10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.29 *Tue*

「空の境界」奈須きのこ


空の境界(上)(中)(下)
著者:奈須きのこ
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
2年間の昏睡から目覚めた少女・両儀式(りょうぎしき)が記憶喪失と引き換えに手に入れた、あらゆるモノの死を視ることのできる“直死の魔眼”。浮遊する幽霊の群れ。人の死を蒐集する螺旋建築……。この世の存在のすべてを“殺す”、式のナイフに映る数々の怪異。非日常の世界は、日常の世界と溶け合って存在している----。



これはヒジョーにレビューが書きづらいわ…。簡単に言えば、とにかくぶっとんだ作品ですね~かお

とてもじゃないけど、まともにレビューを書けるような代物ではないです。
だって、、、こう言っては失礼ですがこの本から得られる教訓って何一つとしてないんだもの!(笑)


「そら」ではなく「から」の境界と読みます。

始めは時間軸や登場人物の視点が目まぐるしく変わるのに慣れず、なかなか苦労しましたが、
中盤以降はそんなことも気にならなくなるぐらい、一気にひきこまれますよ~!

とはいえ、けっこう残酷な描写が盛りだくさんかお
読む前は「ちょっとダークなファンタジー?」なんて甘い考えをもっていたんですが、
残念ながらそんな生易しい作品じゃありませんでした。。。


既にアニメ映画化されているみたいだけど、これは間違いなくR指定かかるんじゃないかなきもち
あ、それともアニメでは残酷なシーンはカットしてるのかしら…。

「死」を美しく魅せているあたりが、あまりにも危ないですよ。 (決してお子さんには見せてはいけません…笑)


なんていうか、生と死のはざまに迷い込んでしまったかのような浮遊した感覚。

主人公の両儀式と彼女を取り巻く世界が、あまりにも常識からかけ離れているせいかな。
式が冷酷さと美貌を併せ持つ人物というのが、この世界に異様さをプラスしている気がしますかお

唯一、式の親友(恋人?)の幹也の存在がこの本にとって救いかなぁ。。。


今かろうじてすがりついている「常識」という土台が、足元から崩れ落ちていきそうな…
そんな危うさを匂わせる作品でした。なんだかんだ言って面白いのです!(笑)

明らかに万人受けはしませんが、ある種の中毒性がありそうな本でした。


空の境界(上) (講談社文庫)空の境界(上) (講談社文庫)
奈須 きのこ

講談社 2007-11-15
売り上げランキング : 4698

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

空の境界(中) (講談社文庫)空の境界(中) (講談社文庫)
奈須 きのこ

講談社 2007-12-14
売り上げランキング : 4378

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

空の境界(下) (講談社文庫)空の境界(下) (講談社文庫)
奈須 きのこ

講談社 2008-01-16
売り上げランキング : 3389

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

COMMENT

Re:「空の境界」読了です!(01/29)
なんだか、ちょっと怖そうな話だねぇ。。

「死」を美しく魅せている・・・って(>_<)

ホント、子供には読んで欲しくないっ。汗

危ないよぉぉー。

by ☆Yuri☆ #79D/WHSg
2008/01/29(火) 22:55 [Edit
これ!
本屋でよく見かけます!気になっていたのですが、素通りしてました(~_~;)

イラストもかわいい感じですし、売れてるのかなあ〜って思ってました。



怖い感じなのですね〜。

文章だったらまだマシなのかな?絵だとモロにコワい、残酷な部分が・・・



読むか読まないか非常に悩む作品です(-_-;)

by Cedie #79D/WHSg
2008/01/29(火) 23:49 [Edit
Re:「空の境界」読了です!(01/29)
絵は可愛いのに、そんな思い内容でしたか・・・

ファンタジーってその世界に入り込んでしまうと、トントン読めちゃうんだけど、なかなかその世界が想像できないと、結構難しかったりしますよね。
by ☆ちこ #79D/WHSg
2008/01/30(水) 11:48 [Edit
Re:「空の境界」読了です!(01/29)
ごめんなさい↑の書き込み

「思い内容」でなくて「重い内容」でした(^^;)
by ☆ちこ #79D/WHSg
2008/01/30(水) 11:50 [Edit
Re:「空の境界」読了です!(01/29)
ほほぉ〜!そんな内容なんですね!

好きな人は好きそうだよねw

確かにある種の中毒性がありそうな感じがします^ ^;

nanaco☆ちゃんのレビューを参考にして、これは読まないでおこうと思う(爆)



それにしても、昨日の「ほのぼの系絵本」とのギャップがスゴイなぁ。。。

by エンブレムT #79D/WHSg
2008/01/30(水) 12:38 [Edit
Re:「空の境界」読了です!(01/29)
最初、漫画本かと思ったのですが、違うのですね。nanacoさんが酷評というのは珍しいですねぇ。

このnanacoさんのレビューからも危険で不思議な香りがする作品ですね。

魅せられなように注意してね。

こういうのは妖しい魅力が潜んでいますから、、、。

にしても、3冊一気に読んだのですね。早いっ!
by picchuko #79D/WHSg
2008/01/30(水) 19:15 [Edit
☆Yuri☆ちゃんへ
本当に子供がこういうの読むと影響されちゃうんじゃないかなぁ(笑)

世の中がこんな本の世界になったらもう終わりだよ!Σ( ̄□ ̄;)

この本を読み終わった後にまず思ったことは…

現実は酷いことばかりだけど、まだまだ救いようがあるなってw

そういえばYuriちゃんは週末本屋さん行けたかな♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/01/30(水) 20:06 [Edit
Cedieさんへ
私もずっとこの本気になってたんですよね♪

ライトノベルってどうもイラストに抵抗があるものが多かったんですが、この「空の境界」はわりと可愛い雰囲気の絵だったので思わず買っちゃいました(o^―^o)

でも…まんまとこの絵に騙されましたね(笑)

主人公式の容姿の美しさとその人格のギャップに戸惑います…。

面白いといえば、そりゃぁ中毒になるほど面白いんです♪

ただ、なんていうのかな…。「この世界にのめりこんだら危ないぞ!」って無意識に危険信号が出てるような^^;

もし機会があったら是非読んでみてください。あまりの不思議な世界にビックリしますよ〜☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/01/30(水) 20:11 [Edit
☆ちこさんへ
そうそう!

絵とのギャップがものすごい大きな作品でした。

確かに重い…。重すぎます。

これは果たしてファンタジーと呼んでいいのかどうか…(>_< )

魔術師やら異世界やらが存在するあたり、やはりファンタジーに位置づけられるのかもしれませんが、同じファンタジーでも「しゃばけ」や「グイン・サーガ」とはかなり趣が違いました^^;

のめりこんでしまったのは確かなんですけどね、あまり読後感が良い作品とは言えないかもです…(汗)

さてさて、今後もこの奈須きのこさんの作品を読もうかどうか、かなり迷っています。。。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/01/30(水) 20:18 [Edit
エンブレムTさんへ
ほんとに好きな人はこういうの好きなんでしょうねぇ(⌒o⌒;A特にオタク系とか?(笑)

実際、こんな話はダメだ…って思いつつ夢中になって読んでしまう、ってのがもうすでに中毒ぎみなのかもしれません^^;

奈須さんって一部の読者の間では神扱いされてるって噂ですヨ…。

私的には「こんなもの世の中に流行らせてどうする!子ども達に悪影響与えるよ!」って気がするんですがw

やっぱり子供達には「空の境界」よりほのぼの絵本で成長してもらいたいですねぇ(笑)

というわけで…人にはなかなか気軽にはオススメできない本です。。。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/01/30(水) 20:26 [Edit
picchukoさんへ
絵だけ見るとマンガっぽいですよね♪

でも文章を読んでいるだけで、その光景が目に浮かぶような…なんだか映像的な作品でした^^

基本的には、「本は楽しんで読む」というのがちょっとしたポリシーでもあるので酷評するのは自分でも珍しいなぁと思ってます(笑)

でも、あまりたくさんの人にはオススメできない作品なのでネ。。。

「妖しい魅力」!まさにその通りです。picchukoさん端的に言葉にしてくれましたね(*^^*)

本当に危険なお話でしたぁ…。読み終わった後、思わず昨日の絵本を読み返しちゃいました(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/01/30(水) 20:32 [Edit
Re:「空の境界」読了です!(01/29)
nanako☆さん♪こんばんは!

これは確かにお宅系です。家人にせがまれて購入し、読んでその世界に引きずり込まれましたが…。もともと同人誌で出版されていたものが、あまりの人気のため講談社ノベルズとなり、文庫化、映画化の運びになったとような記憶が…。うちの家人はこのての話が結構好きで困ります。自分もこの手の話は一緒に読み、楽しむのですが…。
by 茨木 月季 #79D/WHSg
2008/01/31(木) 23:17 [Edit
茨木 月季さんへ
オタク系!(笑)まさにそんな感じのお話ですね。

好きな人にはこういう作品ってたまらないんだろうなぁ…。

主人公の式、男性ファンも女性ファンもつきそうな雰囲気ですよね!逞しくもあり、ちょっとしたときに見せる弱さもあり…。まさに世の中のオタク達のツボでしょう(笑)

あ、そうそう。下巻の解説、月季さんが仰っていたようにかなり難解でした…。というより最早意味不明ですw



月季さんのご家族も「空の境界」(未だに「ソラ」と読んでしまう…^^;)好きなんですね!

家族で本を共有できるのって良いですね♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2008/02/01(金) 20:19 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。