FC2ブログ
Welcome to my blog

西條奈加「金春屋ゴメス」読みました♪

ななこ




【金春屋ゴメス】西條奈加rating_47.gif

近未来の日本に、鎖国状態の「江戸国」が出現。競争率三百倍の難関を潜り抜け、入国を許可された大学二年生の辰次郎。身請け先は、身の丈六尺六寸、目方四十六貫、極悪非道、無慈悲で鳴らした「金春屋ゴメス」こと長崎奉行馬込播磨守だった!ゴメスに致死率100%の流行病「鬼赤痢」の正体を突き止めることを命じられた辰次郎は―。

日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作です〜balloon_34.gif
バリバリの時代物は苦手 (…というか眠くなる)  なnanacoですが、
この作品は、近未来の日本に"江戸国"が独立国家として存在する、という設定が新鮮でした!!

大学生の辰二郎は、江戸国への入国を許される。
彼は、恐ろしい怪物のようなゴメス親分の元へ落ち着く事になり、穏やかな(?)日々を過ごす。
そんな中、"鬼赤痢"という恐ろしい感染症が流行り始め…

014.gif

江戸国への入国は、競争率300倍。
薬、娯楽グッズ、電化製品等の持込は一切禁止。病気にかかれば自然治癒が基本(笑)

テレビもない、パソコンもない、携帯電話もない…
現代に比べるとなんとも不自由に思えるのですが、競争率300倍だというのも頷けます。

人間関係が温かい、緑が多い、空気が柔らかい。
それに、なんていうんだろう…仕事が生活の一部になっているというか。
たとえ文明の利器を捨ててでも、この江戸国の生活を望む現代人は沢山いるでしょうねぇballoon_71.gif

辰二郎はゴメスに命じられて、"鬼赤痢"の原因を突き止めるよう命令されるのですが…
分かってしまえば、「あぁこんなもんか…」という印象なんですよね。
謎解き云々よりも、人情味溢れる江戸国の雰囲気を味わうのが良いかとballoon_85.gif


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ





関連記事
Posted byななこ

Comments 16

There are no comments yet.
☆ちこ  
Re:西條奈加「金春屋ゴメス」読みました♪(02/21)

うわっ!凄いインパクトのある表紙ですね。ビックリしました。

でも、凄い引力のある表紙ですね。

内容も更に引きつけ度アップですね。

謎解きと人情話で二通り楽しみそうですね♪

2009/02/21 (Sat) 14:50 | EDIT | REPLY |   
happy-gai  
Re:西條奈加「金春屋ゴメス」読みました♪(02/21)

装丁のパンチ力が凄い。

2009/02/21 (Sat) 15:00 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:西條奈加「金春屋ゴメス」読みました♪(02/21)

強烈な装丁に思わず身を引いてしまいそうですが…あらすじを伺うと面白そうかな、と(笑)

一瞬見ただけではとても時代物とは思えないかも…です☆

2009/02/21 (Sat) 15:37 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:西條奈加「金春屋ゴメス」読みました♪(02/21)

こんばんは〜♪



あっ!この本、本屋さんで見かけたことがあります^^

すごくインパクトのある表紙だったので、

忘れられません…^^;

ゴメスって、男性なんですか〜??

表紙を見ると、おばさんのようにも見えるんですけど(爆)



内容は、人情み溢れるお話なんですね〜♪

面白そうかも。。。(*^_^*)

時代物だったのには、

ちょっとビックリしました。

2009/02/21 (Sat) 18:06 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
Re:西條奈加「金春屋ゴメス」読みました♪(02/21)

この表紙に一瞬たじっとなりましたが(笑)、でも吹きだしてしまったのも確かです。^^

これ、近「未来」なんですね。

時代物っていっても、文明の利器がなくても、「江戸国」といっても、それは過去ではなく、未来なんですね。

ちょっと面白そうですね。

そういう設定もありかなぁ〜ってレビューを読みながら、↑の絵を眺めながら思いました。^^

こんな雰囲気のお話なら、謎解きも「こんなものか」っていう感じがいい具合なんでしょうね。

作者さん、なかなかのやり手ですね。^^

2009/02/21 (Sat) 19:53 | EDIT | REPLY |   
茨木 月季  
Re:西條奈加「金春屋ゴメス」読みました♪(02/21)

こんばんは〜♪



西條奈加さん、好きな作家の一人です。単行本で読みました。その時の表紙は辰二郎らしき男性。文庫ではゴメス親分なんですね。こちらの方がインパクトがありますね。ゴメス親分、謎の多い人物ですよね〜。

西條さん、とても寡作でまだ3作しか本になっていません。もっと読みたいのに…。

2009/02/21 (Sat) 20:41 | EDIT | REPLY |   
○оユウо○  
Re:西條奈加「金春屋ゴメス」読みました♪(02/21)

題名と表紙・辰二郎という名前で、一見『時代物?』と思っていました。

私が惹かれるキーワードの一つに『近未来』という言葉がありますが、これはちょっぴり風変わりな近未来のお話のようですね(^-^)

逆にレトロになっているのかぁ、なるほど。



人情溢れるお話といえば、宮部みゆきが頭に浮かんできますが、世界観は宮部さんとは違ってあくまで『近未来』なのですね☆

ちょっと私もこの本をチェックしておきます(>c_,<)

2009/02/21 (Sat) 22:12 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

この表紙、ハードカバーとは大分違うみたいなんですよね^^

ハードカバーは「時代物だぞぅ」というオーラがプンプンしているんですが、

文庫のほうは思わずギョッとしてしまいますよね!!(笑)



最初は、今時の大学生で辰二郎って…随分古風な名前だなぁと思ったのですが、

これで今風の名前だったら、江戸国ではかなりちぐはぐな印象ですもんね〜^^;

なかなか面白いお話でした♪

2009/02/22 (Sun) 07:00 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
happy-gaiさんへ

表紙、すごいインパクトありますよね!!

タイトルも、一度聞いたらなかなか忘れられません。ゴメスって…(笑)

この作品、近未来の江戸というちょっと風変わりな設定だったので、

時代物に苦手意識があるnanacoでもサクサク読み進めることができました^^

2009/02/22 (Sun) 07:05 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

ですよね!!(笑)

nanacoも、この本レジに持っていくのちょっと恥ずかしかったですよ…(* ̄m ̄)

"ゴメス"に、さらにこの装丁ですからね。



時代物にはちょっとだけ苦手意識があるんですが、

この作品はそんな事も感じさせず、最後まで読みきることができました♪

もし、将来江戸国なんてものが出来たらnanacoも応募しちゃうかもしれません。

それぐらい江戸国は魅力的な場所でした(*^^*)

2009/02/22 (Sun) 07:10 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

お、miwaさんもこの表紙、印象に残ってました??

一度見かけたらなかなか忘れられない装丁とタイトルですよねぇ(^m^ )ププ

miwaさん、かなり鋭いです!!(笑)

ゴメス、名前と雰囲気からして一見すると男なんですけど……実は女なんですよね^^;

あぁ、でも確かにこういうおばさんいますよね。。。



時代物の醍醐味って、やっぱり人情話ですよね♪

人間関係の希薄な現代だからこそ、こういう温かさに憧れてしまいます^^

miwaさんも機会があったら是非読んでみてくださいね☆

2009/02/22 (Sun) 07:16 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

ゴメス親分、ものすごいインパクトありますよね〜^^;

…実はこれで女なんですよ(笑)



さすがファンタジーノベル大賞を受賞しただけあって、ただの時代物ではありません♪

"近未来"、江戸国が独立国家として成立しているというのが、面白いですよね(><)

江戸国は、完璧に江戸時代を再現しているから、巨大なテーマパークみたいなもんでしょうか…。



謎解きとしてはいまひとつでしたが、これはファンタジー小説ですものね♪

この不思議な世界をたっぷり堪能できました!!

なんだかんだで、続きが出たら買ってしまうような気がします(笑)

2009/02/22 (Sun) 07:23 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
茨木 月季さんへ

確か月季さんのところでこの続編のレビューを伺って興味を持ったんです♪

文庫化されるのを楽しみに待っていました!!(o^―^o)

この文庫の表紙、かなりインパクトありますよね(笑)

辰次郎がちょこっといますけれど、ほとんどゴメス親分に目がいってしまいます…^^;



西條さん、寡作な作家さんみたいですね。

こんな豪快なお話を書かれるなんてどんな作家さんなんだー?!と思って写真を見ると、ビックリ。

な、なんだかとても物静かそうな美人さんなんですね!!

続編が文庫化されるのも楽しみにしてます♪

2009/02/22 (Sun) 07:31 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
○оユウо○さんへ

物語の展開自体は確かに時代物なんですが、、、

未来の日本の中に、江戸時代を再現した巨大なテーマパークがある…という感じでしょうか^^

しかもそれはあくまでも"独立国家"として成り立っているんですよね☆

なんとも不思議な設定で、グイグイと引き込まれてしまいました!!



そうですねぇ…宮部さんの時代物とはまたちょっと違う感じですね♪

宮部さんのは、どことなく切なさとか、人間の暗い部分が感じられるのですが、、、

ゴメスは若干コメディチックに物語が進んでいきます。

なかなか面白い設定なので、ユウさんも是非チェックしてみてくださいね(^^ゞ

2009/02/22 (Sun) 07:36 | EDIT | REPLY |   
かをる。  
Re:西條奈加「金春屋ゴメス」読みました♪(02/21)

この本も、読んだはずなのに、

内容はサッパリ覚えていないです。。。(汗)



nanacoさんのレビューを読んだら

やはり再読せねばっ!という気持ちになりましたw



どうして、覚えてられないんでしょうね〜^^;

2009/02/22 (Sun) 12:20 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
かをる。さんへ

うひゃー!!かをる。さんもこの作品読まれていましたか♪

本当にかをる。さんの読書は幅が広くて、いつも感心させられます(><)

あ…でも内容は覚えていませんか(笑)



時代物って、どうもいつも眠くなってしまうんですよねぇ。

nanacoの読書は大抵は通勤のバスの中なので、

時代物を読んでいる時は、大抵目が半開きでかなり怪しい人です…。

でも、この作品は近未来の江戸っていう設定がすごく新鮮でしたねぇ♪

少なくとも眠くはなりませんでした(笑)



かをる。さんも、是非再読してみてくださ〜い!!

読み返したら、記憶が戻るかもしれませんねぇ(^m^ )

2009/02/22 (Sun) 19:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply