08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.12.29 *Mon*

梶尾真治「おもいでエマノン」読了しました!




【おもいでエマノン】梶尾真治rating_48.gif

異国風の彫りの深い顔立ち。すんなりと伸びきった肢体。ジーンズにナップ・サック。ながい髪、おおきな瞳、そしてわずかなそばかす―。彼女はエマノン、ぼくが出会った不思議な少女。彼女は言った、「私は地球に生命が発生してから現在までのことを総て記憶しているのよ」と。彼女の口から紡ぎだされる、母から娘へと伝えられたさまざまな『地球』のおもいでたち。表題作から、初収録の最新作までをおさめたピュアSF連作。

と、とうとう…積読本消化計画 ラストの1冊です!!

ちょっと(?)風変わりな女の子エマノンを主人公とする、SF連作短編集です。
前に読んだ梶尾さんの「未来のおもいで」はあまり好みではなかったのですが、、、
今回はちょっと見直しました。連作短編、という構成が読みやすくてよかったのかもballoon_71.gif

またまたこれは輪廻転生モノ、ということになるんでしょうかballoon_38.gif
エマノンは、なんと生命が誕生した三十数億年前からの記憶を持っている不思議な女の子。
何度も何度も生まれ変わるんだけど、この記憶だけは決してなくならない。

エマノンは決して不死、という訳ではないのよね。
身体自体は、他の人間と同じようにやがては無くなってしまうものなのですから。

でも、他の誰もが知り得ない、膨大な記憶だけは貯蔵している。。。
それは、一体どういう気持ちがするんだろう??考えてみると、すごく切ない。
彼女は、皮肉にも似た気持ちで運命を受け入れ、どこか人生を諦観しているようにも見えてballoon_89.gif

この物語には沢山の人物 (超人的な能力を持った人も…) が登場しますが、
そんな中でエマノンは明らかに1人異分子的な存在ですね。
だからこそ、人間達は無意識のうちに彼女に惹かれてしまうんでしょう。

続編も是非読みたい!と思わせる、なかなか素敵な作品でした〜balloon_34.gif

にほんブログ村 本ブログへ

015.gif

というわけで、、、

今年の積読本、消化しました〜!!   (あくまでも”今年の”です。笑) 

ふぉっふぉっふぉ…途中で寄り道もしちゃったから、何気にギリギリだったのぅ。
来年はまた新しい気持ちで、どんどん積んでいこうと思います!!(←え?)

bookshelf_02.gif ちなみに、現時点での来年分の積読は コチラ



関連記事

COMMENT

Re:梶尾真治「おもいでエマノン」読了しました!(12/29)
積読本、消化目標達成おめでとうございます。(パチパチ)最後になった本が面白かった様で良かったですね。これも積読の神様?のおかげではないかと思うのです。これからもまっとうな積読道でなくて読書道をお互いすすみましょう(笑)なんか修行みたいになってしまった・・・
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2008/12/29(月) 21:08 [Edit
おめでとー☆
ただ、ただ尊敬です。本当に本が好きなんですね〜って思います。積ん読本制覇おめでとうございます。で、来年のもちょっと覗かせてもらっちゃいましたよ。面白そうなのが積んでありますね☆
by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2008/12/29(月) 21:48 [Edit
おめでとうございます!
凄いですね〜。ホント、凄い☆

さすがはnanaco☆さん、とうとう今年の積読本を読破したんですね〜。

しかも、その感想を全てアップしているんですから、もう神業としか言いようがありません。

お疲れ様でした、、、、、ってもう来年の積読本が34冊もあるんですね〜。

これからも楽しみにしています。

nanaco☆さんのレビューを読むと、私も何百冊かの本を制覇した気分になるんですよ♪



今年もありがとうございました。

nanaco☆さんのおかげで今年もブログを続けることができました。

拙い日記ですが、これからも読みにきてやってくださいね。

来年も宜しくお願いいたします。

素晴らしい新年をお迎えくださいませ。^^
by picchuko #79D/WHSg
2008/12/29(月) 21:58 [Edit
日向 永遠さんへ
積読本消化達成、嬉しいです〜!!

途中で他に読みたい本が色々出てきたせいか、予想以上にギリギリになってしまいました^^;

今回最後に読んだ本がもし「屍鬼」だったら…2008年最後の悪夢を観たかもしれません(笑)



あはは(^m^ )積読道!

来年もお互い、素敵な本に出合えると良いですね〜♪

来年からは「目標○○冊」ではなくって、面白い本をじっくり時間をかけて読んでいきたいです。

恩田作品でも再読したいものが沢山あるんですよね(*^^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/12/30(火) 05:51 [Edit
浪漫的狼さんへ
ありがとうございま〜す♪

今年は沢山の良い本に出合えました!!

先ほど2008年ベスト本を決めたのですが、、、今年はあまりにも5つ星が多くて…^^;

散々悩んだ末、どうにか決定しました。。。(疲れたぁ。笑)



来年分の積読も、面白そうな本をたっぷり買い込んできました〜♪(^^ゞ

どれも同じくらい読みたい作品なので、

いつも通勤に持っていく本を選ぶ時はものすごい時間がかかります…(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/12/30(火) 05:56 [Edit
picchukoさんへ
わ〜い♪picchukoさん、ありがとです!!(^^ゞ

毎日皆さんが丁寧にコメントを残してくださるから、ここまでやってこれました☆

来年はちょっとペースを落として、昔読んだ本なんかも再読していきたいと思います^^

今年は消化計画に追われてバタバタしていたので、これからは読書そのものを楽しみたいな、と♪

読みたい本を今からたっぷり買い溜めしてあるので、当分は楽しめそうな気がします〜* ̄O ̄)ノ



picchukoさんは、もう出発されたのかしら??

今から、picchukoさんのお土産話楽しみにしています♪

来年も、こんなnanacoですが宜しくお願いします!

良いお年をお迎えくださいねっ\(^_^ )( ^_^)/☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/12/30(火) 06:02 [Edit
Re:梶尾真治「おもいでエマノン」読了しました!(12/29)
積読本の消化、おめでとうございます〜!

うちにある積読本を眺めると、それがいかに難しいことか本当にわかります・・・

この本も家のどこかで見たような気がしますし(笑)



短編集なら、読みやすそうなので、読んでみたいと思います!(まずは探すところからですが^^;)
by かをる。 #79D/WHSg
2008/12/31(水) 05:53 [Edit
かをる。さんへ
わ〜い♪かをる。さん、ありがとうございます!!(〃▽〃)

なんとか今年中には消化計画を達成することができました。

途中で積読本以外にも沢山寄り道をしてしまったので、かなりギリギリでしたが…(笑)

来年は冊数に拘らず、読みたい本を読みたい時にじっくりと楽しみたいと思っていま〜す♪

かをる。さんにも、沢山面白い本を紹介していただいたので、来年中には挑戦したいです!!^^



この「おもいでエマノン」すごく不思議なお話で、面白かったです☆

これ、続編も出ているみたいですね…??

かをる。さんもこれまた段ボールの中にあるのでしょうか?!(笑)

ホント、かをる。さんのお家、一度お邪魔したいわ〜♪

nanaco好みの本もたっぷりありそうだし、いつでも貸してもらえるのに…(* ̄m ̄)

ここは是非ともエマノンを見つけ出して、読んでみてくださ〜い!感想楽しみにしていますね☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/12/31(水) 18:30 [Edit
Re:梶尾真治「おもいでエマノン」読了しました!(12/29)
おもいでエマノン、面白く切なかったですね。悠久の時を生きるエマノンと、彼女にかかわる人(特に夫となり父となる人)との刹那的な出会いがとても哀しく心に残りました。



私は、漫画から入ったのですよね。もちろん、表紙を描かれた鶴田謙二さんの漫画です。この方の描くエマノンは本当にミステリアスな雰囲気があって、人物像にぴったりですね。こちらも機会があればご覧になってくださいませ。



私も続きが気になっているのですが、現時点で何冊、どういう順番で出ているのかよく分からず、まだ手を出していません。(笑)

by てんてん(^^)/ #79D/WHSg
2009/01/01(木) 23:17 [Edit
てんてん(^^)/さんへ
てんてんさんもこの作品読まれたんですね♪^^

エマノンと彼女に関わる人達の心情を考えると本当に切なくて…すごく面白かったです。

ここまでSFチックな作品だとは思っていませんでした^^;

個人的には、「とまどいマクトゥーヴ」が一番好きだったかな☆ツチノコが出てくるやつ(笑)

神月少年があまりにも悲しかったです。。。



こういう作品を書かれる作家さんなら、是非他の梶尾作品も読んでみたいです♪

nanacoも続編がいまいちどういう順番で出ているのか分かりません!!(笑)

マンガも面白そうですね。機会があったら是非読んでみようと思います(*^o^*)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/01/02(金) 07:28 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1299位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
35位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。