10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.03.23 *Mon*

北山猛邦「クロック城殺人事件」読みました♪




【「クロック城」殺人事件】北山猛邦rating_47.gif

終焉をむかえつつある人類の世界。探偵・南深騎と菜美の下に、黒鴣瑠華と名乗る美少女が現れた。眠り続ける美女。蠢く人面蒼。3つの時を刻む巨大な時計。謎が漂うクロック城に二人を誘う瑠華。そこに大きな鐘が鳴り響いたとき、首なし遺体が次々と現れた。驚愕のトリックが待つ、本格ミステリ。

メフィスト賞を受賞した北山さんのデビュー作です〜balloon_34.gif

この本の表紙ね、読み終わってから気付いたんだけど…かなり不気味なんですよ。
人の顔が浮かびあがっているんだもの!! カバーかけて読んでよかったぁ…(笑)

舞台は、世界滅亡間近の荒廃した日本が舞台。
主人公・深騎(みき)は、幽霊退治を稼業としている探偵。
ある日深騎の下に、"クロック城"の幽霊を退治して欲しいという美少女・瑠華が現れる。

過去、現在、未来。それぞれ別の時間を刻む、3つの大きな時計。
その時計の鐘が鳴った時に見つかったのは、別々の館で見つかった二つの首なし死体。
一体犯人は、どうやって離れた場所で犯行をやってのけたのか?? その動機とは…??

036.gif

終焉を迎えつつある世界、次々と現れる幽霊、壁に無数に浮き上がる人面蒼
そして、ボウガン片手に幽霊を退治する、どこか影のある主人公。 (バイオハザードみたいだな…) 
ミステリよりも、SFにしたらさらに面白くなった気がしますねぇballoon_89.gif

あまりにも非現実的な世界なので、トリックも煙に巻かれるのかな…と思いきや。
思いの外、曖昧さを残さないしっかりとした物理トリックでしたballoon_59.gif

ただ、結局何故世界が終わりを迎えようとしているの??とか、
人々が幽霊と呼ぶ"ゲシュタルトの欠片"についての情報量が、あまりにも少なくって…。
ちょっと大風呂敷を広げすぎたのかなぁという印象も否めませんねぇ。そこが残念。

でも、この退廃的な雰囲気はすごく好きだわ〜balloon_85.gif
…しつこいけど、SFにしたら絶対面白いと思うんだけどな…(笑)


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事

COMMENT

この表紙。。。
この本を読まなくても十分に無気味ですよ〜。><。。

それに、「黒鴣瑠華」っていう名前も凄いですね。

確かに内容だけ読むと、SFっぽい気もします。^^

物理トリックですかぁ〜。

物理という言葉に、あぁ〜相対性理論などが頭に浮かんで、思わず熱にうなされそうになりました。(笑)



しかし、世界が終る瞬間、あなたは誰と一緒にいたいですか・・・なんて、ウルスだなんて恥ずかしくて言えないわ、私☆(爆)
by picchuko #79D/WHSg
2009/03/23(月) 21:05 [Edit
確かに不気味ですね( ̄∀ ̄;)
最初にこの表紙を見た時、ドキッとしました;

パッと見てもなんだかドクロのように見えますね。

でも『荒廃した世界』とか『滅亡間近』という言葉が異常に大好きな私としては、これもウィッシュリストに追加です(もう一杯になってます 笑)

だけどSFではないのですか。確かにちょっともったいないですね><

いやぁ、だけど読みたい(*^m^*)

読みたい本が増えるのって嬉しいですね♪♪
by ○оユウо○ #79D/WHSg
2009/03/23(月) 21:26 [Edit
Re:北山猛邦「クロック城殺人事件」読みました♪(03/23)
nanacoさん読み終わっているんですよね(*^^*)



遅まきながら、いま読んでおります(^-^;

世界観は面白そうなんですが、色々詰め込みすぎたように感じます。

まだ途中ですが、種を蒔いたが刈り取れずに終りそうな・・・。
by クラスタン #79D/WHSg
2009/03/23(月) 22:32 [Edit
Re:北山猛邦「クロック城殺人事件」読みました♪(03/23)
表紙、確かによく見ると不気味だねぇ(>_<)

ホント、カバーつけといてよかったねw

目が3つある・・と思ったら、

3つの時計になってるんだねー。

それにしても、首なしの死体って・・。

想像すると怖いわぁ・・(>_<)

by ☆Yuri☆ #79D/WHSg
2009/03/23(月) 23:32 [Edit
確かに
こんにちは。

表紙キモイですよねぇ。

目が悪いんで手に取ってみて、そう思いました。

あらすじ読んで、「…ゲームならやるかも」と思って棚に戻した気がします(^^;

終焉ってのはしっかりした設定がないと難しいですね。

いざとなったら、人間なんてゴキブリ食ってでも生き延びようとする気がするんで。

イナゴも食えない私が出す例えではなかったか(笑
by さくら #79D/WHSg
2009/03/24(火) 14:08 [Edit
Re:北山猛邦「クロック城殺人事件」読みました♪(03/23)
こんばんは〜♪



ゲッ!人の顔が浮かび上がる表紙ですか…

不気味すぎて、手に取ってみるのも恐ろしいかも(>_<)

パッと表紙を見た時、三つ目の妖怪かと思いました(笑)



大風呂敷を広げすぎですかぁ〜。

何だかスッキリした読後感じゃなさそうですね〜??

ストーリとしては、

面白そうな感じなのに…(>_<)
by miwa125 #79D/WHSg
2009/03/24(火) 18:20 [Edit
Re:北山猛邦「クロック城殺人事件」読みました♪(03/23)
風呂敷を広げ過ぎ…って感じは確かにありますね。

気になるところとか続きが何かありそうで(笑)

柊は北山さんの次なる城シリーズ「瑠璃城殺人事件」を読み終えたところなのですが、この作家さんかなり独特の世界観を持っている感じがします。

何処をどう捻ればこんな設定を思いつくのか…。

凝りに凝った物理トリックにもびっくりです。

一番最初に読んだ「踊るジョーカー」がごくごく普通の世界に思えてきました(笑)



by 柊♪ #79D/WHSg
2009/03/24(火) 19:30 [Edit
TBありがとうございます♪
私もこの世界観は好きでした★

わざわざミステリとセットにしなくても!でしたもん^^;



トリックだけは読めちゃいましたよっ!珍しい。。。

私の読んだのは新書タイプだったので、見たらピンときました♪
by 月夜 #79D/WHSg
2009/03/24(火) 20:53 [Edit
表紙が
表紙の絵が素敵です、というか、凄く惹かれますね。え、でも、顔が浮かび上がってる…のは判りませんでした。nanacoさん、今年も快調に読まれてますね。
by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2009/03/24(火) 22:29 [Edit
picchukoさんへ
本当に不気味ですよね、この表紙!!(⌒o⌒;A

読了後に、改めてまじまじとこの表紙を見てギョッとしました…(笑)

登場人物の名前、主人公の深騎もですけれど、黒鴣瑠華も変わっていますよねぇ。

でも、名前のわりにはキャラにあまりインパクトがなかったかなぁという印象ですが^^;



nanacoも物理という言葉を聞くと、

picchukoさんの読書メーターに居座っている相対性理論を真っ先に思い出します!!(爆)

幽霊や怪奇現象を盾に煙に巻かれるよりは、断然スッキリとしたトリックでした♪



ふふふ…picchukoさんなら、絶対真っ先にウルスの名前を出すと思ってました!!(><)

ウルスの隣なら、世界の終わりも怖くない??(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/03/25(水) 05:59 [Edit
○оユウо○さんへ
この本を読み終わった後に、まじまじと表紙を見て気付いたのですが、、、

何気にこの表紙に色々な仕掛けが隠されているんですよねぇ(^m^ )

それにしても不気味すぎます。不気味すぎて、逆に手に取りたくなる衝動に駆られますよ…(笑)

一瞬髑髏に見えるのもギョッとするし、よくよく城の壁を見ると……(><)



おぉ!! またまたユウさんとの共通点を見つけちゃいました♪

nanacoも「荒廃した世界」「滅亡間近」こういう言葉に弱いんですよねぇ。

ちなみに「古代文明」「隠された謎」「神秘」なんていう言葉が出てきても即買です!!(笑)



またまたウィッシュリストに追加していただいて嬉しいです〜♪

この本の世界設定はとても魅力的なので、ユウさんも是非読んでみてくださいね(*^^*)

ユウさんの感想、楽しみに待っています!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/03/25(水) 06:07 [Edit
クラスタンさんへ
クラスタンさんも今読まれているんですね♪

感想をうかがうのが今からとっても楽しみです!!^^



確かに、色々詰め込みすぎた感は否めないですよねぇ。

それでも、この荒廃した世界とか、彷徨う幽霊とか…独特の設定はすごく好きです♪

幽霊をボウガンで撃てるのか…??という疑問はありましたが(笑)

トリック自体は論理的に説明されていたので、こちらは好印象ですね(*^o^*)



それにしても…この1冊だけで終わってしまうには、本当に惜しい世界観ですねぇ。

城シリーズの他に、深騎シリーズとかで書いてくれないかな、、、北山さん(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/03/25(水) 06:12 [Edit
☆Yuri☆ちゃんへ
パッと見だと、目が3つの髑髏に見えるんだよね…^^;

そしてよくよく城の壁を見ると、人間の顔が沢山浮き出てるんだよぅ。

こんな城に住んでいる人の気が知れない!!(笑)

でも、こんな表紙だから逆に手に取りたくなっちゃったりするんだよね(* ̄m ̄)フフ



首なし死体ってミステリではよく登場するけど、現実的に考えるとかなり怖いよね…(笑)

昔はそんな事件があったら大きく取り上げられていたのに、

今の時代は、そんなニュースを聞いても驚かなくなった自分の神経も怖いです〜(><)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/03/25(水) 06:18 [Edit
さくらさんへ
お友達のレビューを読んで、これは絶対買おう!!と思っていたので、

改めてまじまじと表紙を見たのは読み終わってからだったんですよ…(笑)

ひぇぇ〜っ!!!と、手は離しはしなかったですけど、さすがにギョッとしましたねぇ(ーー;)



あ!! そうですね、ゲームにしたら面白そう♪

主人公がボウガンで幽霊退治するので(そもそもボウガンなんて効くのか??)、

なんだかバイオハザードっぽい感じにしたら売れそうですよねぇ(^m^ )

世界観はすごく好きだったので、この1冊で終わってしまのが勿体無い気がします。。。



ゴ、ゴキブリー!!!

ぐはぁ、ダメです…お腹の中で沢山生まれそう(><)

そういえばそんな本もありましたねぇ、胃を破って出てくるっていう(怖い。笑)

北海道に住むnanacoはゴキの姿を目にしたことはないんですが、噂だけは聞きますよ…。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/03/25(水) 06:27 [Edit
miwa125さんへ
そうなんですよ…手に取るのをちょっと躊躇ってしまうほど不気味な表紙でした(T_T)

……でも逆に怖いもの見たさで買っちゃうかも??(笑)

miwaさんの仰るとおり、パッと見本当に3つ目の妖怪っぽいですよねぇ。



でもこの本、すごく魅力的な設定なんですよ〜♪

過去の館、現在の館、未来の館と3つに分かれていて、

それぞれ10分ずつ時間がずれている大きな時計がある…というなんとも不思議な設定^^

この1冊で終わってしまうのが惜しいぐらいでしたねぇ。。。



肝心の世界の謎が解明されていない…という未消化な部分が残りましたが、

この荒廃した不気味な世界は十分堪能することができました〜♪(^m^ )
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/03/25(水) 07:03 [Edit
柊♪さんへ
柊さん、面白い本を紹介していただいてありがとうございました〜♪

未消化な部分は残りましたが、この独特な世界はクセになりそうですねぇ^^

SEEMの事とか、菜美の事とか…まだまだ続きがありそうな感じですけど、

この1冊で終わりなんですものねぇ。そこが残念です(><)

これシリーズ化したらかなり面白い気がするんですが。。。



「瑠璃城」読了されたんですね♪

実は、nanacoも既に購入済みです(^^ゞなんだかんだで北山さんに嵌りそうな予感です…(笑)

それに「瑠璃城」の凝ったトリックというのも、今から楽しみでなりません!!

柊さんのレビュー、楽しみに待っていま〜す♪



「踊るジョーカー」「少年検閲官」も早く読みたいです(o^―^o)

文庫化を待たずに買ってしまう気がします…(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/03/25(水) 07:11 [Edit
月夜さんへ
こちらこそTBありがとうございま〜す♪

この本、SFとして読んだらさらに面白いですよね、きっと…。

世界の終焉とか、荒廃した日本とか、そういう設定が大好きなんです♪

今読んでいる「新世界より」も同じ匂いを感じるところがありますねぇ(*^^*)



そうそう、月夜さんのレビューをうかがってトリックが読めたというのがビックリでした!!(笑)

聞けば単純なトリックですけれど、nanacoは考えもしませんでした〜^^;

あの展開からいくと、てっきり幽霊の仕業にするのかと…(あまりにも安易ですけど。笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/03/25(水) 07:17 [Edit
浪漫的狼さんへ
さすが狼さん、この表紙に惹かれますか〜♪

この表紙のおかげで、すっかりクロック城のイメージが出来上がっちゃいますね^^

拡大できないのが残念ですが、仮面のような顔が沢山浮き上がっているんですよねぇ…。

てっきり怪奇現象だと思い込んでいたのですが、

読み進めるうちに、この恐ろしい現象もきっちりと解明されていたのでビックリです(笑)



今年もサクサクいけてますかねぇ(^m^ )

去年よりも若干ペースは落としていますが、その分じっくりと読んでいる気もします♪

あぁ…速読を身につけたい(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/03/25(水) 07:22 [Edit
Re:北山猛邦「クロック城殺人事件」読みました♪(03/23)
初北山さんですか?

自分はこの作品で城シリーズに嵌りました。

なんとも不思議な設定な世界で面白かったです。

他の城も(独立してますが)いいですよ(*^_^*)
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/04/04(土) 13:15 [Edit
日向 永遠さんへ
そうなんです♪

北山作品は「踊るジョーカー」「少年検閲官」がずっと気になっていたのですが、

まずは手を出しやすい文庫から…と思い、このシリーズを読み始めました(=^^=)



日向永遠さんはこの作品がきっかけで、城シリーズに嵌ったんですか〜♪

こんな突飛な発想ができる作家さんってなかなかいないですものね。

世界の終焉に、浮遊する幽霊…という設定がすごく好みだったので、

この一冊で終わってしまうのが惜しいぐらいでしたねぇ(><)

続きの「瑠璃城殺人事件」も購入済みなので、こちらも近いうちに読んでみることにします♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/04(土) 20:11 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。