08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.21 *Tue*

恒川光太郎「草祭」読了しました☆




【草祭】恒川光太郎rating_48.gif

団地の奥から用水路をたどると、そこは見たこともない野原だった。「美奥」の町のどこかでは、異界への扉がひっそりと開く―。消えたクラスメイトを探す雄也、衝撃的な過去から逃げる加奈江…異界に触れた人びとの記憶に、奇蹟の物語が刻まれる。

デビュー作「夜市」でファンになった恒川さんの最新作。
去年の秋頃からずっと積読になっていましたが、やっとこさ読みました〜balloon_34.gif

幻想的な美しい装画を手がけているのは影山徹さん。
この方の絵は色々な所で見かけますが、一目で分かります。 (「旅のラゴス」も影山さんですね!!) 
恒川さんって、本当にイラストレーターさんに恵まれているなぁ…という気がしますねぇ。


004.gif

「美奥(びおく)」という不思議な町を舞台にした連作短編集ですballoon_71.gif
「けものはら」「屋根猩猩」「くさのゆめがたり」「天化の宿」「朝の朧町」5つの短編です。

それぞれに深い味わいがあるのですが、特に「くさのゆめがたり」は秀逸ですねぇballoon_91.gif
禁断の秘薬にまつわるお話なのですが、人の生死を左右する"オロチバナ"の妖しい魅力。
「美奥」という世界観は、この一篇に集約されているといっても過言ではないかも。

恒川作品に惹かれるのは、現実と異世界が1つの場所に同居しているから。
全くの異世界という訳ではなくて、"不思議"がトロリと現実に混ざり合っているから。
架空の世界なのに、どこか郷愁の念を抱かせる描写が、たまらなく好きです。。。

朝もやに覆われた野原や、人影のない恐ろしいまでに静かな町。
ぽっかりと空に浮かんだ満月に、じっと寄り添い合っている獣達…。

幻想的な恒川ワールドをたっぷりと堪能できた一冊でした〜balloon_28.gif


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事

COMMENT

こんばんは!
この素敵な装丁は影山さんという方なのですね♪

色合いが綺麗で引き込まれてしまいます。



こちらの作品はちょっと苦手でしたけど…

恒川さんワールドは大好きなので、次の作品が楽しみです^^
by 月夜 #79D/WHSg
2009/04/21(火) 20:09 [Edit
Re:恒川光太郎「草祭」読了しました☆(04/21)
恒川さんの作品は読んだことがないのですが、いま読んでる「七つの死者の囁き」に短編を載せていますねぇ。

どうりで、どこかで見た名前だと思いました。

期待して読んで見たいと思います。相性があえば、この「草祭」も読んでみたいですねぇ♪
by クラスタン #79D/WHSg
2009/04/21(火) 20:40 [Edit
Re:恒川光太郎「草祭」読了しました☆(04/21)
まだ「夜市」も読んでないんですが、「草祭」も読んでみたいっ

nanaco☆さんのレビュー読んでもっと読みたくなっちゃった^^

読んでてちょっと不思議な感覚に陥る文章が私好みなので絶対恒川さんの作品は当たりだろうな♪

期待しすぎてもったいなくて手が出せないでいます(笑)
by ちゃと屋 #79D/WHSg
2009/04/21(火) 21:33 [Edit
Re:恒川光太郎「草祭」読了しました☆(04/21)
垣川さん?初めて聞きましたぁ。

日本では流行ってるのかな??

NYにブックオフがあることが判明したのでこれから日本の本が安く変えます^^ nanacoさんのプログでいいの厳選して読んでみようと思います♪

by ゆっちー9303 #79D/WHSg
2009/04/22(水) 05:43 [Edit
月夜さんへ
TBありがとうございます♪

月夜さんはこの作品苦手だったんですものね(><)

「夜市」の時のような幻想的な世界は少しだけ失われているような気がしましたが、

それでも現実と異世界が混ざり合う独特な雰囲気は大好きです!!

もう「恒川ワールド」なんていう言葉ができちゃってるんですものねぇ♪

この作家さんは毎年秋に本を出されているから、

今年読めるのはもうちょっと先かな?? 今から楽しみです(*^o^*)



影山さんの絵は、色合いが綺麗ですよねぇ。

HPに行ってみたら、ビックリするほど沢山の本の表紙を描かれていたので驚きました!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/22(水) 05:44 [Edit
クラスタンさんへ
「七つの死者の囁き」!!

タイトルだけで興味をそそられますね♪

この短編集の中にも恒川作品が載せられているんですか(^m^ )

この作家さんって、長編よりも短編が強いような気がします。

nanacoはどちらかというとのめりこめずに終わる短編は苦手だったんですが、、、

恒川さんに限っては短編のほうが断然読みやすいですねー♪



「草祭」も素敵ですが、やはりデビュー作「夜市」が非の打ち所がない作品なので、

機会があったらクラスタンさんにも是非読んでいただきたいです(=^^=)☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/22(水) 05:50 [Edit
ちゃと屋さんへ
「夜市」はとにかく素晴しい作品なので、思う存分期待して大丈夫だと思います!!(笑)

ジブリの「千と千尋…」なんかに出てきそうな世界観なんですよねぇ^^

どこか懐かしい和風な世界の中に、異世界が混ざり合っているような…独特な雰囲気です。

映像化したら絶対綺麗だろうなぁ、、、と思います♪



「草祭」も、装丁と同じように不思議な世界が魅力的です!!

この作家さんの本の表紙は、いつもウットリするほど綺麗なんですよね…☆

是非是非ちゃと屋さんの感想をお伺いしたいです(><)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/22(水) 05:55 [Edit
ゆっちー9303さんへ
日本では…どうなんでしょう??

デビュー作の「夜市」がホラー小説大賞を受賞しているので、

今では結構有名な作家さんかもしれませんねぇ♪

一応ホラー作家、、、という事になっていますが、nanacoはいつも???という気持ちです(笑)

怖さはこれっぽっちもないんですもの^^;

どちらかというとファンタジーに近い世界ですかねぇ…。



NYにもブックオフがあるんだー!!!

それは、是非是非日本の小説探してみてくださいねっ☆

nanacoのブログが、少しでもゆっちーさんの本選びの参考になれば嬉しいです(〃▽〃)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/22(水) 05:59 [Edit
Re:恒川光太郎「草祭」読了しました☆(04/21)
>恒川作品に惹かれるのは、現実と異世界が1つの場所に同居しているから。



…って同感ですっ!

なのでいつも新作を楽しみにしています。

うーん、だけど最初に読んだ「夜市」の印象を越える作品にはまだ出会えていないような気もして。

ついつい期待が高くなってしまうせいかな…?

by 柊♪ #79D/WHSg
2009/04/22(水) 09:19 [Edit
Re:恒川光太郎「草祭」読了しました☆(04/21)
こんにちはー☆

これ文庫?だったら読みたーい!



>全くの異世界という訳ではなくて、"不思議"がトロリと現実に混ざり合っているから。



そうそうそんな感じ。「夜市」やられましたね〜。

タイトル忘れちゃったけど文庫の「夜市」に入ってるので、小学生が裏道みたいなところに迷いこんじゃって友達がヤられちゃう話、わたしアレ好きでした。

(意味不明のこの説明でなんとか理解して!!笑)

by まる811 #79D/WHSg
2009/04/22(水) 11:47 [Edit
Re:恒川光太郎「草祭」読了しました☆(04/21)
こんにちは。

こちらの作品も素敵な表紙ですね。

濃淡がはっきりしている感じが好きです。ちょっと影絵みたいで藤城清治さんを思わせました♪♪

今日本屋さんに行ったら、nanaco☆さんが紹介していた本を何冊か見ました。

改めて、nanaco☆さんの読書量に感心しましたです(*^^*)
by ☆ちこ #79D/WHSg
2009/04/22(水) 14:58 [Edit
Re:恒川光太郎「草祭」読了しました☆(04/21)
こんばんは〜♪



この夕暮れの装丁画、ホントに素敵ですねぇ(^^♪

思わずジャケ買い(装丁買い?)してしまいそう…(^^ゞ

私も『夜市』を読んで

その独特の幻想的な世界観にハマったので

『秋の牢獄』とか他の作品も読んでみたくて

あれから探しているんだけど、

行きつけの本屋さんでは、

恒川作品、全然見つからないんですよね〜(T_T)

この『草祭』もすごく興味をひかれるので、

今度、違う本屋さんで探してみますね〜(*^_^*)
by miwa125 #79D/WHSg
2009/04/22(水) 18:20 [Edit
Re:恒川光太郎「草祭」読了しました☆(04/21)
ホント、素敵な表紙ですねぇ〜。

nanaco☆さんのレビューにぴったりのように思います。

それにしても、いつも感心することですが、nanaco☆さんの表現力って素晴らしいですね〜。^^



「全くの異世界という訳ではなくて、"不思議"がトロリと現実に混ざり合っているから。

架空の世界なのに、どこか郷愁の念を抱かせる描写が、たまらなく好きです。。。」

いやぁ〜、このnanaco☆さんの表現こそ、私はたまらなく好きですよ!
by picchuko #79D/WHSg
2009/04/22(水) 19:27 [Edit
柊♪さんへ
異世界にタイムスリップしてしまう…なんていうお話も大好きですけれど、

恒川作品のように、現実と異世界が隣り合わせになっているような世界が良いですよね!!

こういうお話を読んだ後は、ついついnanacoの周りでも異世界への扉を探してしまいそうです。笑



nanacoも恒川さんは新作を楽しみにしている作家の一人ですけど、

やはり「夜市」を超える作品にはまだ出合えないですねぇ(><)

デビュー作が素晴しすぎるというのも、考えモノですね…(笑)

「夜市」や「風の古道」は是非是非映像化(アニメ化が良いかも??)して欲しいですー♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/22(水) 20:01 [Edit
まる811さんへ
ざんねーん!!!この本、まだ文庫化されてないんですよぅ^^;

去年出たばかりだから、きっとまだまだ先ですよね…2010年ぐらいかな??

でも最近は文庫化されるまでの間隔が短くなってきているから嬉しいですよね♪



ま、まるさん!!

そのコメント、何も事情を知らない人が読んだらかなりキケンですよー!!(笑)

それはアレですね、「風の古道」。

nanacoも実は表題作の「夜市」よりも「風の古道」のほうが好みだったりします(^m^ )

ジブリとかで映画化されたら面白そうな気がしません??
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/22(水) 20:05 [Edit
☆ちこさんへ
藤城清治さん!!

nanacoの去年のカレンダーが、この方のものでした(><)

そうそう、この「草祭」の装丁も影絵みたいな感じがしますよね^^

古い町並みにオレンジ色の空…って、どこか切なくて懐かしい気がします。

表紙をよ〜く見たら分かると思うんですけど、屋根の上に人影があるんですよ!!

実はこの人影、物語の内容に結びついているので、思わず嬉しくなっちゃいました♪



おぉ!!本屋さんで見つけましたか☆

nanacoの読書量はまだまだです^^;読みたい本が多すぎて読書が追いつきません…(涙)

速読を身につけたいー!!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/22(水) 20:12 [Edit
miwa125さんへ
nanacoも、もし恒川さんの事を知らなかったとしても、、、

この「草祭」は絶対ジャケ買いしていたと思います!!(笑)

それぐらい、ウットリするぐらい綺麗な装丁なんですよねぇ…(*^o^*)

装画を手がけている、影山さんには感謝ですね♪

影山さんの絵は、恒川作品の魅力を最大限に引き出していると思います!!



あら〜^^;行き着けの本屋さんには恒川作品置いていないんですねぇ。。。

恒川さんって、ホラー大賞を受賞したとはいえ、まだまだメジャーな作家さんじゃないのかしら??

メジャーになっても、ちょっぴり悲しい気もしますが…(笑)



「秋の牢獄」も、すご〜く素敵な作品ですよ♪

「夜市」はちょっと古風な雰囲気でしたが、「秋の牢獄」は現代を軸にしている感じです。

それでもあの異世界に迷いこんだかのような不思議な雰囲気はたっぷりあるんですよねぇ^^

「秋の牢獄」「草祭」是非是非探してみてくださいね!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/22(水) 20:20 [Edit
picchukoさんへ
きゃー!!!

思わず舞い上がっちゃうような嬉しいお言葉、ありがとうございます(><)

picchukoさんって、本当に褒め上手ですねぇ♪



nanacoのこんな拙いレビューでは、なかなか恒川さんの幻想的な世界を表現できません…。

なんだか恒川作品っていつも感覚で読んでいるような気がするんですよねぇ。

スルッと異世界の中に迷い込んでしまうので、文章を読んでいるような気がしないんですよ^^

これも、この作家さんの力量なんでしょうね☆

なかなかデビュー作「夜市」を超えることはできませんが、、、

これからもこの作家さんは追いかけていきたいと思います!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/22(水) 20:25 [Edit
前のは
金魚が出ているやつではなかったかしら。この絵を見て、何となく「似てるな〜」って思ってたら「夜市」でピンときました。
by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2009/04/22(水) 21:43 [Edit
浪漫的狼さんへ
おぉ!!狼さんよく覚えていますねぇ(^m^ )

そうです、デビュー作「夜市」はあの金魚の表紙がとても印象的でしたよね♪



恒川さんの本はどれも装丁が素敵なんですよね。

とても幻想的で、物語の雰囲気をそのまま絵にしたような感じです^^

狼さんもいつか本を出した時、イラストレーターさんに恵まれると良いですね!!(*^o^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/23(木) 14:10 [Edit
Re:恒川光太郎「草祭」読了しました☆(04/21)
恒川さん。2冊読んだのですが これは良さそうですね。異世界と隣り合わせって魅力ありますね。

面白そう・・
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/04/24(金) 23:56 [Edit
日向 永遠さんへ
恒川さんの描く世界は、やっぱり素敵ですよねぇ(><)

どうしてもデビュー作と比べてしまう部分はありますが、

この「草祭」は「夜市」とはまた違った魅力がありましたよ♪

この作品は、人ではなくて"町"が主役だから、こんなにも惹き込まれるのでしょうね^^



夜寝る前に1日1話、5日間かけて読みました。

千夜一夜物語ではないけれど、毎日1話ずつ読むと深い余韻が残りますねぇ。

連作短編という形式も、色々な角度から「美奥」という町が見られたので良かったです♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/25(土) 10:11 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。