FC2ブログ
Welcome to my blog

柴村仁「プシュケの涙」読みました♪

ななこ




【プシュケの涙】柴村仁rating_49.gif

夏休み、一人の少女が校舎の四階から飛び降りて自殺した。彼女はなぜそんなことをしたのか?その謎を探るため、二人の少年が動き始めた。一人は、飛び降りるまさにその瞬間を目撃した榎戸川。うまくいかないことばかりで鬱々としてる受験生。もう一人は“変人”由良。何を考えているかよく分からない…そんな二人が導き出した真実は、残酷なまでに切なく、身を滅ぼすほどに愛しい。

先日の「君のための物語」でも感じたけど、最近のラノベってすごいballoon_89.gif
もうなんだか、普通の小説とライトノベルの境目が分からなくなってきました…(笑)

うだるような暑さの夏休み。ある一人の少女が校舎から飛び降り自殺をする。
目撃者は補習を受けていた榎戸川と旭のみ。真相は闇に葬られようとしていたが、
そんな中、顔だけは美形だがとてつもない変人・由良が、事件を嗅ぎ回っていた。

一体、少女は何故自殺をしたのか?? 少女と由良の関係とは??
描きかけのまま放置された絵の真相とは…??


020.gif


この作品は、前半と後半の二部構成になっていますballoon_91.gif
前半は、少女が校舎から飛び降り自殺した事件の真相を巡る謎。
後半は、生前の少女の視点から、過去のエピソードが綴られていきます。

次第に明らかになっていく事件の全貌。
やがて浮かび上がってきた真実は、あまりにも哀しくて儚いものでした…balloon_73.gif

後半部分で、謎に包まれていた少女の姿が浮き彫りになってくるのですが、、、
彼女と由良とのやりとりが微笑ましく、思わず笑ってしまうような部分があるからこそ、
余計に切ない。少女の由良に対する想い、由良の少女に対する優しさが、痛すぎる…。

本来なら、前半と後半が逆にくるべきもの。
だけど、あえてこの構成にしたなんて……反則ですよぅ(泣)

「こうして言葉にしてみると…すごく陳腐だ。おかしいよね。笑っていいよ」
「笑わないよ。笑っていいことじゃないだろう」―P223



bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
Posted byななこ

Comments 28

There are no comments yet.
○оユウо○  
Re:柴村仁「プシュケの涙」読みました♪(03/19)

こんばんは^^

nanacoさんのレビューを読んでそそられるものを感じました!

一見ラノベっぽくないですね。最近のラノベはすごいなぁ。

最初、楽天ブログ日記のキャラクターが【泣】マークになっていたので『あれ?つまらなかったのかな?』と思ってしまいましたが、その逆でしたね(^∀^;)

昨日の「プークが丘」に引き続き、この本もウォッチリストに追加したいです☆ミ

柴村仁、、初めて聞く作家さんだけど読んでみようかな(^-^)♪

2009/03/19 (Thu) 22:02 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:柴村仁「プシュケの涙」読みました♪(03/19)

この作品も凄く気になりますね〜

「少女」と「由良」の関係が気になります。

これも早速「お気に入り」と読書メーターの「読みたい本」に入れました(^^)

「読みたい本」がどんどん増えます〜〜

2009/03/19 (Thu) 23:30 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
Re:柴村仁「プシュケの涙」読みました♪(03/19)

nanaco☆さんのこのレビュー好き〜☆^^

なんか物凄く伝わってくるよ。

かなり巧みな構成力ですね。

こういう反則的な書き方も大歓迎です。

きっとすごく頭のいい作家さんなんですね。

そして、表紙の絵がなんとも印象的で素敵です。

この絵を背景にある世界を上手く表現している気がします。^^

2009/03/20 (Fri) 06:28 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
○оユウо○さんへ

この本の装丁も、文章から感じられる雰囲気も、全然ラノベっぽくないんですよねぇ(^^ゞ

電撃文庫=ラノベという印象でしたが、、、

先日読んだ「君のための物語」も、紅玉いづきさんの人喰い物語三部作も、

ラノベと一括りにするにはあまりにも深い世界観だと思います…☆



【泣】マークは、読了後にあまりにもやるせない思いになったからです!!(笑)

とにかく深いです。胸がギュッとしめつけられるようです…(T_T)

ユウさんの感想も、是非お伺いしたいです〜♪



この作家さんの他の作品って、どうも表紙がいかにもな萌えイラストで(笑)

なかなか読む気にならないんですよ……(;¬_¬)

やっぱり本の表紙絵や挿絵ってすごく大事だなぁと実感しますよねぇ。

2009/03/20 (Fri) 08:00 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:柴村仁「プシュケの涙」読みました♪(03/19)

柴村仁さんのお名前は初めて聞きます。

感想を伺うととっても読んでみたいけど…この年齢になるとライトノベルに分類されているものを書店で購入&図書館でリクエストするのは何だか恥ずかしい…(笑)

いっそ普通の小説とライトノベルと境界をなくしてほしいかも〜。

2009/03/20 (Fri) 08:07 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

おぉっ♪ちこさん、またまた読みたい本リスト入り、ありがとうございます!!(*^o^*)

この本、すごく良かったですよ…。

"面白い""切ない""哀しい"と一言で言い表すには、

十分にこの本の世界観を説明できていない気がします(><)

それほどまでに、読了後に何とも言えないやるせなさで、胸がいっぱいになってしまいました。



様々な人物の視点から、徐々に事件の全貌が明らかになっていく構成は、

作者さんにしてやられた!!という感じですね(笑)

後半部分の、少女と由良のやりとりがすごく好きでした。

サクッと読めるのに、読了後に心に残るものは大きいです!!

ちこさんの感想、今から楽しみにしていますね〜♪

2009/03/20 (Fri) 08:08 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

わ〜い♪picchukoさんに気に入っていただけて嬉しいです!!(o^―^o)

この作品、多くを語るとネタバレになっちゃうし、

しかもとても一言では言い表せない読後感だったので、ちょっと短めレビューになりました(笑)



「この書き方は反則だ〜!!」と思いましたけど、

仮に前半部分と後半部分が入れ替わっていたら、ここまでの深さはなかったかもしれません^^

まんまと柴村さんの思惑に乗せられちゃいましたねぇ(笑)

表紙の儚げで透明感のあるイラストも、この作品の世界観を端的に表している気がします☆

それにしても、、、この何とも言えない読後感。

モヤモヤした気持ちをどこへ吐き出せばいいの〜?!(><)笑

2009/03/20 (Fri) 08:16 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

最近は普通の小説とライトノベルの境界が曖昧になってきていますよねぇ^^;

「図書館戦争」シリーズも一応ライトノベルに分類されるみたいですし…。

そもそも、ライトノベルの定義って何なんでしょうね?!

挿絵が載せられているのがライトノベル…??

でもそれなら、「グイン・サーガ」や「アルスラーン戦記」だって載せられていますしねぇ(笑)



nanacoもどうもライトノベルのコーナーに行くのは、抵抗があるんですよぅ(* ̄m ̄)

特にこの電撃文庫のコーナーはあまりにも派手なイラストが多いので…。

実は、この「プシュケの涙」もネットでこっそり購入してます!!(笑)

本当にラノベらしからぬ雰囲気の作品なので、柊さんにも是非読んでいただきたいです〜♪

2009/03/20 (Fri) 08:22 | EDIT | REPLY |   
浪漫的狼  
作家

力のある作家さんの登竜門となっているライトノベルですから、当然レベルも上がっているのでしょうね。あまり読んだことはないですが、nanacoさんがおっしゃるのなら分かりますね。目を付けたひとがどんどん売れていくと嬉しいでしょうね。

2009/03/20 (Fri) 14:36 | EDIT | REPLY |   
まる811  
Re:柴村仁「プシュケの涙」読みました♪(03/19)

こんにちはー☆

うんうん、最近のラノベってすごいよね。

この頃ラノベコーナーをうろつくことが増えました。

ていうか本屋で一番混んでる気がしません??



身を滅ぼすほど愛しい、って気になりますねぇ…

表紙も色きれいだわぁ〜…

2009/03/20 (Fri) 17:28 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
Re:柴村仁「プシュケの涙」読みました♪(03/19)

表紙がとってもキレイじゃないですか?

あらすじ読んでもラノベっぽくない気が・・・



ラノベって結構大人になっても読んじゃいますよね〜。

なんだか悲しいお話のように感じてしまいます。読んでみたいけど、ちょっとコワいかなあ(>_<)



2009/03/20 (Fri) 19:24 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:柴村仁「プシュケの涙」読みました♪(03/19)

ライトノベル・・敬遠しているわけではないのですが殆ど手に取ったことありませんがこの感想をお聞きしますと良さそうですね。感動しそうだし。馬鹿に出来ないですね。もともと小説にむやみに境界線を引くのもどうかと思うし帰って読者を限定してしまうのでしょうね。凄い本はその垣根をこえて読者を獲得できるのでしょうが・・・

2009/03/21 (Sat) 16:36 | EDIT | REPLY |   
月夜  
こんにちは★

TBありがとうございました!nanacoさんも読まれたんですね♪

前半と後半の入れ替え…あれがあるからこそ切なくてたまらない。。。

真相に近づくほど、「読みたくないっ」って思っちゃうけど

止められなくて最後まで一気読みでした!

この切なさはなんとも言えないですね、ほんと。。。



「君のための物語」気になってます♪

けど、なかなかお目にかかれなくて^^;

2009/03/21 (Sat) 17:59 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:柴村仁「プシュケの涙」読みました♪(03/19)

こんばんは〜♪



またまた素敵な表紙ですねぇ^^

本屋さんで見たら、

間違いなくジャケ買い?(表紙買い?)してしまいそうです(^^ゞ

ストーリーも、何だか切なそう…(T_T)

少女と由良の関係と、

美形の由良の“変人”ぶりも気になるし。。。

今度、本屋さんで是非チェックしてみますね〜(*^^)v

2009/03/21 (Sat) 17:59 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

なんだか最近、本当に普通の小説とライトノベルの境界が分からなくなってきました^^;

それほどまでにレベルが高いんですよねぇ。

ラノベって、表紙のイラストである程度読む人を選びますけど、

今回みたいな淡く静かな表紙は、きっと皆さん手に取りやすいんじゃないかな??と思います♪



ラノベの定義自体がなんだか曖昧な気もするので、

そろそろ区別をしなくても良いんじゃないかな〜??なんて思う今日このごろです(笑)

今回の作品は沢山の人達に読んでもらいたいですね♪(*^^*)

2009/03/21 (Sat) 18:49 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
まる811さんへ

本当に、最近ラノベ系はどんどん力伸ばしてきてますよね〜♪

っていうか、うちの近くの本屋さん…ラノベ系はオタクっぽいのしかいないんですけど(笑)

しかも、かなりひしめき合ってるので、なかなか足を運ぶのが躊躇われるんですよ…^^;

というわけで、ラノベ系は専らネット注文ですぅ。

まるさんに紹介してもらった傭兵のも気になる〜!!

(もはやnanacoの中での印象は、傭兵と姫。笑)



この「プシュケの涙」すんごく良い話…というか切ない話なので、

まるさんも機会があったら是非読んでみてくださいね〜♪

変人だけど美青年の由良は、きっとまるさん好みかと(笑)

2009/03/21 (Sat) 18:54 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

そうなんですよ!!

この本の表紙も挿絵も、とにかく綺麗なんです♪

淡い色使いが、この作品の儚げな雰囲気にピッタリで…^^

読んだ後にこの表紙をもう一度眺めると、思わず胸が苦しくなってきます(泣)



ラノベって、個人的には「息抜き」のような感じで読んでいるんですが、、、

今回ばかりは重い作品だったので、息抜きどころか精神的にちょっと追い詰められました(笑)

とても哀しいお話ですが、すごく良かったです。

多分これからもずっと忘れないだろうなぁ…。印象深い作品でした(><)

2009/03/21 (Sat) 19:06 | EDIT | REPLY |   
エンブレムT  
Re:柴村仁「プシュケの涙」読みました♪(03/19)

最近のラノベ、侮れないに同感♪

この表紙なんて普通に買いやすくって良い感じです〜^ ^



あらすじ読むと、恩田さんっぽい感じでもありますね♪

好きかもw

あぁ、落ち着いたら読みたい本がイッパイ。。。

2009/03/21 (Sat) 19:07 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

最近のライトノベルは本当に侮れません!!^^

そもそもラノベと普通の小説との境界線が未だにきちんと区別できていませんが…(笑)

とりあえず今回の「電撃文庫」系はラノベなのかな、と。

今回の「プシュケの涙」は、思っていた以上に重たく心にズシリと残る作品でした。

読みながら、「これ、全然ライトじゃないよ…」と思ってしまいましたよ(笑)



表紙がいかにもな感じのイラストだと、なかなか手に取りづらいですよねぇ(^^ゞ

例え本当に良い作品でも、それだけで読者を限定してしまうのは勿体無い気がします。

辻村作品のような装丁だと、思わず手に取りたくなりますよね♪

2009/03/21 (Sat) 19:12 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
月夜さんへ

こちらこそ、TBありがとうございます♪

最近はスムーズにTBしていただけるようで安心しています!!(笑)



前半があるからこそ後半が生きてくる…という月夜さんのレビュー、同感です(><)

もしこれが反対だったら、これほどの切なさはなかったでしょうねぇ…。

きっと、ただの後味の悪い小説になっていたかも^^;

この絶妙な二部構成と、透明感のある表紙が相まって、なんともいえない読後感になるんですね。

うぅっ…切ないけど、またいつか読みたいかも(笑)



「君のための物語」、すっごく素敵な作品ですよ♪

こちらもラノベらしからぬ雰囲気でした^^

文体もすごく綺麗で、すっかり引き込まれてしまいました!!

2009/03/21 (Sat) 19:19 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

でしょでしょ?!

こんな素敵な表紙を見たら、思わずジャケ買いしちゃいますよねぇ(*^ー^)

しかもそれがどこのレビューでも評価が高い作品ときては、読まないわけにいきません!!(笑)



とてもラノベとは思えないほど、静かでズッシリと重い作品でしたが、

実は読後感はそれほど悪くはないんですよ^^

ただ、あまりにも切なさとやりきれない気持ちでいっぱいになるんですが(泣)

え、それってもしかして読後感悪いことになるのかしら??^^;



美形で変人の由良も、かな〜り良いキャラしてますので、きっとmiwaさんも気に入るはずです♪

是非是非本屋さんでチェックしてみてくださいね!!

あっという間に読めますが、とても印象に残る作品なのでオススメしたいです(^m^ )

2009/03/21 (Sat) 19:25 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
エンブレムTさんへ

本当に、最近のラノベはすごいですね〜!!

今年は妙にラノベ率が高くなってきている気がするんですが、気のせいでしょうか…(笑)

なんとなく紅玉いづきさんの人喰い三部作に端を発している気がします(^^ゞ

いかにも〜な萌え系のイラストは購買意欲をそそられないんですが、、、

こういう表紙なら、無意識に手が伸びちゃいます♪



あ!! そういわれてみると恩田さんの作品の雰囲気に似てるかも〜!!(o^∇^o)

事件を色々な視点から分析するっていうのが、同じ匂いを感じますね(笑)

恩田さんよりさらにシビアな感じもしますが。。。

2009/03/21 (Sat) 19:31 | EDIT | REPLY |   
茨木 月季  
Re:柴村仁「プシュケの涙」読みました♪(03/19)

こんばんは〜♪



ラノベとそうじゃない作品の境ってわかりませんよね〜。書店のラノベコーナーで有川浩さんの単行本や辻村深月さんの本を見かけるのは納得するのですが、京極夏彦さん??? ラノベから単行本へ移行した橋本紡さん、桜庭一樹さんなどそのままラノベ時代の読者を引き連れているし…。児童書も文庫化するようになったし、良い本は誰もが読む。本に読者を選別する境界がなくなってきている感じがしますね…。

2009/03/21 (Sat) 21:44 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
茨木 月季さんへ

そうですよねぇ…ラノベの定義自体がなんだか曖昧ですものね^^;

ラノベと区別されているために、読者を選んでしまうのってすごく勿体無いですよね。

中には本当に良い作品も沢山あるのに…。

いっそのこと、ラノベというジャンルをなくしてしまっても良いんじゃないかしら?!(^^ゞ



…というか、京極夏彦さんラノベ書かれていたんですか?!

未読の作家さんですが、今では全然そんなイメージがありませんよねぇ(^m^ )

「魍魎の匣」だけ映画で観ましたが、原作を読んでいない者にとっては意味不明でした(笑)

きっと、原作はものすごく奥が深いんでしょうねぇ…。

2009/03/22 (Sun) 07:48 | EDIT | REPLY |   
茨木 月季  
nanaco☆さんへ

京極夏彦さんの本がラノベコーナーに置いてあるのに驚いたのですが、もちろん映画になったあのシリーズです。講談社ノベルズ自体がライトノベル作品を輩出しているんです〜。森先生も、S&Mシリーズについては「キャラ萌え作品」とおっしゃってましたし、「薬屋探偵妖奇談」の文庫の表紙をみると、納得ですよね。ちなみに講談社ノベルズの「創竜伝」の文庫版のイラストはCLAMPでした。画集も出てます。ラノベのレーベルホワイトハートの「十二国記」が講談社文庫になってしまうし、境目って難しいですよね。



2009/03/22 (Sun) 13:09 | EDIT | REPLY |   
かをる。  
Re:柴村仁「プシュケの涙」読みました♪(03/19)

こんばんは^^

この本、表紙が気になってたんですよ〜。

近頃ラノベでも、本当に結構堂々と読める(笑)

ものが増えつつあるみたいで、嬉しい限りですよね〜w



そうそう、「プークが丘」私も読んだことがないと思ってたんですが、どうやら内容を見ると読んだことがあるみたいなことに気が付きました・・・(爆)

2009/03/22 (Sun) 20:08 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
茨木 月季さんへ

あぁ…なるほど!!

そういわれてみると、講談社ノベルズって軽めのものが多い気が^^

「創竜伝」の表紙、どこかで見たことのある絵だと思ったらCLAMPだったんですね♪

それにしても京極さんまでもがラノベだとすると…ますます境界が曖昧ですね(笑)

2009/03/23 (Mon) 05:51 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
かをる。さんへ

かをる。さんも気になっていましたか〜♪^^

本当に、こういうラノベらしからぬ表紙は堂々と読むことができますよね…(笑)

この本、挿絵もとっても素敵なんですよ!!

あまりにも切なくなってしまう作品ですが、読後感はそれほど悪くはないんですよね☆

きっと少女と由良の存在が、とても澄み切っているからかも。。。



「プークが丘…」読まれたことありましたか!!(笑)

さすがかをる。さんですねぇ(^m^ )

何年か経って、再読するとまた違う発見があるかもしれないですね♪

2009/03/23 (Mon) 05:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply