FC2ブログ
Welcome to my blog

「闇の展覧会 霧」アンソロジー(カービー・マッコリー編)

ななこ


闇の展覧会 霧
著者:アンソロジー(カービー・マッコリー編)
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
人は理性の許容範囲を越えた出来事に直面したとき、どのように行動するのか?突如、身の毛もよだつ奇怪な生き物が跳梁をはじめたメイン州のある田舎町。住み慣れた町が異形の世界へと変化したとき人々は…本アンソロジー最大のボリュームで描くスティーヴン・キングをはじめ、デニス・エチスン、リサ・タトルらの名匠が築き上げる、おぞましくも魅惑的な異形のモニュメント。恐怖に痺れること必至の五篇の物語を収録。



スティーヴン・キングの「霧」が読みたくて購入しました!
先週から「ミスト」というタイトルで映画公開されているみたいですね。

キングの作品を読むのは久しぶりだったんですが、、、いやぁ~怖くて面白いですね。
中編で終わらせるのが勿体ないぐらいでしたきもち

嵐の後、突如街を覆い始めた深い、深い霧。
たまたまスーパーマーケットに買い物に来ていた主人公と幼い息子は、外の異常さに気付く。
むせかえるような濃い霧の中を、想像を絶するような異様な生き物が跋扈している。

得体の知れない生き物が店の外に待ち構えている恐怖。
太陽の光をも覆いつくしてしまうほどの、深い霧。

こう、じわじわ~っと恐怖が来るんですよねぇ。
相手の正体が見えないっていうのは、こんなにも人間を追い詰めるものなのねかお

そんな八方塞がりの状況下で、追い詰められた人々が取った行動とは。。。

ライン


本作はキングの作品の他にも、4つの短編が収録されています。

「遅番」デニス・エチスン
「石の育つ場所」リサ・タトル
「昼、梟の鳴くところ」マンリイ・W・ウェルマン
「三六年の最高水位点」デイヴィス・グラッブ



「石の育つ場所」は、どこかで読んだような話だなぁと思っていたんですが、
恩田陸さんの「いのちのパレード」の中の「観光旅行」に似てる!!

"石が動くのを見た者はかならず死ぬ" …こ、怖い。



≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 14

There are no comments yet.
コメキ  
Re:「闇の展覧会 霧」読了です〜♪(05/18)

洋画が見れない分、

洋画原作が気になって、これも。

短編集なんですね。

今度、本屋さんに行った時、

チェックしたいと思います。

2008/05/18 (Sun) 23:15 | EDIT | REPLY |   
浪漫的狼  
恥ずかしながら。

キングの作品は原作で殆どよんだことがありません。映画が主なんです。原作もいいんですか?

2008/05/19 (Mon) 06:34 | EDIT | REPLY |   
エンブレムT  
Re:「闇の展覧会 霧」読了です〜♪(05/18)

キング原作×ダラボン監督って、レベル高い映画に仕上がってるんだろうなぁ。。。

・・・観に行けないけどさ・・・怖くて^ ^;



ところで、休日は滝川に行ってたんだね〜♪

見渡す限り菜の花の黄色が続く景色って、なんだか迫力あるねぇ!

さすがビタミンカラー♪写真見てるだけで元気もらえます^ ^

キレイだなぁって思うけど・・・そんなにくさいの?

2008/05/19 (Mon) 10:30 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:「闇の展覧会 霧」読了です〜♪(05/18)

こんばんは〜♪



わぁ〜、何だかとっても怖そう(>_<)

でも、気になる。。。(笑)

スティーヴン・キングの作品は

一度読んでみたいと思いながら、

半端じゃない怖さがあるようで、

なかなか手が出ませんでした^^;

夏に読めば、少しは涼しく感じるかしら?(笑)



本屋さんで、一度チェックしてみま〜す^^v

2008/05/19 (Mon) 18:16 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
Re:「闇の展覧会 霧」読了です〜♪(05/18)

「人は理性の許容範囲を越えた出来事に直面したとき、どのように行動するのか?」…このテーマは非常に面白そうですね。興味があります。

私は人一倍、理性の許容範囲が狭いので、気が狂うのも早いと思いますけど、(笑)

この主人公を取り巻く背景は、背筋が凍りそうな恐さですねぇ。これ映画化されてるのですか、、。

ちょっと映画で観るのは恐い気がするなぁ。

nanaco☆さん、これ読んだ後、ひとりでトイレに行けました? (^^)

2008/05/19 (Mon) 18:55 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
コメキさんへ

とても面白かったですよ〜♪

この本の3分の2はキングの「霧」なので、けっこうボリュームあります。

このじわじわと追い詰められる恐怖…。やっぱりキングはすごいです(*^o^*)



他の作品もなんだか奇妙なお話ばかりでとても印象に残っています。

唯一、一番最初に収められている「遅番」は自分的にはピンときませんでしたが。。。

コメキさんも是非本屋さんでチェックしてみてください♪

今は映画バージョンの装丁に変わっているかもしれません。

タイトルも「ミスト」になっているかも。。。

2008/05/19 (Mon) 20:34 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

キングの作品はやっぱり原作が怖くて面白いです。

といっても結構当たり外れがありますけどね。。。

映画はどうもB級感があってnanaco的には苦手なんですよね〜^^;

唯一「シャイニング」とジョニー・デップ主演の「シークレット・ウィンドウ」は原作、映画ともに面白かったです。

原作で読まれるなら「シャイニング」「ランゴリアーズ」がオススメですよ♪

中学生の頃にキングの本を読んで、本気で夜トイレに行けなくなった記憶があります(笑)

2008/05/19 (Mon) 20:39 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
エンブレムTさんへ

キング原作の映画はけっこうB級感が否めないですよね〜(笑)怪物モノは特に…(XoX)

今回の映画はホラー覚悟で観たほうがいい気がしますねぇ^^

もしかしてエンブレムTさんの旦那サマもこういうの観たがるかしら…??



滝川の菜の花、実は初めて見に行ったんですよね〜♪

札幌からこんなに近いところにあるのに、今まで行かなかったのが勿体無いです!!d(>_< )

いやぁ…私は甘くていい香りだと思ったんですけどねぇ。。。

うちのダーリンが臭い臭いうるさくて!(笑)

2008/05/19 (Mon) 20:45 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:「闇の展覧会 霧」読了です〜♪(05/18)

映画「ミスト」を観に行きたかったのに近くの映画館では上映してくれなくて無念です(泣)

せめて原作を堪能しようかな…なんて思っちゃいます。

恩田陸さんの「観光旅行」に似ているという『石の育つ場所』にも興味が湧いてます!

設定は似てるけど結末は違う…とか??

読んでみたいです〜!

2008/05/19 (Mon) 20:48 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

キングの作品は半端じゃない怖さ、ありますねぇ〜(笑)

特に「シャイニング」なんかは中学生の時に初めて読んだんですが、

しばらくは1人でトイレもお風呂もかなり苦労した記憶があります!(爆)

今回の「ミスト」は「シャイニング」ほどではないですけど、

"映像化したら怖そう…"とは感じましたよ^^;

でも映画の監督がホラー系じゃないので、また原作とは違った作品に仕上がるのかな〜??

DVD化されたら観てみることにします♪



miwaさんも、寝苦しい夏の夜に是非読んでみてくださいネd(>_< )

「闇の展覧会」というタイトルもいかにも涼しげでしょ??(笑)

2008/05/19 (Mon) 20:53 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

ふふっ♪picchukoさんは人一倍理性の許容範囲が広そうですよ!(笑)

この本は本当に印象的な作品ばかりです。

背筋が寒くなるような怖いお話、夢の世界に出てきそうな不思議なお話など…。

あっ!この作品は1人でトイレに行けないほどではなかったですよ(* ̄m ̄)

ただ、読んでいる途中にちょっと後ろを振りむいちゃいましたけど!(笑)



海外の翻訳本の中にはまだまだ沢山の宝物が埋まってるんだなぁ〜と思うと焦ります…。

自分の限りある人生を終えるまでにどれほどの名作に出合えるのか。。。^^

これからもどんどん発掘していきます〜♪

2008/05/19 (Mon) 22:04 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

映画のミストも面白そうですよね〜♪

私もすぐにでも映画館で観たいですけど、お財布事情を考えてDVD化されてからにします(笑)

原作はこれぞキング!という作品でしたヨ(=^^=)

「霧」はキングファンの中でもかなり人気がある作品のようです。

私自信、「IT」や「ミザリー」等よりも好みでした♪

人間の理解を超えた存在というのが、得体が知れなくて空恐ろしさを感じてしまいます。



そうそう!「石の育つ場所」は真っ先に「観光旅行」を思い出しました♪

どことなく物語に漂う雰囲気が似ているんですよねぇ。

きっと柊さんも気に入るハズです!是非読んでみてくださいね〜(*^_^*)

2008/05/19 (Mon) 22:19 | EDIT | REPLY |   
☆オレンジピール☆  
書き込みありがとうございます♪

原作読みましたね。

映画より、ミストの正体は本のほうがより怖いかもしれないと思います。(想像する怖さ)



映像(正体)も、かなりリアルでしたよ(^-^*)

2008/05/26 (Mon) 21:18 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆オレンジピール☆さんへ

コメントありがとうございます〜☆

映像の怖さもあるけれど、想像の世界だけの怖さもありますよねぇ^^;

スティーヴン・キングのホラー映画は何かと失敗することが多い気がしますが…(笑)

この「ミスト」は興味あるので必ず観てみようと思います〜♪

2008/05/26 (Mon) 21:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply