FC2ブログ
Welcome to my blog

サン・テグジュペリ「人間の土地」読了しました☆

ななこ




【人間の土地】サン・テグジュペリrating_48.gif

"我慢しろ……ぼくらが駆けつけてやる!……ぼくらのほうから駆けつけてやる!ぼくらこそは救援隊だ!"サハラ砂漠の真っ只中に不時着遭難し、渇きと疲労に打克って、三日後奇蹟的な生還を遂げたサン・テグジュペリの勇気の根源とは……。職業飛行家としての劇的な体験をふまえながら、人間本然の姿を星々や地球のあいだに探し、現代人に生活と行動の指針を与える世紀の名著。

積読本消化計画36冊目。残り2冊。

この歳になって初めて読んだ「星の王子さま」がとっても素敵な作品だったので、
サン・テグジュペリの著作の中でも人気の高い「人間の土地」を読んでみることにしましたballoon_34.gif

郵便飛行のパイロットとして活躍したサン・テグジュペリ。
きっと、当時は空から地上を見下ろす事ができる人間なんて、ほんの一握りだったのねballoon_59.gif

それはとっても幸運な事に思えるけれど、、、
現代と違って、高性能の飛行機なんかじゃない。しかもまだ未開の土地も多い。
常に死と隣り合わせの危険な任務を、彼の視点からエッセイ形式に書き綴っています。

どちらかというと、エッセイというよりも哲学書のような雰囲気です。
一字一句がズシンと心に重く響いてくるんですよね。うん、、、すごく重い。

訳も固めで抽象的な表現が多いので、いつものようにサクサクとは読めませんが、
その分じっくり咀嚼しながら読んでいくと、この本の奥深さが分かりますね〜balloon_91.gif
それでもやっぱり、、、nanacoは新訳を希望します(笑)

10年後、20年後に読むとまたこの本の捉え方が変わりそうな気がしますballoon_71.gif

にほんブログ村 本ブログへ 本ブログ登録しています♪ 



関連記事
Posted byななこ

Comments 22

There are no comments yet.
てんてん(^^)/  
Re:サン・テグジュペリ「人間の土地」読了しました☆(12/22)

私は子どもの頃に星の王子様を読んだっきりですが、味わい深い文章を書かれる方ですよね。とは言え、ほとんど内容を覚えてなくて、ほんのり読んだその時の気持ちを覚えてるって感じなんですけど。



この本も、地味だけど良さそうですよね。

2008/12/22 (Mon) 21:35 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:サン・テグジュペリ「人間の土地」読了しました☆(12/22)

良さそうですね。

何年か前この人の飛行機が何処だったか海底で発見され、話題になっていましたね。

2008/12/22 (Mon) 23:17 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
Re:サン・テグジュペリ「人間の土地」読了しました☆(12/22)

「星の王子さま」とはまた別の雰囲気を持つ本のようですね。

でも、「星の王子さま」もどこか哲学的なところを秘めていますので、彼の伝えたかったことはどちらも共通してるのかもしれませんね。

私も「星の王子さま」を読んで、彼の他の作品も読んでみたいなぁ〜って思ってたんです。

nanaco☆さん、ありがとね〜♪^^

2008/12/23 (Tue) 09:08 | EDIT | REPLY |   
浪漫的狼  
凄い

積読本も、もう全部消化できそうですね〜。恐れ入りました。

私も「星の王子様」しか読んだことがないので、興味は湧きますが、なかなか読む機会が為さそうです。新訳されたら読もうかな。



『ある塔の記憶』全文アップしましたよ。まだちょっと手直しできてませんが、よければ読んでね。

2008/12/23 (Tue) 10:45 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
Re:サン・テグジュペリ「人間の土地」読了しました☆(12/22)

和訳が合わなかったのか読みづらかった記憶があります。

でもとても心にズドンとくる言葉があったりして。

「星の王子さま」の次くらいに「人間の土地」が有名なんじゃないかなあ(*^_^*)



サン・テグジュペリは哲学的な感じがする本ですね☆





2008/12/23 (Tue) 10:51 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:サン・テグジュペリ「人間の土地」読了しました☆(12/22)

伊坂幸太郎さん(だったかな)の小説で「人間の土地」の文章が引用されていて、

いつか読んでみたいな…と思ってました。

まだ読めていません^^;

新訳で、読みやすいものが出版されたときがいいかな…。

光文社の古典新訳シリーズあたりから出てくれると嬉しいです(*^_^*)

2008/12/23 (Tue) 15:40 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:サン・テグジュペリ「人間の土地」読了しました☆(12/22)

こんにちは〜♪



『人間の土地』は、

名前だけ聞いたことがありま〜す。

哲学書のような雰囲気だと、

何だかハードルが高そうですね〜(>_<)

でも、新訳が出たら、是非読んでみたいかも(^^♪

その前に『星の王子さま』読まなくちゃ^^;

2008/12/23 (Tue) 16:30 | EDIT | REPLY |   
エンブレムT  
Re:サン・テグジュペリ「人間の土地」読了しました☆(12/22)

彼の本は1つ1つの言葉が短くても吟味されてる印象を受けますね^ ^

重くても、深くて透明感があるところが好きです。

・・・私もこの本は新訳希望だけど(笑)

2008/12/23 (Tue) 17:08 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
てんてん(^^)/さんへ

てんてんさんは子供の頃に「星の王子さま」読まれたんですか〜♪

それは本当に羨ましいです!!^^

nanacoが読んだのは、つい先日…。これは子供の頃に読みたかったな、と思ったんです。



今回読んだ「人間の土地」も「星の王子さま」同様、抽象的な表現が多かったです。

訳がちょっと固めでしたが、一言一言が胸にズシリとくるんですよね。。。

また機会があったら再読してみようと思います(=^^=)

2008/12/23 (Tue) 19:47 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

そうだったみたいですねぇ^^

nanacoは恥ずかしながら当時のそのニュースは覚えていないのですが、

先日「星の王子さま」を読んだ時に、お友達から教えてもらいました♪



郵便飛行って、当時の技術から考えると本当に危険な任務だったんですねぇ。

作者自身も実際に死にかけた事も1度や2度ではなかったみたいで…(T_T)

また何年後かに読み返してみたい作品です☆

2008/12/23 (Tue) 19:51 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

「星の王子さま」は本当に素敵な作品でしたよねぇ〜♪

今回はちょっと固めの訳が読みづらかったですが、

それでも自分の人生観をちょっと変えてしまうほどの力がある作品だと思います(^m^ )



「夢をかなえるゾウ」みたいに簡単に実践できるような感じではないんですが、

サン・テグジュペリの考え方とか、生き方とか、すごく尊敬しちゃいますね。

(尊敬という言葉はちょっと薄っぺらい気がしますが、、、笑)

また彼の違う作品も読んでみたいです♪

2008/12/23 (Tue) 19:56 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

今日も、ビール片手に一日中読書に耽っておりました♪(最も幸せな時間です。笑)

この本、「星の王子さま」とは大分雰囲気が違いますけど、、、

エッセイ形式だからでしょうか、サン・テグジュペリ自身の姿を垣間見れたような気がします^^

でもやっぱり訳は固いですねぇ。そこが翻訳本にのめり込めない所以です(笑)



「ある塔の記憶」フリーページにUPされましたか〜♪

短い間ですが、本当に毎日楽しませていただきました!!(*^o^*)

寝る前にお伺いさせていただきますね☆

2008/12/23 (Tue) 20:02 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

おぉ!!Cedieさんも「人間の土地」読まれましたか〜♪

そう、、、なんていうか訳が固くて抽象的なんですよね。

抽象的なのはサン・テグジュペリ自身の書き方なのかもしれませんが^^;

でも、一言一言がズッシリと重くて。名言集に載りそうなものばかりでしたね(笑)



「星の王子さま」は色々な方の訳で出ていますよね♪

「人間の土地」も、是非新訳で読んでみたいです〜(^m^ )出ないのかしら??

あぁ、こういう時原書のまま読めたら…と思うんですけどねぇ(泣)

2008/12/23 (Tue) 20:07 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

わぁ!!そうだったんですか(〃▽〃)

好きな作家さんの作品の中に、引用されているものがあると読んでみたくなりますよね♪

この「人間の土地」、先日読んだ「星の王子さま」に比べるとすごく訳が固いです…。

それはそれで重厚な雰囲気があるのですけどね(^^ゞ

新訳が出たら、nanacoも是非そちらを読んでみたいです。



光文社の古典新訳シリーズといえば、明日あたりから「飛ぶ教室」読み始めようと思いま〜す♪

無事「屍鬼」も読破したので、クリスマスまでに間に合いそうです…(笑)

2008/12/23 (Tue) 20:13 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

「星の王子さま」がとっても良かったので、

サン・テグジュペリの他の作品を探していて「人間の土地」を見つけたんです♪

これ、すごく人気のある作品なんですねぇ。

どこのサイトにいっても絶賛されていたので期待して読み始めたのですが、、、

nanacoにはちょっぴりハードルが高かったかもしれません^^;

でも、ズッシリと心に響く言葉がたくさんあるんですよねぇ。

また何年後かに読むと、違った読み方ができるような気がします〜♪



「星の王子さま」は読みやすいですし、本当に素敵な作品なので、

miwaさんもちょっと心が疲れた時に、是非読んでみてくださいね(o^―^o)

2008/12/23 (Tue) 20:19 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
エンブレムTさんへ

この本は、とてもエッセイとは思えないですよね!(笑)

エッセイというと、とにかく自分の好きなように書き綴っているというイメージがあるんですが。

本当に一言一言、よく言葉を選んでいる印象がありますよねぇ(*^o^*)

もうちょいサクッと読めるかなぁ、、、と思ったんですが、

あまりに訳が固くて思いの外苦戦してしまいました!(笑)



これは人気のある作品みたいですし、是非読みやすい新訳で出してほしいですねぇ。。。

できれば子供も読めそうな訳希望です^^;

2008/12/23 (Tue) 20:24 | EDIT | REPLY |   
さくら  
知らなかった

こんにちは。

サン・テグジュペリって、「星の王子さま」以外にも本書いているんですね。

「星の王子さま」も紙芝居で見ただけ。

箱根にある星の王子さまミュージアムは行きましたけど^^

新訳が出たら読んでみたいですねぇ〜

2008/12/24 (Wed) 09:38 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
さくらさんへ

サン・テグジュペリ、nanacoは「星の王子さま」でさえもつい最近読んだのです…^^;

このタイトルを聞くと、真っ先にカレーを思い浮かべてしまう(笑)

ありませんでしたっけ?お子様用の甘いカレーライスに(^m^ )



この方は意外と色々な本を書かれているみたいですね。

彼自身がパイロットだったこともあり、その視点から書かれているものが多いようです☆

それにしても、、、星の王子さまミュージアムなんていうのがあるんですね〜^^

2008/12/24 (Wed) 21:19 | EDIT | REPLY |   
t.otone  
心に残る作家さんの一人ですv

この作品の最後の方に、「虐殺されたモーツァルト」という印象的な文章があるそうで…。革命間もないモスクワから、パリ=ソワール紙に寄稿したルポが原型だそうです。母国へ帰るポーランドの鉱夫でいっぱいの、夜汽車の三等座席に、車輪の音が居眠りの伴奏となって、可愛い子供が両親の間で眠る。その子供が子供の頃のモーツァルトと重なったようで、むさくるしい(!/笑;)両親からこんなに美しい子供が生まれる奇跡が起こっても、それを育てる「人間のための庭師」はいないから、やがてこの子も凡人となり果てるだろう…と。それを読んだサンテグジュペリは「モーツァルトが虐殺される」と表現したのだとか。



モーツァルトつながりということで(笑)サン・テグジュペリは彼を好きだった作家さんとして、今でも心に残ってる人ですv

彼曰く、『モーツァルトの魂の一部がみんなの中に生きている』

(他にもあったのですが、忘れてしまいました…)

しかも、同じ☆好き(キラキラ星ね)ですから(笑)、余計に気になりました。



この人自身は、大戦中(44歳)に行方不明になって、後にドイツ軍パイロットのホルスト・リッパートに撃墜されていたらしいんですが、…やりきれないです。リッパート自身は、「もし(その飛行機の操縦士が)サンテグジュペリだと知っていたら絶対に撃たなかった。サンテグジュペリは好きな作家の一人だった」と語っているそうですが、戦争よりも、口喧嘩にしとけと思います。

ただ不思議なのが、なぜ行方不明になったのか…? 戦争が嫌で、逃げ出したのかな…と、ついそこに思いがいく…。悪いことだとは思わないし、「星の王子さま」書く人だから、戦争なんて絶対嫌だろうな〜と、私なんかは共感します。

単に、敵機から逃れていただけなら、訂正しますが(汗)

こんな悲劇が起こらないように、良い未来を創っていきたいですね。(既知の情報でしたら、すみませ〜んっ)

2008/12/26 (Fri) 10:27 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
t.otoneさんへ

おぉ!さすがモーツァルト好きのotoneさん♪^^

ありましたねぇ、最後の最後に「虐殺されたモーツァルト」というフレーズ。

このサン・テグジュペリが生きていた時代っていうのはものすごい過酷だったんだな、、、

と、読んでいてちょっと苦しくなりました(T_T)

パイロットならではの視点で世界を見ているのが、とても印象的でした。

死と隣り合わせの毎日…一体どんな気持ちで郵便飛行を続けていたのでしょうね??

「星の王子さま」をはじめ、素晴しい作品を後世にまで残してくれて、感謝ですよね(*^^*)



ドイツ軍パイロットの撃墜の話、初めて聞きました!

そ、それはとんでもなく切ないですねぇ…(T_T)

撃った相手が自分の好きな作家だったなんて、ホントやりきれないですね。

サン・テグジュペリ自身、おそらく戦争は好まなかったはずですよね。。。

彼の作品を読むと、そんな事が伝わってきますものねぇ。

行方不明になったのは、そういう事も関係あるのかな?なんて色々推測しちゃいます^^;

2008/12/26 (Fri) 22:18 | EDIT | REPLY |   
かをる。  
Re:サン・テグジュペリ「人間の土地」読了しました☆(12/22)

面白そうですね^^

この方の本は「星の王子様」を読んだきりですが、あれも哲学の香りがしましたもんねー。

解釈がたくさんあって難しいけれど読みたくなるというのは、きっと良書の証なのですね^^

2008/12/31 (Wed) 05:49 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
かをる。さんへ

そうなんです^^

この本、サン・テグジュペリのエッセイ本に入るかと思うんですが、

実際読んでみるとかな〜り哲学的な香りがしました。。。

でも、すごく面白かったです♪というか、すごく勉強になった、というほうが正しいでしょうか?

なんだか評価をつけるのもはばかられる程、重みのある作品でしたねぇ。



何年何十年経っても沢山の人々に愛され続けている作品なのですから、

きっと一度読んだだけではこの本の良さは分からないのかもしれないですねぇ(^^ゞ

また、数年後にnanacoも再読してみたいと思います♪

かをる。さんも、機会があったら是非読んでみてくださいね!

2008/12/31 (Wed) 18:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply