FC2ブログ
Welcome to my blog

「夜市」恒川光太郎

ななこ


夜市
著者:恒川光太郎
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
妖怪たちが様々な品物を売る不思議な市場「夜市」。ここでは望むものが何でも手に入る。小学生の時に夜市に迷い込んだ裕司は、自分の弟と引き換えに「野球の才能」を買った。野球部のヒーローとして成長した裕司だったが、弟を売ったことに罪悪感を抱き続けてきた。そして今夜、弟を買い戻すため、裕司は再び夜市を訪れた―。奇跡的な美しさに満ちた感動のエンディング!魂を揺さぶる、日本ホラー小説大賞受賞作。



文庫化されたので、久しぶりに再読。

う~ん、やっぱりこの本イイ!ホラーという括りですが、全然怖くはありません。
むしろファンタジーと言われたほうがしっくりくるかもしれませんね~かお

この作品には「夜市」と「風の古道」、二つの物語が収められています。

ライン

ぼたん 「夜市」

望むものは何でも手に入るという、不思議で妖しい魅力のある"夜市"。
遠い昔に開かれた夜市で、野球の才能と引き換えに小さな弟を売ってしまった兄。
深い喪失感と同時に罪悪感に苛まれ続けてきた兄は、弟を買い戻そうと再び夜市を訪れる。

ぼたん 「風の古道」

個人的には表題作よりも好みだったりします。
ある日突然迷いこんでしまった不思議な道。それは、大昔から存在する神々が通る道だった。
その道は、本来なら通常の人間は通ってはいけないはずだったが。。。

ライン


どちらの作品も、時空と時空の裂け目に迷いこんでしまったかのような物語。
こういう幻想的でどこか物悲しい"あわい"の描写って、日本文学ならではですよね。

「夜市」は、「千と千尋の神隠し」を彷彿とさせるような妖しい美しさがありますきもち
薄暗い提灯の灯りの下で、鬼や妖怪達がお店を開いている様子が目に浮かんでくるの。
「夜市」も「風の古道」もジブリで映画化したら、きっと面白いだろうなぁ。

それにしても、恒川さんって絶対ホラー作家じゃないと思うのだけれど…。



≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 22

There are no comments yet.
88olive  
Re:恒川光太郎「夜市」再読しました♪(06/06)

私も大好きな作品です♪

私は、ファンタジーホラーと勝手にカテゴライズしちゃってますけど^m^

2008/06/06 (Fri) 22:43 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
Re:恒川光太郎「夜市」再読しました♪(06/06)

この方はまだ未読です(>_<)

前にペンタブでこの絵描いてらっしゃいませんでした??

本よりそのペンタブ画のほうが印象強いですw



ホラーなのにこわくないんですか??

なら夜でも読めるかも(*≧m≦*)



2008/06/06 (Fri) 22:58 | EDIT | REPLY |   
浪漫的狼  
表紙が。

これ、表紙が凄くステキですね。表紙だけでも観る価値有りかも。是非読んでみたいです。

2008/06/06 (Fri) 23:36 | EDIT | REPLY |   
エンブレムT  
Re:恒川光太郎「夜市」再読しました♪(06/06)

ふっ、と、繰り返し読みたくなる本って確かにありますよね。

この本に収録された話は、日本独特の情緒がありそうですね^ ^

文庫化されたのなら、ちょっとチェックしてみます!

2008/06/07 (Sat) 00:12 | EDIT | REPLY |   
茨木 月季  
Re:恒川光太郎「夜市」再読しました♪(06/06)

こんばんは〜♪



「夜市」好きです〜♪。一度しか読んでいないのに印象深いです。この本を読んだ時、波津彬子先生の「雨柳堂夢咄」を思い出してしまいました。波津先生も人あらざる者の市を描かれているんです〜。

2008/06/07 (Sat) 01:44 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
Re:恒川光太郎「夜市」再読しました♪(06/06)

不思議なお話ですねぇ〜。

私もホラーというよりファンタジーっていう印象を受けました。^^

登場人物の心情の移り変わりを、なんか上手く表現してそうな小説だなぁ〜。

ホント、nanaco☆さんの仰ると通り、世の中、面白い本がどんどん出てきて、読むのが追いつかないですよね〜。それでもnanaco☆さんの読書量はすごい!!(驚)

2008/06/07 (Sat) 04:37 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
88oliveさんへ

おぉ、ファンタジーホラーですか♪それならしっくりくるかも〜(*^o^*)

本当に面白い作品ですよね。

でも、きっと"ホラー小説大賞"ってだけで敬遠してしまう人もいるだろうに…

角川ホラー文庫で出しちゃうのは、先入観を植えつけそうで勿体無いですよね^^;



この間思ったんですけど、恒川さんの作品っていつも秋に出てません??

やっぱり雰囲気が秋っぽいからかしら。。。

2008/06/07 (Sat) 07:53 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

わ〜覚えていてくださったんですか♪嬉しいです!(≧∇≦)ノ

そうなんです、まだまだペンタブ画に慣れていなかった頃、

この「夜市」の表紙を参考にして描いたんです〜^^



"ホラー小説大賞"とはいえ、全然怖くありません。

むしろ怖い描写を探すほうが難しいぐらい(笑)

雰囲気的には夏の夜にぴったりなので、

Cedieさんも機会があったら是非手にとってみてくださいね♪

面白さは絶対に保証しますよ!!(o^∇^o)

2008/06/07 (Sat) 07:57 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

そうなんですよねぇ。表紙に惹かれますよね♪

恒川さんの作品は現在三作出ていますが、装丁がどれも凝っているんですよね〜。

この文庫版「夜市」もハードカバーの装丁をそのまま踏襲しているので安心しました^^



金魚って自分の中ではちょっと妖しいイメージが強いです。

きっと小さい頃のお祭りの記憶と結びついてるんでしょうね〜♪

2008/06/07 (Sat) 08:04 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
エンブレムTさんへ

ありますねぇ、くり返し読みたくなる作品^^

ハードカバーで読んだにも関わらず文庫も買うってのは、自分の中で相当好きな作品です〜♪

文庫にするとかなり薄い本になってましたので、すぐ読めちゃうと思います(*^o^*)

エンブレムTさんも是非是非読んでみてくださいねっ☆



今日は雨だけど、張り切ってグインの新刊買いにいきます!!

一気読み確実だわ…(笑)

2008/06/07 (Sat) 08:07 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
茨木 月季さんへ

「雨柳堂夢咄」興味あります〜♪なんだか名前も独特の響きがあって素敵ですね(*^o^*)

波津彬子さんの作品はまだ表紙の絵しか拝見したことがないけれど、

美しくて不思議な絵を描く方だなぁ…と思っていました。



恒川さんの作品では今のところ、やっぱり「夜市」がダントツです。

「雷の季節…」「秋の牢獄」も良かったけれど、

幻想的な美しさがちょっぴり薄れているような気がしました^^;

でもこの独特な世界観は恒川さんならでは、ですよね♪

2008/06/07 (Sat) 08:18 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

そうなんです(*^_^*)

ところどころホラーの描写がなくもないですが、まるっきりファンタジーですねぇ☆

…というか最近の本はジャンル分けするのが難しい気がします。

一概には「ファンタジー」「ホラー」「SF」と括れないものも多いですから^^;

恒川さんの作品は一言で言うと"情緒的な美しさ"が特徴です〜♪

是非この路線で描き続けて行って欲しい作家さんですね。



ホントホント、読みたい本が増え続けて困っています〜(笑)

今年は目標通り年間100冊達成できるかもです(* ̄m ̄)

2008/06/07 (Sat) 08:25 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:恒川光太郎「夜市」再読しました♪(06/06)

文庫、買ってきました。読みたいです。

恩田さんの蒲公英草紙を読み終わったところです。

感動しました。恒川光太郎さんは読んだことないのですが、この本も良い話みたいですね。ますます読むのが楽しみになりました。m(__)m

2008/06/07 (Sat) 09:43 | EDIT | REPLY |   
かをる。  
Re:恒川光太郎「夜市」再読しました♪(06/06)

この方の本は、”日本ホラー小説大賞”という部分にちょっと尻ごみして、未読です・・^^;

でも、nanaco☆さんの御感想を読むと怖い話ではないみたいなので、なんだか安心して読めそうです♪不思議でちょっと怖い話(あくまでもチョット)だったら、大好きな部類ですしw

2008/06/07 (Sat) 09:56 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:恒川光太郎「夜市」再読しました♪(06/06)

こんばんは〜♪



おぉ、nanaco☆さんは、この本、

もう読んでいらしたんですね〜♪

何を隠そう(何も隠してませんが・・・(笑))

私も文庫版を購入済みで〜す(*^ー^*)

裏のあらすじをチェックしてみたら、

それほど怖そうな感じがしなかったので。。。

やっぱり、この本は怖くないんですね〜!?

これで、夜でも安心して読めそうかも(笑)

う〜ん、読むのが楽しみ♪(*^O^*)

2008/06/07 (Sat) 17:55 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

蒲公英草紙のレビュー、拝見しました〜♪

本当に良い物語でしたよね^^嫌な事を忘れさせてくれるような心地良い作品でした。



日向永遠さんも「夜市」購入されたんですね!

恒川さんはサラッと書かれているけれど、これほどまでに映像的な作品って素晴らしいです。

今の時期読むにはピッタリの作品ですよ♪

日向永遠さんのレビュー、楽しみにしています(o^―^o)

2008/06/07 (Sat) 20:34 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
かをる。さんへ

確かに、日本ホラー小説大賞、というとちょっと引いちゃうかもしれませんね〜(笑)

でも、全然怖くないのでご安心を^^

私は何故この作品が"日本ファンタジー小説大賞"でないのか不満ですからw

でも、ファンタジーのジャンルで括るにはちょっぴり物悲しい雰囲気が強いかもしれません。



そうそう、今日本屋さんでかをる。さんオススメの「童話物語」買ってきました♪

読むのがとっても楽しみです〜(*^o^*)

2008/06/07 (Sat) 20:38 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

おぉ!miwaさんも「夜市」購入されてたんですね♪

恒川さんの作品はけっこう気に入っていて、

「夜市」「雷の季節の終わりに」「秋の牢獄」全てハードカバーで揃えてます(* ̄m ̄)

(って、まだ「夜市」しか文庫化されてないからなんですけど…笑)

このファンタジーともホラーとも一括りにできない、不思議な世界観が完全にツボです♪

なんだか怖いというより、懐かしさを感じるような作品かも。。。



この作品は夜、読書灯だけで読んでも怖くないですから安心してください!(笑)

miwaさんのレビュー、楽しみにしてますよ〜♪

2008/06/07 (Sat) 20:43 | EDIT | REPLY |   
ちゃと屋  
Re:恒川光太郎「夜市」再読しました♪(06/06)

文庫の新刊で見かけて、読みたいなぁと思ってた作品です(まだ買ってませんが、、)

日本のちょっと古そうな不思議なお話って感じで楽しみです。

2008/06/09 (Mon) 07:23 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
ちゃと屋さんへ

ちゃと屋さんもこの作品気になってましたか^^

それは是非是非!オススメの作品ですよ〜♪

恒川さんの書く独特の世界観がとても好きです。

決して古臭い文章ではないのに、どこか懐かしい感じがするんですよね。

ちゃと屋さんのレビュー、楽しみに待っていますよ(*^o^*)

2008/06/09 (Mon) 20:01 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:恒川光太郎「夜市」再読しました♪(06/06)

読みました。ほんとにいい話でした。切なく懐かしい話でした。詩情というか日本の原風景というかとても心に染みてくる話で好きになりました。読んで良かったな〜と思います。

2008/06/14 (Sat) 14:07 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向永遠さんも読まれたんですね♪

私もこの作品はこれから何度も何度も読み返すだろうなぁ…というぐらい好きです。

こういう世界観をサラリと書ける作家さんってすごいですよね。

恒川さんの作品はどれも素敵ですが、やっぱりデビュー作が一番です(=^^=)

これからがとても楽しみな作家さんの1人です。

2008/06/14 (Sat) 16:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply