FC2ブログ
Welcome to my blog

「アイ・アム・レジェンド」リチャード・マシスン

ななこ


アイ・アム・レジェンド
著者:リチャード・マシスン
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
夜が来る。ネヴィルは一人、キッチンで夕食の用意をする。冷凍肉をグリルに入れ、豆を煮る。料理を皿に盛っているとき、いつものように奴らの声が聞こえてきた。「出てこい、ネヴィル!」…突如蔓延した疫病で人類が絶滅し、地球はその様相を一変した。ただ一人生き残ったネヴィルは、自宅に篭城し、絶望的な戦いの日々を送っていた。そんなある日…戦慄の世界を描く名作ホラー。



前に映画を観て、興味を持ったので原作にも挑戦してみましたかお

噂には聞いていたけれど、確かに映画と比べると内容もイメージも大分違ったなぁ…。
映画では愛犬サムの存在が大きかったんだけど、原作ではサム自体登場しないんですね。

あらっ…皆さん、気付きました??
DVDのジャケットには確かにサムがいるけど、本の表紙にはいないわ!!

アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組) [DVD] こっちがDVD。ちゃーんとワンコがいます(笑)


映画ではラストがどうも納得できなかったので、原作に期待していましたが。
残念ながら原作もちょっぴり期待ハズレでした。 (世間一般では評価は良いようだけど…。) 

映画と違って、ゾンビ(吸血鬼?)が知性と言葉を持っているので、怖さが半減していますきもち

今さらですけど、、、本当に救いようのないお話ですねぇ。
毎晩毎晩罵倒しながら家を壊し、どうにかして侵入しようとする吸血鬼達。
世界中で正常な人間は自分1人だけ。夜は家に閉じこもり、酒に浸りながらひたすら耐える日々。

主人公ネヴィルは生にすがりついて、1人で必死に生きていくんだけど…
孤独と絶望の中で考える唯一のことが、「酒」と「女」ってどうなのよ?(笑)

妻を想って泣く場面も何だか白々しく感じられて、全く感情移入できないまま終わりましたかお

でもラストで「アイ・アム・レジェンド」の意味が分かったので、それだけは収穫です。



≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 18

There are no comments yet.
picchuko  
Re:リチャード・マシスン「アイ・アム・レジェンド」読了です!(07/01)

あはは。ホントだ〜。

本の表紙には愛犬サムがいないのねぇ〜。(笑)

やっぱり前評判のいい作品は、意外にコケルのが多いですよね。^^;

「孤独と絶望の中で考える唯一のことが、"酒"と"女"ってどういうことよ?!」に、思わず笑ってしまいました。

浮気者が嫌いなnanaco☆さんらしい!!^^

人間が本当に孤独と絶望の中にいたら、もっと違うことを考えると思うなぁ。。

いや、単純な人間ってそんなもの?!(笑)



2008/07/01 (Tue) 22:06 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:リチャード・マシスン「アイ・アム・レジェンド」読了です!(07/01)

リチャード・マシスンの原作だったんですね。

たしか、”激突”とか13のショックとか昔昔、読んだ記憶があります。早川の異色作家短編集だったでしょうか?。大好きでした。そう言えば、昔あった”地球最後の男”と言うのがこの作品の事ですね。きっと・・

2008/07/01 (Tue) 23:09 | EDIT | REPLY |   
珂音  
Re:リチャード・マシスン「アイ・アム・レジェンド」読了です!(07/01)

私は映画の「何が何でも明るい未来」より原作のラストの方が許せました。救いはないけどね。

2008/07/01 (Tue) 23:47 | EDIT | REPLY |   
☆Yuri☆  
Re:リチャード・マシスン「アイ・アム・レジェンド」読了です!(07/01)

ほんとだーー。

表紙には、犬の姿がうつってないんだね。

映画と原作で、ずいぶん内容が違うんだ・・。

そして、原作もハズレだったんだね。。w



私が今読んでる洋書も映画化されてるんだけど

どんな映画に仕上がってるのか、

観てみたいな〜って思いました♪

2008/07/02 (Wed) 01:07 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

そうなんです…(笑)映画では愛犬サムが唯一の希望だったのに^^;

自分にはイマイチ合わなかったみたいです。

映画でも感じたことなんですけど、絶望感が感じられなかった気がしました〜。

でも、随分と前に書かれた作品なのに不思議と古臭さは無かったですよ(*^o^*)



自分が世界で1人だけになったら、どうするかなぁと思わず考えてしまいました(>_< )

生き残りを探すか?一人で生きていくか?

どちらにしても"生きる"道を選ぶような気がします(笑)

2008/07/02 (Wed) 05:48 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向永遠さんは、リチャード・マシスン読まれたことあるんですねぇ♪

「激突」未読です。日向永遠さんの大好きな作品ということなら読んでみたいです〜(=^^=)



そうですね、「地球最後の男」がこの作品のことのようです。

こちらのタイトルのほうが分かりやすいですね(笑)

本を読んで映画では分からなかった「アイ・アム・レジェンド」の意味がやっと分かりました♪

2008/07/02 (Wed) 05:52 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
珂音さんへ

そうですね、私もラストはどちらかというと原作のほうが好きでした^^

個人的には、もっとホラーホラーしていたほうが好みだったなぁ〜という印象です。

なんだか、映画のほうが怖くありませんでした?!

原作は"見た目の怖さ"よりも、"内面の恐怖"に重点を置いているんでしょうね☆

2008/07/02 (Wed) 05:54 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆Yuri☆ちゃんへ

そうなの〜。映画で唯一好きだったのは犬だったのに^^;

原作でもやっぱり違う犬はちょこっと登場するんだけど、残念な描き方だったんだよねぇ。

Yuriちゃんは断然猫派でしょ?!



Yuriちゃんの読んでる洋書も映画化されてるんだね〜(*^o^*)

本を読むと、どうしても映画と比べたくなるよね(笑)

私は大抵は原作のほうが評価高いんだけど、

今回ばかりは微妙な感じでした〜。。。

2008/07/02 (Wed) 05:58 | EDIT | REPLY |   
浪漫的狼  
なるほど。

犬がいないことには気付きませんでしたよ〜。しかし、ちょっと期待はずれな感じは否めませんね。私は映画だけにしておきますゥ。

2008/07/02 (Wed) 06:30 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
Re:リチャード・マシスン「アイ・アム・レジェンド」読了です!(07/01)

本も出ているのですね。映画のほうは話題になったような気がします。



しかし内容がああいう感じとはは知りませんでしたw

毎晩毎晩罵倒しながら家を壊し、どうにかして侵入しようとする吸血鬼達。世界中で正常な人間は自分1人だけ。夜は家に閉じこもり、酒に浸りながらひたすら耐える日々なんてどうやっても、感情移入できなさそうです(-_-;)



nanaco☆さんと同様です(>_<)



2008/07/02 (Wed) 07:34 | EDIT | REPLY |   
エンブレムT  
Re:リチャード・マシスン「アイ・アム・レジェンド」読了です!(07/01)

ゾンビに知性と言葉があるのとないのでは、ある方が怖いような気もするんだけど・・・・・ま、どっちにしろゾンビはイヤだわ^ ^;



映像と本の違いって比べると面白いですよね^ ^

愛犬がいるのといないのとでは、孤独感がすごい違うだろうなぁ・・・。

2008/07/02 (Wed) 12:23 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:リチャード・マシスン「アイ・アム・レジェンド」読了です!(07/01)

映画のレビューかな?と思ったら、原作を読まれたのですね♪

結構原作と映画って作り変えているものが多いですよね。私はそういう場合「パラレル」と思うようにしてます(^^)

2008/07/02 (Wed) 12:44 | EDIT | REPLY |   
コメキ  
Re:リチャード・マシスン「アイ・アム・レジェンド」読了です!(07/01)

洋画は苦手なんで、観ませんが、

気になっていた作品です。

原作も映画が表紙なんで躊躇していたんですが、

ゾンビ(吸血鬼?)が出てくる話なんですね。

これで、すっきりしました。

ありがとうございます。

2008/07/02 (Wed) 13:33 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

新装版になって、映画のポスターの犬だけ消したんでしょうかね^^;

ホラーも好きだし、期待していただけになんだか残念な結果に終わってしまいました〜。

でも、原作はかなり評判が良いようです。

きっと、名作であることには間違いないと思うんですけどね…。

2008/07/02 (Wed) 19:42 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

そうなんです!

この本は「地球最後の男」というタイトルで大分昔からあったようです^^

なんといっても、あのスティーヴン・キングが尊敬しているということですから、

相当前に活躍されていた作家さんですよね☆



ホラー自体はけっこう得意なほうなんですが、

読んだ印象としてはホラーになりきれていないのがどうも中途半端に感じてしまって…(⌒o⌒;A

きっと、この主人公ネヴィルにはCedieさんも感情移入できないと思いますヨ(笑)

2008/07/02 (Wed) 19:46 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
エンブレムTさんへ

あ、そう言われると知性と言葉を持ったゾンビのほうが怖い気もしてきます…(笑)

映画ではゾンビと全然意思の疎通どころではなかったので、余計ビクビクしましたが、

原作では「出て来い、ネヴィル!!」なんてゾンビが普通に叫んでましたしねw



映画では愛犬とのシーンだけが唯一好きな場面だったので、原作はもっと残念…(笑)

生き残りの犬と触れ合うシーンはあるんですけど、それもなんだかすぐに終わっちゃいました^^;

やっぱり翻訳本って当たり外れが多い気がします〜。

2008/07/02 (Wed) 19:50 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

なるほど!!「パラレル」!!

そう考えれば、それぞれ楽しめるのかもしれないですね♪

映画で気に入ったものは原作を読むことが多いのですが(逆もしかり…)、

あまりのギャップに戸惑うことも多々あります(⌒o⌒;A

大抵は原作のほうが面白いことのほうが多いですが、今回は??でしたねぇ(笑)

本選びって、やっぱり難しいです〜。

2008/07/02 (Wed) 19:55 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
コメキさんへ

そうなんです…

「アイ・アム・レジェンド」からはとてもゾンビものだとは思えないですよねぇ^^;

映画も予告編を観て、人生ドラマかと思っていたくらいですもん…(笑)



未知のウイルスで世界中の人間がゾンビになり、1人だけ残されてしまう…

という設定は当時は新鮮だったのかもしれませんが、最近はこういうの多いですよね。

だから、あまり新鮮味が感じられなかったのかもしれません(⌒o⌒;A

2008/07/02 (Wed) 19:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply