FC2ブログ
Welcome to my blog

「子どもたちは夜と遊ぶ」辻村深月

ななこ


子供たちは夜と遊ぶ(上)(下)
著者:辻村深月
評価:ほしほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
優しく触れようとしても壊してしまう、大人になりきれない子どもたちは、暗い恋の闇路へと迷い込んでしまった…。同じ大学に通う仲間、浅葱と狐塚、月子と恭司。彼らを取り巻く一方通行の片想いの歯車は、思わぬ連続殺人事件と絡まり、悲しくも残酷な方向へと狂い始める。掛け違えた恋のボタンと、絶望の淵に蹲る殺人鬼の影には、どんな結末が待っているのか。



デビュー作「冷たい校舎の時は止まる」で、メフィスト賞を受賞した辻村さんの二作目。

いやぁ、個人的には前作以上に面白かったですかおきもち
虐待、殺人、イジメ…などかなりデリケートな問題を扱っているので、
「面白い!」と手放しで絶賛するのは、なんだかちょっと気が引けますが。。。

物語にグイグイ引き込まれてページをめくる手が止まらないんだけど、
読み終わった後に安堵感と同時に、やるせない切なさと鈍い痛みが残る…そんな感じでしょうか。


前作「冷たい校舎~」の舞台は高校でしたが、今回は大学です たてもの

派手好きでリカちゃん人形のような容姿を持つ月子、超秀才で優しい狐塚
完璧な美貌を持つ天才肌の浅葱 (美貌といっても男の子) 、不良でケンカっ早いが根は優しい恭司


悲劇は海外留学をかけた論文コンクールこものから始まります。

最優秀賞は狐塚か浅葱だと考えられていたものの、選ばれたのは「i」という匿名の人物。
そして浅葱は、ひょんなことから「i」が幼い頃生き別れた兄であることを知る。
彼は兄に会いたい一心で、残酷な殺人ゲームに手を染めてゆく…。


なんだかね、浅葱(あさぎ)の過去があまりにも痛々しくて…読んでいられなくなりますかお

人から羨まれるような完璧な容姿と頭脳を持ち、物事に対してまるで無頓着で冷静に見える浅葱。
でも実は人には話せないようなトラウマを抱えていて…そのギャップがものすごく切ない。


「冷たい校舎~」でも感じたことですが、辻村さんは本当に個々の人物描写が丁寧です~きもち
「このエピソードは必要なの?」と思えるようなことでも、それが思わぬ伏線になっていたり。

テーマがテーマだけに暗く重々しい作品でしたが、恭司の存在に救われた気がします。。。


子どもたちは夜と遊ぶ(上)子どもたちは夜と遊ぶ(上)
辻村 深月

講談社 2005-05-10
売り上げランキング : 72718

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

子どもたちは夜と遊ぶ (下)子どもたちは夜と遊ぶ (下)
辻村 深月

講談社 2005-05-10
売り上げランキング : 76352

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 20

There are no comments yet.
picchuko  
Re:「子どもたちは夜と遊ぶ」読了です!(01/19)

題名からは想像もしなかった内容でした。

nanaco☆さんの日記を読んでいると、その本そのものより、nanaco☆さんの感想の方に興味がいきます。

文章書くの上手ですねぇ。

いっそのこと、nanaco☆さんが作家になればどうですか?

北海道には三浦綾子さんなど、素晴らしい作家が沢山いますよね。

もしかして、すでに活動中?

ホント、nanaco☆さんの感受性と文章力ならもってこいの職業だと思います!!

2008/01/19 (Sat) 20:20 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
読みました〜♪

すごいよかったです!

めちゃめちゃ続きが気になってガンガン読んじゃいました♪浅葱の過去があまりにも痛々しかった(>_<)



で、これを読み始めてびっくりしたことは「冷たい・・・」と一緒の感想から始まったこと!

「なんで月子(菅原)のフルネームがぜんぜん出てこないんだろう??」何度もページ見直して出てないよな〜と確認しました。これでかなり振り回されました(笑)iって誰?!って(笑)

恭司の存在にいろんな人が救われた気がします。



いろんな伏線があってここにつながるのか?って感じで油断ならなかったです。



わたしはこれから「七つの封印」か「闇の守り人」読もうかと思っています。(#^.^#)

2008/01/19 (Sat) 20:21 | EDIT | REPLY |   
☆Yuri☆  
Re:「子どもたちは夜と遊ぶ」読了です!(01/19)

nanacoちゃん、お久しぶり☆

最近やっと時間が取れるようになりました。

2008年も宜しくねっ。



今年は少しずつでもいいから、

私も本を読み始めようと思ってて、

実は今日、本屋さんに行ったんだよー。

いろいろと面白そうなのを探してみたんだけど、

何を買っていいのか分からず・・・。

結局何も買わずに本屋を立ち去りました。。笑

そこで、nanacoちゃんの「これはオススメ!」っていう

本があれば、教えてもらえないかなぁ?

よろしくお願いしますっ♪♪

2008/01/19 (Sat) 20:55 | EDIT | REPLY |   
茨木 月季  
Re:「子どもたちは夜と遊ぶ」読了です!(01/19)

こんばんは!

自分、先日「冷たい校舎の時は止まる」を懲りもせずにまた借りてきました。今度こそ、続きを進めたいと思っています。今ほど本を読める環境は今後6年間位来そうにないので。nanako☆さんのレビューで、エンジンをかけさせてもらってま〜す。

2008/01/19 (Sat) 22:41 | EDIT | REPLY |   
エンブレムT  
Re:「子どもたちは夜と遊ぶ」読了です!(01/19)

読んでてやるせない気持ちになりそうだわー。

うーん・・・読むのをちょっと躊躇しちゃうなぁ。

今の私は、「孤笛のかなた」を読んだところなので気持ちが澄んでるからさw

・・・澄んだ気持ちで書くブログがアレかいwwwって感じですが(爆)

2008/01/19 (Sat) 23:41 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ



この題名からは想像付かないですよね(XoX)

「夜と遊ぶ」というより…「闇と遊ぶ」って感じです。

切なくってちょっぴり暗くなるようなお話でしたが、本当に寝る時間も惜しんで読みふけった作品でした。

褒めていただいてありがとうございます^^;

こんな拙い文章ですが、いつも丁寧にコメントしていただけてとても嬉しいです♪

一見、難しそうに見える本でも自分なりに分かりやすいレビューにアレンジして、少しでも沢山の人に興味を持っていただけたらいいな、と思っています。



作家なんてとんでもない!!(笑)

私は読むほう専門です^^;でもこの「子どもたちは…」を書かれた辻村さんはなんと1980年生まれ…。私と4歳しか歳が離れていないのです。

ビックリですね、若いのにこんな類まれな才能を持っていらっしゃるなんて。

2008/01/20 (Sun) 07:25 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

Cedieさんも読まれましたか〜♪

「冷たい校舎…」と同じくこれもハマる作品でしたね!

あの本の厚みに一瞬ひるみましたが一気読みしちゃいました(*^_^*)



うんうん、私も思いました。「月子のフルネームがでてこない!」って。

まさか「冷たい校舎…」と同じ展開?!と思いましたが、そういう風にきたのね…^^;

前回で伏線の大切さを思い知ったので、今回は見逃さないように丁寧に読んでいたんだけど、「あ〜やられた!!」って思いましたね(笑)

ホント辻村さんは油断ならないですw

なんだか、恭司と菅原、狐塚と鷹野が妙にかぶって見えました。



「七つの封印」ってあの長編ファンタジーですか??面白そう♪私もいつかチャレンジしてみたいです。「闇の守り人」は本当に面白かったのでオススメですよ〜(≧∇≦)ノ

2008/01/20 (Sun) 07:37 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆Yuri☆ちゃんへ

Yuriちゃん本当に久しぶりだね!

仕事、すごく忙しそうだけど充実した日々を送っているみたいで何よりです(*^_^*)



おっ!本屋さん行ったんだぁ♪それは本仲間が増えそうですごく嬉しい!

「オススメは?」って言われるとすごく悩むなぁ…。

Yuriちゃんはどんなジャンルが好きなのかなぁ?

ファンタジー系なのか、ミステリ系が好きなのか…それともほのぼの系が好きなのか(笑)

まだ自分の好きなジャンルが分からないうちは色々と手にとってみるしかないけれど…

個人的に読みやすいなぁと思うのは学園モノかな?

恩田陸さんの「麦の海に沈む果実」(講談社)なんて、難しそうな題名だけどすごく読みやすいし、あとは辻村深月さんの「冷たい校舎の時は止まる」(講談社)も分厚いけど本当に面白い!辻村さんは1980年生まれで歳も近いし、けっこう共感できるところあるんじゃないかな??



ということで、あまり参考にならないかもしれないけど是非色々手にとって読んでみてね(o^―^o)(

2008/01/20 (Sun) 07:48 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
茨木 月季さんへ

「冷たい校舎…」今度こそ借りられたんですね♪

個人的には今回の「子どもたちは…」よりも気に入ってます。

なんていうか、"閉塞された校舎"っていうのがすごく好きなんです。恩田陸さんもこのテのジャンルはお得意ですよね(=^^=)



辻村さんの本はとりあえず刊行された順に読んでいく予定なので次は「凍りのくじら」かな??

確か月季さんはこの作品は読まれてましたよね♪

前2作と違ってこれは一冊ものなのですぐに読めそうです。

今から読むのが楽しみです!!

それにしても…辻村さんって刊行ペース早いですよね^^;

2008/01/20 (Sun) 07:55 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
エンブレムTさんへ

きっと読み終わった後は「ハァ…」とため息がでちゃうほどやるせない気持ちになるんじゃないかと思います^^;体調の良いときに読んでほしい作品ですw

物語自体はすごく吸引力があってサクサク読めちゃうんだけど、読み終わった後に体力を消耗していることに気付く、みたいな感じ(笑)



「狐笛のかなた」読み終わりましたか♪(≧∇≦)ノ

ほのぼのとした読後感ですよね!

あのラストには賛否両論あるみたいですけど、個人的にはすごくお気に入りです。

って…エンブレムTさんのところ遊びにいったら…福袋だ!!(笑)

2008/01/20 (Sun) 08:00 | EDIT | REPLY |   
☆Yuri☆  
ありがとうっ♪

nanacoちゃん、

いろいろと教えてくれてありがとう☆

そう・・・私も、どんなジャンルがいいのかなぁ、

って、まだよく分からないんだよね。

でも、辻村深月さんは面白そうだから

読んでみようかなぁ、って思ってます♪

ホントにありがとね〜☆

2008/01/20 (Sun) 12:22 | EDIT | REPLY |   
hina_max  
Re:「子どもたちは夜と遊ぶ」読了です!(01/19)

辻村さん良いですね。まだ2作しか読んでないので今年は未読本を読破したいと思ってます。

この作品も読みますね。

ほんとに良さそうですね。

2008/01/20 (Sun) 18:15 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆Yuri☆ちゃんへ

いえいえ、どういたしまして〜♪

辻村さんのことは実は私もつい最近知ったばかりなんだけど…本当にハマりにハマってる作家さんです(*^_^*)

本当に面白いよ〜☆

「冷たい校舎…」は最近マンガ(たしかマガジンで連載中…?)にもなってるみたいだしね。

辻村さんの写真を見てもなかなか美人さんだし、きっとこれからもっともっと注目されていくんじゃないかなぁ??

今年は要チェックです!!(笑)

2008/01/20 (Sun) 21:03 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
hina_maxさんへ

私も今回で辻村作品は二作目です♪

既に次読む予定の「凍りのくじら」は購入済みです(=^^=)

「子どもたちは…」でちょっぴりやるせない気持ちになってしまったので、いったんファンタジー系の「しゃばけ」シリーズを読んでからまた辻村作品に挑むつもりです(笑)

読まれたら是非レビューUPしてくださいねっ!

楽しみにしています。

2008/01/20 (Sun) 21:06 | EDIT | REPLY |   
月夜  
ようやく♪

読むことができました〜

長いかな?と不安だったんですけど、

読み始めたらすっかり入り込んでしまいました。



上巻の感想文を読んで頂ければ分かると思うのですが…

すっかり騙されてしまっていました^^;

そう信じて疑っていなかっただけに、

片思いって誰と誰?ってすごく謎だったんです。

なので下巻の浅葱と月子の教室のシーン。

衝撃を受けたのと同時に、浅葱が可哀想でなりませんでした。泣

もっと違う形で幸せを見つけられれば…と思うと

切なさでいっぱいになっちゃいますね。



nanacoさんのおっしゃる通り、恭司の存在いいですね♪

私もなんだかんだ言いながら彼のことが好きです。

浅葱の繊細さ、狐塚の生真面目さも好きですが、

やっぱり彼が一番でした。

明るい太陽のような存在でした^^

2008/08/16 (Sat) 20:36 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
月夜さんへ

月夜さん、とうとう読まれましたか〜♪

本の分厚さに一瞬躊躇してしまいますけど、読み始めたらあっという間ですよね(^^ゞ



私も、浅葱がとにかくかわいそうでなりませんでした。

月子ともう少し違う形で出合っていたら、幸せな人生を歩めたかもしれないのに…。

色々な要素がタイミング悪く重なって、最悪の結果になってしまったんだなぁ…と(ρ_−)

でも、ラストは一筋の光が見えてちょっとだけ救われたような気がします。。。



恭司の明るさがやっぱり一番良いですよね〜♪

ちなみに恭司と月子は「ぼくのメジャースプーン」でも登場します。

こういう風に作品同士がリンクしてあるのって嬉しいですよね((*´v`))



いつもミステリは最後の最後まで謎が解けません…。

ミステリ作家にとってはきっと良い読者なんでしょうけどねぇ(笑)

でもなんだか…寂しいわ||(;-_-)|||

2008/08/16 (Sat) 23:15 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:「子どもたちは夜と遊ぶ」読了です!(01/19)

nanacoさん、こんばんは〜★



子どもたちは夜と遊ぶ、読みましたよ〜。



浅葱と月子、悲しすぎです。

浅葱の境遇ゆえに兄をもとめ、他人との接触を嫌うのは、解るきがするのです。月子の暖かな手の感触が浅葱の心のどこかに人間不信の氷を溶かすきっかけを与えそうになったのに・・狐塚と月子の関係を勘違いなんてしなければ・・・

でもそれでは物語になりませんね・・・



すごく切なく哀しく、でも素敵な物語でした。

2010/06/16 (Wed) 22:15 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんばんは〜♪



TBありがとうございます(*^v^*)

本当に悲しすぎる物語でしたよねぇ…。読んだ後しばらく呆然としてしまいました(泣)

みんな少しずつ想いが届かなくて、気持ちがすれ違ってばかりで。。。

あの時こうしてれば、という場面続きで、読んでいて胸が痛くなったのを覚えています。



でも、、、何故だか辻村作品の中で一番好きなのです!

あんなに苦しい読書体験をしたのに(笑)不思議ですねぇ(><)

「子どもたちは〜」と「冷たい校舎〜」やっぱりこの二つは最高です♪

2010/06/17 (Thu) 20:05 | EDIT | REPLY |   
178?  
こんにちは♪

先日はコメントありがとうございました。

なんとも切ないお話でしたねぇ…。

浅葱が幸せに生きてくれることを願いたくなるラストです。



nanaco☆さんの言われる通り、恭司の存在には救われました。

途中まで彼の存在意義は…? って感じだったけど、

最後に株が急上昇して(笑) 素敵でした。



今読んでる『僕のメジャースプーン』にも恭司らしき人が

いて…。もうすぐ読み終わるのですが、結末がどうなるか

ドキドキです。辻村作品、面白いですね〜(´ー`)

2011/05/24 (Tue) 10:11 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
178さんへ

178さん、こちらにもコメントありがとうございます〜♪



ホント、何度読んでも切ないです〜…

最後月子が病院にいるあたりとか、浅葱の気持ちを考えると哀しくて哀しくて(><)

ラストは救いがあるのかないのか、、、意見が分かれそうな感じでしたよねぇ。

きっといつか辻村さんは浅葱のその後を書いてくれる!と信じています(笑)



>nanaco☆さんの言われる通り、恭司の存在には救われました。

>途中まで彼の存在意義は…? って感じだったけど、

>最後に株が急上昇して(笑) 素敵でした。



恭司は意外にもイイ奴ですよね!

「冷たい校舎〜」の菅原(でしたっけ?)と少しキャラが重なるような気がします^^

ちょっと悪そうだけど実は面倒見の良い兄さん的な性格が、気に入っています☆



「ぼくのメジャースプーン」も面白い(というか深い)作品ですよね〜(*^0^*)

辻村作品は、隠れたリンクが沢山あるのでつい探してしまいますね(笑)

また178さんのブログに感想をうかがいにお邪魔しますねっ♪

2011/05/25 (Wed) 20:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply