10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.08.20 *Wed*

「イン・ザ・プール」奥田英朗


イン・ザ・プール
著者:奥田英朗
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「いらっしゃーい」。伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に迎えられる。色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。プール依存症、陰茎強直症、妄想癖…訪れる人々も変だが、治療する医者のほうがもっと変。こいつは利口か、馬鹿か?名医か、ヤブ医者か。



この本はある種の癒し効果(?かどうかは謎ですが…)がある作品かも(笑)

伊良部総合病院地下にある神経科。
精神科医・伊良部は、色白で太ったブタのような男…。しかも脂ぎっていてマザコンときたかお

こういう症状はいかにもありそうかも…と思ったのは、
妄想癖のあるコンパニオンや、携帯を手放すと禁断症状が出る高校生の話。
内科ではどうすることもできなかった様々な症状の患者が、この医師のもとを訪れます。

患者達は、始めはこの医師の事を薄気味悪く思いながらも、最終的には症状が軽くなっていく。
きっと伊良部医師本人は、"治療している"という意識は全くないんだろうけど。

人目を気にせずに思いのままに生きる伊良部の姿が、患者にとっては癒しになるのかしらきもち

患者達に共通している事。

それは、真面目な人ほど心の病気にかかりやすいということ。
"○○しなくちゃ"とか"○○してはダメだ"と、自分を抑えこんでいる人ばかり。

うん。確かにこういうとんでもない医師がいたら、悩みなんてふっとびそうだわぁかお

でも…でもね。
注射で鼻息荒くしたり、「グフフ」と笑う医師が生理的にダメダメだったので、この評価です(笑)

*このシリーズ2作目の「空中ブランコ」は直木賞受賞作。
ダメダメには変わりないと思うけど、こちらも読んでみることにします!



≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

COMMENT

Re:奥田英朗「イン・ザ・プール」読了です☆(08/20)
こんばんは^^

自分は、かなりこの本好きです〜w確かに・・・本当にいたら絶対逃げると確信できるほど嫌な医者ですが。(笑)患者が癒される過程を見て、なんだか気分が良くなるんですよね〜♪

適度な不真面目さが、元気の基本なんでしょうね^^
by かをる。 #79D/WHSg
2008/08/20(水) 20:34 [Edit
Re:奥田英朗「イン・ザ・プール」読了です☆(08/20)
奥田英朗さんはまだ未読です。一体どんな本をかいてらっしゃるのかすら・・・(>_<)



この医者ってあまりよくないんですか??

精神科とかは腕の良し悪しというより、相性がいい悪いということが大きい気がします。



真面目な人ほど心の病気にかかりやすいということはよくわかります(-_-;)わたしもそんなタイプなんで危ないですww



テキトーな人は心の病気とは無縁で元気にやっていけると思います(*≧m≦*)



by Cedie #79D/WHSg
2008/08/20(水) 20:53 [Edit
いらっしゃ〜い!
思わず「新婚さん、いらっしゃ〜い!」の三枝さんを思い出しました。あはは。^^

私は超真面目な人間なので、一番にこのお医者さんに診てもらわないといけないですね〜。(笑)

でも、「注射で鼻息荒くしたり、「グフフ」と笑う医師」、私にもキツイわ!

自分はいつも、内村君などの可愛い男の子を見て、「ぐふっ!」とよだれ垂らしてるんですけどね〜。へへ。

ホント、色んな本があるんですねぇ。
by picchuko #79D/WHSg
2008/08/20(水) 20:55 [Edit
Re:奥田英朗「イン・ザ・プール」読了です☆(08/20)
私もこの本、たぶん結構好きなんだろうなぁ・・・。

なにしろ、読んだそばから内容を忘れていっちゃう私でも、かなり前に読んだにもかかわらず内容覚えてるもん(笑)

しかもわりと最近に映像化もされたんじゃなかったかしら?

キャストを「ほほぉ。。。」って思いながら眺めた記憶があるよ・・・・・誰だったかの記憶はないが(爆)

by エンブレムT #79D/WHSg
2008/08/20(水) 20:57 [Edit
Re:奥田英朗「イン・ザ・プール」読了です☆(08/20)
変わったストーリーなんだね〜。

確かに、医者がちょっと気味悪そう。。笑

だけど、この医者がどんなふうに

「治療」していくのかが、気になる(>_<)



そうそう、ずっと読んでいた「Jumper」

今日のランチの時間に、ついに読み終わったよっ☆

次に読む本も、すでに買って来ましたw

次の本も洋書です・・・。笑

by ☆Yuri☆ #79D/WHSg
2008/08/20(水) 21:44 [Edit
ほんとうに
色々なものにチャレンジされますよね〜。この作品、どっかで聞いたことあるんですが、おもいだせません。
by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2008/08/20(水) 21:51 [Edit
Re:奥田英朗「イン・ザ・プール」読了です☆(08/20)
映画は見ましたよ〜♪

でも、本は読んでないんです。

精神科医・伊良部は松尾スズキが演じていて、はちゃめちゃな医者でおもしろかったよ^^

原作のイメージとは違うのかもしれませんが。
by ちゃと屋 #79D/WHSg
2008/08/20(水) 22:02 [Edit
Re:奥田英朗「イン・ザ・プール」読了です☆(08/20)
まぁまぁ確かに…現実問題こんな医者がいたら引きますが…(>_<)

あくまでフィクション!大目に見てやって下さいまし^m^

私は伊良部先生大好きです♪
by 88olive #79D/WHSg
2008/08/20(水) 22:22 [Edit
Re:奥田英朗「イン・ザ・プール」読了です☆(08/20)
読みましたこれ、そして看護婦のマユミちゃんのファンになってしまいました。

(男ってヤダネ・・・)(*^_^*)
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2008/08/20(水) 22:35 [Edit
かをる。さんへ
おっっ。かをる。さんはこの本お好きでしたか♪

確かに、現実にこんな医者がいたら、間違いなく逃げ出したくなりますね^^;

隣にいるだけで害が及びそうな…(笑)言いすぎ?w



どうして最終的には患者が癒されてしまうのかはナゾですが。。。(* ̄m ̄)

人目を全く気にしない行動って、自分の中で何かが吹っ切れてしまうのでしょうか^^

生理的には受け付けなかったけれど、なんとなく元気をもらえました!!(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/08/21(木) 05:46 [Edit
Cedieさんへ
nanacoも奥田作品は今回が初めてです☆

普段、ファンタジーやミステリばっかり読んでいるので、こういう作品は新鮮でした〜(^^ゞ



そうですね、精神科って相性の良し悪しが重要になってきそう。。。

nanaco的には生理的に受け付けない医者でしたが、

患者の症状はみんな軽くなっているので、一応"良い"医者ということになるんでしょう(笑)

慣れればこんな医者でも好きになるもんなのかな…||(;-_-)|||

この本を読んで、「もうちょっとテキトーに生きよう」と心に決めましたw
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/08/21(木) 05:51 [Edit
picchukoさんへ
ホント、普段読まないジャンルなだけにびっくりしました。こんな本があったのかと(笑)

夜ガラスを割ってプールに飛び込んだり、ライバルの医者の病院に物を投げ込んだり…

と、"医者かどうか"以前に"大人かどうか"疑いたくなるような人物です(* ̄m ̄)

生理的に受け付けないけど…、でも、なんとなく診てもらいたいような(笑)



あはは!picchukoさん最近オッサン化多い〜!!(爆)

ホント、グフフと笑う医者がいたら面白いですよね〜^^;

by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/08/21(木) 05:57 [Edit
Re:奥田英朗「イン・ザ・プール」読了です☆(08/20)
あ〜・・・わかります。真面目な人ほど精神疾患にかかりやすいのって。かくいううちの妹も強迫神経症にかかった事があるので。

自分の中での理想像や常識に忠実なんですよね。

もっと私のようにいい加減に出来ればいいのに・・・なんて思います(笑)

自分の側にそういう人目を気にしない人がいたら、安心しますよね。
by ☆ちこ #79D/WHSg
2008/08/21(木) 12:15 [Edit
Re:奥田英朗「イン・ザ・プール」読了です☆(08/20)
「イン・ザ・プール」nanaco☆さんの評価は微妙なんですね〜。

確かにちょっと変わったお話のようですね・・・。

私の場合、一冊目がイマイチだと2冊目読むのちょっと躊躇してしまいますが、nanaco☆さんは「空中ブランコ」も読むのですね♪

直木賞受賞作とのこと、レビュー楽しみにしてます〜♪
by アラモ♪ #79D/WHSg
2008/08/21(木) 14:41 [Edit
Re:奥田英朗「イン・ザ・プール」読了です☆(08/20)
こんばんは〜♪



この本、私も本屋さんでチェックした覚えがありま〜す。

気楽に笑って読めそうな感じはしたんだけど、

何だか主人公の医者が

ちょっぴり変態っぽく思えたので、

そのときはパスしました^^;

好き嫌いがハッキリ分かれそうな

作品みたいですね〜!?

でも、この主人公の医者が、

どうやって患者を癒していくのかは

ちょっと興味があるかも^^
by miwa125 #79D/WHSg
2008/08/21(木) 18:06 [Edit
エンブレムTさんへ
エンブレムTさんもこの本読まれたんですね〜♪

普段こういうジャンル(どういうジャンルだ?!笑)をあんまり読まないので、

なかなか新鮮な感じでしたよ(^^ゞ

この医者が生理的に受け付けないとはいえ、抵抗なくスラスラ読めちゃったってことは…

やっぱり自分の中でも面白かったってことなのかしら(笑)



映像化もされちゃってるんですね☆

キャスト、ものすごい興味あります…^^;伊良部役とか選ぶの苦労したでしょうねぇw

映画もどんな感じなのか、ちょっと観てみたいかも♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/08/21(木) 19:19 [Edit
☆Yuri☆ちゃんへ
この医者、かな〜り気味悪いよ(笑)

色白で太ってるだけならまだ許容範囲内だけど…脂ぎってるとなるとねぇ…(;¬_¬)

でも、きっとこの医者にかかると、どんな悩みもふっとんじゃいそうなんだよね♪

もし身近にこんな人がいたら、興味本位だけでその病院に行っちゃうかも(笑)



「Jumper」とうとう読了したんだね!!ホントおめでとう〜(ノ^^)八(^^ )ノ☆

原作は映画と違ってかなり面白いみたいなので、いつか挑戦してみたいです。

で、次も洋書?!すごいわ…見習わなくちゃ。

いくら見習っても、洋書読めなきゃ意味ないんだけどね〜^^;(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/08/21(木) 19:24 [Edit
浪漫的狼さんへ
ハイ!このジャンルは、nanacoにとって初?の試みでした(笑)

前からなんとなく興味はあったんですが、

どうもファンタジー、ミステリ以外はなかなか食指が動かなかったんです(ρ_−)



主人公がどうも生理的に受け付けなかったんですが、

読了後になんとも心が軽くなる心地がしたので、これは爽やかな読後感?!なんでしょうか(笑)

二作目の「空中ブランコ」も読んでみようと思います(*^ー^)ノ
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/08/21(木) 19:29 [Edit
Re:奥田英朗「イン・ザ・プール」読了です☆(08/20)
このシリーズを読むと不思議と肩に入った余計な力が抜けるというか、

気持ちが楽になるような気がして好きなんです(*^^*)

伊良部医師にも会ってみたい!…怖いものみたさで(笑)

by 柊♪ #79D/WHSg
2008/08/21(木) 19:32 [Edit
ちゃと屋さんへ
ちゃと屋さん、映画はご覧になったんですね〜♪

松尾スズキさんって方が伊良部を演じているんですか☆

どうも芸能界に疎いnanacoは、松尾さんがどんな方なのか存じ上げませんが…^^;

やっぱりあんな太って脂ぎったイメージなんですか?(笑)

ちょっと興味本位で観てみたい気がします(* ̄m ̄)



そうそう、前にちゃと屋さんから教えていただいた「八月の博物館」、読み始めましたよ〜♪

エジプトの考古学の所とか大好きなので、こういう作品があるのってすごく嬉しいです(〃▽〃)

今何冊か並行して読んでいるので、読了はもう少し先になるかもしれませんが、

そのうちレビューUPするので、また遊びにいらしてくださいねっ♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/08/21(木) 19:35 [Edit
88oliveさんへ
皆さんの意見を聞いていると、

なんだかnanacoまでこの伊良部医師が好きになってきそうです(笑)

こんな医師がもし現実にいたら、怖いもの見たさで通っちゃうかもしれません〜^^;



伊良部医師は素でこんな治療をしているのかしら??

看護婦のマユミちゃんの私生活もすご〜く気になるところです。

…って、あれ?いつの間にかハマっちゃってる?!(笑)

二作目の「空中ブランコ」も楽しみにしてます♪d(⌒〇⌒)b♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/08/21(木) 19:40 [Edit
日向 永遠さんへ
あはは(≧∇≦)日向永遠さんはマユミちゃんのファンですか!!(笑)

いや〜nanacoはむしろ伊良部よりマユミちゃんのほうが好きなぐらいです。。。

どんな私生活を送っているんだろう…ってものすごい興味津々です。

シリーズを読みすすめると、その秘密が明かされるのかしら??

あれ、でもこのシリーズって何巻出ているんでしょうか。。。

まだまだ知識不足で〜す(ρ_−)



二作目の「空中ブランコ」は直木賞受賞作ということでちょっと期待しています♪

直木賞とか、芥川賞とか…何気に相性が合わないんですけどね(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/08/21(木) 19:44 [Edit
☆ちこさんへ
妹さん、強迫神経症になったことがあるんですねぇ…。

nanacoも考えすぎる所があるので、もう少しかる〜い考え方ができたらなぁ、といつも思います。

だからこそ神経の図太い(笑)ダーリンに支えられているという感じですね^^;



ちこさんの仰るとおり、

身近に自分の思いのままに生きる人間がいたらかなり癒されると思います〜♪

だからこの作品もある種の癒し効果があるのかしら…(^^ゞ

ちょっと気分が落ち込んだ時に読むと、元気がもらえそうです☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/08/21(木) 19:50 [Edit
アラモ♪さんへ
普段こういう作品を読まないので、なかなか新鮮でしたよ〜^^

この赤ちゃんの表紙が妙に印象に残っていて、直木賞受賞作家ということだったので、

必ずいつか読んでみようと思っていたシリーズでした♪



どうも主人公が生理的に受け付けないのですが、

これがもし端正な顔立ちをしたカッコイイ医師だったら、きっと面白くないんだろうなぁ…(笑)

デブで色白で脂ぎった伊良部医師だから、成り立つお話なんでしょうね(* ̄m ̄)

とりあえず直木賞受賞作の「空中ブランコ」は読んでみようと思います☆

なんだかんだいってあっという間に読み終わってしまうので^^;
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/08/21(木) 19:54 [Edit
miwa125さんへ
miwaさんもこの本チェックしたことがありましたか〜(^^ゞ

そうそう。どうもあらすじだけ読むと変態っぽいんですよね(笑)

あ、実際に読んだ後でも、変態というイメージは強まるばかりですけどね。。。

とはいえ、アハハと笑って気軽に楽しめる作品なので、気分転換には良いかもです〜♪

でもmiwaさんとnanaco、感性が似ているような気がするので、この作品はどうでしょうねぇ(笑)

miwaさんも同じように伊良部の変態っぷりがダメダメかもしれません^^;



この本を読んでいると、色々な症状があるんだなぁ…と思ってしまいました。

"妄想癖"の患者も登場するんですが、「妄想癖って病気なの?!」と思ってしまいました。

だってファンタジー小説読んでる人だったら、妄想は日常的だよ〜((>д<))

…って、nanacoだけでしょうか(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/08/21(木) 20:02 [Edit
柊♪さんへ
柊さんもこのシリーズ読まれているんですね〜♪

分かります。nanacoもこの本を読んで、すご〜く肩の力が抜けました\(^_^ )( ^_^)/

あ、こんなに深刻に考えすぎなくても良いのね?!って。

…これって、既に伊良部に治療されちゃってるのかもしれないですねぇ(笑)



このお話の中で特に印象的だったので、携帯依存症の高校生のお話。

今の時代、こういう子っていかにもいそうな気がします。。。

常に誰かと繋がっていないと不安、という子^^;

で、結局良いように利用されちゃってるのが、読んでいて痛ましかったです。

nanacoは、他人と同じ空間に長時間いるのが苦手なので、100%理解はできないですけど(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/08/21(木) 20:09 [Edit
Re:奥田英朗「イン・ザ・プール」読了です☆(08/20)
こんにちは〜♪



『イン・ザ・プール』の表紙はニルヴァーナの『ネヴァーマインド』を連想してしまいます。ジャケットとグループについてはこちら http://listen.jp/store/artist_13862.htm

伊良部先生には毎回笑わせてもらいました。奥田英朗さんの作品の中で一番好きなのは、沖縄が舞台になった『サウスバウンド』です。読後感がとっても爽やかでした。



by 茨木 月季 #79D/WHSg
2008/08/28(木) 14:24 [Edit
茨木 月季さんへ
そうだそうだ!!

この表紙、どこかで見たことあると思ったら、ニルヴァーナのジャケットだったんですね〜♪

う〜ん、スッキリしました(^^ゞ

ニルヴァーナ自体は、あのちょっと過激な歌詞があまり好きになれなかったんですが、

カート・コバーンはカリスマ的な魅力がありましたよねぇ。。。



伊良部先生、面白いですね(笑)

どうも「イン・ザ・プール」を読んだ時に、この人ダメかも…と思ったんです。

でも二作目「空中ブランコ」を今日読み終わって、

なんだかだんだん伊良部先生が好きになってきたようです(* ̄m ̄)

「サウスバウンド」タイトルだけは知っていましたが、この方の作品だったんですね〜♪

月季さんオススメとあらば、是非読んでみなくては!!(≧∇≦)ノ

by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/08/28(木) 19:59 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。