FC2ブログ
Welcome to my blog

ポー「黒猫/モルグ街の殺人」読了しました♪

ななこ




【黒猫/モルグ街の殺人】ポーrating_48.gif

推理小説が一般的になる半世紀も前に、不可能犯罪に挑戦する世界最初の探偵・デュパンを世に出した「モルグ街の殺人」。160年の時を経て、いまなお色褪せない映像的恐怖を描き出した「黒猫」。多才を謳われながら不遇のうちにその生涯を閉じた、ポーの魅力を堪能できる短編集。

恥ずかしながら、、、ポーの作品を本格的に読んだのはこれが初めてballoon_123.gif
現代の言葉で翻訳された「光文社古典新訳文庫」シリーズ。もう最高でっす!!(笑)

「黒猫」「アモンティリャードの樽」「早すぎた埋葬」「邪鬼」「モルグ街の殺人」…など、
合計8つの短編が収められています。

悪夢のような物語の数々。 (というか、寝る前に読んだら絶対悪夢を見ます。笑) 
現代のホラー小説と比べると、設定や物語の展開自体は特段怖いわけでもないはず。
なのに、この得体の知れない空恐ろしさや、後味の悪さは何なんでしょうね…。


001.gif


魔女の化身と言われている黒猫の復讐を描いた「黒猫」
生きたまま暗い土の中に埋葬されるという苦痛を味わった「早すぎた埋葬」
ある殺人事件を、天才的なひらめきを持って解決する探偵デュパンの「モルグ街の殺人」

個人的には、この3つが特に好みの作品でした〜balloon_34.gif

全体的に、罪の意識に苛まれて自滅していく形が多いですねぇ…。
この本の怖さは、人間の奥底にある悪意が形を取って目の前に現れる事かな。

★余談ですが…
「黒執事」の中でシエルが寝る前にポーを読んでいる場面があったような。
「坊ちゃん、寝る前にポーなんか読んでたら悪夢を見ますよ」とか言ってたような…(笑) 



bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
Posted byななこ

Comments 26

There are no comments yet.
まる811  
Re:ポー「黒猫/モルグ街の殺人」読了しました♪(04/23)

こんにちはー☆

中学生のころ近所でよく見かける黒猫にポーって名前を勝手につけて可愛がってたのを思い出しました。

ちなみに読んだことはありません。笑

後味が悪いのに☆4つっていうのはやっぱり古典名作の力ですかねぇ…

2009/04/23 (Thu) 18:19 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:ポー「黒猫/モルグ街の殺人」読了しました♪(04/23)

こんばんは〜♪



ポーの作品は、私もまだ読んだことがないです^^;

でも、この作品はすごく有名ですよね^^



えっ!寝る前に読むと悪夢を見るって…

それは、寝る前が読書タイムの私には大問題かも(>_<)

でも、nanaco☆さんの感想をうかがうと

すごく面白そうなので、

いつか、この作品を読むときは

休みの土日の昼間に読むことにしま〜す(^^)

『シャイニング』も。。。

2009/04/23 (Thu) 18:24 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
ポー

って、詩人でもありました?

初めて名前を知った時は、「おおぼけ・こぼけ」くらい可笑しかったですよ☆^^



個人的には、死後 土葬を希望とする?私は「早すぎた埋葬」が気になります。(笑)



でもでも、これ土葬だからまだましよね。

もしも火葬だったら、、、生きたまま火葬場で燃やされるのよね〜。

話的には土葬の方がイメージしやすいけど、ポーさんに火葬番の「早すぎた埋葬」を書いてもらいたいな。(笑)



今日は珍しく、nanaco☆さんを見習ってこれから読書でも致します。^^

2009/04/23 (Thu) 19:13 | EDIT | REPLY |   
珂音  
忘却・・・(^^ゞ

これは高校時代に読んだはずです。

この頃ポーやクリスティ、ディクスン・カーといった

古典の推理小説マイ・ブームがあったんです。

でも全部忘れちゃってます(^^ゞ

2009/04/23 (Thu) 19:45 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
まる811さんへ

おぉっ…まるさん、やるな!!!

nanacoも今度黒猫見つけたらポーにしよう。

…って、この物語の中の黒猫にもちゃんと名前があったハズなんですけどねぇ(笑)

ちょっと黒猫が怖くなっちゃうお話でした。。。



実は、結構後味の悪い作品もいけちゃったりするんです!!

…とはいっても「向日葵の咲かない夏」はまだ怖気づいていますが^^;

ちなみに、日本にポーの作品が初めて来たのが、明治時代みたいですよ♪

この間の「積読」の言葉ができた時代だ!!!

この頃の訳って、きっとかな〜り硬かったんでしょうねぇ。

2009/04/23 (Thu) 20:25 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

nanacoも、なんとな〜くあらすじだけは知っていたんですが、

実際に本を手にとったのは初めてだったんです♪

この古典新訳文庫、やっぱり読みやすくて良いですねぇ^^(ちょっとファンです。笑)



寝る前に読む本って、結構重要ですよね!!

中には、かな〜り夢見の悪そうな本もありますもんねぇ…(><)

「シャイニング」は間違いなく夜に読まないほうが良いと思います(笑)

映画も怖かったけれど、原作のほうが底知れぬ恐怖をかきたてられます…!!

でもでも、本当に面白いので、是非土日の昼間に挑戦してみてくださーい♪^^

2009/04/23 (Thu) 20:31 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

ぷぷぷっ(* ̄m ̄)「おおぼけ・こぼけ」思い出しちゃいました(笑)

nanacoも詳しくは知らないのですが、ポーは詩も書いていたみたいですねぇ。

「大鴉」というのが有名みたいで。あれ、これ教科書とかに載ってたような…??

機会があったら、こちらも是非読んでみたいです♪



な、なんとっ!!!

picchukoさんは土葬希望なんですかΣ( ̄□ ̄;)

土葬といえば、「屍鬼」のレビューを書いた時にpicchukoさんから頂いたコメント……

あれからずぅ〜っと頭に残っているんですよ^^;

ドサッと土が落ちるとか、人魂が見えるとか…。うぅっ…。

火葬版の「早すぎた埋葬」ですか?! それ、ある意味ものすごい怖い話になりそうですね…(笑)



picchukoさん、今日は何の本を読まれるのかしら??

「アルケミスト」??「プークが丘」??

読まれたら、是非是非感想を聞かせてくださいねぇ♪

2009/04/23 (Thu) 20:40 | EDIT | REPLY |   
浪漫的狼  
古典

ミステリーの古典ですが、それだけに味わい深さと独特の雰囲気がありますよね。文学性の高さも、ポーのすごさだってよく言われます。

2009/04/23 (Thu) 20:45 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
珂音さんへ

さすが珂音さんですね!!!

学生時代に読まれているなんて、素敵ですー♪(*^^*)

nanacoの学生時代は、ほぼグイン・サーガ一色(&たまに十二国記とか)だったので、

今になって、もっと色々な推理小説読んでおけば良かったなぁ…と後悔しています。



じ、じ、実はこっそり告白しちゃいますけど、、、

クリスティも未読なんですよ!!(><)

本は昔から好きなのに有名どころを全然読んできていないので、ちょっとニセモノみたいです。笑

それにしても、新訳は読みやすくて良いですねー♪

2009/04/23 (Thu) 20:45 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

この作品って、現代のミステリの原型なのかもしれませんね♪

最近の凝りに凝ったトリックがあるミステリも大好きですが、

古典は古典で独特の味わい深さがありますよねぇ^^

ポーの人生も、波乱万丈だったようで。作者自身にもすごく興味があります。



ところで、世界初の探偵と言われている「モルグ街の殺人」。

探偵デュパンは凄かったですが、犯人が分かった時には拍子抜けしちゃいました…(笑)

2009/04/23 (Thu) 20:52 | EDIT | REPLY |   
クラスタン  
Re:ポー「黒猫/モルグ街の殺人」読了しました♪(04/23)

これも面白そうですね。



しかし、nanacoさん凄い勢いで読まれてますね〜。

クラスタンは読みたい本ばかり増えていって、読むスピードが追いつけません(-o-;

さて、「黒猫」と「モルグ街の殺人」は聞いたことありますが、読んだことはないかなぁ・・・たぶん。

名作は一度でも読んでおきたいですね♪

2009/04/23 (Thu) 22:07 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
クラスタンさんへ

たぶん訳のおかげだと思うんですが、全然読みづらい部分がなくて、

すぐにこの不気味で独特な世界にのめりこめました(=^^=)

「モルグ街の殺人」の犯人はちょっと拍子抜けしちゃいましたけど、、、

「早すぎた埋葬」はすごく面白かったですねぇ。短編なのが勿体無いぐらいです。

向こうは土葬だから、こういう作品が生まれるんですね!! 日本ではないタイプの作品です^^

クラスタンさんも機会があったら、是非読んでみてくださいねー♪



nanacoも全然読書が追いつかないですよぅ^^;

どんどん読書メーターの「読みたい本リスト」ばかりが追加されていってしまいます…。

1日に1冊読めるのが理想なんですけどねぇ。。。

2009/04/24 (Fri) 05:43 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:ポー「黒猫/モルグ街の殺人」読了しました♪(04/23)

ずっと以前「黒猫」を読みましたが光文社の新訳版でも是非読んでみたいです。

短編だし、あっさりしているようにも感じるのに妙に“怖さ”が残るという印象ですね…。

2009/04/24 (Fri) 17:32 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
Re:ポー「黒猫/モルグ街の殺人」読了しました♪(04/23)

こんばんは(≧∇≦)ノ彡

ポー未読です(>_<)名前だけなら前からずっと知ってるんですけどね〜。有名なのにww

江戸川乱歩はこの方から名前をとったのでしたか?



わたしも読みたいです(*≧m≦*)

2009/04/24 (Fri) 20:51 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:ポー「黒猫/モルグ街の殺人」読了しました♪(04/23)

黒猫・・・恐かったですね。最後は人間の愚かさからくる破滅が印象的。

モルグ街・・・確かにあの犯人と釘(だったけ?)は今のミステリーに慣れている人には”なにこれ?”の解決かも。でも好き。



早すぎた埋葬・・・これだけでジャンルができそう。



ポーはやっぱり読んでおくべきですね(笑)

2009/04/25 (Sat) 00:03 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

新訳文庫版の訳は、「停電の夜に」の小川高義さんでした☆

思っていた以上にすごく読みやすかったですねぇ。

前置きが長い…というか、少々まわりくどい部分があるのは、

訳者ではなくてポー自身の癖(?)なんでしょうねぇ^^;



「黒猫」あらすじだけはなんとなく知っていましたが、

実際読んでみるとかなり不気味な作品だったんですねぇ…。

なんだかこの短編集は、酒に溺れている主人公が多かった気がするのですが、気のせい…??(笑)

違う作品も是非読んでみたいですー♪

2009/04/25 (Sat) 10:25 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

そうそう、名前だけはよく知っているのに未読の作家さんって結構いますよねぇ(^m^ )

前にCedieさんから「ポーの一族」が、エドガー・アラン・ポーからとったというのを伺って、

「おぉぉっ!!!」と感激したのを覚えています(笑)

他の訳はどうなのか分かりませんが、この古典新訳版はすご〜く読みやすかったです♪

昔の作品を、現代の言葉で読めるって素敵ですね!!(><)



江戸川乱歩…この方も「芋虫」と「蟲」ぐらいしか読んだことがありません(汗)

随分昔ですが、妙に不気味で鳥肌が立ったのを覚えています。

2009/04/25 (Sat) 10:35 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

先日、日向永遠さんもポーの作品のレビューをUPされていて、

「おぉっ、なんてタイムリー!!!」とビックリしてしまいました(笑)

実家にポー全集はあったのに、この歳になって初めて読みました〜^^;

この妙な不気味さがクセになりそうですねぇ。。。



「モルグ街の殺人」は、確かに現代のミステリに慣れていると拍子抜けしちゃいますね(^^ゞ

でも探偵デュパンがとっても気に入ったので、

「マリー・ロージェの謎」や「盗まれた手紙」も是非読んでみたいですー♪

「アッシャー家の崩壊」も気になります…!!

2009/04/25 (Sat) 10:41 | EDIT | REPLY |   
てんてん(^^)/  
Re:ポー「黒猫/モルグ街の殺人」読了しました♪(04/23)

私も学生時代読んだなあ、これ。

猫の首に浮かび上がる首吊りの文様、壁に塗りこまれる死体。鮮明にビジュアルが浮かんでしまうのが何とも怖いですよね。

この因縁話めいた展開は、ちょっと日本の怪談にも通じるところが有るような気がします。





他の作品は恥ずかしながらまだ読んだことが無いんです。読んでみたくなりますね。



2009/04/25 (Sat) 13:06 | EDIT | REPLY |   
やきまん十  
デュパンの人物像は

その後の変人系探偵に多大な影響与えていますよね。

「探偵は犯人より怪人的な人物である」というミステリーのお約束設定を作った作者の功績は大だと思います。



ポーの作品では小学生の頃読んだ『黄金虫』が好きです。暗号解読・宝探しネタで比較的怖くない話なので楽しく読めました。

2009/04/25 (Sat) 15:51 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
てんてん(^^)/さんへ

おぉ〜☆

てんてんさんは学生時代に読まれたんですか!!

こうやって皆さんの意見を聞くと、

やっぱり読書家の方って学生のうちに名作は読まれているみたいですね(><)

nanacoはこの歳になって初めて読みましたが、

今読んでも全然古臭さを感じない作品ばかりでしたね♪(訳のおかげかしら…??^^)



特に「黒猫」のあの場面はビジュアルに浮かんじゃいますねぇ…。

随分と短くてあっさりした作品なのに、あの怖さ、不気味さはすごいですね。

なんだか酒に溺れて自滅する形が多かった気がします(笑)

2009/04/26 (Sun) 06:51 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
やきまん十さんへ

デュパン、この短編集の中でもやはり一番魅力的な人物でした(^^ゞ

でも、やきまん十さんが記事で書かれていたとおり、確かにひきこもり気味でしたね…(笑)

犯人については???でしたが、、、推理の過程は面白かったです♪



「黄金虫」は暗号解読・宝探しネタなんですか、面白そう(><)

ていうかやきまん十さん、小学生の時に読んだんですか?! す、すごい…。

実家にあるポー全集に確か「黄金虫」も載っていたと思うので、是非読んでみたいです♪

2009/04/26 (Sun) 07:03 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:ポー「黒猫/モルグ街の殺人」読了しました♪(04/23)

この作品、昔挫折した記憶が・・・

この新訳シリーズは最高ですよね。

これだったら、私でも挫折せずに読めそうです♪

またチャレンジしてみようかな。

2009/04/26 (Sun) 20:56 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

やっぱり古典って訳が大事ですよねぇ(><)

いくら名作と言われていても、訳が合わなかったら全然その魅力が理解できないですしね…。

その点、この古典新訳シリーズは最高ですねー♪

翻訳本ということを意識することなく読めるので、物語自体を楽しめました!!^^

こちらならきっと挫折せずに読めると思うので、ちこさんも是非挑戦してみてくださいね☆



ポーの作品、他にも色々読んでみてくなりました。

…また違う作品も新訳が出てくれると良いんですけれどね(^^ゞ

2009/04/26 (Sun) 22:05 | EDIT | REPLY |   
yorosiku!  
Re:ポー「黒猫/モルグ街の殺人」読了しました♪(04/23)

おはようございます。

ポーは私の愛読書なので 一言^^

江戸川 乱歩は ポーを捩ったペンネームだそうです。

2009/06/15 (Mon) 06:32 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
yorosiku!さんへ

おぉ!! ポーが愛読書なんて素晴しいですねぇ!!(><)

nanacoはこの歳になって初めて読んだんですが…とても面白かったです。

このなんともいえない不気味さが癖になりそうですねぇ。笑

yorosiku!さん、オススメの短編があったら是非教えてくださいね(^^ゞ

今すごく気になるのが「アッシャー家の崩壊」です。

うちの親が、ポー全集持っていたようなので(でもかなり古い…汗)近々読んでみたいです♪



そうそう!! 実は江戸川乱歩がポーを捩ったペンネームだということで興味が湧いたんです^^

といっても乱歩も語れるほどは読んでいないのですが…笑

yorosiku!さんはとても幅広い読書をされていそうですねぇ。尊敬しちゃいます!!

2009/06/15 (Mon) 19:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply