01/17(土) 17:14 [Edit
Re:筒井康隆「旅のラゴス」読了しました♪(01/16)
この作品、とっても面白そうっ☆

nanacoちゃんの、この作品に対する

想いがすごくよく伝わってくるよw

「古代とも未来ともつかない、不思議な異世界」

どっぷりつかってみたいなぁ(>_<)

by ☆Yuri☆ #79D/WHSg
2009/01/17(土) 23:31 [Edit
Re:筒井康隆「旅のラゴス」読了しました♪(01/16)
筒井さんて、時代を超えた作家さんというか、昔の作品でも全然色あせない、そんなイメージがあります。

そういえばこの方、以前に「断筆宣言」をしてましたよね(違ったっけ?)

今でも作品を書いているのかしら・・・?
by ☆ちこ #79D/WHSg
2009/01/17(土) 23:51 [Edit
柊♪さんへ
柊さんは「時をかける少女」と「パプリカ」読まれたんですね!!(*^o^*)

筒井さんはあまりにも著作が多すぎて、どれから手をつけようかすごく迷いますが…(笑)

nanacoもこの二つは是非読んでみたいです。どちらも確か映像化されていましたよね??



「旅のラゴス」本当に本当に素敵な物語でした〜♪

これが異色の作品だ、と聞いてショックを受けたぐらいです^^;

こういう作風の方だとばかり思っていたので。



柊さんも、是非是非読んでみてください!!心からオススメします。

ページ数は少ないですが、この物語から得られるものはとても大きいです(><)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/01/18(日) 08:32 [Edit
日向 永遠さんへ
お久しぶりです!!(≧∇≦)ノ

日向永遠さんのご訪問を、毎週楽しみにしています♪



レビューから興奮、伝わったでしょうか??(笑)

どこが泣き所なのかも分からないのに、胸が熱くなってくる作品ってありますよね。

「旅のラゴス」はまさにそんな作品でした。

派手さはなく、どちらかというと淡々と物語は進んでいくのですが…

ラゴスの言動一つ一つが、すごく心に染渡ってくるような^^



他の筒井作品にこういう雰囲気のものがないのが、すごく残念です…。

是非、日向永遠さんにも読んでいただきたいです!!



by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/01/18(日) 08:38 [Edit
クラスタンさんへ
「七瀬ふたたび」タイトルだけは耳にしたことがあります♪

こちらはシリーズ物なんですよね??いつか読んでみたい作品の一つです(=^^=)



今回読んだ「旅のラゴス」、表紙の絵に一目ぼれしちゃったんです♪

"ジャケ買い"という言葉では軽すぎるような…まさに運命の出会いと思いたいです(笑)

というか、筒井さんもう74歳だったんですかぁ!!Σ( ̄□ ̄;)

写真を拝見してまだせいぜい60代前半くらいかと…。何気にビックリです。



きゃ〜(><)クラスタンさん、「冷たい校舎…」購入されたんですねぇ♪

今読むのにピッタリの作品だと思います!!

「子どもたちは…」はnanacoはノベルス版で読んだのですが、

こちらの装丁はかなり雰囲気が出ていましたよ^^

文庫版のはちょっと手に取りづらいかもですね…(笑)

それほど値段も変わらないと思うので、ノベルスのほうで読まれてみてはいかがですか??(^^ゞ
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/01/18(日) 09:09 [Edit
Cedieさんへ
2009年、まだ始まったばかりなのに…もう5つ☆+王冠です(笑)

今年はこれ以上の作品は出るかしら?!

既に完全燃焼した気分です…^^;(早っ!!笑)



筒井さんはお名前だけはよく耳にしましたが、

実際に読んでみようと思ったのは今回が初めてなんです。

10年以上も前の作品なのに、目に付きやすい場所に置いてくださった店員さんに感謝です(^m^ )

見事にnanacoの永久保存版の仲間入りをしました〜♪



ラゴスの旅がメインに書かれているので、一見するとラブストーリーではないのですが…

でも、彼の中にある少女の面影が、旅の原動力になっているのかな〜??なんて思いました^^

これからも何度も再読したい素敵な作品です☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/01/18(日) 09:18 [Edit
さくらさんへ
さくらさんは、20代の頃筒井作品読まれたんですね〜♪

初めての作品が「旅のラゴス」で、しかもそれが異色だと言われると…

他の筒井作品がどんな感じなのか、全く想像が付きません(笑)



「時をかける少女」と「パプリカ」はいつか読んでみたいのですが、

てんてんさんの言葉を借りると、こちらも毒気が強いんでしょうか??(><)

イメージ的には、「パプリカ」はそんな感じがしますね…。



毒気が強いかどうかは置いておいて、、、

スピード感がある作品は好みなので、少しずつ読んでみることにしま〜す(^^ゞ

にしても著作の数がハンパじゃないですねぇ…!!

by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/01/18(日) 09:24 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん!!この本絶対miwaさんにも気に入ってもらえる自信があります!!(笑)

表紙に思わず一目惚れしちゃった作品ですけど、こんなに好みの作品だとは思ってませんでした♪



淡々とした物語なので、どちらかというと地味な作品なのかもしれませんが…

でも、読んだ後に確実に心の中に何かが残るんですよね(><)

こういう読後感の作品って、なかなか出会えないと思います。



あまりにも興奮していたので、まとまりのないレビューでごめんなさいねぇ^^;

自分が面白いと思った作品ほど、レビューを書くのが難しいです…(汗)

とにかく素敵な作品なので、miwaさんも是非読んでみてくださいねっ♪

レビュー、楽しみにしていますよ〜(〃▽〃)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/01/18(日) 09:38 [Edit
☆Yuri☆ちゃんへ
こんな作品、滅多に出会えない!!というくらい面白かったよ〜!!(><)

今までも5つ☆+王冠付きの作品はいくつかあったけど、

その中でも今回のはかなり上位に入るかも…。

本当に、何度も何度も読み返したい作品って、こういうのなのかな??って思いました♪



異世界が舞台にしていると、どうも明らかに作り物っぽくなりがちなんだけど…

この本には「たかがファンタジーでしょ」とバカにできない何かがあるんだよね〜^^

自分の人生観をちょっと見直させてくれるような、そんな感じ。



200ページちょっとであっという間に読めちゃうから、

Yuriちゃんも洋書の息抜きにでも、是非読んでみてね〜☆面白さは保証します!!

by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/01/18(日) 09:44 [Edit
☆ちこさんへ
今回が初めての筒井作品だったのですが…

初っ端からこんなに面白い作品に出会っちゃってどうしよう!!って感じです(笑)



これが異色の作品だなんて、本当に残念^^;

もっとこういう独特の雰囲気の作品が読みたかったです。

でも、たまにこんな良作に出会えるから読書ってやめられないですよね☆



筒井さん、断筆宣言されていたんですね(><)

ブログのお友達の情報によると、既に70歳を超えているらしく…

まさかそんなご高齢だとは思ってもみませんでした。

でも確かに膨大な著作の量ですよね!!どれから読めば良いのやら…(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/01/18(日) 09:50 [Edit
Re:筒井康隆「旅のラゴス」読了しました♪(01/16)
面白そうですね〜。

筒井さんの作品は何作品か読んだ覚えがありますが、この本は未読でした。

nanacoさんの王冠付き評価なら読むっきゃありませんねっ!w
by かをる。 #79D/WHSg
2009/01/20(火) 21:25 [Edit
かをる。さんへ
筒井さんの作品って、面白そうなのが沢山あるなぁ…と思いつつ、未読のままでした(^^ゞ

今回はこの表紙に運命的な出会いを感じたので!!(笑)

大好きなんです、こういう絵♪



本当に面白い…というか、きっといつまでも覚えているだろうなぁ、という作品です(*^^*)

鈴木光司さんの「楽園」を読んだ時も、同じような読後感だったんですよねぇ。

懐かしいような、胸がチクリとするような…



かをる。さんにも是非読んでいただきたいです☆

きっと、かをる。さんの中でも王冠付きになるかと思います!!(…といいなぁ。笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/01/21(水) 05:42 [Edit
驚愕の荒野
「驚愕の荒野(←「荒」は旧字体、変換不可)」は、「旅の世界」の世界感と「新世界より」の世界感に近い作品だと思います。未読でしたら、是非オススメします。私は筒井康隆に小説の面白さを教わった隠れツツイストです。笑

筒井作品についてなら、何でも聞いてくださいね♪
by Twist #79D/WHSg
2009/03/29(日) 20:34 [Edit
Twistさんへ
おぉ!!隠れツツイストですか!!(笑)

そんなTwistさんのオススメなら間違いないですね♪「驚愕の荒野」是非読んでみたいと思います^^

「旅のラゴス」「新世界より」に近い世界観だと聞いては、読まずにはいられません(><)



筒井作品はこの「旅のラゴス」が初めてだったのですが、もうものすごい好きなんです。

毎年、1年間の本BEST10を決めているんですが、

今年は「旅のラゴス」「新世界より」のどちらを1位にするか、相当悩むところです(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/03/29(日) 23:01 [Edit
ツツイストより
私も「新世界より」と「旅のラゴス」を同時期に読んでいたら、ベスト1は決められなかったと思います。「旅のラゴス」は私が高校の頃に読みましたが、筒井本の中でもベスト3には入ると思います。近未来SFで馴染みやすい作品なら「愛のひだりがわ」もオススメです♪(←こちらは少女が主人公で、子供も大人も楽しめるファンタジーです)

「驚愕の荒野」は、大人向けかも知れません。

ツイストならぬツツイストより。^^
by Twist #79D/WHSg
2009/03/30(月) 15:36 [Edit
Twistさんへ
ですよね〜!!(><)

うぅっ…何故に同じ時期に読んでしまったのか…(泣)

同じSFとはいえ、ここまで印象が異なると、決められないかもしれません。

って、まだ4月なのに1位はこのどちらかと決まっているみたいですね^^;

でもおそらく今年はこれ以上の作品は出てこないような気がします。



おぉっ、さすがツツイストのツイストさん!!(笑)

またまた面白そうな作品を教えていただいてありがとうございます〜♪(o^―^o)

「愛のひだりがわ」あらすじをちょっと調べてみましたが、すごく面白そうですね。

早速読みたい本リストに追加しておきました!!

大人向けSFも、ジュヴナイルSFも大好きなので、

「驚愕の荒野」「愛のひだりがわ」は是非読んでみたいと思います〜♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/03/30(月) 20:05 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1061位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。