FC2ブログ
Welcome to my blog

「光の帝国 常野物語」恩田陸

ななこ


光の帝国 常野物語
著者:恩田陸
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
膨大な書物を暗記するちから、遠くの出来事を知るちから、近い将来を見通すちから―「常野」から来たといわれる彼らには、みなそれぞれ不思議な能力があった。穏やかで知的で、権力への思向を持たず、ふつうの人々の中に埋もれてひっそりと暮らす人々。彼らは何のために存在し、どこへ帰っていこうとしているのか?不思議な優しさと淡い哀しみに満ちた、常野一族をめぐる連作短編集。優しさに満ちた壮大なファンタジーの序章。




この本を読み返すのは久しぶり。
恩田さんの著作の中でも特に好きな作品のひとつですきもち

常野と書いて<とこの>と呼びます。

どこが泣き所なのかも分からないのに、自然と涙がこぼれおちるような素敵な作品です。
泣ける要素が悲しみじゃなくて温かさ、というのが他の作品とは違う所なのかなぁ。


この作品は10の短編から成っているのですが、その中に表題作「光の帝国」という作品があります。
初めて読んだときはこの物語、とても読めなかったんです。本当に切なくて、心が痛くてかお

5年経った今再読してみると、不思議とその痛みを受け入れられるようになっていました。
うまく説明できないけれど、物語の根底にある温かさに少しだけ気付いたような気がします。。。


遠い未来のことを予知できたり、神がかり的な記憶力を持っていたり… (これが一番羨ましいわ…笑)
そんな超人的な能力を持つ常野の人々。

どうしていつの時代も人々は「自分と違う」というだけで異分子扱いしてしまうんでしょう??
こういう人達は、特に個性が均一化された日本では生きづらいでしょうねきもち


実は私、この本の中では唯一ホラー味のある「オセロ・ゲーム」が一番好きです。
なんだかこれ読むと、毎朝会社に牛乳売りにくるおばちゃんが怖くなるんですけど…(笑)
恩田さんのホラーは、そのへんのホラー作家のものよりおどろおどろしくて怖いです。

続編 (というか本編?) 「エンド・ゲーム」が既に発売されていますが残念ながら未読。




※ところで…恩田さんの作品って、時々妙に共感できる言葉があるんですよねぇ。

「黒い塔」からの一部抜粋。

流行のテイストを取り入れ、いつもきれいにして、ニコニコ笑って仕事して、少ないお給料から貯蓄をして、誰か食べさせてくれる人を探して、会社の同僚を披露宴に呼び、不平不満を押し殺しながら主婦をして子供を育てて―それでどうなるというのだろう。


光の帝国 常野物語 (常野物語) (集英社文庫)光の帝国 常野物語 (常野物語) (集英社文庫)
恩田 陸

集英社 2000-09-20
売り上げランキング : 62259

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 14

There are no comments yet.
Cedie  
こんばんは(^_^)/

常野物語は何冊かでてますね。いまのところちゃんと読んでると思います(笑)



恩田さんの言葉はすごく真理ついているというか、シビアというかドキッとさせられるものが多いですね。『恐怖の報酬』日記の恐怖映画(だったかな?)もかなりすごい言葉がありました。

妙に共感できる言葉があるんでびっくりでした。

2008/01/08 (Tue) 23:30 | EDIT | REPLY |   
エンブレムT  
Re:「光の帝国 常野物語」読みました♪(01/08)

このシリーズでは「蒲公英草紙」のみ読んでます。

・・・・私、また、変な読み方してるね。。。



2008/01/09 (Wed) 01:18 | EDIT | REPLY |   
まる811  
Re:「光の帝国 常野物語」読みました♪(01/08)

こんにちは〜☆



なんだかおもしろそうな本です〜♪

同じ本でも時間を置いて読んでみると感想が全然違うことってありますよね。気づかなかったことに気づいたり。



新年早々から金欠病ですが(荻原規子さんの本一気に買いすぎました…)ちょっとチェックしてみます。

2008/01/09 (Wed) 12:24 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

常野物語は「蒲公英草紙」と「エンド・ゲーム」が出ているみたいですね♪

まだ文庫になっていない作品は未読のものが多いです…。「チョコレートコスモス」とか早く文庫化されてほしい!!(T_T)



「恐怖の報酬」日記、面白そうですね。

恩田さんのエッセイみたいのになるんでしょうか??早く読んでみたいです。

本当、恩田さんの言葉って妙に核心ついてくるからドキッとしますね(笑)

2008/01/09 (Wed) 20:18 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
エンブレムTさんへ

「蒲公英草紙」読まれたんですね〜♪

あ…もしかしてまたもや順番が逆でした…?(笑)

私はこちらの作品はまだ未読なので、文庫化されたら読んでみようかなって思ってます^^



あさのあつこさんのナンバー6も気になるし、文庫化してほしいものいっぱいありすぎます(´A`。)

図書館利用したいけど遠くて^^;

2008/01/09 (Wed) 20:21 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
まる811さんへ

恩田さんの本は大好きなので本当にオススメしたいです!

この「光の帝国 常野物語」も良いですが「麦の海に沈む果実」が好きです(*^_^*)

学園ミステリが好きだったらかなりツボかと思います♪



おぉ!まるさん荻原さんの本買ったんですね〜☆

感想UP楽しみにしてますねっ!

私も買ったまま積読状態になっている本がけっこうあるので早いうちに消化していこうと思います^^;

2008/01/09 (Wed) 20:25 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
Re:「光の帝国 常野物語」読みました♪(01/08)

改めて読み直したお気に入りの本で、nanacoさん自身、ご自分の成長を感じたのではないでしょうか?

もっともっと感性を磨いて、痛みを受け入れられる人になっていって下さいね。

私はどうも、「他の人とは違う」異分子を持っているようです。決して、プラスの方ではありませんよ、、。

ホント、この狭い日本、特に超島国「四国」では生きづらいですぅ〜!!!

2008/01/09 (Wed) 22:15 | EDIT | REPLY |   
茨木 月季  
Re:「光の帝国 常野物語」読みました♪(01/08)

こんばんは!

この本、大好きです。それまで恩田さんの作品は全く読まなかったのですが、このシリーズをきっかけに少しづつ読んでいます。知り合ったきっかけは、今はロムするだけになってしまった荻原規子先生の掲示板「翼のある三角」http://www2.rocketbbs.com/11/bbs.cgi?id=1295です。ここで多くの好みの本に巡り合えた気がします。「チョコレートコスモス」早く文庫化されると良いですね。面白くって、一気に読みあげた記憶があります。

2008/01/09 (Wed) 22:28 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

再読って良い発見があるんですね^^

1回目って何も考えずに感覚で読んじゃうんです…。このときにその本の好き嫌いが決まります。

2回目に読むときはじっくり考えながら読むんですよね♪

そうすると初めて読んだときとは違うものが見えてきたり…。

5年前と比べると少し成長したのかな??なんてちょっと嬉しくなっちゃいました(笑)



私も昔からあまり良くない意味で異分子を持っているようです^^;

picchukoさんもなんですね。なんだかお仲間のようで嬉しいです(笑)

日本の国民性もあるのかもしれませんね。「人と同じじゃなきゃいけない」一種の強迫観念のようなものですもんね。

2008/01/10 (Thu) 19:35 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
茨木 月季さんへ

月季さんもこの本好きでいらっしゃるんですね♪

「光の帝国」ファンが身近なところにいてとても嬉しいです!

恩田さんの本、どれもみんな大好きです。あの独特な、余韻をもたせたラストが好きなんですよね^^

自分の好きなように想像できるので。(恩田さんのラストには賛否両論あるようですが…笑)



「翼のある三角」今は休止になってしまっているのですね。もっともっと早い時期に荻原さんの作品と出合っていれば…と思わずにはいられません(T_T)

でも月季さんに教えていただいた「アンダンテ日記」はお気に入りに登録しています♪



「チョコレートコスモス」も「中庭の出来事」も未読なんです…。

文庫化を待ちきれずに買ってしまうかも(笑)

2008/01/10 (Thu) 19:42 | EDIT | REPLY |   
月夜  
恩田さん★

まだハマりきれていない作家さんです^^;

いろんな方のコメントを拝見していると、本当に人気のある方ですね。

私もその波に乗れるといいのですが★

nanacoさんからよい情報を沢山頂いたので、

次の長編は期待できそうな予感がしています♪



「オセロ・ゲーム」怖かったです!!

nanacoさんはホラーっぽい雰囲気がお好きなんですね★

この作品はいろいろと未消化な部分が残ったので、

「エンド・ゲーム」で解決してくれそうですね♪

常野関連は全部で3つでしたよね?確か。

光・蒲公英・エンド????

2008/12/11 (Thu) 22:49 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
月夜さんへ

TBありがとうございます〜♪^^

そうですねぇ、恩田さんって当たり外れの多い作家さんかもしれません…(笑)

というか、書かれるジャンルがあまりにも多岐にわたっているので、

恩田ファンのnanacoでさえも、好きではない作品ってあったりします(^^ゞ



そうなんです!「オセロ・ゲーム」みたいなホラー作品が好きなんです〜♪

これは、常野3作目の「エンド・ゲーム」に続く作品なんですけれど、、、

この「エンド・ゲーム」がまた抽象的な雰囲気で、あまり評判良くないです(笑)

nanacoはあの独特な世界が好きでしたけれどねぇ(=^^=)

月夜さんには、是非是非「麦の海に沈む果実」を読んでいただきたいですっ♪

↑もう何回読んでいるか分からないぐらい、好きな作品なんです…(笑)

2008/12/12 (Fri) 05:43 | EDIT | REPLY |   
ねむりねこ  
こちらにもお邪魔します

TBありがとうございました。エコーさせていただきますね

このシリーズは私も恩田作品の中では大好きなシリーズです
『蒲公英草子』『エンドゲーム』も読んでますけど彼ら一族のことを
知ると胸が切なくなりますね、メンタリズムなんて言いいってるかたなんて
なんてことはないじゃないですか(笑)
シリーズが続いているのかわかりませんが是非シリーズを続けてほしいです

2013/10/14 (Mon) 19:03 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
ねむりねこさんへ

ねむりねこさん、こちらにもコメントありがとうございます♪

>このシリーズは私も恩田作品の中では大好きなシリーズです

常野物語のシリーズは、何度読んでも心に響くものがありますよね(*^^*)
色んな能力を持った人間が登場しますけど、
私の中では、どの人達も波ひとつない静かな水面みたいなイメージがあります。
大切にしたいシリーズですね。私も是非シリーズ新刊を読みたいです!

恩田さんといえば麦海シリーズの新刊も待ち遠しいです☆
まだ連載中かな?「薔薇のなかの蛇」。
天使のような顔をした悪魔なヨハン君に再会するのが待ち遠しいです(笑)

*TBありがとうございました\(^▽^)/

2013/10/15 (Tue) 21:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  【NOVEL】 光の帝国 常野物語
  • 著者:恩田陸 出版社:集英社 初版:(2000年) 形態:文庫 単行本:(1997年) 他出版:なし シリーズ:常野物語シリーズ ジャンル:ファンタジー 【あらすじ】 膨大な書物を暗記するちから、遠くの出来事を知るちから近い将来を見通すちから― 「常野」から来たといわれる彼らには、みなそれぞれ不思議な能力があった。穏やかで 知的で、権力への思向を持たず、ふつうの人々...
  • 2013.10.14 (Mon) 18:59 | 眠り猫の憂鬱