FC2ブログ
Welcome to my blog

「悪童日記」アゴタ・クリストフ

ななこ


悪童日記
著者:アゴタ・クリストフ
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
戦争が激しさを増し、双子の「ぼくら」は、小さな町に住むおばあちゃんのもとへ疎開した。その日から、ぼくらの過酷な日々が始まった。人間の醜さや哀しさ、世の不条理―非情な現実を目にするたびに、ぼくらはそれを克明に日記にしるす。戦争が暗い影を落とすなか、ぼくらはしたたかに生き抜いていく。人間の真実をえぐる圧倒的筆力で読書界に感動の嵐を巻き起こした、ハンガリー生まれの女性亡命作家の衝撃の処女作。



とにかく、あらゆる意味で衝撃的な作品。これ以外に言葉が見つかりませんきもち

舞台は戦時下の中部ヨーロッパ。 (おそらくハンガリーが舞台) 
戦火を逃れて、<小さな町>に住むおばあちゃんの元へ疎開した双子の「ぼくら」。
双子の目から見た戦争の過酷さと人心の荒廃とを、日記形式に淡々と書き綴っていきます。

毎日生きるか、死ぬかの瀬戸際に立たされている人々。
突然の空襲、食料不足、人々のモラルの低下…。あまりにも生々しいですかお

時折ギョッとさせられるような描写がありますが、戦時下ではこれが現実だったんですよね…


天使のように美しい顔をした「ぼくら」は、過酷な状況下をしたたかに、狡猾に生き延びていく。
正直……「悪童」なんていう可愛いもんじゃありませんから!(笑)

2人は、「練習」と称してあらゆることを訓練するようになります。

罵詈雑言に耐えるために、2人で口汚く罵りあう練習をしたり、
身体的な暴力による痛みに耐えるために、お互いに殴りあう練習をしたり。。。

この作品の、あまりにも淡々とした語り口に最初は違和感を感じましたが…
この日記は「ぼくら」の作文の練習でしかないのですねぇ。それで納得しましたきもち

そして特筆すべきは、この作品には特定の固有名詞が出てこないという事ですね!
「ぼくら」の名前も、「おばあちゃん」の名前も、街の名前さえも…。
そして「ぼくら」の感情は一切描写されておらず、あくまでも客観的に、冷徹に綴られています。

上手くレビューを書けませんが、静かで圧倒的な存在感のある作品ですきもち

すご~く気になる終わり方をしていたので、これは続編も買わなくちゃダメじゃない…(笑)
どうやら三部作らしく、「ふたりの証拠」「第三の嘘」と続くようです。



≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 16

There are no comments yet.
柊♪  
Re:アゴタ・クリストフ「悪童日記」読みました☆(07/12)

『悪童日記』だけでも衝撃的でしたが、更に『ふたりの証拠』と続くと「ええええっ!?」となると思います、多分^^;

2008/07/12 (Sat) 21:50 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
Re:アゴタ・クリストフ「悪童日記」読みました☆(07/12)

またも私の興味をひく本の紹介をありがとうございます。

さすがnanaco☆さんですね。

こんな重い内容も、きちんとしっかり受け止めてるところが素晴らしいです。

やはり、nanaco☆ちゃんは私が見込んだだけあるわ!^^

今回は即効買いはしませんけど(笑)、次回、本を買うときの第一候補と致します。

かなり興味をひかれるわ〜。

でも、まずはジャガイモ飢饉から! もうすぐ届くかな〜♪

*ブログのデザイン、変えたのですね〜。

涼しそうでいいわ〜。^^

これ、nanaco☆さんが描いたの? とっても可愛い。^^/

2008/07/12 (Sat) 22:00 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

柊さんが仰っていたとおりでした^^

あまりに面白くて、あっという間に読み終えてしまいましたヨ♪

実は、続編の「ふたりの証拠」昨日買ってきました。

一体、どんな衝撃が待っているのか…

読むのが楽しみです(*^_^*)

2008/07/13 (Sun) 07:09 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

またまた興味を持っていただいてありがとうございます♪

内容的には、結構暗くて重い雰囲気ではあるんですが…

なんでだろう。不思議とユーモアのセンスまで感じられるのですよね。(でもブラックな^^;)



少年二人の日記形式になっているので、文章も単純で分かりやすいんです。

目で見た出来事を、そのまま書き綴っているような感じで。。。

自然の摂理に反するようなことも、あくまでも淡々と描かれているので、

もしかすると苦手な方もいらっしゃるかもしれません〜(⌒o⌒;A

でも、実際には戦時下の状況ってこんなものだったのかもしれません。

picchukoさんも、ジャガイモ飢饉の次は是非「悪童日記」を読んでみてくださいねっ♪(*^o^*)



そうそう!夏になったのでブログデザイン変えてみました〜♪

蓮の花って爽やかで大好きなんです^^

今回はフリー素材をお借りしたのですが、次は自分で描いてみようかな☆

2008/07/13 (Sun) 07:21 | EDIT | REPLY |   
アラモ♪  
Re:アゴタ・クリストフ「悪童日記」読みました☆(07/12)

今回もすごく面白そうです〜。

有名ですよね?聞いたことあるような気がします。



題名は聞いたことあるのに「悪童日記」は、今まで手に取ることさえありませんでしたが、nanaco☆さんの紹介を読むと今すぐ読みたくなります!



かなりnanaco☆さんの信者ですね♪

2008/07/13 (Sun) 09:17 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:アゴタ・クリストフ「悪童日記」読みました☆(07/12)

早いですね。もう読まれたんですね。(*^_^*)

感想を読んでますます読みたくなりました。



固有名詞が出てこないの戦争をすべての争いとして考えることができるようにかな?なんて思いました。



読みたいです。

2008/07/13 (Sun) 10:13 | EDIT | REPLY |   
かをる。  
Re:アゴタ・クリストフ「悪童日記」読みました☆(07/12)

高校の司書の先生に薦められて読んだ覚えがあります。当時は、ちょっと刺激が強すぎて三部作中『悪童日記』しか読んでないので、続きも読んでみようかな〜と思いました^^

2008/07/13 (Sun) 15:41 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:アゴタ・クリストフ「悪童日記」読みました☆(07/12)

こんばんは〜♪



『悪童日記』は、

名前だけ聞いたことがあったんですけど、

未読でした^^;



かなり重そうな内容だけど、

子供が書いた日記なら、

何だか読みやすそうな気がしますね!?

この本もチェックリストに入れておきますね(*^ー^*)

2008/07/13 (Sun) 17:42 | EDIT | REPLY |   
浪漫的狼  
わ〜。

とうとうお読みになったんですね。そうですね。私も、読んだときにそんな感覚になりましたよ。どうぞ、3作続けて読んで下さい。

2008/07/13 (Sun) 18:08 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
アラモ♪さんへ

この作品、有名みたいですねぇ。

私はつい最近までこの作家さんのことは知らなくて、

たまたま書店の名作フェアで惹かれて購入しちゃいました(*^-^)

この作品、ところどころギョッとするような描写もあるんですが…

この作品独特の雰囲気と静謐さがすごく好みです♪



アラモ♪さんには紹介した作品をたくさん読んでいただけるので、本当に嬉しいです〜(*^o^*)

こちらの「悪童日記」も機会があったら是非読んでみてくださいね。

色んな意味でショックを受けるかもしれません。。。

2008/07/13 (Sun) 21:31 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

なんとなく、ちょっと読みにくいのかな〜??なんて、ちょっと躊躇していたんですが、

一旦読み始めると、あまりに面白くて一気読みしてしまいました(=^^=)

"面白い"というとなんだかピンときませんが、とにかく印象的で衝撃的な作品です。

一度読んだら、絶対忘れないような…。



そうですね、固有名詞が出てこないのはそういう意図があるのかもしれませんね。

改めて戦争の悲惨さと無益さを考えさせられました。。。

2008/07/13 (Sun) 21:35 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
かをる。さんへ

かをる。さんもこの作品読まれたんですね☆

うんうん、確かに刺激が強すぎる部分もありますよね(笑)

私も、高校生の時に読んでいたら、とてもとても読破できなかったかもしれません〜^^;

かなり過激な箇所が多い中で、この感情を一切交えない文章表現に救われた気がします。。。



そうそう、刺激が強くて読めなかったといえば、村上春樹さんの「ノルウェイの森」。

かをる。さんは読まれたかしら??

私はこの作品、中学生の時に読んで以来、トラウマになっています…(笑)

2008/07/13 (Sun) 21:39 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

「悪童日記」、私も名作フェアで興味を惹かれて、ついつい買ってしまいました♪

テーマがとても重い題材だし、ちょっと刺激のある部分も多いですが…

とにかく吸引力のある作品で、グイグイ読ませてくれます(*^_^*)



文章自体は、やっぱり子供の視点から見た世界ということで、とても読みやすいです。

でもこの子供達、妙に老成している部分があって…大人から見てもちょっと怖くなるほど^^;

名作には違いありませんので、miwaさんも是非チェックしてみてくださいね〜♪

2008/07/13 (Sun) 21:44 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

ハイ、とうとう読んじゃいました…。

この手の作品(どんな作品だ?笑)を読むのは初めてかもしれません^^

色々な意味で、あまりに衝撃的でした。

一度読んだら、とても忘れられませんね(⌒o⌒;A

別々の道を歩み始めた双子達が、一体どうなるのか…。なんだか知るのが怖いです。

続きの「ふたりの証拠」はもう購入済みなので、

近いうちに読んでみることにしま〜す♪

2008/07/13 (Sun) 21:47 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:アゴタ・クリストフ「悪童日記」読みました☆(07/12)

読了いたしました。すっごく良かったです。

TBさせてくださいね。

読みやすかったですし半分程読んだあたりから、止められなくなってしまいました。ご紹介ありがとうございました。(*^_^*)

2008/07/21 (Mon) 13:22 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向永遠さん早いです!「悪童日記」読まれたんですね〜♪

ちょっとギョッとするような描写もあるけれど、

読み始めたら止められなくなりますよね(=^^=)

続編の「ふたりの証拠」もこの間買ってきたので、近いうちに読もうと思います☆

TBありがとうございました!

2008/07/21 (Mon) 20:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply