10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.14 *Tue*

北山猛邦「瑠璃城殺人事件」読了しました♪




【「瑠璃城」殺人事件】北山猛邦rating_49.gif

1989年、日本。1243年、フランス。1916年、ドイツ―時代と国を超えて繰り返される密室殺人。図書館で胸を貫かれた女性、城から忽然と消えた6人の騎士、戦地で消えた4人の遺体。それらに隠れた、ある男女の恋の運命。不可能犯罪も輪廻転生したのか?切ない思いと仰天トリックが全編彩る本格ミステリ。

城シリーズ2作目です〜balloon_34.gif
シリーズとは言っても登場人物や世界設定は異なるので、全く別の作品ですね。

前作「クロック城殺人事件」は、いまひとつ物足りない気がしたのですが、
今回は中世ヨーロッパ、忽然と消えた遺体、そして輪廻転生して生まれ変わる男女…
nanacoの大好きな要素がたっぷりと詰め込まれていたので、前作以上に楽しめましたballoon_75.gif

1989年、日本最果ての図書館。図書館内の密室殺人の謎。
1243年、フランス「瑠璃城」。6人の首なし騎士の死体の謎。
1916年、ドイツ×フランス前線。塹壕内で消えた4つの死体の謎。

複雑に絡み合う3つの時代。輪廻転生して生まれ変わる恋人マリィとレイン。
国と時代を超えて生まれ変わる2人は、何故いつも殺し合わねばならないのか…??


036.gif


すごく好きですねぇ、こういう輪廻転生ものballoon_123.gif
SFミステリとでも言うんでしょうか…。通常のミステリでは有り得ないような要素が沢山です。

本格ミステリが読みたいと思う方には、受け付けられないかもしれませんねぇballoon_89.gif
輪廻転生が根底にあるのを理解していないと、とてもこのトリックは解けないんですもの…。
複雑です。複雑すぎます。それでもこの世界はすごい好きだー!!!

1つ1つのトリックが素晴しいです。
特に「最果ての図書館」での密室殺人。よくこんなの考えたなぁ…。
図解が載せられているので、一目瞭然。このトリックは完全に消化できました。

今回は前作のように殺伐とした雰囲気ではなくって、
マリィとレインの恋愛要素が盛り込まれていたのも、好みだったのかもしれませんねぇballoon_85.gif
しかも城主の娘と騎士だからね!! もうnanacoのツボ完全に抑えてますよ…(笑)


 「クロック城殺人事件」


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事

COMMENT

もうすぐ
この本も、表紙がいいですね。



naancoさんももうすぐ80000ですね〜。私が追い越されるのも時間の問題ですゥ〜。

by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2009/04/14(火) 20:15 [Edit
あ〜ん(><)
あと一歩で80000アクセスだったのに〜。><

79999を踏んでしまったぁ〜。><。。

さすがはnanaco☆さん♪ 人気ブログはアクセス数が伸びるのが早いですねぇ。。。

私もnanaco☆さん目指してコツコツ頑張ります。^^



もうすぐ(もうすでにかな、、、)80000アクセスおめでとうございます!!



私もnanaco☆さんの影響を受けて、輪廻転生もの大好きです♪

今回の場合は、愛し合う二人はいつの世も殺し合うんですね。。。><



そして、やはり輪廻転生ものの頂点は、恩田さんの「ライオンハート」ですよね。

あ〜、こちらも切ないお話だった…。
by picchuko #79D/WHSg
2009/04/14(火) 20:29 [Edit
Re:北山猛邦「瑠璃城殺人事件」読了しました♪(04/14)
80000アクセスおめでとうございます!!



輪廻転生ものといったらわたしはライオンハートか僕の地球を守ってなんですww



恋愛とミステリ両方で楽しめていい感じですね(*≧m≦*)



by Cedie #79D/WHSg
2009/04/14(火) 20:59 [Edit
Re:北山猛邦「瑠璃城殺人事件」読了しました♪(04/14)
こんばんは〜♪



1243年、いったいどんな年だったんだろうと首をかしげてしまいました。1989年昭和天皇崩御からベルリンの壁崩壊、1916年第一次大戦中とかすぐに思いつくんですけど…。調べてみたら、ルイ9世、第7回十字軍を行い第8回十字軍の際現地で病没された方が長期安定政権を取っていた時代なんですね。騎士物語にはぴったりの時代かも…。溜まった読みたい本を消化したら読んでみたいです♪

by 茨木 月季 #79D/WHSg
2009/04/14(火) 21:04 [Edit
浪漫的狼さんへ
前回の「クロック城」は、かな〜り不気味な表紙だったんですよねぇ^^;

無数の顔が浮かび上がっていて…。

呪われそうなので、今nanacoの本棚の奥深くに封印してあります(笑)

今回の「瑠璃城」は前作と違って、恋愛を軸にしているからか柔らかい印象がありました♪



とうとう80000アクセスですねぇ。

狼さんをはじめ、毎日遊びに来てくださるお友達のおかげです(=^^=)

こんな拙い本レビューを読んでいただいて、感謝感謝です!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/14(火) 21:41 [Edit
picchukoさんへ
きゃー!!

picchukoさん、79999ですかぁ(笑)惜しかったですねぇ(><)

でもあるんですよねぇ…nanacoはそういう時、悔しくて地団駄を踏みますよ!!(笑)ダンダン!!

とうとう80000アクセスいきました〜♪

毎日遊びに来て心のこもったコメントを残してくださるpicchukoさんに、本当に感謝しています^^

これからもこんな調子でブログを続けていきますので、どうかお付き合いくださいね☆



そうです!!輪廻転生物の頂点はやっぱり「ライオンハート」ですねぇ。

エリザベスとエドワード…何回読んでも涙が流れてしまいます(T_T)

あぁ…また再読したくなってきちゃいました(笑)



今回のは基本ミステリーなので、「ライオンハート」のようにロマンティックではないですが、

やはり輪廻転生っていうのは切なさが残るんですよねぇ…。

殺し合わなければならないなんて、あまりにも残酷過ぎます(ーー;)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/14(火) 21:51 [Edit
Cedieさんへ
ありがとうございま〜す♪(=^^=)

ここまでブログを続けてこられたのも、いつも訪問してくださる皆様のおかげです!!

あまり参考にならないブログですが、Cedieさん、これからも宜しくお願いいたしますね☆



輪廻転生物といったら、nanacoも真っ先に「ライオンハート」を思い出しますよ!!

大好きな作品ですけれど、あの作品を読んだ後は決まって胸が苦しくなります…。

あの「エアハート嬢の到着」のエリザベスがエドワードの腕の中で息を引き取る場面、、、

もう何度涙したか分からないぐらいですよぅ(泣)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/14(火) 21:56 [Edit
茨木 月季さんへ
この作品、すごく好みの雰囲気でした!!

前作の「クロック城…」は、あらゆる要素を詰め込みすぎた感が否めなかったんですが、、、

今回は輪廻転生を軸にしているのが、モロnanacoのツボでした(*^o^*)



おぉ、時代背景まで考えられましたか!!さすが月季さんですねぇ^^

nanacoは1989年のほうがピンとこなかったです…(笑)

十字軍のところは世界史で1096(じゅうじくむ)のゴロ合わせで暗記した覚えがあります♪

それで大体200年続いたということは、ちょうどこの物語の時代背景にピッタリなんですよねぇ^^

この3つの世界、どれも魅力的なんですが、やっぱりフランス瑠璃城が一番好きでした。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/14(火) 22:02 [Edit
Re:北山猛邦「瑠璃城殺人事件」読了しました♪(04/14)
「瑠璃城殺人事件」楽しまれたみたいですね♪

あっさりばっさり殺されちゃう人がいるかと思ったら、輪廻転生が根底にあるおかげでそんな殺伐とした印象にならずに済む?ような…。

こういう発想が思い浮かぶ時点で北山さん只者じゃないと思ってしまいます。

柊は今「アリス・ミラー城」に取り掛かってます。

孤島にある城に集められた探偵たち、鏡の国のアリス…柊好みの設定です(笑)

by 柊♪ #79D/WHSg
2009/04/15(水) 08:18 [Edit
Re:北山猛邦「瑠璃城殺人事件」読了しました♪(04/14)
こんばんは〜♪



この作品も、すごく面白そうですねぇ(^^)

輪廻転生して生まれ変わっても

いつも殺しあうなんて…

すごく切なさそうなお話ですね(T_T)

でも、中世ヨーロッパのお城が舞台というのが

何だかロマンチック♪



シリーズものだけど、

順番に読まなくても分かるのかしら…!?

またまた読みたい本の仲間が増えました☆

nanaco☆さん、ありがと〜(^^)/
by miwa125 #79D/WHSg
2009/04/15(水) 18:23 [Edit
柊♪さんへ
輪廻転生という設定が大好きなので、今回の「瑠璃城…」は、もろツボに入ったみたいです!!

前作の「クロック城…」は消化不良な感じが否めなかったんですが、今回は大満足でした(*^o^*)



この設定だったら、SFラブストーリーとしてだけでも面白いのに、

殺人のトリックも驚くべきものでしたねぇ!!(特に図書館の部分)

いやぁ〜本当に北山さんって只者じゃないですね。

この若さでこれだけの世界を作り出せるのって、本当に凄いです^^

個人的に、時空を跨いで現れるスノウウィのキャラが可愛くて好きでしたね(笑)

切なさが残る作品でしたが、本当に面白かったです!!



おぉ、「アリス・ミラー城…」に挑戦されているんですか♪

この作品は城シリーズの中でもかなり評価が高いようなので、nanacoも楽しみです(=^^=)

「瑠璃城…」がすごく好みだったので、

「アリス・ミラー城…」と「ギロチン城…」も、先日GETしてきちゃいましたよ!!

柊さんのレビュー、今から楽しみに待っていますー☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/15(水) 20:00 [Edit
Re:北山猛邦「瑠璃城殺人事件」読了しました♪(04/14)
こんばんは。

輪廻転生ものでミステリなんですか〜。

凄く、凄〜く私もツボですねっ!!



・・・城シリーズということは、

最初から読まないと分からないのでしょうか??

とにかく、是非読みたいと思います!
by かをる。 #79D/WHSg
2009/04/15(水) 20:06 [Edit
miwa125さんへ
前作の「クロック城…」も殺伐とした不思議な世界観で魅力的でしたけれど、

今回の「瑠璃城」は、さらにnanacoの好みがギッシリ詰め込まれた作品でした♪

…ということは、きっとmiwaさんも気に入るかもしれないわ!!(笑)



3つの国&時代がそれぞれ舞台になるんですが、

中世好きのnanacoにはやっぱりフランス瑠璃城の部分が好きでしたねぇ。

領主の娘と、彼女を守る6人の騎士達…。それだけでもうドキドキしてしまいます(笑)

とても悲しい物語ではあるのですが、何度も何度も輪廻転生して2人は出会うので、

それほど苦しい気持ちにはならずに済むんですよね^^

密室のトリックなんかも本当に素晴しくて。北山さん、若いのにすごい作家さんです!!



この城シリーズはそれぞれ独立しているので、前作を読まなくても全く支障はないですよん♪

miwaさんにもこの「瑠璃城…」は是非読んでいただきたいなぁ(o^―^o)

是非是非読みたい本の仲間入りをさせてあげてくださいね☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/15(水) 20:07 [Edit
かをる。さんへ
おぉっ♪

かをる。さんにも興味を持っていただけて、すごく嬉しいです!!(*^o^*)

通常のミステリとは一味も二味も違った作品ですねぇ。

「輪廻転生」を仕掛けに使う事は、本格ミステリファンの間では反則かもしれませんが…(笑)

でも1つ1つのトリック自体は、物理トリックで曖昧さがないんですよねぇ。

こんな設定を思いついた北山さん…本当に凄い作家さんだと思います(><)



城シリーズとは言っても、単に城が舞台になっているというだけで、

登場人物も舞台設定も違うので、それぞれ独立した作品ですよー♪

なので、この「瑠璃城…」から読んでも全く問題ないと思います!!

nanacoは続きの「アリス・ミラー城…」と「ギロチン城…」も購入済みなので、

こちらも近いうちに読んでみたいと思いま〜す☆

かをる。さんにレビュー、楽しみに待っています!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/15(水) 20:30 [Edit
Re:北山猛邦「瑠璃城殺人事件」読了しました♪(04/14)
評価高いですね。自分はクロック城の方が好きなのですが。

設定が面白く毎回驚かされますね。(*^_^*)
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/04/18(土) 08:12 [Edit
日向 永遠さんへ
この本、すごく面白かったですー♪

「クロック城…」の殺伐とした雰囲気もすごく良かったのですが、

個人的には輪廻転生&中世(しかも騎士)の設定が大好きなんです(笑)

輪廻転生がなければ、どれも完全な物理トリックですよね。

図書館の、あの人間の首を使ったトリックには驚かされました…。すごいですね、北山さん。



「アリス・ミラー城…」「ギロチン城…」も購入済みなので、

こちらも近いうちに読んでみようかと思っています(*^o^*)

次はどんな世界設定になっているのか、今からワクワクしちゃいます。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/18(土) 09:52 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。