FC2ブログ
Welcome to my blog

広瀬正「マイナス・ゼロ」読了しました!

ななこ




【マイナス・ゼロ】広瀬正rating_47.gif

1945年の東京。空襲のさなか、浜田少年は息絶えようとする隣人の「先生」から奇妙な頼まれごとをする。18年後の今日、ここに来てほしい、というのだ。そして約束の日、約束の場所で彼が目にした不思議な機械―それは「先生」が密かに開発したタイムマシンだった。時を超え「昭和」の東京を旅する浜田が見たものは?失われた風景が鮮やかに甦る、早世の天才が遺したタイムトラベル小説の金字塔。

積読本消化計画23冊目。残り15冊。

ブログのお友達日向永遠さんにご紹介いただきました〜balloon_71.gif (日向永遠さん、ありがとうございます!) 
この作品が最初に刊行されたのは、なんと1970年。
長らく絶版だったようですが、熱烈なファンが多いらしくつい先日復刊されました。

主人公の俊夫は、18年前の東京大空襲時に失踪していた啓子と再会する。
なんと彼女はモンペ姿、顔も全く当時のままの姿。
俊夫は、彼女がタイムマシンに乗って現代にやってきたことに気付く。

タイムトラベル物を読んでいて重要なポイントがタイムパラドックス
この物語にも、いくつかの複雑なタイムパラドックスが絡んでくるんですよねぇ。
ココがSFの醍醐味でもあるわけなんだけど、、、やっぱり頭がこんがらがってくるわ〜balloon_89.gif

俊夫は過去に時間旅行をすることによって、生まれたばかりの自分に出会う。
しかも、その過去で結婚して子供を作っちゃったりするんだから、もうゴチャゴチャ(笑)
で、俊夫の結婚相手にも、生まれた子供にも、失踪していた啓子にもある隠された真実があって。

日本版「夏への扉」といったところでしょうかballoon_34.gif
こっちは未来へのタイムトラベルだけどね。

 レビューはこちら

最終章で、あちこちに散らばっていた伏線がきっちりと収束するのが小気味良いですballoon_133.gifheart_37.gif

とても40年近く前に書かれたとは思えないほど、文章自体は読みやすいんですが。
でも、昭和という時代にノスタルジーを感じられないからか、どうもイメージがしにくくてballoon_145.gif
ルンペン?サニー・ルック?何ぞや…?(笑)

辞書片手に読んでいたせいか、思いっきりのめりこむことができませんでした。
というか、nanacoが言葉を知らないだけかもしれない…けど…。 ドヨーン… 
同じタイムトラベルでも、昭和といわず、江戸や戦国時代あたりまでいってほしいかも!(笑)

にほんブログ村 本ブログへ 本ブログ登録中です! 



関連記事
Posted byななこ

Comments 12

There are no comments yet.
浪漫的狼  
聞いたことは

読んだことはないんです。題名は何か耳に残ってます。案外、くいう古いもののほうが味わいがあったりして。なんて思ったりします。

2008/11/22 (Sat) 13:16 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
Re:広瀬正「マイナス・ゼロ」読了しました!(11/22)

このレビュー読んで、そっかぁ〜、nanaco☆さんは昭和生まれではあるけれど、昭和の記憶が殆どないんだよね〜ってこと、気付きました。

私は高校1年まで昭和で育ちましたから、それほど昭和に違和感がないけれど、私とnanaco☆さんの12年の年の差ってやっぱり大きいですね〜。^^



自分が生まれた時代で結婚して子供をつくるという奇妙な話が最後には収束するっていうのが面白そうですね。



nanaco☆さん、この際 江戸時代版を書いてみては?^^



*そうそう、昨日「つぐない」を借りてきました!!

明日の朝、早速見てみようと思います。^^/

2008/11/22 (Sat) 14:04 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:広瀬正「マイナス・ゼロ」読了しました!(11/22)

読まれたのですね。なんとなく嬉しくなります。

面白かったですね。

確かに言葉が古めかしくて意味のわからないところがあるかとも思うのですがそこは雰囲気で読んでも大丈夫ではないかと思います。

やはり世代の壁は大きいのでしょうか・・・・



懲りずにちょっと古い作品にも挑戦してみてくださいね。(*^_^*)

2008/11/22 (Sat) 15:33 | EDIT | REPLY |   
茨木 月季  
Re:広瀬正「マイナス・ゼロ」読了しました!(11/22)

こんにちは〜♪



はじめてこの本を読んだのは昭和の時代でした。その頃でも既に本の中で流れている時間と実際に生きているその頃の世代の違いを感じましたが、作品にすっかり魅せられ、広瀬正さんの他の作品を読みまくってしまいました。

復刊本を集めたいのですが、何度か読みなおしているので新刊で購入することをためらっています。

先日も大量に本を処分してしまいました。(捨てずに実家に送ったり、売ったり、図書館に寄贈したり…)本の置き場所を作るのが大変です。

2008/11/22 (Sat) 15:59 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:広瀬正「マイナス・ゼロ」読了しました!(11/22)

タイムスリップものは移動した先の時代が興味のある時代だったりすると読んでいて楽しいですよね。

広瀬正さんのお名前ははじめて知りました!

復刊本なのですね。機会がありましたら読んでみたいです。

2008/11/22 (Sat) 21:01 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

nanacoも今回初めてこの作家さんの存在を知ったんです(*^_^*)

「夏への扉」といいこの作品といい、

随分昔から時間旅行の概念があったんだなぁ…とちょっと驚いています。

昭和初期となると、懐かしいというよりもう別世界でしたね〜^^;



狼さんの仰るとおり、味わい深い作品でしたよ♪

またいつか再読をしたら、この作品の良さがさらに分かりそうです。

2008/11/22 (Sat) 21:36 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

そうなんですよね、、、よく考えたら昭和の記憶ってあまりありませんねぇ^^;

nanacoよりもうちょっとだけ上の方が読まれたら、懐かしさを感じるのかな??

なんだか読んでいて別の国に来たかのような雰囲気でした…(笑)

でも人間関係の希薄な現代と違って、人と人との結びつきが強くて温かいですねぇ。これは好き♪

そうそう。nanacoはよく周りの人に「昭和の匂いがする」って言われるんです!(爆)

た、たしかに流行とか最新の物には疎いけど、、、( ̄  ̄メ)



あはは^^江戸時代版書いてみますか♪

今読んでいる「あまつき」というマンガがそんな設定なんですよねぇ。

戦乱の世にタイムスリップっていうのも面白そうですよね☆どんどん妄想が広がるぅ〜!!(笑)



picchukoさん、早速「つぐない」借りてこられたんですね(〃▽〃)嬉しい♪

ご覧になったら、是非是非感想を聞かせてくださいねっ!!

2008/11/22 (Sat) 21:47 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向永遠さん、面白い本を紹介していただいてありがとうございました〜♪(o^―^o)

ちょっととっつきにくい部分もありましたが、最後に伏線が綺麗にまとまったのでスッキリです。

ビックリですね、、、まさかあんな展開になるとは思ってませんでした。

よく考えたら主人公の奥さんやら娘やら、すごいことになってますねぇ(笑)



思いのほか広瀬さんの文章が読みやすかったので、

また機会があったら違う作品にも挑戦してみたいと思いま〜す☆

2008/11/22 (Sat) 22:11 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
茨木 月季さんへ

おぉ!!月季さんは昭和の時代に読まれたんですか^^

さすがですね、、、当時も読書家だったんですね〜♪

いつも月季さんには驚かされることばかりです(*^_^*)



やっぱり時代を感じるからか、ちょっととっつきにくい部分があったんですが、、、

それでも最後の伏線のまとめ方はスゴイと思いました。

(実を言うと、初めはこんがらがって…最終章だけ2度読みました。笑)

文章自体はとても読みやすかったので、他の作品も読んでみたいです〜☆

それにしても、本の置き場所は本当に困りますねぇ^^;

最近は、あまり気に入らなかった本は、どんどん古本屋に持っていくようにしていますが。。。

もっと本の収納スペースが欲しいです。

そのうちnanacoも台所に収納するようになるかもしれません…(笑)

2008/11/22 (Sat) 22:18 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

タイムスリップ物は大好きです〜♪

今回は昭和初期へタイムスリップでしたが、個人的にはもっと古い時代が好みです(^^ゞ

浅倉卓弥さんの「君の名残を」という作品がすごく好きでした。

現代の高校生3人が平安末期にタイムスリップして、

なんと木曾義仲の妻の巴御前、源義経の家来の弁慶、そして北条義時になってしまうんです。

なんとも大胆な発想なんですけど、、、(笑)かなりはまった記憶があります♪



…って、話が随分と飛びましたね^^;

今回この作品が復刊されて、字も大きく見やすくなっているみたいです☆

かなり評価の高い作品ですので、柊さんも機会があったら是非読んでみてくださいね!

2008/11/22 (Sat) 22:27 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:広瀬正「マイナス・ゼロ」読了しました!(11/22)

なんか複雑そうですね〜

でも面白そう♪

過去に行っちゃって結婚して子供作っちゃうなんて、なんかロマンがあるようなハチャメチャなような(笑)

そこの所をどう収拾してくれるか気になります。

2008/11/22 (Sat) 23:49 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

はい、、、なかなか複雑な物語でした^^;

最後の最後で謎が全て明らかになるところはやっぱり気持ちが良いですね♪

過去に行って子どもを作って…って、

結果的には「こんなことをしていいのか?」というか禁忌を犯している気がするんですが(笑)



タイムトラベル物は結構好きなんですが、昭和に飛んじゃうのは今回初めてでした♪

この作家さんの作品、かなり人気があるようなので、

ちこさんも機会があったら是非読んでみてくださいね^^



☆そうそう。「最遊記」面白そうですね〜♪

絵も綺麗だし、機会があったら読んでみまっす(*^o^*)

2008/11/23 (Sun) 07:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply