FC2ブログ
Welcome to my blog

「きみがぼくを見つけた日」オードリー・ニッフェネガー

ななこ


きみがぼくを見つけた日(上)(下)
著者:オードリー・ニッフェネガー
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
愛する人は未来からやってきた。やがてくる別れを知っていた―。初めての出会いはクレア6歳、ヘンリー36歳。未来から来たヘンリーが、突然クレアの前に姿を現わしたのだ。当然、驚いたクレアだったが、以来、彼がたびたび時空を超えてやってくるのを心待ちにするようになる。だが、18歳になったころ、彼はぱったりと姿を見せなくなり…。



積読本消化計画10、11冊目。残り27冊。

ブログのお友達、珂音さんに紹介していただいた作品です~きもち (珂音さん、ありがとうございます!) 
「タイムトラベラーズ・ワイフ」というタイトルを、文庫化に際して改題したもの。

もう胸が痛くなるくらいの切ないラブストーリーです。
読み終えた後、あまりの切なさとやりきれなさで、しばし呆然としてしまいました…かお


時間障害者(タイムトラベラー)ヘンリーと、その妻クレアの物語。
36歳のヘンリーは1977年にタイムトラベルし、6歳のクレアと初めて出会います。
時間移動できるのは、ヘンリーの身一つなので、クレアとの最初の出会いは真っ裸(笑)

一般的なタイムトラベル物と違うのは、
本人の意志とは無関係に時間移動してしまう事かな。

例えば、疲労が溜まった時とか興奮した時に、突然タイムスリップしてしまうんだけど…
まず最初にしなければいけないのは、年代の確認と、衣服の確保。 (真っ裸だからね…笑) 

クレアの前に突然現れるのは、20代のヘンリーだったり、40代の白髪交じりのヘンリーだったり。
で、歳の離れた二人は長い年月をかけて愛を育んでいくのかお

思春期に入ったクレアは、同年代の幼い男の子達に見向きもしない。
だって、ハンサムで頭がよくて、突然現れては消える神秘的な大人の男がいるんだもの…(笑)

第1部は、なんともコミカルでほのぼのとした展開なんですが。
第2部に入ってからは、もう切なくて切なくてきもち

やっと幸せを手に入れたと思ったら、それはスルリと掌からこぼれ落ちていく。
会話の途中で、衣服だけを残して突然いなくなり、何日か経って血まみれで帰ってくるヘンリー。
二人の未来を見てきたヘンリーの、悲壮感漂う表情。

静かで悲しみをたたえた物語。クレアの視点で読むと、やりきれないわ。
恩田陸さんの「ライオンハート」と似た雰囲気を感じます。さらに切ないけど…(泣)




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村
関連記事

Comments 12

There are no comments yet.
珂音  
Re:「きみがぼくを見つけた日」読了です!(10/14)

気に入っていただけて良かったです(^-^)

読み始めたら止められなくなって「ご飯はぁ?」と催促する息子に

「ご飯より本が先!お弁当買ってきて!」と(^^;



ただ待つだけのクレアを思うと切なくて。

2008/10/15 (Wed) 00:14 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
珂音さんへ

珂音さん、とっても素敵な本の紹介、ありがとうございました〜(≧∇≦)ノ

ふふっ(* ̄m ̄)息子さん、その日はお弁当になったのかしら…(笑)



読み始めたら先が気になる本ですね。

ハッピーエンドになる予感がしたんですが、、、この終わり方はハッピーなのかどうか(T_T)

読んだ後、胸がギュッと締め付けられるような切ない気持ちになりました。。。

"クレア"というと、「時の旅人」を思い出しちゃいますね(^^ゞ

あちらもタイムトラベル物だったし♪

2008/10/15 (Wed) 06:14 | EDIT | REPLY |   
さくら  
萩尾望都で

こんにちは。なんかそういう漫画がありませんでしたっけ。タイトルが出てこない…

夢でハンサムな男の人に逢えちゃったら、現実世界でも探しちゃいますよね。

美形同盟の一員(笑)の私としては、夢心地でシアワセな気分ですけど、実際だと辛いでしょうねぇ。

ああ、モザイクラセンとかそんなタイトルだったかなぁ・・・

2008/10/15 (Wed) 11:49 | EDIT | REPLY |   
エンブレムT  
Re:「きみがぼくを見つけた日」読了です!(10/14)

うわ〜^ ^;

読んだらハマル!絶対!!・・・って気がしますw

でも今の私の頭、江戸なんで。。。(笑)



積読本も、良い感じに消化してますねw

困ったわ〜!私はここのブログで読みたい本を増やす一方だよwww

2008/10/15 (Wed) 13:57 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:「きみがぼくを見つけた日」読了です!(10/14)

うわっ!すっごく面白そうですね!

自分の意思に反して時間移動してしまうという設定に惹かれます。

読んでみたいですー!!

2008/10/15 (Wed) 16:45 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
Re:「きみがぼくを見つけた日」読了です!(10/14)

私もnanaco☆さんのレビューを読みながら、「ライオンハート」に似てるのかなって思いました。

そして、その切なさは映画「きみに読む物語」を思い出させてくれました。

ホント、切ないお話のようですね。

この手の話、私、とっても弱いんだなぁ〜。

昨日は「夢をかなえるゾウ」でしっかり笑わせてもらったけど、、本当はこんな本が好きなんです。

とっても良さそうな本の紹介をありがとうございます。

私も読んでみたいな☆^^

2008/10/15 (Wed) 18:40 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
さくらさんへ

萩尾望都さんって、あまり詳しくないんですが、、、そんな漫画があるんですか〜♪

それは是非読んでみたい!!萩尾さんの漫画って「半神」しか読んだことないんですよ^^;

本や漫画の世界で美形が多いと、現実世界に幻滅してしまいますよね。。。(笑)

ていうか、さくらさん!もう美形同盟の一員だと認めちゃいましたね(* ̄m ̄)むふ。



この本のあとがきで、映画化されるようなことが書いてありました♪

ブラッド・ピッドが出演するとか、しないとか…。

うーん、なんだかイメージが違うなぁ(ρ_−)

2008/10/15 (Wed) 19:54 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
エンブレムTさんへ

この本、上下巻だからちょっと躊躇しちゃいますけど、、、

読み始めたらあっという間でしたよ〜(o^―^o)♪

タイムトラベル物って、恋人同士が多いですけど、

この作品は夫婦っていうのがちょっと珍しいかもしれません^^

きっと読み始めたらハマると思うので、江戸に飽きはじめたら是非どうぞ(笑)



積読本、残り27冊です〜(^^ゞ

今年中に読破できるように、がんばります♪…できるかなぁ。

2008/10/15 (Wed) 19:59 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

そうなんです!

突然、何の前触れもなくタイムスリップしてしまう、というのが珍しいですよね〜^^

とっても切ない物語なんですが、これも一つの愛の形なのかなぁなんて思いました。



この作品オードリ・ニッフェネガーさんの処女作みたいなんですが。

とてもそうとは思えない程完成度が高かったので、ビックリしてしまいました〜♪(*^^*)

柊さんも、機会があったら読んでみてくださいね☆

2008/10/15 (Wed) 20:03 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

まさに、そうなんですよ〜((>д<))

物語の展開は「ライオンハート」に似ているし、ラストは「きみに読む物語」みたいな…。

とても切ないけれど、本当に素敵なラブストーリーでした♪

一生涯で、たった一人だけこんなに愛せたら素敵だろうなぁ(〃▽〃)

思わず、胸がいっぱいになっちゃいました。。。



「夢をかなえるゾウ」、早速読破されたようですね♪早いわ、picchukoさん!!(^m^ )

「ライオンハート」を楽しめたpicchukoさんでしたら、

今回の作品もきっと気に入っていただけると思いますよ^^

"キュン"とした気持ちになりたい時は、是非読んでみてくださいねっ♪

2008/10/15 (Wed) 20:09 | EDIT | REPLY |   
浪漫的狼  
ほんとに

色んな本をご存知ですね〜。ほんとに。これは全く見たことも無い本でした。ここにくると刺激になりますよ〜。

2008/10/15 (Wed) 20:23 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

この作品は、ブログのお友達に紹介していただいた本なんです〜^^

この本と出合えて良かったです♪

どうやらオードリー・ニッフェネガーさんの処女作のようなんですが、、、

あまりにも完成度が高くビックリしています(^^ゞ

たまにはこういうラブストーリーも良いですねぇ。

2008/10/16 (Thu) 05:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply