10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.02.08 *Sun*

岡嶋二人「クラインの壺」面白かったです♪




【クラインの壺】岡嶋二人rating_49.gif

200万円でゲームブックの原作を、謎の企業イプシロン・プロジェクトに売却した上杉彰彦。その原作をもとにしたヴァーチャルリアリティ・システム『クライン2』の制作に関わることに。美少女・梨紗と、ゲーマーとして仮想現実の世界に入り込む。不世出のミステリー作家・岡嶋二人の最終作かつ超名作。

ブログのお友達さくらさんに紹介していただきました〜balloon_28.gif (さくらさん、ありがとうございます!!) 

あらすじから、貴志祐介さんの「クリムゾンの迷宮」のような作品を想像していたんですが、
きっちりとミステリーでまとめてくれましたね。良い意味で裏切られました!!

「クラインの壺」と呼ばれるヴァーチャルリアリティ・システム。
自らがプレイヤーとなり、実際にRPGゲームの世界を体験できるという画期的なシステム。
ゲームの原作者・上杉は、モニターとして製作に加わることになるが…

パートナーの美少女の突然の失踪。制作会社のスタッフ達の怪しげな行動。
そしてゲームの世界に入り込んでいるうちに、何度も聞こえてくる謎の警告とは??

012.gif

この作品が刊行されたのは、なんと1989年。
まだネットも普及していなかった時代に、これほどの作品を書けたとは驚きですねぇballoon_59.gif

特殊なベッドに入るだけで、意識も感覚もゲームの世界へ。
実際にゲームの中で会話もできるし、物を掴んだり、飲食することも可能。
もちろん、銃で撃たれると痛みを感じるという、なんとも恐ろしい代物なのよね…balloon_89.gif

現実を歩いていると思ったら、いつの間にか虚構の世界に入り込んでいて。
一度入ったら永遠に抜け出せない、まさにメビウスの輪に取り込まれてしまったような。。。

怒涛の勢いで読み進め、驚愕のラスト。思わず鳥肌が立ちました!!
……これはある意味ホラーより怖いラストかも…balloon_125.gif


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事

COMMENT

Re:岡嶋二人「クラインの壺」面白かったです♪(02/08)
いやん☆ ぞくぞくするぅ〜!!(笑)

私もそんな世界に紛れ込んでみたい!!!

でも、本当に目の前になったら泣いてしまうかもしれませんね〜。。。



1989年、、、、あの頃はまだ携帯電話も普及されていなかったし、もちろんメールやネットも巷ではあまり見かけないものでした。。。

もう20年も経ったのですね。

あの頃から見ると、今の時代は夢のような世界ですね。

nanaco☆さんは幼稚園に通ってた? 私は高校2年生、今が春って時でした!(笑)
by picchuko #79D/WHSg
2009/02/08(日) 08:17 [Edit
Re:岡嶋二人「クラインの壺」面白かったです♪(02/08)
nanacoちゃん、こんにちは♪



1989年にこういうストーリーが書けてたなんて、

確かにスゴイことだよねー。

まだそういう概念がないわけだもんね・・。

このゲームの世界に紛れ込んでみたい!

ても、実際はすごく怖そう(>_<)

by ☆Yuri☆ #79D/WHSg
2009/02/08(日) 10:41 [Edit
Re:岡嶋二人「クラインの壺」面白かったです♪(02/08)
岡嶋二人さん未読です。

nanaco☆さんお薦めみたいなので読んでみようかな?

1989年…柊は何をしていたころかな〜。

まだ子供達が生まれていない!わお(笑)

by 柊♪ #79D/WHSg
2009/02/08(日) 10:46 [Edit
楽しんでいただけましたか?
こんにちは。

岡嶋二人は、私もまだこれと「99%の誘拐」した読んだことないんですけど、時代を感じさせない精密さと、人の行動を緻密に描かれていて、すごいなぁと思いました。

たくさん作品がでていますが、図書館や古本屋じゃないとあまりめぐり合うことがないんですよ、実は。

古ぼけない名作ミステリーだと太鼓判押される方が多いので、安心して地道にゆっくり集めてます。

…ってまだ2冊(^^;;;
by さくら #79D/WHSg
2009/02/08(日) 12:38 [Edit
掘り出し物
ですね。昔の人の想像力って凄いですよね〜ていうか、そういう想像があって、未来はそれに近づいてい行っているのかもしれませんね。これも読みたいですゥ〜。
by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2009/02/08(日) 13:05 [Edit
Re:岡嶋二人「クラインの壺」面白かったです♪(02/08)
良質の本がボコボコ出てきますね(@◇@;) ウ・・・

皆さん20年前を思い出されるのも、ちょっと微笑ましいです(^.^)

「クリムゾンの迷宮」も読んだことありますが、内容はすっかり忘れてますね。たぶん、インパクトのない作品だったと記憶していますが、この「クラインの壺」は違う内容らしいので、読んでみたいですね♪
by クラスタン #79D/WHSg
2009/02/08(日) 13:35 [Edit
Re:岡嶋二人「クラインの壺」面白かったです♪(02/08)
こんにちは〜♪



バーチャルリアリティの世界って、

面白そうだし、一度は体験してみたいですよね〜^^

でも、いざ体験するとなると、

やっぱり勇気が出ないかも…(>_<)



岡嶋二人さんはまだ未読なので、

初、岡嶋作品は、この作品に決定しま〜す(^^)v



そうそう、nanaco☆さんオススメの『君のための物語』、

昨日GETしてきました♪

美青年の魔術師のお話、

楽しみながら読んでみますね〜(^^♪
by miwa125 #79D/WHSg
2009/02/08(日) 17:29 [Edit
Re:岡嶋二人「クラインの壺」面白かったです♪(02/08)
この作品、NHKドラマで観てました〜^^



似たようなオチとテーマの作品は他にもその後いくつか見つけましたが、きっと1989年に書かれていたという作品はまた格別だろうと思います。



今度、探して読んでみたいです☆

by かをる。 #79D/WHSg
2009/02/08(日) 17:49 [Edit
picchukoさんへ
この本、あらすじを読んだだけで「これだっ!!」って思ったんです(〃▽〃)

こういうゲームの世界に入り込む話、大好きなんですよぉ〜♪

ぞくぞくしちゃいますよね…こういうモニターがあったら、nanacoも応募しちゃうかも(笑)

しかもこのモニター、日給2万円なんですよ!!いかにも怪しい〜^^;



1989年、picchukoさんは春真っ盛りでしたか(^m^ )ププ

nanacoはまだアンパンマンのお弁当箱を持って喜んでいるような年頃ですねぇ…(笑)

この時代にこれほどまでの作品を書けるとは…ある意味SF作家よりすごいような気がします。

いつまでも色褪せない作品って、こういうもののことを言うんですね(^^ゞ

岡嶋二人さんの著作、他にも色々読んでみたいです♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/02/08(日) 21:26 [Edit
☆Yuri☆ちゃんへ
そうそう!!

20年も前にこんな作品をサラリと書いていたなんて…。

今でも驚きなのに、当時の人達はもっとビックリしただろうねぇ〜^^;

こういう作品だから、いつまでも色褪せない名作なんだろうなぁ…♪

この本が、いつか「古い!!」と感じる時代が来るのかな??

……マトリックスぐらいの近未来になれば(笑)



ゲームの世界に入り込んでみたい!!

そのうち、こんなゲームが家庭用に売り出されることになるのかな。

それはそれで怖い気がするけど…(><)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/02/08(日) 21:32 [Edit
柊♪さんへ
nanacoも岡嶋二人さんの作品はまだあまり読んだことがないのですが、

この「クラインの壺」すごく読みやすくて面白かったです!!

とにかく続きが気になって気になって…^^;あっという間に読み終えてしまいました。

柊さんにも是非読んでいただきたいです〜♪



この作家さんも法月さん同様、かなり著作数が多いですよね。

「このミス」に選ばれた作品もあるようなので、違う作品にも是非挑戦してみたいです!!

…少なくとも法月さんよりはハマる気がします(笑)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/02/08(日) 21:38 [Edit
さくらさんへ
さくらさん、この本すごく面白かったです!!

素敵な本を紹介していただいて、本当にありがとうございます〜(><)



全然時代を感じさせない作品でしたね♪

今この時代に書かれたと言われても、全然おかしくないような…

メビウスの輪、中学生の頃に教師から教えてもらった時はピンと来なかったのに、

この本を読んで「あぁ、こういうことか」と得心がいきました。



岡嶋二人さんの作品、なかなかめぐり合えないんですね。

また「クラインの壺」みたいなのが読みたいんですが…!!

本屋で見かけたら、極力購入するようにしたほうが良いみたいですねぇ^^
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/02/08(日) 21:51 [Edit
浪漫的狼さんへ
そうですね。あっという間に色褪せてしまう作品も中にはありますけど、

この「クラインの壺」はいつまでも色褪せない名作だと思います^^

そういえば前にハインラインの「夏への扉」を読んだ時も、そう思いましたねぇ…。

狼さんも機会がありましたら、是非手に取ってみてくださいね♪



そうそう、この本を読んでいて、狼さんのショートショート「遺跡」を思い出しました(^^ゞ

あぁ、あのショートショートもすごい好みだったんだなぁ…。

すっかり狼さんの小説のファンになっちゃったみたいです(*^o^*)♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/02/08(日) 22:07 [Edit
クラスタンさんへ
ふふふ…今年も良い本をガンガン発掘していきますよ〜!!

ブログで紹介してもらわなければきっと出合えない作品って沢山ありますよね^^

今回もこれを機に、岡嶋二人さんの作品を少しずつ読んでいきたいと思っています♪

きっと、これはクラスタンさんにも気に入っていただける気がします(≧∇≦)!!



あら…「クリムゾンの迷宮」インパクトなかったですか??

実はnanacoはこの作品、すごく好きなんです(笑)

中学生の時にこの本を読んで、あまりの恐ろしさにかなりビビった記憶があります(><)

…当時から比べると、もうホラーにも耐性が出来てきましたから、今はもう平気かなぁ。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/02/08(日) 22:13 [Edit
miwa125さんへ
この作品、思っていた以上に面白くて、あっという間に読み終えてしまいました!!(*^^*)

実は、バスの中でかなり集中していたらしく…バス停を1つ乗り過ごしてしまったんです(笑)

あぁ、なんということだ………。



バーチャルリアリティの世界、一度体験してみたいですよね。

自分の好きなように行動できるというのが、すごく面白そうで♪

この本を読んでいるうちに、「もし戻れなくなったら…??」と、

得体の知れない恐怖感が湧いてきて。それがまたハマる要素なんでしょうね〜^^;

初岡嶋作品は、是非「クラインの壺」を読んでみてくださいねっ♪



そうそう!!「君のための物語」を購入されたとのこと(≧∇≦)ノきゃぁ〜っ♪

まずは表紙を見て、ニヤついてしまいますよね…(笑)

是非楽しんでくださいね☆miwaさんのレビュー、楽しみに待っています!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/02/08(日) 22:29 [Edit
かをる。さんへ
うぉっ!!これ、ドラマ化されていたんですか?!(><)

あぁ、それすごく面白そうだわ。映像化したらどんな風になるんだろう??って考えていたんです。

アニメ化しても面白そうな気がしますね〜♪^^



とても20年も前に書かれたとは思えないほど、全然違和感がありませんでした。

こういうの、すごく好きなんですよねぇ(^m^ )

現実と虚構の区別がだんだん曖昧になってくるようなお話。

ドラマを観られているなら、きっとオチもご存知かと思いますが、

原作はまた違った印象を受けるかもしれませんので、是非読んでみてくださいね〜♪

この作品はダンボールにはありませんでした??(笑)

既にnanacoの頭の中では、かをる。さんのダンボール=ドラえもんの4次元ポケットです(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/02/08(日) 22:30 [Edit
Re:岡嶋二人「クラインの壺」面白かったです♪(02/08)
こんにちはー☆

このラストは怖かったですね〜…

それにしてもメビウスの輪っていまだに理解できません。絶対おかしい!!とムキになってしまいます。



さっき読書メーターのnanacoちゃんの所でグイン情報を見かけたよ〜。

発売されてたのか!油断してた!!

ヨナとスカールのコンビなんて昔は想像したことさえなかったよ。。。

by まる811 #79D/WHSg
2009/02/09(月) 11:58 [Edit
まる811さんへ
おぉ、まるさんもこの本読まれてましたか!!

あのなんとも後味の悪い(?)ラスト……そのへんのホラーよりよっぽど恐ろしかったです^^;

初めは、もっとゲームの中の世界を描いて欲しかったなぁという気もしたんですが、

これはミステリですもんね(^^ゞきっちり現実世界に軸を置いているところに好感がもてます♪

メビウスの輪!!ほんと、どうしてなんだろう…。

むぎゃー!!絶対、騙されているとしか思えない!!



ほほほっ(* ̄m ̄)まるさん、出遅れたわね〜♪

表紙は…イ、イシュトー!!(だよね…??)

2ヶ月もじりじりと待っていたはずなのに、あっという間に読んでしまいました^^;

最近、あの学者風のヨナ君ちょっとお気に入りだったりします。

イシュトを卒業したらヨナ君派になっちゃうかもなぁ(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/02/09(月) 20:37 [Edit
Re:岡嶋二人「クラインの壺」面白かったです♪(02/08)
こんにちは。

以前に何度かおじゃまさせていただいたユウです☆

クラインの壷、いつかは読みたいと思っていたんですが

nanacoさんのレビューを読んで買ってみました('-'*)♪

この本、92年にNHKでドラマ化されていて当時小学生だった私はゾクゾクしながら観た憶えがあります。

原作はもっとゾクゾクしそうですね♪

読むのがとっても楽しみです(´艸`)♪

ではでは☆★
by ○оユウо○ #79D/WHSg
2009/02/12(木) 07:41 [Edit
○оユウо○さんへ
ユウさん、お久しぶりです〜♪(*^o^*)

ご訪問&コメントいただき、とっても嬉しいです!!



おぉっ!!ユウさんは、当時小学生だったんですか♪

実はnanacoもなんです。も、もしかしてすごく歳が近いのかしら…??

nanacoは1984年生まれなのですが、ユウさんも同じぐらいの年頃でしょうか(^m^ )



そして「クラインの壺」を購入されたとのこと!!

すごくすごく面白かったです♪

通勤中、バスの中であまりに根を詰めて読んでいたからか、

降りる停留所を1つ乗り過ごしてしまったくらいです…(笑)

ユウさんのレビュー、楽しみにしていますね♪(*^o^*)



それに、この作品ドラマ化されていたんですねぇ。

うわ〜すごく観てみたい!!

アニメならともかく、実写とはすごいですね。一体どんなドラマに仕上がっているんでしょう?!

by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/02/12(木) 19:53 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。