08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.28 *Tue*

デュ・モーリア「レベッカ」読了しました〜☆


 

【レベッカ(上)(下)】デュ・モーリアrating_49.gif

ゆうべ、またマンダレーに行った夢を見た―この文学史に残る神秘的な一文で始まる、ゴシックロマンの金字塔、待望の新訳。海難事故で妻を亡くした貴族のマキシムに出会い、後妻に迎えられたわたし。だが彼の優雅な邸宅マンダレーには、美貌の先妻レベッカの存在感が色濃く遺されていた。彼女を慕う家政婦頭には敵意の視線を向けられ、わたしは不安と嫉妬に苛まれるようになり…。

ヒッチコックにより映画化された「レベッカ」の原作。
随分昔の作品ですが、新訳が出たので読んでみることに。 (装丁も可愛くなりましたね♪) 

nanacoはずぅ〜っと、勘違いしていたようですballoon_145.gif
この作品、非業の最期を遂げたレベッカが幽霊になって現れるお話だと思っていました。
でも、別の意味でゾクリと鳥肌が立つような…不思議な感覚の作品でした。

ありとあらゆる花が咲き乱れ、目を瞠るほど美しいマンダレーの屋敷。
「わたし」はマンダレーの主人マキシムに見初められ、後妻として迎えられることに。
ところがマンダレーには、水死した先妻レベッカの影があちこちに残されていて…。


003.gif


ロクな教養も社会経験もない20歳そこそこの小娘が、ある日突然貴族の妻に…?!
しかも、相手は財産もあり、端正な顔立ちをした非の打ち所のない穏和な男性ときたら。

世の中の女性誰もが羨むような玉の輿!! けれどそんな幸せは束の間で…balloon_89.gif

不調法で不器用で、何かにつけてヘマばかりする「わたし」。 (イライラします。笑) 
それに比べて、美貌の先妻レベッカはパーティーの主催、接待、何もかもが完璧だったという。
「わたし」はマキシムの愛が冷えていると感じ、不安と嫉妬に苛まれる。

海底からレベッカの水死体が見つかってからは、物語は一気に加速し始めます。
マキシムの告白により、徐々に明らかになるレベッカの人物像。そして隠された過去。
上巻とは打って変わって、サスペンス風の展開になるんですよね。

読了後に上巻の第一章を読むと、深い意味を持つことに気付かされますねぇballoon_59.gif
未読の方は是非是非。美しくも禍々しいマンダレーに魅了されること請け合いです!!


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事

COMMENT

Re:デュ・モーリア「レベッカ」読了しました〜☆(04/28)
感想を読んでると面白そうですね。



映画「レベッカ」は何度か目にしたことはあるのですが、観たことはないと思います。

こういう話しだったのですね。

早速、購入リスト入りでしたヽ(*^^*)ノ
by クラスタン #79D/WHSg
2009/04/28(火) 06:48 [Edit
Re:デュ・モーリア「レベッカ」読了しました〜☆(04/28)
面白そうなので、またまたお気に入りにポチしました〜(*^^*)

タイトルだけは知っていたのですが、そっかー、映画にもなっていたんですね。

nanaco☆さんのレビューを読んで、益々興味がそそられました。真のレベッカの姿が気になります。

表紙もおしゃれで可愛いですね♪

by ☆ちこ #79D/WHSg
2009/04/28(火) 11:22 [Edit
Re:デュ・モーリア「レベッカ」読了しました〜☆(04/28)
こんばんは〜♪



タイトルだけは聞いたことはあったんですけど、

まだ未読でした〜^^;

サスペンス風なところが

何だか面白そうですね^^

先妻のレベッカの

人物像と過去も気になるけど

死因が、ホントに事故だったのかも

気になるわぁ〜。

私も機会があったら

是非読んでみますね〜(^^)v
by miwa125 #79D/WHSg
2009/04/28(火) 18:10 [Edit
Re:デュ・モーリア「レベッカ」読了しました〜☆(04/28)
こんにちはー☆

可愛い表紙!…と思ったらすごい内容ですね…

わたしが「わたし」だったら「そんな素敵な男がなぜわたしなんかを?!」と、

ひねくれて結婚しなそうな気がします笑

なにもかも完璧なレベッカ、うぅーんどんな人だったのか気になりますね…

by まる811 #79D/WHSg
2009/04/28(火) 18:43 [Edit
クラスタンさんへ
「レベッカ」というと、日本では映画のほうが有名なのかもしれませんねぇ^^

先日買ったウイスキーになんと「レベッカ」のDVDがおまけで付いていました!!

機会があったら、観てみようと思いますー♪

…でもきっと白黒ですよね??(何気に苦手なんです、白黒映画。笑)



新訳、ということでスラスラ読めちゃいました☆

「訳が軽すぎる」という意見もちらほらと伺いますが、個人的には読みやすくて良かったですねぇ。

下巻に入ってからは目が離せない展開になるので、クラスタンさんも是非読んでみてください!!

レビュー、楽しみに待っています(*^o^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/28(火) 19:46 [Edit
☆ちこさんへ
おぉっ!!ちこさん、またまたお気に入りポチありがとうございます〜♪(><)

この作品、すごく面白いですよ。

まず設定からして大好きです^^花が咲き乱れる美しく怪しげな洋館と、完璧な貴族。

そして主人公の「後妻」という立場も、何やら一波乱ありそうな気がしません??(笑)

マキシムの告白によってレベッカの真の姿が明らかになる所はゾクゾクしてしまいました。



この表紙、とっても可愛いですよね(^^ゞ

実は、うちの両親が昔の、新装版になる前の「レベッカ」を持っているのですが、

こちらは何の面白みもない、しょぼ〜い表紙なんですよ…(笑)

いくら名作でも、やっぱり表紙って大事だなぁ、、、と感じますよね。

ちこさん、読まれたら是非是非感想を聞かせてくださいね!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/28(火) 19:54 [Edit
miwa125さんへ
お、miwaさんもタイトルご存知でした〜??

「レベッカ」ってヒッチコックの映画がすごく有名でしたよねぇ☆(nanacoは未見ですが…)

訳者のあとがきを読んでみると、原作と映画、かなり違う部分があるみたいなんです。

そう言われると、どこがどんな風に違うのか、観ずにはいられなくなりますよぅ( ̄  ̄メ)



>死因が、ホントに事故だったのかも気になるわぁ〜。

miwaさん、す、鋭いっ!!!(笑)

マキシムの告白によって、徐々にレベッカの死因が明らかになる部分も読みどころですね^^

そうそう、この作品の解説は恩田陸さんなんですよー♪

同じ本を読んでいても、さすがnanacoとは目のつけどころが違うなぁと感じました^^;

とっても面白い作品なので、miwaさんも機会があったら是非読んでみてくださいねっ☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/28(火) 20:01 [Edit
まる811さんへ
でしょでしょ?!すんごく可愛い表紙なんですよね(^m^ )♪

色使いが綺麗で、ついつい手が伸びちゃいました☆



あらすじだけ読むと、結構ドロドロした作品にでもなりそうな気がするんですが、、、

何せ美貌のレベッカは既に死者ですからねぇ。

でも、その分人々の記憶の中ではレベッカは永遠に美しいままなんですよね。(ナリス様みたい)

その時点で、もう主人公の「わたし」はレベッカに負けているものと思われます…(笑)



ていうかまるさん、「なぜわたしなんかを?!」と思いつつも、しっかり結婚するのね!!(爆)

そのちゃっかりさがまるさんらしいですわ…(* ̄m ̄)プクク
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/28(火) 20:07 [Edit
お久しぶりですん(*´ェ`*)
27歳になった、cheekyangelがやってきました♪

1つ前の日記の話になっちゃいますが、nanacoさんの絵、素敵すぎ!!!

女の子は明るい感じで、清楚な雰囲気で、男の子は、暖かさがあって、ふんわり仕上がってますね。b

今日はお休みだったんですが、明日から、仕事なんですが、nanacoさんの絵を見て癒されたので、頑張れそうです!!!
by cheeky_angel #79D/WHSg
2009/04/28(火) 21:39 [Edit
Re:デュ・モーリア「レベッカ」読了しました〜☆(04/28)
読まれたんですね♪

装丁ってやっぱり大事ですよね(笑)

ずっと興味は持っていたけれど、新訳版にならなかったら手に取らずじまいだったと思います^^;

by 柊♪ #79D/WHSg
2009/04/28(火) 22:11 [Edit
恥ずかしながら
これ、読んだことも映画を観たこともないんですよね。nanacoさんのレビューを読んでいたら、面白そうだな〜って。まずは映画から観ようかしら…。
by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2009/04/29(水) 08:19 [Edit
cheeky_angelさんへ
おぉ!!cheeky angelさん、27歳になったんですかー♪

おめでとうございます\(^_^ )( ^_^)/nanacoよりお姉さんですね☆



嬉しいお言葉ありがとうございますっ!! そう言っていただけると、感激です〜(><)

cheeky angelさんに気に入っていただけるように、もっと上手くなるように頑張りますね。

少しずつ練習用イラストもUPしながら勉強していきたいと思います。。。

もう少し淡い色使いのイラストを描いてみたいですねぇ。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/29(水) 17:33 [Edit
柊♪さんへ
とうとう読んじゃいました♪

実はうちの親が新装版の前の「レベッカ」を持っているんですが、、、

なんの変哲もない、なんともつまらない装丁なんですよ…(笑)

古い作品は、どんどん新装&新訳になってほしいですよね☆

名作がそのまま忘れ去られてしまうのは、あまりにも勿体無いと思います〜(><)



デュ・モーリアの作品、ちょっと興味を持ったので「鳥」も是非読んでみたいです♪

こちらもヒッチコックで映画化されているんですね?!

俄然映画のほうにも興味が湧いてきました(^m^ )
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/29(水) 17:37 [Edit
浪漫的狼さんへ
沢山映画をご覧になっている狼さんでも未見でしたか〜^^

nanacoもこの原作を読んで、映画のほうにもだんだん興味が湧いてきました♪

訳者の解説を読むと、原作と映画、かなり異なる部分があるみたいなんですよねぇ。

その違いがすごく気になるところです…!!

先日買ったウイスキーに「レベッカ」のDVDがおまけで付いていたので、

いつか時間のある時に観てみようかと思っています♪



狼さんも、ご覧になったら是非感想を教えてくださいね!!

原作もとっても面白いので、こちらも機会があったら是非読んでみてくださ〜い(o^―^o)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/29(水) 17:40 [Edit
これは!
めちゃくちゃ面白そうですね〜。

いやぁ〜、このnanaco☆さんのレビューを読みながら、ワクワクゾクゾクしてきました!

いやん、詳しく知りたい!!!

って、自分で読めよ〜って感じですね。ハイッ…。^^;



この表紙もとても可愛らしくて好みです♪

nanaco☆さんて、本当に読む本を選ぶのも上手ねぇ〜。^^

by picchuko #79D/WHSg
2009/04/29(水) 21:14 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさんにも興味を持っていただけて嬉しいです♪

この作品、日本では映画のほうが有名になっているみたいですねぇ。

nanacoは映画のほうは未見なんですが、こちらもかなり面白いみたいですよ^^

いっそのこと、幽霊譚にしても面白そうな題材ですが、そんな安易な作品じゃないみたいです。笑

古い作品の新訳が出るのは嬉しい限りですね!!



表紙も、思わず手にとってしまうような可愛らしさがありますよねー♪

それに、実はこの本の解説が恩田さんなんですよ(^m^ )

nanacoと同じ本を読んでいても、恩田さんは深い所まできちんと読んでいて、、、

やっぱり目のつけどころが違うなぁ〜なんて感心してしまいました☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/30(木) 05:42 [Edit
Re:デュ・モーリア「レベッカ」読了しました〜☆(04/28)
面白そうですね〜><



ちょっと近頃は”鳥肌の立つ本”にはまっているので、これも読んでみたいです!

それにしても、不調法で不器用な「わたし」・・・。

読み始めは根気が要りそうですね^^;
by かをる。 #79D/WHSg
2009/04/30(木) 18:40 [Edit
かをる。さんへ
かをる。さんに興味を持っていただけて嬉しいです〜♪

幽霊譚とはまた違った怖さがあります…。

決してドロドロしているわけではないのですが、

レベッカの正体が明らかになるにつれて、人間の悪意がむき出しになるような感じで。



かをる。さんの仰るとおり、上巻はちょっと根気が必要かもです(笑)

nanacoは基本、「黄昏の百合の骨」の理瀬のような冷静沈着タイプが好みなので、

こういうヘマばかりやらかす女の子は、読んでいてイラッときちゃいます…^^;

でも下巻に入ると、ガラリと雰囲気が変わって、目が離せない展開になります。

かをる。さんの感想、是非是非お伺いしたいですー!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/30(木) 19:59 [Edit
Re:デュ・モーリア「レベッカ」読了しました〜☆(04/28)
面白そうですね。・・と言う事で早速買ってきました
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/05/02(土) 11:26 [Edit
日向 永遠さんへ
日向永遠さんの読書メーターの積読本で発見して、嬉しくなりました〜♪(*^^*)

この作品、上巻はなかなか進まないのでやきもきさせられるのですが、、、

下巻に入ると途端にスピード感のある展開になるので、あっという間に読めちゃうと思います。



恩田さんの解説というのも嬉しいですよね☆

同じ本を読んでいるのに、さすが目のつけどころが違うなぁ…と感心してしまいました(笑)

日向永遠さんのレビュー、楽しみに待っています!!^^
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/05/02(土) 13:03 [Edit
Re:デュ・モーリア「レベッカ」読了しました〜☆(04/28)
読み終わりました!!

上巻は味はあるのですがちょっともたついた感じ。

でも上巻の終わり、舞踏会の衣装の事件から、いっきに加速していきますね。



面白かったです。恩田さんの解説も良かったです。
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/05/18(月) 23:37 [Edit
日向 永遠さんへ
日向永遠さん、もう読まれたんですか♪早いですねぇ(*^ー^)ノ



上巻の中盤までは、主人公にイライラさせられるというか…本当にモタついてますよね(笑)

確かに衣装事件と、さらにレベッカのボートが見つかった時点で一気に加速し始める気がします。

下巻は続きが気になって、あっという間に読み終わってしまいました!!



デュ・モーリアさん、自然とかお屋敷の描写がとっても綺麗ですよねぇ。

マンダレーってどんな場所なんだろう??と色々想像してしまいました^^
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/05/19(火) 05:59 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
692位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
14位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。