08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.13 *Mon*

天堂里砂「紺碧のサリフィーラ」読了です♪




【紺碧のサリフィーラ】天堂里砂rating_47.gif

海神の怒りに触れて海中に没し、12年に一度、姿を現すといわれる幻の島シェイン―彼の地を求め、訳ありの青年サリフは船を探していた。なんとか潜り込んだのは、そんな島は存在しないと嘯く、不遜な男ワディムが率いる商船“花の乙女”号。しかし、なぜか海軍が執拗にサリフを追いかけてきて…。紺碧の海を舞台に繰り広げられる冒険譚、登場!第4回C・NOVELS大賞特別賞受賞作。

ブログのお友達茨木月季さんに紹介していただきましたballoon_28.gif (月季さん、ありがとうございます♪) 

倉花千夏さんのイラストが美しくて、うっとりとしてしまいます。
この物語の雰囲気にもピッタリだし、なにより主人公のサリフが美青年…(笑)
結局ソレかい!!って、ツッコまないでくださいねぇballoon_145.gif

12年に一度だけ現れるという幻の島シェイン。
シェイン行きの船を探していた訳ありの青年サリフは、"花の乙女"号に便乗させて貰うことに。
何故海軍はサリフを執拗に追ってくるのか?? 海の底に沈んだ島シェインの謎とは…??

020.gif

この作品の舞台となる世界が、とっても魅力的ですねぇballoon_59.gif

海神の怒りに触れて海の底に沈んだシェインの伝説は、とっても幻想的だし、
サリフの全身に入れ墨のように描かれている花の模様とは…??という謎もすごく面白い。

でも、なんだかサリフも、"花の乙女"号の船長ワディムも、キャラが薄いような気がballoon_89.gif
もっと2人の関係を親密に描いても良かったんじゃないかな〜??と。 (変な意味じゃなくてね…笑) 
サリフの容姿が完璧に近い分、もっと性格を大雑把にしたら親近感が湧いたのかも。

幼い頃のサリフのエピソードも、さらに掘り下げて書いて欲しかったですねぇ…。
ちょっと不満が残ってしまうのも、この世界がものすごく魅力的だったからなんですけどね。

サリフには全身に花の模様があるのに、何で顔にはないんだろう??
…と、余計なところばかり気になってしまいましたよぅ(笑)


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事

COMMENT

こんばんは♪
nanaco☆さんの一人ツッコミ、、、楽しみながら読ませていただきました。^^

「幻の島」、、、ホント、nanaco☆さんの好きそうな話ですねぇ。

そして、もちろん私もこういうお話大好きです。

海の底に沈んだ…という言葉に、全く話は飛んでしまいますが一夜で沈んでしまったという「ムー大陸」を思い出しました。

今年は2月、3月と゛13日の金曜日"が続きましたけど、これが忌み嫌われるようになったのはイエス・キリストの処刑日だと言われていますが、実はその前に「ムー大陸が沈んだ日」なんだそうですよ。



かな〜り話がそれてしまいましたね。(^^;

ですが、海神の怒りにふれて…だなんて、なんだかイメージがどんどん膨らみそうなお話ですね。^^

by picchuko #79D/WHSg
2009/04/13(月) 20:01 [Edit
あれ??なんだったかな
好みかも〜〜〜〜(^・^)



ところで、

「12年に一度、姿を現すといわれる幻の島シェイン」

似たような話がどっかにあったような・・・

普段は見えないのにある条件で姿を現す島。

あ〜〜気になって眠れない。



まったく別の話を思い出して・・・思い出しきれてないけど・・・失礼しましたm(__)m

by 珂音 #79D/WHSg
2009/04/13(月) 20:24 [Edit
ふふふ。
そういう、ディーテイルが気になるって、結構分かりますよ。良い作品って、そういうところまで気が遣ってあるってことも同時に言えそうですね。…と、良いながら自分の作品はダメだな〜って。反省…。



無事に連載が終わりました。nanacoさんの素敵な励ましのコメント、本当に本当に嬉しかったです☆

ありがとー。
by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2009/04/13(月) 21:24 [Edit
picchukoさんへ
あはは^^;一人ツッコミしすぎですかねぇ…(笑)

12年に1度だけ現れる幻の島!! この設定からして、nanacoのツボなんですよ♪

海の底に街が沈んでいる…という光景が昔からすごく好きなんです。

不思議と、空よりも海の底のほうが、世界が無限に広がっているような気がして(^m^ )



13日の金曜日というと、ついジェイソンを思い出してドキドキしてしまうnanacoですが、

ムー大陸が沈んだ日だったんですかー!!!

そ、それは是非詳しく調べてみたくなりますねぇ…。

ムー大陸の謎めいた伝説が好きで、昔本を読んだことがありました^^

モアイ像がムーの記念碑だったとか、マヤ文明がムー帝国の植民地だったとか…

どの説が正しいのか、今となっては分かりませんけど、考えるだけでワクワクしてきますよね♪

それにしても、あんなにも巨大なムー大陸が一夜にして沈むなんて、、、

それこそ海神の怒りに触れたとしか考えられません!!(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/13(月) 21:26 [Edit
珂音さんへ
お!! 珂音さん好みな感じですか??^^

この物語の設定…というか舞台がとっても素敵なんですよ〜♪

船長のワディムは、なんとなく珂音さんの好みのような気がするんですが(^m^ )

若いのにオヤジくささがプンプンしてます(笑)



「幻の島」この言葉だけで、もう読みたくなっちゃいますよぉ。

ところで、nanacoは真っ先にドラクエ6の「幻の大地」を思い出しました…(笑)

その珂音さんの記憶にある本って何なのかしら?! こちらまですごい気になってきました。。。

こういう設定ってすごく好きだから、もし似たような本があるなら読んでみたいです〜♪

…珂音さん!! 思い出したらnanacoに教えてくださいね?! 絶対読みますから〜(><)

なんとなくアイリッシュ作品にこういうのありそうな気がしますねぇ。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/13(月) 21:34 [Edit
浪漫的狼さんへ
この作品は、設定が好みだっただけに、逆に細かいところが目についちゃったのかも。。。

それでも海の底に沈んだ島…というのは夢があって良いですねぇ♪

ファンタジーの世界っていうのはどこまでも無限に広がりますよね!!

これからもこの作家さんは注目していきたいです(o^―^o)



狼さんの連載、とうとう終わっちゃいましたねぇ…

毎日少しずつ読みにいくのを楽しみにしていましたよー!!^^

今回のは、いつもと一味違ったほろ苦さがあって、、、すごく良かったです。

こういうしみじみとした作品も、とっても好きです(*^^*)

読むほうは批評するだけでラクですけれど(笑)物語を作り出すほうは本当に大変だと思います。

でも狼さんの小説は、とにかく登場人物の心情を丁寧に書いていますし、

自然の描写もとても綺麗なので、いつもグイグイと引き込まれてしまいます♪

次の連載が楽しみでなりませんー!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/13(月) 21:47 [Edit
Re:天堂里砂「紺碧のサリフィーラ」読了です♪(04/13)
こんばんは〜♪



リンク有難うございます。

同じく表紙のイラストによろめいてしまいました。内容も幻想的でしたし、サリフの兄弟やワディム船長を主人公にして番外編が書けそうでしすよね。天堂さんの2作目のイラストはあまり好みではなかったのですが、内容はこちらも楽しませてもらいました。イラストのもたらす影響って大きいですよね。一作目のイラストが2作目の方だったら、借りて読むことをしなかったんじゃないかと思います。作家を知ってしまえばそういうこともないんですけど…。

by 茨木 月季 #79D/WHSg
2009/04/13(月) 22:13 [Edit
茨木 月季さんへ
月季さん、とっても素敵な本を紹介していただいてありがとうございました〜♪

こういう設定、大好きなんです。幻の島とか、海神とか。

もしも番外編があるなら是非読んでみたいですよね!!^^

お兄さん達がサリフに甘々なのにも、読んでいてニヤついてしまいました(笑)

個人的にはワディムの過去が気になりますねぇ。

あー…天堂さん、続編書いてくれないかな(><)



二作目は「砂漠の王子と…」でしたよね。

nanacoもこちらのイラストより、断然サリフィーラのほうが好みです!!

あちらはあちらで正統なファンタジーって感じで良いですけど、幻想さには欠けますよねぇ…。

そう考えると、やっぱりイラストって大事ですね^^;

いくら内容が良くても、萌え系のイラストだと読む気失せますもん…(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/14(火) 05:37 [Edit
Re:天堂里砂「紺碧のサリフィーラ」読了です♪(04/13)
こんにちはー☆

なんだかおもしろそうですねぇ…タイトルとか表紙とか綺麗だわぁ…

不遜な男の船が「花の乙女号」って所で笑っちゃいました。



>サリフには全身に花の模様があるのに、何で顔にはないんだろう??



それはきっとイラストがめんどくさくなるからですよ…笑

by まる811 #79D/WHSg
2009/04/14(火) 13:06 [Edit
Re:天堂里砂「紺碧のサリフィーラ」読了です♪(04/13)
おおっまたもやインパクトのある表紙の小説ですね♪

いや、実際表紙って大切ですよね。第一印象が大切なのと一緒で。私はこの表紙を見ただけでこの本を買ってしまうかもです。
by ☆ちこ #79D/WHSg
2009/04/14(火) 15:00 [Edit
Re:天堂里砂「紺碧のサリフィーラ」読了です♪(04/13)
こんばんは〜♪



この本、以前にチェックしたことがあります^^

その時は、内容が気になりつつも、

美しい表紙のイラストを眺めただけで

終わっちゃいました…(^^ゞ

これって、シリーズモノじゃないんですか〜?

ちゃんと完結してるのかしらん???

魅力的な世界って、すごく惹かれます(>_<)

主人公のサリフが美青年なのも

やっぱり見逃せません(私も結局ソレです…笑)

顔以外の全身にお花の模様があるのも

気になるなぁ。。。

アハハ♪nanaco☆さん、顔にまでお花の模様があったら、

コメディになっちゃいますよ(笑)
by miwa125 #79D/WHSg
2009/04/14(火) 18:27 [Edit
まる811さんへ
た、確かに!!

不遜な男なのに妙に乙女チックな船に乗ってますよね…しかも船長(笑)

この本のイラストがとにかく綺麗なんですよ〜♪

サリフの美青年っぷりにもクラクラきちゃうし、

お兄さん達がサリフに甘々なのにも、思わずニタついてしまいます…(* ̄m ̄)



>イラストがめんどくさくなるから

…ハッ、そうなのか!!

顔にまで入れ墨みたいな模様があったら、せっかくの美しいお顔が台無しですしねぇ(^m^ )

それにしても、全身花の模様って一体どこまでなんだ??といらぬ妄想をしております(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/14(火) 19:53 [Edit
☆ちこさんへ
思わずジャケ買いしたくなる本ですよね〜(*^o^*)

倉花千夏さんのイラストが、この物語の世界にピッタリで感心してしまいました♪

幻想的な淡い色使いが、すごく好みなんです。

あぁ〜こういう絵が描けるようになりたいわ!!^^



この作品の世界観が好みだっただけに、内容にはちょっと不満が残りましたが、

「つまらない」ではなく「物足りない」という感じなんです…。

面白いからこそ、もっと続きが読みたい!!と思わせるような作品でしたよ♪

まだこの作家さんはデビューしたばかりのようなので、これからの作品もチェックしなくては☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/14(火) 19:58 [Edit
miwa125さんへ
ふふふっ(^m^ )

やっぱりmiwaさんもこの本チェックされていましたか〜♪

「幻の島」って、ファンタジー好きには素通りできない言葉ですよね!!(笑)

この表紙イラスト同様に、とても静かで幻想的な雰囲気の作品でしたよ^^



これは1冊で完結しているみたいですねぇ。

世界観がすごく好みだっただけに、これだけで終わってしまうのは勿体無い印象です(><)

もっと主人公サリフの少年時代を読みたかったし、

船長ワディムの過去を掘り下げて書いて欲しかった気がします。。。



ぷぷっ(* ̄m ̄)結局miwaさんもそれですかいー!!(笑)

そうなんです。どこか謎めいた美青年が主人公というだけで、テンション上がりっぱなしです。

お花模様が顔にも描かれていたら、確かにコメディになっちゃいますねぇ(*`▽´*)

しかも、せっかくの美しいお顔が台無しになっちゃうかしら。。。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/04/14(火) 20:06 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1062位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
29位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。